三鷹一中、海技研で職場体験第2弾

 平成16年7月の清原三鷹市長の海技研訪問に端を発した三鷹市と海技研の地域連携の一環として、 平成17年3月に続き、平成17年7月5日、三鷹第一中学校2年生6名の生徒さんが職場体験学習のため海技研を訪問しました。

 この日、午前中、船や海に関する基礎知識を学習した後、400m水槽、 深海水槽、氷海水槽を見学したほか、航行シミュレータでは船舶の操縦体験をしてもらいました。
 午後からは二つの班に分かれ、A班はTV番組のタモリ倶楽部に出演した 大気環境保全研究グループ平田主任研究員(当時)の指導により 簡易型お魚ロボット工作に挑戦しました。
 B班は、NHK教育TV「科学大好き土よう塾」に出演した流体制御研究グループ堀主任研究員の指導により、それぞれ持ち込んだコップなどの材料を小型の試験水槽(パーソナルタンク)で水中抵抗を計り、比較しました。

 いずれの班も、大変関心を持って熱心に取り組み、予定時間をオーバーするほどでした。探究心や科学する心を学んで頂けたのではないかと思います。

 最後に海技研での職場体験の感想をそれぞれ一言ずついただきました。
 ・今日は普段できないようなとても貴重な体験をたくさんさせていただいて、とても楽しかった
  です。7月29日(一般公開)にもまた来たいと思います。
 ・科学は改めてすごいなと思いました。また、色々なところを見てみたいです。
 ・皆さんとても親切で分かりやすく説明していただき、充実した時間を過ごせました。
 ・前日から楽しみにしていた海技研さんでしたが、予想以上に楽しくおもしろかったです。
  将来、このような自分が楽しめるような仕事につけるようにがんばりたいです。
  今日はどうもありがとうございました。
 ・色んな場所に回って、とても楽しい体験をしました。わからないところも教えてもらって
  とても充実した1日でした。
 ・習ったことのない実験や、今まで見たこともない機械を使ったりしてとても楽しかったです。
  圧力の抵抗という、学校より進んだ実験を忙しい中やらせていただき、まことにありがとう
  ございました。

○問い合わせ先
 海上技術安全研究所 研究情報センター 広報国際係
  (TEL:422-41-3005 FAX:0422-41-3247 e-mail:info2@nmri.go.jp)
ハンダこてやナイフを使って簡易型お魚ロボットの製作です。ハンダ付けは初めての経験だったようで苦戦しながらも、楽しそうでした。 パソコンでマイクロチップに入力です。これでお魚ロボットのしっぽを振る角度やスピードを調整して泳ぐ早さを変えられます。 お魚ロボットの完成です。3匹のお魚が競争です。なかなかよくできています。
パーソナルタンク(小型回流水槽)で、持ってきてもらったコップやペットボトルおもちゃなどの水中抵抗を計測しました。パソコンへの入力係、スイッチ係、模型係と分担しました。 ペットボトルの水中抵抗を計りました。ペットボトルの中に水を入れた場合と入れなかった場合を比較しました。結果はどうだったでしょう。流れに渦ができる様子も、レーザー光を使って見ることができました。 もってきてもらったおもちゃのガンダム。このガンダムの水中抵抗も計りました。
 
[back] [home]