• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 外部連携及び貢献 > 地域交流 > 神奈川県の湘南学園中・高等学校の生徒が総合学習で訪問
地域交流
平成29年6月28日~30日
三鷹六中の生徒が職場体験学習
 三鷹市立第六中学校の2年生6名が平成29年6月28日~30日の3日間、当研究所で職場体験学習を行いました。

 1日目は「小型モーターで動く船を設計し実験」を行いました。小型モーターを動かすためのマイコン回路を製作し、それを各自が設計する模型船に載せ、水槽実験を行いました。また、舶用エンジンの実験施設を見学しました。

 2日目午前は「私たちの生活を支える海と船のお話」を行った後、生徒の皆さんに未来の船について考え、発表してもらいました。午後は「コンピュータを使って速く進む船を設計」を行うとともに、実海域再現水槽を見学いたしました。

 3日目は「船の事故がなぜ起きるのか」学びました。世界における船舶事故の脅威をどのように理解したら良いかリスクという観点からデータを分析しました。また、操船リスクシミュレータを見学し、見張りの体験等をしました。

 生徒の皆さんに楽しみながら研究内容を学んで実験を行い、研究所という職場を体験していただきました。





マイコン回路を製作中

私たちの生活を支える海と船のお話

操船リスクシミュレータで見張りの体験