三鷹第六中学校、海技研で職場体験第2弾

 平成16年7月の清原三鷹市長の海技研訪問 に端を発した三鷹市と海技研の地域連携の一環として、平成18年7月13日、三鷹第六中学校2年生の生徒さんが職場体験学習のため海技研を訪問しました。
 
 この日、午前中、海技研についての簡単な紹介の後、環境分析研究グループ 高橋グループ長の指導により、 地球と大気の関係や温室効果ガスについて説明を受けた後、7月28日の一般公開で行う予定の、子ども実験教室の準備として、 空気の分子模型の作成などをお手伝いしてもらいました(この模型がどのように使われるかは当日までのお楽しみです)。 また、その後は電子顕微鏡や様々な分析装置を見学してもらいました。

 1日を通じて大変興味を持って取り組んでいる様子で、探究心や科学する心を学んで頂けたのではないかと思います。

最後に海技研での職場体験の感想をいただきました。

 ・理科が得意な方だったのですが、今日、空気中にある物質や特徴を教えていただいて、まだ
  まだ理科には知らないことがたくさんあることに気づきました。

 ・学校にある顕微鏡しか見たことがなく、ここにあるシャープペンの芯の内部まで見えてしまう、
  電子顕微鏡が印象に残りました。

 ・今、地球はどういう状況なのか、どういったことで温暖化は進んでいるのかということを新たに
  知りました。

 ・海技研の皆さんもとてもやさしくしていただいて、今日ここに職場体験に来て本当に良かったと
  思います。

○問い合わせ先
 海上技術安全研究所 知的財産・情報センター 広報国際係
(TEL:0422-41-3005 FAX:0422-41-3247 e-mail:info2@nmri.go.jp )
 
[back] [home]