HOME | 海技研について | 海技研ってどんな研究機関?

我が国の海事・海洋技術の研究開発の一大拠点

海技研のご紹介

National Maritime Research Institute

 
海技研を志望する皆様へ


 

宇都所長

 
 

 
海上技術安全研究所は、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所傘下の研究所であり、我が国の海事・海洋技術の研究開発の一大拠点です。100年の歴史を 背景とした知見と技術、世界トップレベルの研究施設群、約170名の研究者を擁し、海上輸送の安全確保、海洋環境の保全、海洋の開発など、社会・行政・産業の抱える課題に対して、高度な技術ソリューションを提供してきました。

海事・海洋産業の分野で求められる技術は、造船工学を中心とした既存の専門分野の枠にとどまらず、ものすごいスピードで多様化しています。さらに、開発した技術成果の社会実装を促進するための「橋渡し機能」の強化が、あるいは、出口戦略としての「国際標準化」が求められるなど、研究者の活躍の場もより広範なものとなっており、様々な専門分野の研究者が必要となっています。
 
このような状況において、海上技術安全研究所では、大学や研究機関、企業との間で共同研究や共同プロジェクトの実施、人材交流をさらに発展させる取組をスタートしました。人材・施設など、保有する資源を最大限活用してイノベーションを駆動する拠点の整備と、極限ロボティックスや人工知能など、最先端の研究を強力に推進する組織も創設しました。内外の大学、研究機関との連携関係も強化していくこととしています。
 
国際的な活動としては、国連の専門機関である国際海事機関(IMO)をはじめとした各種国際会議に参画し、安全確保や環境保全に関連した研究成果を基にした提案を行うなど、国際基準の策定に貢献しています。このような活動を支える人材を育成するため、海外留学制度を用意しているほか、最近では東大、MITと連携した人材育成プログラムに研究者を派遣しています。
 
海上技術安全研究所は、緑に囲まれたすばらしい環境の中で、産学官に跨る広範なネットワークを活用した幅広い研究ができる研究所です。内外の著名な学者や研究者とのディスカッションや共同研究にも道が拓かれています。将来の日本を支える優秀で想像力に富み、ガッツのある人材を求めています。世界に変革をもたらすイノベーションを創出する研究を一緒にできることを期待しています。
 

海上・港湾・航空技術研究所 理事
海上技術安全研究所 所長
 宇都 正太郎
 
  

基本理念


 
 
 

 

安全安心な社会の実現へ貢献します。
 
環境と調和した社会の実現に貢献します。
 
海事産業の競争力強化に貢献します。
 
未来を拓く技術の想像に貢献します。
 

行動規範


   
  
  
海技研正門

  
 
海技研敷地内風景
 
 

 

お客様の立場で考えます。
私たちは、海事・海洋に関する行政や産業、ひいては国民の皆様というお客様すべてにご満足いただける技術的ソリューションを提供するため、常にお客様の視点からのニーズの把握・対応に努めます。
社会動向を把握し、機動的に課題解決に取り組みます。
私たちは、日々変化する社会において次々に湧き起こる課題を迅速かつ的確に把握・分析し、直ちに課題解決のための行動に移していきます。
自らを変革し新たな可能性に挑戦します。
私たちは、個人の専門分野や既存の技術にとらわれることなく、新たな分野の開拓や前人未到の技術課題の解決に対して、常に前向きの意志をもって積極果敢に挑戦します。
健全な成果意識を持ちます。
私たちは、課題の解決で満足するのではなく、他の機関では実現できない高レベルな成果をお客様から高いご評価をいただける形で提供できるよう、常に心掛けます。
 
目標意識を明確にし、創造力を発揮します。
私たちは、この行動規範に基づき行動を起こす際には、各々が達成目標を常に念頭に置き、新たな創造力を発揮して目標の実現に向けて邁進します。