海技研のけんきゅうしせつ

400m試験水槽 (よんひゃくめーとるしけんすいそう)

奥から入口を見る 曳航台車
模型船を曳航 模型船を横から見る 模型船に錘を載せる
各種機器を点検 模型船の船尾部分

世界最大級の長さ400m、はば18m、水の深さ8mで、きかいで船を引っぱれることができるすいそう。 船のもけいを、日本一の15m/秒(時速54km)で引っぱれる。長さ50mのもけいのじっけんも行った。

(上左)奥から入口を見る (上右)船を引っぱるきかい  (左)もけいの船を引っぱっている  (中上)もけいの船を横から見たところ (中下)もけいの船におもりをのせたところ  (右上)きかいにワルいところがないか調べている (右下)もけいの船のうしろ

実海域再現水槽 (じつかいいきさいげんすいそう)

実海域再現水槽 模型での実験

長さ80m、はば40m、深さ4.5m。船を引っぱったり、波をおこしたり、風を送ったりするきかいがついている。(平成22年6月17日完成)

操船リスクシミュレータ (そうせんりすくしみゅれーた)

ブリッジ(船橋)内 機器操作
揺れも再現できる模擬船橋と円筒スクリーン
半径6.5m、高さ4.8mの、まるいスクリーンの操船リスクシミュレータ (左上)船のブリッジ (左下)パソコンでいろいろな海のようすをつくる (右)ゆれるブリッジと、まがっているスクリーン

変動風水洞(へんどうふうすいどう)

風洞に使う模型は黒一色 風洞の外観
風洞内部

風をつくるきかいと、すいそうの、両方を使って実験ができる。
風速30mの風がおこせる。

(左上)もけいは黒一色。 (左下)ないぶ (右)外から見たところ

深海水槽(しんかいすいそう)

世界最深級の水槽 深さ4000mにいるような試験もできる。
世界で2番めに深いしけんすいそう
ページの先頭へ
メニュー
海技研のけんきゅうしせつ
一般公開
ペーパークラフト
ホームへ戻る