LCA site for ship
ホーム | 問合せ | English

ホーム > 適用事例

運航時の排出量
建造時の排出量
解体時の排出量

適用事例

 日本の主要輸入品である石油、石炭、LNGを輸送する石油タンカー、ばら積貨物船とLNG船、主要輸出品である自動車を専用に輸送する自動車運搬船の5船種について調査を行い、単位輸送量あたりの燃料消費量と、その燃焼により発生する大気環境負荷物質のうち、CO2、SOx、NOxの排出量を解析した。

        ○:解析済

船種の種類 呼称記号 積荷 大きさなど 建造 運航 解体
タンカー・LNG船
タンカー

T96

T260

原油

原油

96,000 dwt

260,000 dwt

 

 

ばら積貨物船
ばら積貨物船

B91

B140

石炭

石炭

91,000 dwt

142,000 dwt

 

 
コンテナ・PPC
コンテナ船

C4700

C6100

コンテナ

コンテナ

4,700 TEU

6,000 TEU

 

 

タンカー・LNG船
LNG船

LNG127 LNG 127,000 m3    
コンテナ・PPC
自動車運搬船
PCC4500 自動車 4,500台積    
その他船舶
その他船舶
 

ホタテ貝

ホタテ貝

FRP漁船

アルミ合金漁船