ふ ね の は な し

1.(ふね)はなぜ()くか。

風呂(ふろ)(はい)ると(からだ)(かる)くなるという経験(けいけん)(だれ)でもあると(おも)います。この経験(けいけん)からわかるように(みず)()くもの(浮体(ふたい))には、かなら()かそうとする(ちから)はたらきます(これを浮力(ふりょく)といいます。このように自然界(しぜんかい)にもある性質(せいしつ)があります。この性質(せいしつ)(みず)()いているものだけでなく(みず)(なか)にある(もの)にも()てはまります。この(もの)にはたらく()かそうとする(ちから)は、その(もの)(はい)(じょ)する(みず)(おも)さで()まります(これをアルキメデスの原理(げんり)といいます)。このため(もの)(おも)さが、そのものが排除(はいじょ)した(みず)(おも)さより(ちい)さければ(みず)()き、(おお)きければ(みず)(しず)むことになります。(おお)きな(ふね)(てつ)でできています。どんな(おお)きな(ふね)でも、その(おも)さが自分(じぶん)(はい)(じょ)した(みず)海水(かいすい))の(おも)さより(ちい)さければ(みず)海水(かいすい))に()くことができます。
2.潜水(せんすい)(せん)(なん)()いたり(しず)んだりできるのか。
船内(せんない)空気(くうき)また(みず)より(かる)物質(ぶっしつ))が(はい)っていた(ところ)(みず)()れれば、そ(みず)(はい)(じょ)しなくなるので()(ちから)浮力(ふりょく)なくなり(ふね)(しず)みます。(ぎゃく)(みず)が入っていた(ところ)空気(くうき)また(みず)より(かる)物質(ぶっしつ))を(おく)()んで(みず)なくせ()(ちから)発生(はっせい)して(ふね)浮上(ふじょう)します。
3.タイタニックより丈夫(じょうぶ)(さい)(ひょう)(せん)(こおり)(うみ)航行(こうこう)できる理由(りゆう)

タイタニックより丈夫(じょうふ)とは()っても氷山(ひょうざん)にぶつかれば砕氷(さいひょう)(せん)(ちん)(ぼつ)してしまいます。しかし、砕氷(さいひょう)(せん)文字通(もじどお)(こおり)(くだ)き、南極(なんきょく)北極(ほっきょく)(こおり)(おお)われた(うみ)航行(こうこう)することができます。普通(ふつう)(ふね)では(こおり)()じこめられ()(うご)きできなくなるような(うみ)でも、砕氷(さいひょう)(せん)らば(こおり)()りながら進路(しんろ)(つく)っていくことができます。そのためにどういった工夫(くふう)をしているのでしょう。

(こおり)意外(いがい)(かた)く、普通(ふつう)(ふね)では()ろうとすると自分(じぶん)自身(じしん)船体(せんたい)(きず)つけ、下手(へた)をすると(あな)(ひら)けてしまう危険性(きけんせい)もあります。砕氷(さいひょう)(せん)ではまず、(こおり)にあたっても(かん)(たん)(あな)(ひら)かないように、(こおり)にあたる部分(ぶぶん)鋼板(こうばん)(あつ)くしたり構造(こうぞう)工夫(くふう)するなどして強度(きょうど)(たか)めてあります。しかしそれだけではありません。(ふね)(かたち)普通(ふつう)(ふね)よりずんぐりしています。また砕氷(さいひょう)方法(ほうほう)直接(ちょくせつ)(こおり)にあたって()るのではなく、(こおり)()り上げて(ふね)(おも)さを利用(りよう)して(こおり)()るように工夫(くふう)しています。


[ NMRI HOME ]
このページに関するお問い合わせは広報・国際係 info2@nmri.go.jp までお願いします