環境分析研究グループ
 Environmental Analysis Research Group


研究グループの概要

環境分析研究グループでは、船舶に起因する化学・材料・環境分野関連の課題を解決するために、様々な分析装置を駆使して研究に取り組んでいます。 具体的には、防汚塗料などに使用されている有機材料、機関材料などに利用される金属やセラミックス、排ガス中に含まれる粒子状物質(PM)など、広範囲にわたる物質を対象としており、分析・評価技術の確立や材料開発などを通じて、船舶を起源とする環境負荷物質の排出削減や環境調和型船舶の実現への貢献を目指しています。


現在行っている主な研究テーマ


各種計測・分析装置

 材料研究の手法として、各種の高度計測・分析技術を重視し、電子顕微鏡等による観察・分析による物性評価研究を実施するほか、材料の検査・分析による事故原因究明等の要望にも対応しています。

主な使用分析機器




 更新情報など

2011.05.13 科研費「防汚塗料起源の海洋中の銅物質挙動解明」の研究紹介ページを作成しました。
2011.05.13 グループのトップページを更新しました。


[ NMRI HOME ]
bottom bar