• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 洋上再生エネルギー開発系 > 海洋エネルギー研究グループ
海洋エネルギー研究グループ
 日本は周囲を海に囲まれた海洋国家であり、海の恵みを持続可能な範囲で有効利用することが将来の発展に不可欠です。
 海洋エネルギー研究グループでは、海洋に賦存する再生可能エネルギーの利用実現に向け、浮体式波力発電に関する技術開発を行っています。また、波浪推算データや海流推算データ等を用いた設計条件の検討や海洋エネルギーの賦存量調査等を行っています。
メンバー
グループ長藤原 敏文
谷口 友基
平尾 春華
梅田 隼
研究紹介
主な研究課題
  • 浮体式波力発電施設の水槽試験
  • 浮体式波力発電施設において構造や係留が破壊しないような設計を実現する目的で、発電機構の運転状態や係留状態を正確に模擬した上で荷重が評価できる実験を行う。


  • 洋上再生可能エネルギー評価への気海象データベースの活用
       気海象データベース(主に、波浪、海上風、海流)を用いて、洋上再生可能エネルギーのポテンシャル評価、及び発電デバイスの終局強度評価に参考となる極値海象条件、並びに発電性能評価に参考となる標準的な海象の発現頻度表を提案する。