• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 構造安全評価系 > 構造解析研究グループ
面内剪断を受ける連続防撓パネルの最終強度に関する研究
研究の内容

剪断及び圧縮荷重を受ける防撓パネルの座屈崩壊挙動は十分に解明されておらず、その合理的な評価法は確立していません。
本研究ではVLCCの縦通隔壁を想定した防撓パネル試験体を対象に座屈試験を実施し、面内剪断及び圧縮を受ける連続防撓パネルの座屈崩壊を再現しました。また、周期境界条件(PBC)を使用した、連続防撓パネルの簡易的なFEM解析法を提案しました。

座屈試験実施方法
座屈試験実施方法
模型実験
模型実験
座屈試験結果とFEMでの実験再現
座屈試験結果とFEMでの実験再現
簡易的手法の開発手順
簡易的手法の開発手順
最終強度検証結果
最終強度検証結果