• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 主な研究施設
研究のご紹介
400m試験水槽(大水槽)
400m試験水槽(大水槽)a 400m試験水槽(大水槽)b
 
(上左)奥から入口を見る (上右)曳航台車 (左上)模型船を横から見る (左下)模型船に錘を載せる (中上)各種機器を点検 (中下)模型船の船尾部分 (右)模型船を曳航
世界最大級の長さ400m、幅18m、水深8mの曳航水槽。商船用では国内最速の15m/秒(時速54km)の曳航速度を誇る。長さ50mの模型の実験も行った。
中水槽
中水槽
(左)奥から入口を見る (中上)模型船を曳航中 (中下)模型船 (右上)曳航前の模型船 (右下)曳航台車
長さ150m、幅7.5m、水深3.5mの曳航水槽。水深に対応できる造波機を備え、浅い水域での船の航行性能や各種実験ができる。
実海域再現水槽
400m試験水槽(大水槽)a 400m試験水槽(大水槽)b
長さ80m、幅40m、深さ4.5m。曳航台車、全周分割吸収造波装置、送風装置などを備える。
海洋構造物試験水槽
400m試験水槽(大水槽)a
開始 停止 早く 遅く
各種海洋構造物の実験に使用する水槽(長さ40m、幅27m、深さ2m)で、波や流れを発生させる装置のほか、構造物に働く力を計測するための固定副台車と模型の運動を追尾するための副台車を持つ大きな曳航台車を備えています。
※模型船による実験をスライドショーで紹介しています。ボタンをクリックするとスライドショーが始まります。
変動風水洞
(左上)風洞に使う模型は黒一色。 (左下)風洞内部 (右)風洞の外観
風洞と水槽の両方の機能を持つ。風洞は強風や強弱の激しい風など、様々に再現する。
深海水槽
400m試験水槽(大水槽)a  
水深4000mもの深海を想定した模型試験も可能な水槽。
高圧タンク
400m試験水槽(大水槽)a  
内径1.1m、内部高さ3.0mのサイズを有し、水深6000mまでの深海環境を再現できる世界でも類のない実験施設。温度や圧力の調整ができるだけでなく、内部に潮流を発生させることもできる。タンクの内部には、監視カメラ、熱電対、pHセンサ等が設置されており、内部映像、温度、pHなどのデータを収集可能。
大型キャビテーション試験水槽
(左上)丸窓から水中の状態を見る (左下)色々な制御 (右)中を水が流れる
プロペラの性能低下や振動、それに騒音などの原因となるキャビテーション試験に用いる水槽。
氷海船舶試験水槽
(左上)実験に備え氷を張る (右上)氷海専用の模型船 (右横)氷の強さを測る (右2番目)横から見た氷が張った水槽
長さ35m、幅6m、水深1.8m。砕氷船の航行性能、氷海で油の拡散などの実験を行う。
構造材料寿命評価研究施設
400m試験水槽(大水槽)a 400m試験水槽(大水槽)b
船舶には運航中、外部から様々な力が加わる。これを再現するための試験装置。実験によって分かることが多い。
材料・化学分析システム
400m試験水槽(大水槽)a 400m試験水槽(大水槽)b
材料分析に使用する透過電子顕微鏡と各種質量分析装置群。 海技研は材料分析、化学分析にも自信を持つ。
操船リスクシミュレータ
操船リスクシミュレータ
(左上)ブリッジ(船橋)内から操作 (左下)様々な海域を再現 (右)揺れも再現できる模擬船橋と円筒スクリーン
半径6.5m、高さ4.8mの円筒スクリーンを持つ操船リスクシミュレータ。
4サイクルディーゼル機関
4サイクルディーゼル機関
シリンダ数:3 シリンダ内径:230mm 定格出力(回転数):350PS(420rpm)