• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 流体性能評価系
流体性能評価系
 実海域における船舶の性能(推進、操縦、耐航、復原性)の評価、向上を目指した研究を行い、海難事故の原因究明や船舶の国際的なルール作りの技術的バックアップを通じて、安全な船舶を造るために貢献しています。また、CFD(計算流体力学)技術において実海域性能の評価や省エネ装置まわりの乱流場の解析等の研究を行い、世界をリードする信頼性の高い船体周り流場解析用CFDソフトウエアを開発し、国内の造船所に提供するとともに、様々な支援を行っています。
流体性能評価系長 平田 信行