top bar


大阪支所   English

概要

 大阪支所は、大正9年9月に設置された逓信省管船局船用品検査所大阪支所を起源としています。昭和38年4月 運輸省船舶技術研究所大阪支所となり、昭和46年4月 現在の地に移転、平成13年4月 独立行政法人海上技術安全研究所大阪支所となり現在に至っています。
 西日本には、造船所、船用品製造事業所が多くあり、我が国の造船舶用工業の集積地となっています。
 このようななか、大阪支所は、船舶用品の試験、開発や改良のための研究、配管等の防食に関する研究、バラスト水の処理やバラスト水処理活性物質の塗膜等への影響に関する調査研究等、西日本地区の船舶関連中小製造業を技術的に支援するための研究を行い、社会に貢献できるように尽力します。

支所長 相田 守史
副支所長 山根 健次
グループ長 櫻井 昭男
主任研究員 小野 正夫
専門研究員 伊飼 道明

 研究概要      (PDF)








      
     


 主要研究施設   (PDF)

 大阪支所への交通案内

 東日本大震災で被災した東北・北海道の中小造船所への技術指導

 大阪支所 パソコン・ネットワーク雑記 
     
・ シリコンバッグによるFRTPの簡便成形技術
・ 艤装品及び船用配管類の構造解析・流体解析技術
・ バラスト水処理活性物質の塗膜への影響に関する調査研究
・ バラストタンクを利用した蓄熱タンクの開発
第1回 Kernel-Power41の呪縛からの脱出 平成24年11月9日 
第2回 Windows Updateができないときの対応 平成24年12月17日
第3回 マウスのコードが紛らわしい時の対応 平成25年1月18日
第4回 ネットワークで他のパソコン等が消えたときの対策  平成25年3月4日