• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 洋上再生エネルギー開発系 > 海洋利用評価研究グループ
石田茂資

東京都出身


専門分野 船舶海洋工学


略歴

1979年3月  東京大学 工学部 船舶工学科 卒業
1981年4月  運輸省 船舶技術研究所 入所 (運動性能部)
1988-89年  科学技術庁長期在外研究員 (ノルウェー工科大学(当時)に1年間滞在)
2001年3月  東京大学より博士(工学)取得 「砕波による小型船の転覆機構に関する研究」
2006年4月  独立行政法人 海上技術安全研究所 流体部門 上席研究員
2007年4月  海洋部門 海洋資源利用研究グループ長
2008年4月  海洋部門 洋上プラットフォーム技術研究グループ長
2009年8月  海洋開発系 洋上浮体技術研究グループ長
2011年4月  洋上再生エネルギー開発系 海洋エネルギー研究グループ長
2015年4月  洋上再生エネルギー開発系 海洋利用評価研究グループ長


略歴

1999-06年 船舶の復原性・満載喫水線等の国際基準に関する委員会に参画多数
2000-01年 漁船第五竜丸龍寶丸事故再発防止検討作業部会
2000-02年 国際試験水槽会議(ITTC)波浪専門委員会、日本試験水槽委員会
2002-04年 船舶安全法の航行区域とISO設計区分の関係評価に関する検討委員会
2005-07年 国際試験水槽会議(ITTC)波浪中復原性専門委員会、日本試験水槽委員会
2005-07年 国内技術基準とISO企画との整合化に関する検討委員会
2008-10年 次世代風力発電基礎応用技術研究開発・IEA風力国内委員会
2014-15年 日本船舶海洋工学会 浮体式洋上風力特別検討委員会 水槽実験技術WG(リーダー代行)


研究課題

・外洋上プラットフォームの研究開発(2007-2010、国土交通省)
・浮体式洋上風力発電システムの技術開発・安全性評価に関する研究(2011-2015)
・複合再生可能エネルギー発電システムに係る技術開発・安全性評価に関する研究(2011-2015)
・浮体式洋上風力発電施設の安全性に関する研究開発(2011-2012 国土交通省)
・浮体式洋上風力発電施設の安全確保及び国際標準化のための研究開発(2012 国土交通省)
・浮体式洋上風力発電実証事業(2010-2015 環境省)
・次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(2015- NEDO)


連絡先

(国立研究開発法人)海上技術安全研究所
洋上再生エネルギー開発系海洋利用評価研究グループ
181-0004 東京都三鷹市新川6-38-1
mail: ishida(at)nmri.go.jp