• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 流体性能評価系 >  運動性能研究グループ >  これまでの研究課題と成果 > 実海域における船舶の操縦性能に関わる研究(2005-2007)
実海域における船舶の操縦性能に関わる研究(2005-2007)
(運動性能研究グループ)
概要
 多様な気象海象条件下にある実海域での衝突・座礁などの操縦性能が関係した海難事故を防ぐため、風圧下における操縦性能評価や操縦運動中の船に働く波漂流力推定法および新形式ポッド船の操縦性能推定法の開発などに関する研究をおこなっています。