EEDI プロジェクトチーム/海技研


CFD
 
 CFD(数値流体力学)は、革新的な船型設計を行う上で最も有効な設計ツールの1つです。CFDを用いれば、レイノルズ平均ナビエ・ストークス(RANS)方程式を数値的に解くことにより、船体に働く流体力だけでなく、船体周りの流れの様子などを詳細に解析することが可能であり、その情報を船型設計に繋げることが出来ます。
 海上技術安全研究所では、CFD研究グループが中心となって、Neptune, SURF, NAGISAといったin-houseのRANSソルバーに加え、HullDes (ACT(R)と共同開発), UP GRIDといった格子生成インターフェースを開発しています。EEDI PTでは、CFD研究グループと密に協力し合いながら、これらのソルバーを実船型開発に適用し、お客様により良い船型をご提供出来るよう、開発を進めております。