かいぎけんにはこんなにすごいしせつがあります!


操船(そうせん)リスクシミュレータ

(ふね)(うご)きをコントロールするところをブリッジ(船橋(せんきょう))といいます。このブリッジを再現(さいげん)し、その(まわ)りに実際(じっさい)(ふね)(はし)っている(とき)()える景色(けしき)再現(さいげん)したものをシミュレーターと()います。これを使(つか)って実際(じっさい)に船を(うご)かしている(ひと)行動(こうどう)調(しら)べ、(ふね)安全(あんぜん)航行(こうこう)できるようにするための施設(しせつ)です。

400(めーた)水槽(すいそう)

この水槽(すいそう)は、(なが)400(めーた)(はば)18(めーた)(ふか)さが(めーた)もあり、世界(せかい)最大級(さいだいきゅう)水槽(すいそう)です。巨大(きょだい)タンカーや超高速(ちょうこうそく)(せん)模型(もけい)試験(しけん)できます。この水槽(すいそう)は、(ふね)(はし)のに必要(ひつよう)燃料(ねんりょう)()らすための研究(けんきゅう)や、(ふね)(つく)(なみ)によって、(きし)(ちか)(さかな)(そだ)てている(いかだ)(こわ)れたりするのを(ふせ)ため、その(なみ)()(なみ))を(ちい)さくする研究(けんきゅう)などを(すす)めています。 


キャビテーション水槽(すいそう)

キャビテーション水槽(すいそう)では、(ふね)推進器(すいしんき)であるプロペラ(ぷろぺら)発生(はっせい)する(あわ)キャビテーションがプロペラ(ちか)(つぶ)れるプロペラ(きず)つけるので、(あわ)発生(はっせい)しないように、あるいは発生(はっせい)してもプロペラより(とお)(はな)れたところで(つぶ)れるようにすることを研究(けんきゅう)しています。



氷海(ひょうかい)試験(しけん)水槽(すいそう)

 氷海(ひょうかい)試験(しけん)水槽(すいそう)は、(なが)35(めーた)(はば)6(めーた)(ふか)さが1.8(めーた)あります。こ水槽(すいそう)(こおり)()り、(こおり)(なか)(はし)(ふね)(うみ)()いている建物(たてもの)(こおり)から()ける(ちから)(はか)ったり、その安全(あんぜん)調(しら)べたりすることができますこの水槽(すいそう)では(こおり)(うみ)(あぶら)(よご)れるのを(ふせ)ぐために、(こおり)海中(かいちゅう)(まん)(いち)(あぶら)(なが)()した(とき)にその(あぶら)回収(かいしゅう)する方法(ほうほう)研究(けんきゅう)行っています。


深海(しんかい)水槽(すいそう)

深海(しんかい)水槽(すいそう)深さ(ふかさ)が35m(めーた)あり、世界(せかい)(もっと)(ふか)水槽(すいそう)です。このことはギネスにも(みと)められています。この水槽(すいそう)では(ふか)(うみ)(そこ)から(あぶら)など資源(しげん)安全(あんぜん)()()すライザーの研究(けんきゅう)(すす)めています。



(こう)(ぞう)(ざい)(りょう)寿(じゅ)(みょう)(ひょう)()(けん)(きゅう)()(せつ)

 この施設(しせつ)では、(ふね)造る(とき)使(つか)われている材料(ざいりょう)(つよ)(なみ)から()(かえ)()ける(ちから)変化(へんか)(たい)して(つよ)さを調(しら)べています。




材料(ざいりょう)化学(かがく)分析(ぶんせき)システム

 (ふね)から(うみ)(そら)排出(はいしゅつ)される様々(さまざま)化学(かがく)物質(ぶっしつ)分析(ぶんせき)装置(そうち)(そな)それらが(そら)(うみ)(およ)(わる)影響(えいきょう)()らす研究(けんきゅう)行っています。



海洋(かいよう)構造物(こうぞうぶつ)試験(しけん)水槽(すいそう)

色々(いろいろ)海洋(かいよう)()建物(たてもの)実験(じっけん)使(つか)水槽(すいそう)((なが)40m(めーた)(はば)27m(めーた)(ふか)2m(めーた))で、(なみ)(なが)れを()こす装置(そうち)模型(もけい)移動(いどう)させる装置(そうち)(そな)えています。


変動(へんどう)風水(ふうすい)(どう)

(かぜ)(はや)さは、最大(さいだい)30m(めーた)/(ぱー)sec(せっく)までの(かぜ)()こせます。(かぜ)(はや)さは、いつも(おな)じにすることもできますし、変化(へんか)させることもできます。
(けむり)()して(うみ)()いている(たてもの)(ふね)(まわ)りの(なが)れを()る(可視化(かしか)実験(じっけん)もできます実験(じっけん)(おこな)部分(ぶぶん)は、(なが)15m(めーた)(はば)3m(めーた)(たか)2m(めーた)あります。その(した)水槽(すいそう)があり(うみ)()いた建物(たてもの)(かぜ)(なみ)()けたときの()れを観察(かんさつ)することができます。


高圧(こうあつ)タンク

内径(ないけい)1.1m(めーた)内部(ないぶ)(たか)3.0m(めーた)(おお)きさの容器(ようき)で、6000m(めーた)(うみ)(そこ)(たか)圧力(あつりょく)(つく)りだす、世界(せかい)でも(めずら)しい施設(しせつ)す。

 これらのけんきゅうしせつは4月または7月のいっぱんこうかいで見られるよ! 

[ NMRI HOME ]
このページに関するお問い合わせは広報・国際係 info2@nmri.go.jpまでお願いします