平成24年5月21日
独立行政法人 海上技術安全研究所

フルードパワーシステム学会の会員11名が来所

 一般社団法人日本フルードパワーシステム学会の特別研修会(委員長=佐藤恭一・横浜国立大学大学院工学研究院准教授) のメンバー一行11名が5月17日、当研究所を訪れ、深海水槽や変動風水洞などの施設を見学しました。
 同学会は油圧、空圧、水圧工学・技術に関する学理・応用の研究分野での情報交換・提供などを通じてわが国の学術・技 術の発展に寄与するために設立された専門学会。平成13年に旧名称の日本油空圧学会から現在の名称に変更しました。 今回、来所したのは、特別研修会のメンバーの皆さんで大学関係者3名のほか、油圧機器、空気圧機器、建設機械メーカー などの関係者8名。
 一行は海技研紹介ビデオを見た後、ディーゼル・エンジンを皮切りに深海水槽、高圧タンク、変動風水洞を順次見学。各 施設では担当者からそれぞれの研究動向や研究成果について説明を受けるともに、活発な質疑応答も行われました。
 
10号館実験棟で   変動風水洞で
10号館実験棟で   変動風水洞で

[海技研トップページ]

このページに関するお問い合わせは広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします