・入所以降 平成29年6月30日現在
・対象:
@: 全文査読を経た学術誌掲載論文(ジャーナル)
A: 全文査読を経た国際会議議事録掲載論文(プロシーディングス)
B: @、Aに相当すると見なせる論文(その他)
※ 査読中のものも含む
所属 氏名 主著件数 共著件数 掲載誌・巻・号・頁等 区分 年月日 タイトル 著者(本人に下線) 主著・共著 備考
知識データシステム系              
    間島 隆博 21 4 日本航海学会論文集, 第90号, pp.193-200 ジャーナル 1994 船底破口からの貨物・燃料油の流出について(潮流等による油流出模型実験 ) 長田修, 月野良久, 間島隆博 共著  
          日本航海学会論文集, 第99号, pp.91-99 ジャーナル 1998 ケミカルタンカーにおけるベンゼン荷役、輸送中の作業環境濃度について 間島隆博、山口勝治、藤井忍、山之内博 主著  
          日本航海学会論文集, 第99号, pp.65-71 ジャーナル 1998 二重船殻構造モデルタンクよりの油流出 V (衝突時の油流出) 山口勝治、山之内博、間島隆博 共著  
          日本航海学会論文集, 第102号, pp.211-217 ジャーナル 2000 ケミカルタンカーにおけるベンゼン輸送中の乗員のガス暴露濃度 山口勝治、藤井忍、間島隆博、山之内博 共著  
          日本航海学会論文集, 第104号, pp.155-164 ジャーナル 2001 ケミカルタンカーにおけるベンゼン積み込み作業時の排出濃度計算モデル  間島隆博、山口勝治、藤井忍、山之内博 主著  
          日本造船学会論文集, 第192号, pp.465-474 ジャーナル 2002 複雑系マルチエージェントシミュレーションによる河川を利用した災害時緊急輸送能力の評価 間島隆博、勝原光治郎、服部聖彦 主著  
          日本航海学会論文集, 第108号, pp.39-46 ジャーナル 2003 化学物質輸送船乗組員に及ぼす有害ガス曝露の健康影響評価−発がん性物質の場合− 間島隆博、山口勝治、山之内博、蒲生昌志 主著  
          日本航海学会論文集, 第110号, pp.157-164 ジャーナル 2004 化学物質輸送船乗組員に及ぼす有害ガス曝露の健康影響評価−非発がん性物質の場合− 間島隆博、山口勝治、柴田清、蒲生昌志 主著 航海学会論文賞受賞
          Transaction of the ASME, Journal of Energy Resources Technology, Vol.126, No.1, pp.6-12 ジャーナル 2004 Calculating Benzene Concentration Emitted during Tanker Loading Majima, T., Yamanouchi, H., Yamaguchi, K. 主著  
          ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS (AROB 12th ’07) Proceedings プロシーディングス 2007 Network Route Design of Public Transport System with Network Evolution Majima, T., Takadama, K., Watanabe, D., Katuhara, M. 主著  
          Special issue of ITSSA(International Transactions on Systems Science and Applications) Journal on “Emergent Intelligence of Networked Agents” (provisional title) Vol.3, No.1, pp.19-26, 2007 ジャーナル 2007 Analysis on Transport Networks of Railway, Subway and Waterbus in Japan from the Viewpoint of Complex Network Majima, T., Takadama, K., Katuhara, M. 主著  
          Proceedings of Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN‘07), pp.57-69 プロシーディングス 2007 Network Evolution Model for Route Design of Public Transport System Majima, T., Takadama, K., Watanabe, D., Katuhara, M. 主著  
          11th Asia-Pacific Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems (IES'07) プロシーディングス 2007 Characteristic and Application of
Network Evolution Model for Public Transport Network
Majima, T., Takadama, K., Watanabe, D., Katuhara, M. 主著  
          Proceedings of International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology (SICE), 2008 プロシーディングス 2008 Generation of Public Transit Network by Network Evolution Model Majima, T., Takadama, K., Watanabe, D., Katuhara, M. 主著  
          情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, Vol.2, No.2, pp.92-102 ジャーナル 2009 ネットワーク成長,修正モデルによる公共交通機関の路線網構築法 間島隆博、高玉圭樹、渡部大輔、勝原光治郎 主著  
          SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.6, No.2, pp.131-136, Mar. 2013 ジャーナル 2013 A Development of Transportation Simulator for Relief Supply in Disasters Majima, T., Takadama, K., Watanabe, D., Katuhara, M. 主著  
          Marine Pollution Bulletin, Vol.85, Issue 2, pp.487-493, 2014 ジャーナル 2014 Simulated distribution and ecotoxicity-based assessment of chemically-dispersed oil in Tokyo Bay Koyama, J., etal (Majima, T. 6th Author) 共著  
