HOME | 研究環境について | 戦略的イノベーション創造プログラム

海底に眠るエネルギー資源、鉱物資源を調査せよ!

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

AUV(自律型無人潜水機)の開発

SIPについて


 

※AUV関連動画トップページにもあります

戦略的イノベーション創造プログラム

 
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、内閣府が進める科学技術イノベーションを実現するために新たに創設するプログラムです。
 
国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、海上技術研究所等研究機関と民間企業は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が府省・分野の枠を超 えて自ら予算配分して、基礎研究から出口(実用化・事業化)までを見据え、規制・制度改革を含めた 取組を推進する「戦略的イノベーション創造プログラム」の課題の1つである 「次世代海洋資源調査技術(海のジパング計画)」 (浦辺徹郎プログラムディレクター)に参画しています。
 

AUV(自律型無人潜水機)の開発について


 
AUV利用イメージ

 
SIPによる海技研での研究の具体的開発対象がAUV(自律型無人潜水機)です。広範囲な海域の海底資源を効率的調査する技術として、作業船をベースとして、小型AUVの 複数運用による調査技術の確立を目指しています。
 
広範囲の海域を調査することを目的としているため、作業船をベースとして、 低コスト小型AUVを 複数機運用できる技術を国立研究開発法人海上技術安全研究所等研究機関と 民間企 業が一体となって開発を実施しています。