• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 構造安全評価系 > 基準開発グループ
基準開発グループ
 主要船級協会の船舶の構造基準に関する基準のうち、2006年度にバラ積み貨物船と油タンカーに関して基準が統一され、また、IMOではGBS(目標指向型基準)という新しい概念を取り入れた国際基準を開発する等、大きな転換期を迎えています。
 当グループでは、超大型コンテナ船、バラ積み貨物船、油タンカーなどの大型商船に関する荷重推定法や構造強度評価に立脚した構造基準の開発を通じて、このような国際基準の動きを積極的にリードしていきます。
メンバー
グループ長村上 睦尚
花岡 諒
松井 貞興
研究紹介
研究概要

現在当グループでは、安全に関する国際基準の動きを積極的にリードしていくために、以下の広い範囲の研究課題に積極的に取り組んでいます。

1.IMO(国際海事機関)ゴールベース構造基準(GBS)策定への取り組み

 IMO(国際海事機関)は、造船・海運にかかわる問題を政府間レベルで協議する国連の専門機関のひとつです。海上の安全、海洋汚染の防止などに関する国際的な海事規則(条約、コード等)を審議、採択します。締約国政府は、採択された規則を遵守しなければなりません。
 現在、IMOでは、タンカーの折損事故による大規模油流出事故を契機に、船体構造設計基準の国際的な体系見直しを開始しました。構造設計規則を作成するにあたっての、IMOと船級協会の役割が明確になり、船級協会は、IMOで合意される目標(ゴール)、機能要件に従って、構造寸法等を規定する船体構造設計規則を作成しなければならなくなります。
 そこで、リスク(海上における人命・財産の喪失、海洋汚染など)を物差しにして、確保すべき目標(セーフティレベル)を定量的に設定し、達成するための性能要件も定量的に把握できるようにすることをねらった方法が、セーフティレベルアプローチとよばれる対策方法です。このアプローチを科学的に実践することは、すなわち、リスクモデルを確立し、リスク解析を実施することにより、目標セーフティレベルを算定することです。このため当グループでは、GBS策定に向けて、これに資する技術的検討に取り組みました。また、IMOに研究成果を提供するだけでなく、日本代表団としてIMOでの会議に出席する等積極的に取り組んでいます。

2.荷重-構造一貫解析技術の高度化

 GBSの発効によって、構造基準の技術的背景についての更なる説明責任が増しています。また、大型化、高速化にともない経験則に当てはまらない新形式船が増えていることから、より合理的な強度評価手法にもとづく構造設計が重要になると考えられています。
 このため、当グループでは、このような合理的な強度評価のための荷重-構造一貫解析技術の高度化に関する研究を行っています。

3.造船会社との連携

 当グループでは造船会社との連携により、荷重-構造一貫解析技術を実設計に適用し、従来よりも詳細な構造設計のための技術開発を行っています。下図は、全船荷重-構造一貫解析を用いた、バルクキャリアの疲労強度の解析例です。全船一貫解析法を用いることでこのような解析を効率よく実施できます。

4.日本海事協会との連携

 船体は海水に浮かぶ巨大構造物で、波から受ける力によって時々刻々と変形しています。船体が大きくなるほどその影響は顕著で、特に船体が波の山谷にまたがっている状況において、大きな曲げ変形が生じます。そのような過酷な状況下でも安全に航行できるように、船体の構造強度規則が策定されています。
 当グループでは、鋼船の規則開発及び検査を行う機関である日本海事協会との連携のもと、設計規則算式の開発・改正に資する研究を行っています。

5.荷重-構造一貫解析ソフトウェアの開発

 当グループでは、6自由度船体運動・波浪荷重計算プログラムであるNMRIWおよび全船荷重-構造一貫解析ソフトウェアNMRI-DESIGNを開発しています。NMRI-DESIGNは、NMRIWを用いて荒天中をはじめとする様々な波浪条件下で解析した荷重を入力とした全船荷重構造一貫解析を行うことが出来ます。

6.研究成果の社会への還元

 上記の研究で開発したソフトウェアが設計現場で簡便に使用できるようGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)の開発と普及も行っています。