平成24年7月13日
独立行政法人 海上技術安全研究所
 

潮流海流発電用マルチロータ型タービン模型の性能実験を公開

7月27日開催、高効率化による発電コスト低減を目指して

 独立行政法人海上技術安全研究所(理事長 茂里一紘)は、再生可能エネルギーの一つである潮流海流発電に関する研究を進めております。十分な量の潮流海流発電を日本沿岸域に導入するためには、海峡部等の浅水深・高流速の立地以外に、より水深が深く流速が遅い海域にも高効率・低コストの発電装置を展開していくことが望まれます。この観点から、当所では浮体式プラットフォームに設置する高効率の発電用タービンの検討を実施しております。来る7月27日、今回、開発している発電用タービン模型を用いて、タービンの発電効率に係るトルク性能、及び全体システムの安定性・安全性に影響を及ぼす抵抗性能を計測する実験を公開し、参加者には実験の状況をご覧頂きます。
 
1.日 時   平成24年7月27日(金曜)13:30~15:00

2.場 所   (独)海上技術安全研究所 本館1階第1A会議室
         東京都三鷹市新川6-38-1
         *本館1階第1A会議室に集合していただいた後、試験水槽に移動。
          そこで担当者から事前説明を行わせていただきます。また、実験後に
          質疑応答を予定しています。

3.申込み方法  7月26日(木曜)までに下記「申込みフォーム」で申込み下さい。
           なお、参加ご希望が多い場合、早めに申込みを締め切らせていただく
           場合がありますのでご了承願います。

4..問い合わせ先 (独)海上技術安全研究所 企画部 広報係
            tel:0422-41-3005 E-mail:info2@nmri.go.jp


                 申込みフォームへ
                     クリックして下さい。
                (申込みは終了しました。有難うございました。)


[海技研トップページ]