三鷹六中、海技研で職場体験

 平成16年7月の清原三鷹市長の海技研訪問に端を発した三鷹市と海技研の地域連携の一環として、 平成17年9月21日、三鷹第六中学校2年生の生徒さんが職場体験学習のため海技研を訪問しました。
 
 この日、午前中、船や海に関する基礎知識を学習した後、400m水槽を見学したほか、 航行シミュレータでは船舶の操縦体験に挑戦しました。 午後からは、NHK教育TV「科学大好き土よう塾」に出演した 流体制御研究グループ堀主任研究員の指導により、持ち込んだペットボトルなどの材料を小型の試験水槽(パーソナルタンク)で水中抵抗を計り、比較しました。

 午前、午後とも大変関心を持って取り組んでいる様子で、探究心や科学する心を学んで頂けたのではないかと思います。

 最後に海技研での職場体験の感想をいただきました。
 ・今日一日、こちらの研究所で体験させていただいて、400m水槽を始め航行シミュレータなど
  様々な設備を見学することができ、今まで一般公開で見ることのできなかったレーザーを
  使った実験などとてもおもしろいものを見ることができました。
  また水の抵抗の求め方や船のトン数などの説明も分かりやすく、しっかりと理解することがで
きました。   一日だけでしたがどうもありがとうございました。


○問い合わせ先
  海上技術安全研究所 研究情報センター 広報国際係
  (TEL:422-41-3005 FAX:0422-41-3247 e-mail:info@nmri.go.jp)
職場体験の第一歩は、船や海に関する基礎知識を学ぶことから始まります。 施設見学では、航行シミュレータで操船体験をしました。うまく他の船をよけて進めたのでしょうか。 パーソナルタンク(小型回流水槽)で、持ってきてもらったペットボトルなどの水中抵抗を計測しました。流れに渦ができる様子も、レーザー光を使って観察できました。
水中抵抗を計る実験について説明を受けます。説明を聞く生徒さんも熱心に取り組んでいる様子がうかがえます。 今回持ってきてもらったペットボトルやロボットです。これらの水中抵抗を計りました。 パーソナルタンクで計測した後は、結果をパソコンに入力します。さて、どんな結果がでてきたでしょうか。
 
[back] [home]