• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 構造安全評価系
研究のご紹介
 安全かつ経済的な船舶の建造に資するため、合理的な構造強度評価法の確立が求められています。このため、波浪中の船体にかかる荷重推定手法及びこの荷重を入力とした全船荷重構造一貫解析手法の高度化についての研究ならびに材料の腐食特性、疲労強度などの研究を行っています。
 また、技能講習用映像教材の作成、これを応用し工数の大幅な削減を目的とした新しい設計・開発・生産システムに関する研究に取り組んでいます。
特別研究主幹 田中 義照
構造安全評価系長 有馬 俊朗
系付上席研究員 山田 安平 (海難事故解析センター 副センター長)
系付上席研究員 平方 勝