• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 構造基盤技術系 > 保守管理技術研究グループ
保守管理技術研究グループ
 船は海という厳しい腐食環境下運航し、繰り返し力を受けるため、船を構成する材料には様々な損傷が生じます。保守管理技術研究グル-プでは、このような損傷の評価と損傷の抑制及びこれらに関係する技術の研究を行っています。
メンバー
グループ長丹羽 敏男
田中 義久
穴井 陽祐(併任)
宮本  武(嘱託)
植松  進(嘱託)
研究紹介
主な研究テーマ
  • 疲労亀裂伝播に関する研究
  • 疲労亀裂強度に関する研究
  • 脆性破壊に関する研究
研究概要

  • 疲労亀裂伝播に関する研究
     疲労損傷を原因とする大型溶接構造物の事故が多発しております。この研究では
     (1) 三次元物体中に存在する表面・埋没欠陥を起因とする疲労亀裂成長履歴の定量的推定
     (2) 亀裂成長履歴に及ぼす多軸応力影響の定量的評価
    を目的に、実設計・保守計画適用に適した疲労亀裂成長シミュレーションの実用化に関して研究しております。


  • 疲労亀裂強度に関する研究
     疲労強度において、板厚が厚くなるほど疲労強度が低下するという特性がありますが、 共通構造規則(CSR)では溶接構造物に対して必要以上に安全側で評価を行っております。
     この研究では二次加工処理効果による
     ・疲労強度上昇率の把握
     ・板厚効果指数の把握
     ・費用対効果の明確化
    を目的に、疲労設計基準への反映を図っております。


  • 脆性破壊に関する研究
     脆性破壊は突発的に甚大な被害をもたらし、更に予測が困難です。 そのため、船舶関係者にとっては最大の不安要素の一つであるといえます。
     しかし、現行の脆性破壊の基準では精度が不十分であり、破壊を正確に予測できないという欠点があります。
     この研究ではより正確に破壊予測が可能な新しい破壊評価基準を提案することを目的に、 新しい破壊評価法の構築、およびその精度の検証などを行っております。