• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 洋上再生エネルギー開発系 > 海洋エネルギー研究グループ
藤原敏文

1968年生


略歴

1994年3月 大阪府立大学工学研究科博士前期課程修了
1994年4月 運輸省船舶技術研究所 運動性能部
1998年4月 運輸省海上技術安全局 安全基準課
2000年4月 運輸省船舶技術研究所 運動性能部
2001年4月 独立行政法人海上技術安全研究所 運動性能部
2002年4月 海上安全研究領域 操縦・制御研究グループ主任研究員
2003年9月 英国サウサンプトン大学 工学部船舶科学科客員研究員(2004.9まで)
2004年4月 独立行政法人海上技術安全研究所 輸送高度化研究領域 操縦・制御研究グループ主任研究員
2006年3月 大阪府立大学工学研究科博士後期課程修了 工学博士
2006年4月 独立行政法人海上技術安全研究所 流体部門 運動性能研究グループ主任研究員
2008年4月 海の10モードプロジェクトチーム主任研究員
2009年7月 流体性能評価系運動性能研究グループ主任研究員、企画部研究業務課長(併任)
2011年7月 海洋開発系海洋システム研究グループ長
2014年4月 洋上再生エネルギー開発系海洋利用評価研究グループ長
2015年4月 洋上再生エネルギー開発系海洋エネルギー研究グループ長


研究課題

・浮体式洋上風力発電等の海洋再生可能エネルギー生産システムに係る基盤技術の開発並びに安全性評価手法の開発及び高度化に関する研究(2014-2015)
・洋上天然ガス生産システム等の総合安全性評価技術に関する研究(2011-2014)
・異常波浪が発生するような荒天下における船舶の事故原因分析手法の構築および安全性向上のための研究(荒天下における操船環境の再現技術の開発)(2006-2009)
・船舶からの二酸化炭素(CO2)の排出による地球温暖化の防止に資する研究(総合性能評価システムの開発(海の10モード))(2006-2008)


主な論文

高レイノルズ数域でのSpar構造物のVIM特性, 日本船舶海洋工学会論文集第20号, 2014, pp39-47.
An Experimental Investigation of Cylindrical Floater VIM in Current and Waves, OMAE2014-23702, OMAE2014.
Experimental Investigation of VIM Characteristics on Column Type Floater in Supper Critical Reynolds Number, OMAE2013-10473, OMAE2013.
Wind Effect Estimation and Navigational Effect in Side by Side Offloading Operation for FLNG and LNG Carrier Ships, OTC23166, OTC2012.
Wind Effect Estimation in Side by Side Offloading Operation for FLNG and LNG Carrier Ships, OMAE2012-83139, OMAE2012.
長水槽での大型コンテナ船の風・波併存下自由航走模型試験, 日本船舶海洋工学会論文集第8号, 2008, pp155-162.
コンテナの隙間影響を考慮した風圧力の推定法, 日本船舶海洋工学会論文集第10号, 2009, pp159-166.
Experimental Investigation and Estimation on Wind Forces for a Container Ship, ISOPE2009, 2009, pp555-562.
Cruising Performance of a Large Passenger Ship in Heavy Sea, ISOPE2006, 2006.
荒天下での水面上巨大構造物船の定常航行性能 -その2 風浪下での抵抗増加特性及び運航航路最適化-, 日本船舶海洋工学会論文集第3号, 2006, pp147-155.
荒天下での水面上巨大構造物船の定常航行性能 -その1風による抵抗増加特性-, 日本船舶海洋工学会論文集第2号, 2005, pp257-269.
成分分離型モデルを利用した新しい風圧力推定法, 日本船舶海洋工学会論文集第2号, 2005, pp243-255.
・ New Estimation Method of Wind Forces acting on Ships on the basis of Mathematical Model, ISOPE2005, 2005.
・ Roll Motion of Ro-Ro Passenger Ship with Flooded Vehicle Deck, International Journal of Offshore and Polar Engineering Vol.15-2, 2005, pp109-116.
Steady Sailing Performance of a Hybrid-sail Assisted Bulk Carrier, Journal of Marine Science and Technology Vol.10-3, 2005, pp131-146.
Sail-Sail and Sail-Hull Interaction Effects of Hybrid-sail Assisted Bulk Carrier, Journal of Marine Science and Technology Vol.10-2, 2005, pp82-95.
On Development of High Performance Sails for an Oceangoing Sailing Ship, MARSIM03, 2003.
On Aerodynamic Characteristics of a Hybrid-Sail with Square Soft Sail, ISOPE2003, 2003.
On Estimation of Ship Rolling Motion with Flooded Water on Vehicle Deck, ISOPE2002, 2002.
・ 船内滞留水を考慮した船体横揺れ運動に関する一検討, 関西造船協会論文集, 第237号, 2002.
An Estimation Method of Wind Forces and Moments acting on Ships, Proceeding of Mini Symposium on Prediction of Ship Manoeuvring Performance, 2001.
船体に働く風圧力の推定, 日本造船学会論文集, 第183号, 1998.


連絡先

(国立研究開発法人)海上技術安全研究所
洋上再生エネルギー開発系海洋エネルギー研究グループ
181-0004 東京都三鷹市新川6-38-1
電話:0422-41-3059
ファクス: 0422-41-3143
電子郵便: fujiwara(at)nmri.go.jp

English Page