目次

独立行政法人海上技術安全研究所の基本方針


平成16年度 活動の概要

  1. 研究マネージメントの充実
  2. 次期中期計画を念頭に当所が対応すべき課題の整理
  3. 横断的研究テーマへの円滑な対応
  4. 組織の弾力的・流動的運営を可能とする体制の構築
  5. 平成17年4月1日からの新しい組織
  6. 研究者の流動性の確保
  7. 競争的環境の醸成
  8. 研究業務をサポートする体制を強化
  9. 効率的な研究実施体制
 10. 研究交流の促進(産学官の連携推進)
 11. 広範な情報発信
 12. 国際強調の推進
 13. 数値目標の達成
 14. 研究領域別の課題数と直接研究費、研究総コスト
 15. 海上輸送の安全の確保に関する中期計画への対応
 16. 海上輸送の安全の確保に関する研究分野の総括
 17. 海上輸送の高度化に関する中期計画への対応
 18. 海上輸送の高度化に関する研究分野の総括
 19. 海洋の開発に関する中期計画への対応
 20. 海洋の開発の確保に関する研究分野の総括
 21. 海洋環境の保全に関する中期計画への対応
 22. 海洋環境の保全に関する研究分野の総括
 23. 基礎的・先導的シーズ研究に関する研究分野の総括


第1章  個別研究課題の研究成果報告

 1. 海上輸送の安全の確保に関する研究分野の研究成果
 2. 海上輸送の高度化に関する研究分野の研究成果
 3. 海洋の開発に関する研究分野の研究成果
 4. 海洋環境の保全に関する研究分野の研究成果
 5. 基礎的・先導的シーズ研究に関する研究分野の研究成果


第2章  財務諸表

 1. 貸借対照表
 2. 損益計算書
 3. 収入支出決算報告書
 4. キャッシュ・フロー計算書
 5. 利益の処分に関する書類(案)
 6. 行政サービス実施コスト計算書


第3章  資料

 1. 所在地、土地および建物
 2. 現在員等
 3. 研究成果
    1) 海上技術安全研究所報告
    2) 研究発表会及び講演会
    3) 所外発表一覧
    4) 工業所有権
    5) 工業所有権の実施
    6) 表彰関係表彰関係
    7) 講師
    8) 外部委員会委員
 4. 共同研究及び連携大学院協定
 5. 民間及び庁舎受託試験、施設貸与
 6. 試験研究施設
 7. 国際協力
    1) 国際貢献
    2) 国際会議への参加及び国際シンポジウム等の開催
    3) 国際共同研究、受託研究
    4) 在外研究(海外留学)
    5) 外国人研究者の受け入れ
 8. 情報の発信
    1) 研究施設の一般公開
    2) 見学者
    3) 展示会
    4) 雑誌の発刊、ニュースの発行
    5) マスコミ発表
    6) 技術相談窓口、出前講座
 9. 業務管理


第4章  13年度終了研究のその後の成果と波及効果調査報告書

 1. 「終了研究課題のその後の成果と波及効果」の調査目的
 2. 「終了研究課題のその後の成果と波及効果」の調査対象
 3. 「平成13年度終了研究課題のその後の成果と波及効果」の調査回答数
 4. 研究期間中の研究成果と評価結果の総括
 5. 「平成13年度終了研究のその後の成果と波及効果」の調査結果とその総括
 6. 「平成13年度終了研究のその後の成果と波及効果」に関する個別課題の評価