新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報
前へ 次へ
海技研Web新造船の要目データベース掲載紙選択Vol.15 > 詳細データ
ENOSHIMA MARU (江の島丸)
江の島丸 漁業調査指導船
ENOSHIMA MARU Fishing Research and Training Vessel
船主 (国籍) 神奈川県(Japan)
建造所 新潟造船(株) 三崎工場(No.0011)
起工 2005.3.25
進水 2005.7.22
引渡 2005.10.21
船級 JG
航行区域 Category 3(A3, domestic voyage)
全長 33.03m
垂線間長 28.00m
全幅 (Bmld)6.20m
深さ (Dmld)2.70m
喫水 (dext(summer))2.352m
計画満載喫水 (dmld(design))2.35m
国内総トン (JG)105T
載貨重量 (design)57.96t (summer)64.19t
試運転最大速力 13.58kn
速力 abt.13kn
航続距離 abt.2,500SM
主機関 NIIGATA 6MG22HX-3×1
出力 (M.C.R.) 956kW×900min-1×1
プロペラ 4blades CPP×1
主発電機 (Prime Mover: YANMAR 4HAL2-TN×2)SINKO TVLI-GJ 150kVA×2
乗組員数 20
船型 Single screw, aft engine-room, long poop decker
燃料油槽 44.50立方メートル
清水槽 13.92立方メートル
燃料消費量 abt.1.5t/day
貨物艙容積 (Bale)14.11立方メートル[Fish hold] (Grain)16.55立方メートル [Fish hold]
特記事項 @速力13ノットを目指し計画、建造 A安全性、漁業調査の強化を図っている イ.漁業調査を充実させるため、調査機器の強化(ADCP、マルチビームソナー) ロ.東京湾航行時の安全性向上のため、機器の強化(電子海図装置、船舶自動識別装置) B魚倉を少なくし、居住性、作業性の充実を図っている
新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報 前へ 次へ
Copyright 2004 NMRI All Right Reserved