独立行政法人海上技術安全研究所における研究業務に関する不正行為に対する取り組み

はじめに

 独立行政法人海上技術安全研究所では、昨今の研究活動の不正行為、研究費の不正使用問題に鑑み、関係府省から示された「研究活動の不正行為への対応のガイドライン」及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」を踏まえ、研究活動の不正行為に対する規程及び研究費の不正使用防止計画を定め、研究業務に関する不正行為の防止に取り組んでいます。

ポリシー


 研究所の研究活動に携わる一員として、研究業務について、透明性と説明性を自立的に保証することに、高い倫理観をもって努めることが求められています。
 一方、研究業務に関する不正行為は、こうした研究活動に携わる者の行動規準に反するものであり、また、研究所に対する社会からの信頼を失うものであります。
 このため、独立行政法人海上技術安全研究所は、第一に、研究所の研究業務に携わる者一人一人が、自ら高い倫理観をもって、誠実かつ謙虚に研究活動の遂行にあたるとともに、関係者に対しても、そのように振る舞うよう求め、組織全体の倫理意識が向上するように努めるものであり、その上で、研究業務に関する不正行為への対応に関する措置も講じ、その発生の防止に努めるものであります。



 研究活動の不正行為への対応  研究活動の不正行為への対応に関する規程(PDF)
                         連絡先 企画部企画課 TEL0422-41-3625 

 研究費の不正防止         研究費の不正防止計画(PDF)
                         連絡先 企画部業務室 TEL0422-41-3006



[ NMRI HOME ]
このページに関するお問い合わせは、企画部広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします