平成24年1月30日
独立行政法人 海上技術安全研究所

海上技術安全研究所の造波技術
2月5日、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」で紹介

 海上技術安全研究所(理事長 茂里一紘)の実海域再現水槽を使って 文字や模様を自在に描く造波技術が読売テレビの情報バラエティー番組 「大阪ほんわかテレビ」(日曜夜10時30分〜)の2月5日放送分で紹介されることになりました。
 同番組は関西圏でしか放映されていませんが、1993年にスタートし、 若者からお年寄りまで幅広い年齢層に支持されている長寿人気番組です。 海技研の造波技術が紹介されるのは、「日本各地の新しい物、変わった物、面白い物」 といった切り口で料理、人物、場所、技術などにスポットを当てる『情報喫茶店』というコーナーです。
 番組では、流体性能評価系の谷澤克治系長がさまざまな実験に不可欠な造波技術の必要性や 用途について女性アナウンサーの質問に答える形で説明し、実際に382機の造波装置を全周に 装備した実海域再現水槽を使ってハートマークや三角マーク、さらには番組名の「ほんわか」という 文字を波で再現するシーンが放映される予定です。関西圏にお住みの皆さんは、ぜひ、ご覧ください。
 
放 送 日 平成24年2月5日(日曜)22時30分〜 *放送日は予定です
番 組 名 読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」  *関西地区ローカルです
紹介コーナー 情報喫茶店
概   要 「情報喫茶店」では全国各地の「新しい物、変わった物、面白い物」として料理や人物、 場所、技術などを取り上げるコーナーですが、今回のテーマは『目を疑っちゃいます』(仮題)を 軸に海上技術安全研究所の最先端技術の一つ、造波技術を実海域再現水槽を使ってお見せします。

問い合わせ先
独立行政法人 海上技術安全研究所
企画部 知的財産・情報センター
Tel:0422-41-3005  Fax:0422-41-3247
E-Mail:info2@nmri.go.jp
 
[海技研トップページ]

このページに関するお問い合わせは広報・国際係 info2@nmri.go.jp までお願いします