• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム › NMRIについて › 研究者情報 › 検索結果(詳細情報)
研究者情報
(Last Update: 2017/3/30 )
川北 千春カワキタ チハルChiharu Kawakita
所属部署
流体設計系 流体制御研究グループ
役職
グループ長
 
専門分野
・海事流体力学
・舶用推進器
・摩擦抵抗低減技術
・キャビテーション
・船舶・水中航走体の流力設計
研究テーマ
・空気潤滑法による船舶の摩擦抵抗低減
・壁面乱流制御技術
・舶用省エネデバイスの開発
・プロペラからの水中放射雑音の予測技術
・実船船尾流場計測
・複合材プロペラの開発
表彰等(受賞歴)
・1994年;海洋音響学会 業績賞
・2011年;日本船舶海洋工学会賞(論文賞)
・2011年;平成23年度長崎県科学技術大賞
・2014年;平成26年度九州地方発明表彰 発明奨励賞
論文
【2016年】
・舶用弾性変形プロペラの流力性能に関する実験的研究,日本船舶海洋工学会
講演会論文集, 第22号.
・不均一流中で作動する舶用プロペラの翼端渦流れ計測,日本船舶海洋工学会
講演会論文集,第22号.
・舶用弾性変形プロペラの流力性能の特徴、第18回キャビテーションシンポジウム.
【2015年】
・Study on Prediction of Underwater Radiated Noise from Propeller Tip
Vortex Cavitation, International Symposium on Cavitation (CAV2015)
・Study on the Calculation Method for Unsteady Vortex from Trailing
Edge of Blade, The 13th Asian International Conference on Fluid
Machinery.
・Evaluation of Cavitation Resistance for Hydraulic Machinery
Materials, The 13th Asian International Conference on Fluid Machinery.
・不均一流中で作動する舶用プロペラの翼端渦流れ計測, 日本機械学会流体
工学部門講演会講演論文集.
・Mechanism about Change of Pressure Fluctuation f Marine Propeller
Running in Bubbly Flow, 4th International Symposium on Marine
Propulsors.
【2014年】
・Estimation of Frictional Drag Reduction Effect for the Ship with
Air Lubrication System, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第19号.
・気泡流中で作動する舶用プロペラの変動圧力の増減に関する研究, 日本船舶
海洋工学会講演会論文集, 第19号.
・舶用プロペラ開発におけるキャビテーションCFD, ターボ機械協会誌, 11月
号.
【2013年】
・Study on Marine Propeller Running in Bubbly Flow, 3rd 
International Symposium on Marine Propulsors.
13)舶用プロペラの水槽試験, 川北千春, ターボ機械協会誌(査読有), 11月
号.
【2012年】
・気泡流中を作動する舶用プロペラに関する実験的研究, 第16回キャビテー
ションに関するシンポジウム.
・空気潤滑法による摩擦抵抗低減効果の推定, 川北千春, 日本船舶海洋工学会
講演会論文集, 第14号.
学位
修士
学歴
・1985年3月;横浜国立大学 工学部 船舶海洋工学科 卒業
・1987年3月;横浜国立大学 大学院工学研究科 計画建設学専攻
      (船舶・海洋工学)前期課程修了
・2015年3月;九州大学 工学府(海洋システム工学)
       博士後期課程 単位修得後退学
職歴
1987年4月;三菱重工業株式会社 入社
2016年3月;三菱重工業株式会社 退職
2016年4月;国立研究開発法人 海上・港湾・航空研究所
       海上技術安全研究所入社
活動概要
 
その他
 
(1/1)
[ 研究者情報DBに戻る ]