• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 流体性能評価系 >  運動性能研究グループ > 補助推力装置と舵効き船速修正を使った自由航走模型試験
補助推力装置と舵効き船速修正を使った自由航走模型試験
 (運動性能研究グループ写真・動画集)
概要
 模型船と実船のレイノルズ数は大きく異なるため、模型船の方が実船より相対的に抵抗が大きく、従って模型プロペラは実船より相対的に大きな推力を出さなくてはなりません。このため舵の力も模型船の方が実船より相対的に大きくなるので、一般に自由航走模型船の動きは実船とは相似になりません。この問題を解決するのが補助推力装置と舵効き船速修正です。模型船に補助的な推力を与える補助推力装置を舵効き船速修正の考え方で使うことで模型船の舵効きを実船と相似にすることができるようになりました。

写真・動画
  • ダクトファン型補助推力装置
     船尾のダクトファンが補助的な推力を出します。ダクトファンは検力計の上に設置されており、補助推力は船体動揺による慣性力の影響を考慮した上でフィードバック制御されます。
  •  

  • 補助推力装置を使って平水中を走る自由航走模型船
     ダクトファン型補助推力装置を使った初めての実験の様子です。平水中での操舵に対する動きを実船相似にすることで実船の操縦性能を模型実験で調べることができます。
  •  

  • 補助推力装置を使った波浪中の自由航走模型試験
     舵効き船速修正は波や風の外乱下でも有効です。波風の中を走るときの船速低下や斜航角、当て舵角も実船相似にできるので、実海域での実船の性能を模型実験で直接調べることができます。