top bar
動力システム系



概要

  海洋環境の保全は人類共通の課題です。このため、IMO(国際海事機関)を中心として、海洋上の大気を含む海洋環境全般の課題への取組が進んでいます。
 特に、近年、酸性雨等の大気汚染問題に対処するために、船舶からの海洋汚染を規制するMARPOL条約によって船舶からの排気ガス規制が段階的に強化され、特別に設定される排出規制海域(ECA)においてNOxの排出を1次規制から約8割の削減を定めたいわゆるNOx3次規制(tier3)が2016年にスタートすることになっています。
 また、地球温暖化問題への対処や、運航コスト削減のため、よりエネルギー効率の高い動力システムの開発や、従来の重油に変わる代替燃料を安全に利用するための技術の開発が求められています。
 動力システム系では、このような状況を踏まえ、国土交通省,環境省,日本財団,一般財団法人日本海事協会,社団法人日本舶用工業会,財団法人日本船舶技術研究協会,独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構等からのご支援の下、関係企業とも連携しつつ、主に次のようなテーマに取り組んでいます。

(1) NOx削減等排ガス対応技術
NOx3次規制に向けた触媒を用いた排ガス脱硝装置(SCR)の高度化及びその他の排ガス対応技術の提案

(2) 舶用ハイブリッドシステム
 次世代ハイブリッドシステムの基礎技術の構築と、同システムに組み込まれる新たな舶用電力機器の安全性評価手法の確立

(3) 排ガスに含まれる環境影響物質の計測技術
 将来的な環境規制に的確に対応するため、排ガス中の環境影響物質(NOx, PM, N2Oなど)の計測方法の確立

(4) 代替燃料等利用技術
 将来のECA、CO2削減等の規制に対応するために想定される代替燃料(LNG、LCO(ライトサイクルオイル)等)を利用するための課題の解決

動力システム系長  春海 一佳(環境エンジン研究グループ長併任)
福田 哲吾 (系付上席研究員)
次世代動力システムセンター

環境エンジン研究グループ

[ NMRI HOME ]
bottom bar