平成20年2月19日
独立行政法人 海上技術安全研究所
独立行政法人海上技術安全研究所と防衛省技術研究本部艦艇装備研究所の艦船分野における研究協力に関する取決めの締結について
 平成20年2月12日、独立行政法人海上技術安全研究所(理事長:井上 四郎、写真:中央左)は、防衛省技術研究本部艦艇装備研究所(所長:九田 一久、写真:中央右)と艦船分野における研究協力に関する取決めを締結しました。
 この取決めを基に、艦船分野の汎用技術の研究において適切な研究協力を図ることにより、それぞれが実施する研究開発を効率的に実施することが可能となります。
 当面は、多胴船に関する波浪中の船体運動及び波浪荷重に関する実験的研究及び理論的予測手法の構築を行い、将来の艦船の耐航性能向上に資する研究の効率化を図ることを予定しています。
(注)多胴船:構造上、船体を複数平行につないだ船をいい、将来艦船の高速化の観点から近年注目されている。なお、船体が一つの通常の艦船を単胴船という。

[ BACK ][ NMRI HOME ]
このページに関するお問い合わせは広報・国際係 info2@nmri.go.jp までお願いします