平成23年11月28日
独立行政法人 海上技術安全研究所

海上技術安全研究所
「再生可能エネルギー世界展示会」に出展

 独立行政法人 海上技術安全研究所(茂里一紘理事長)は、来る12月5〜7日の3日間、 千葉・幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「第6回再生可能エネルギー世界展示会」(注)に出展します。 海技研が同展示会に出展するのは初めてとなります。

 同展示会は、再生可能エネルギー協議会の主催、また独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、 同産業技術総合研究所、財団法人新エネルギー財団の3団体の共催によって開かれるもので、 再生可能エネルギーをはじめ、エネルギーと環境の全分野で地球環境保全に貢献する製品や技術、 サービス、周辺機器、関連情報などが紹介される予定です。

 海上技術安全研究所は、第3期中期計画の重点研究課題の一つとして「海洋の開発」を掲げ、 海洋における再生可能エネルギーの利用に関し、施設の安全性、経済性、環境負荷評価などを通じ、 その実現に向け取り組んでいます。その一環として世界トップクラスの水槽・風洞等の実験施設や 数値シミュレーション技術を駆使した、浮体式洋上風力発電や潮流・海流発電などの研究を行っています。 展示ブース(小間番号:R11-301)ではこれら研究の現状や成果などを紹介するとともに、 浮体式洋上風力発電システムの模型を展示する予定です。
(注)「新エネルギー世界展示会」より改称。 第5回新エネルギー世界展示会は昨年6月30日〜7月2日の3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されました。
「第6回再生可能エネルギー世界展示会」の詳細は、こちらをご覧下さい。
 
問い合わせ先
独立行政法人 海上技術安全研究所
企画部 知的財産・情報センター
Tel:0422-41-3005  Fax:0422-41-3247
E-Mail:info2@nmri.go.jp


[海技研トップページ]

このページに関するお問い合わせは広報・国際係 info2@nmri.go.jp までお願いします