LCA site for ship
ホーム | 問合せ | English

ホーム > LCA > インパクト評価

LCAとは
インベントリ分析
インパクト評価
ISO14000とLCA

インパクト評価(Life Cycle Impact Analysis)

 地球温暖化等の環境影響や資源枯渇等への影響を客観的に定量化します。

 インパクト評価では、環境影響領域ごとに、対象とする製品がどれだけの負荷を与えるかを 定量的に求めます。環境影響領域には、例えば、下図に示される地球温暖化や酸性化等が提案されています。 インベントリ分析で求めた排出物を物質毎に集計し、どの領域に関係するかを割り振り (classification)、それぞれの影響度を定量化します。(characterisation) 定量化するためには、いくつかの手法が提案されています。例えば、「地球温暖化」という領域では、 温暖化効果を有する二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)等の排出物質をCO2に換算して定量化します。 また、定量化として「人間の健康」や「生態系への影響」という最終的な被害の量を定量化することも 提案されています。

単一指標

 個々の環境影響の定量化はこのように換算することができますが、 最終的に製品が環境へ与える影響を理解し易くするためには、異なる環境影響を統一的に評価することが 必要です。これまでに、いくつかの方法が提案されていますが、現在も研究が行われている課題です。

インパクト評価の概要

インパクト評価の概要