平成25年2月8日
かもめプロペラ株式会社
国立大学法人大阪大学大学院工学研究科
独立行政法人 海上技術安全研究所
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 

「ECO運航支援システムの開発」に関するセミナー

2月26日(火)都内で開催

  現行、船舶の設計は、波の無い状態をベースとしていますが、実海域では、波浪により生じる負荷変動により、主機関の燃費ロスやプロペラの推進効率の低下を招いています。
 このため、モデル予測制御理論を導入することにより波浪により生じる負荷変動を予測し、CPP(可変ピッチプロペラ)の翼角を可動速度の制限下で燃費が最良となるように制御し、波浪中を航行する船舶の燃費の改善することを目標として、平成22年度より3ヵ年にわたり、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構の受託研究「ECO運航支援システムの開発」を実施しました。このたび、研究成果報告セミナーを開催することにいたしましたので、ご案内申し上げます。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております
 
1.開催日時:   平成25年2月26日(火)9:30~12:30(受付開始9時00分)
2.開催場所:   航空会館 501、502会議室   会場までの案内図(PDF版)
            (東京都港区新橋1丁目18番1号)  Googleマップ
3.プログラム: 
(1) ECO運航支援システムの開発について(全体紹介) かもめプロペラ(株) 深澤 正樹
(2) 最適制御理論による燃費最適化アルゴリズム 大阪大学准教授 梅田 直哉
(3) プロペラ流入速度の予測アルゴリズムの開発について (独)海上技術安全研究所 上野 道雄
(4) CPP翼角制御アルゴリズムの開発について (独)海上技術安全研究所 谷澤 克治
(5) ECO表示装置の開発について (独)海上技術安全研究所 平田 宏一
(6) 模型試験によるシステム検証について (独)海上技術安全研究所
かもめプロペラ(株)
北川 泰士
小宮 俊次
(7) 実船試験によるシステム検証について (独)海上技術安全研究所
かもめプロペラ(株)
谷澤 克治
小宮 俊次
    ※午後からは、主催:大阪大学大学院工学研究科、共催:国土交通省による
     第2回「国際船舶安全性環境研究イニシアティブ」シンポジウムがあります。
      ご参考までにご案内致します。 PDF版
4.参加費:  無 料
5.参加申込方法申込みは、締め切らせて頂きました。
            多数のご応募頂きまして、誠に有難うございます。
           
6..開発概要:詳細はこちら  (PDF版)
7..問い合わせ先:
【セミナーに関するお問い合わせ】
(海)海上技術安全研究所 企画部 広報係
福田、石井
TEL:0422-41-3005
FAX:0422-41-3258
E-mail:info2@nmri.go.jp 
【研究に関するお問い合わせ】
(海)海上技術安全研究所 流体性能評価系
谷澤、上野
TEL:0422-41-3060
【研究制度に関するお問い合わせ】
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 基礎研究課
吉原、稲垣
TEL:045-222-9127
                        
[海技研トップページ]
このページに関するお問い合わせは広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします