海洋システム研究グループ

研究目標

  厳しい自然環境下で使用する石油・天然ガス生産システム及び洋上プラットフォームの安全性評価手法、オペレーション評価手法を構築すること。複合環境下(潮流・波)における浮体構造物のVIM現象の解明とそれに関連した係留安全性評価。

グループ員
   
藤原 敏文(グループ長)

齋藤 昌勝

湯川 和浩

佐藤 宏

石田 圭

渡邊 充史 

松沢 孝俊(併任) 

主な研究課題

重点課題 :
  ・ 洋上液化天然ガス生産システム等の総合安全性評価技術に関する研究    

先導研究:
  ・ VIMの現象解明と予測に関する研究

[ BACK ] [ NMRI HOME ]
bottom bar