海洋エネルギー研究グループ

概要

 
石油、鉱物、食料等の資源は、世界的・長期的に不足することが確実視されています。我が国は陸域の資源に恵まれませんが、世界第6位/陸域の12倍に及ぶ広大な排他的経済水域(EEZ)を持っており、これを有効活用することが将来の発展に不可欠です。
 海洋エネルギー研究グループは、浮体式洋上風力発電や潮流・海流発電等、海洋に賦存する再生可能エネルギーの利用実現に向けた浮体技術等の開発を行っています。


概要グループ員
石田 茂資(グループ長)

國分健太郎

中條 俊樹

穴井 陽祐

羽田 絢

平尾 仲達


主な研究課題

○複合再生可能エネルギー発電システムに係る技術開発・安全性評価に関する研究
○浮体式洋上風力発電システムの技術開発・安全性評価に関する研究

浮体式風力発電施設の水槽試験

潮流発電装置模型

 


[ BACK ] [ NMRI HOME ]
bottom bar