top bar
大気環境保全研究グループ



概要

 大気環境保全研究グループでは,船舶からの大気汚染物質規制に対応する研究を中心に行っており,船舶からの排ガス実体の解明,排ガス測定方法の確立,有害排ガス低減方法の研究を進めています。



ディーゼルエンジンに関連する研究

 熱効率などの経済性,環境対策の上からも優れたエンジンを実現するための燃焼制御技術や高性能火花点火技術,メタンやアルコールなどの将来の石油代替燃料に対応する技術を見据えて研究を進めていきます。

ディーゼルエンジンの排ガス浄化に関する研究
単一液滴の燃焼


燃焼・流動・伝熱に関連する研究

 エンジン内の燃焼速度などを制御して燃焼を安定化させ,エンジンからNOxなどの有害生成物が排出されるのを抑制するための研究をはじめ,各種エンジンの内部での燃焼・流動・伝熱に関連する計測技術,現象の解析手法の研究を進めています。

タービン内再熱水素燃焼ガスタービンの研究
知的乱流制御センターのページへ


次世代型動力源の研究

 実際の魚のように優れた運動性能を持つ無索無人海中ロボットの開発を目指して,実験用魚ロボットの運動性能を調べるとともに魚ロボットに用いる動力源の検討を行っています。
 また,あらゆる熱サイクルの中で最も熱効率が高いカルノーサイクルを模擬できる新しいエンジンの研究,高効率で低公害なスターリングエンジンの性能特性や用途開発に関連する研究にも取り組んでいます。

スターリングエンジンの研究
魚ロボットの研究


[ Environment and Energy Department ] [ NMRI HOME ]
bottom bar
このページに関するお問い合わせはikm@nmri.go.jpまでお願いします