top bar
環境・エネルギー研究領域



概要
 人間が暮らしていくためには,人や物資を輸送したり,エネルギー資源を消費して,動力や電気エネルギーを作り出す必要があります。その際には,少なからず地球環境に影響を及ぼします。環境・エネルギー研究領域では,船舶や海洋構造物に関連する環境問題に着目し,地球規模での環境保全を目的として,環境保全技術に関連する研究,環境・エネルギーに関連する計測(モニタリング)技術や評価手法に関連する研究を進めています。これらの研究は,三鷹本所内に設置された5つの研究グループが実施しています。
 具体的な研究内容としては,油・化学物質流出,航行不能船曳航,船底塗料,有害排ガスなどの対策技術,蛍光ライダーなどによる環境モニタリング技術,LCA手法による環境評価技術,海洋動力技術並びにこれらに関わる基盤技術があげられます。

領域長 松岡 一祥

研究グループ(職員一覧)

トピックス
研究施設

リンク

[ NMRI HOME ]
bottom bar
このページに関するお問い合わせはkhirata@nmri.go.jpまでお願いします