          8th International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT 2014) プロシーディングス 2014 Application of Community Detection Method to Generating Public Transport Network Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著  
          SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.8, No.1, pp.67-73, Jan. 2015 ジャーナル 2015 Characteristic of Passenger’s Route Selection and Generation of Public Transport Network Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著  
          The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, (SWARM 2015), pp.48-51 プロシーディングス 2015 Generating Hub-Spoke Network for Public Transportation Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著  
          Multiagent and Grid Systems – An International Journal Vol.12, No. 1, pp.1–11, 2016 ジャーナル 2016 Characteristic and Application of Network Evolution Model for Public Transport Network Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著 計測自動制御学会 システム・情報部門 2015年度部門論文賞
          Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN2016), pp.1-8 プロシーディングス 2016 Generation of Public Transportation Network for Commuter Stranded Problem Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著  
          G. Leu et al. (eds.), Intelligent and Evolutionary Systems, Proceedings in Adaptation, Learning and Optimization 8, pp.263-275 プロシーディングス 2016 Generating Hub-Spoke Network for Public Transportation: Comparison between Genetic Algorithm and Cuckoo Search Algorithm Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Katuhara,M 主著  
          International Association of Maritime Economists (IAME 2017 Conference), Jun.. 2017, to be published プロシーディングス 2017 Network Structure Analysis for International Maritime Container Transportation: From the View Point of Complex Networks Majima, T 主著  
          The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, (SWARM 2017), submitted プロシーディングス 2017 Transportation Simulator for Disaster Circumstance and Bottleneck Analysis Majima, T., Takadama, K.Watanabe,D., Aratani, T., Sato, K. 主著  
    宮崎 恵子 11 24 西武造船会会報 第76号、121-130頁 ジャーナル 1988.8 知識ベースによる撒積貨物船の横断面内部材配置決定支援システムの試作 佃洋孝、不破健、日野孝則、奥住恵子、鈴木博之 共著  
          船研報告、第27巻、第2号 その他 1990.3 Simulation of automatic ship navigation and vessel traffics (2nd report) A knowledge based system applied to an automatic navigation 不破健、沼野正義、田中邦彦、金湖富士夫、桐谷伸夫、福戸淳司、奥住恵子、染谷実 共著  
          船研報告、第27巻、第3号 その他 1990.7 船の自動航行と海上交通管理のためのシミュレーションシステムについて(その3)−海上交通流のシミュレーション− 不破健、桐谷伸夫、奥住恵子、沼野正義、金湖富士夫、田中邦彦、福戸淳司、染谷実 共著  
          Computer Methods in Marine and Offshore Engineering,Proceedings of the Third International Conference on Computer Aided Design, Manufacture and Operation in the Marin and Offshore Industries プロシーディングス 1991.1 Safety assessment of high speed vessel traffics using computer simulation 沼野正義、奥住恵子、福戸淳司、村山雄二郎 共著  
          日本航海学会論文集Vol.85、9-15頁  ジャーナル 1991.9 避航限界と被避航限界の研究 今津隼馬、村山雄二郎、田中邦彦、有村信夫、沼野正義、桐谷伸夫、金湖富士夫、福戸淳司、奥住恵子 共著  
          日本航海学会論文集Vol.85、17-24頁  ジャーナル 1991.9 船舶航行システムの安全評価用シミュレータの開発 金湖富士夫、村山雄二郎、田中邦彦、有村信夫、沼野正義、桐谷伸夫、福戸淳司、奥住恵子、今津隼馬 共著  
          日本航海学会論文集Vol.85、25-31頁  ジャーナル 1991.9 船舶航行における潜在的危険の評価 沼野正義、奥住恵子、福戸淳司、金湖富士夫、田中邦彦、桐谷伸夫、有村信夫、村山雄二郎、今津隼馬 共著  
          日本航海学会論文集Vol.86、49-55頁  ジャーナル 1992.3 操船シミュレータ実験による避航開始位置の観測 福戸淳司、沼野正義、金湖富士夫、田中邦彦、奥住恵子、今津隼馬 共著  
          日本航海学会論文集Vol.87、115-122頁  ジャーナル 1992.9 海上交通の安全に及ぼす高速船舶航行の影響の評価−操船者が感じる脅威− 宮崎恵子、沼野正義、福戸淳司、金湖富士夫、桐谷伸夫、有村信夫、田中邦彦、村山雄二郎、伊藤泰義、今津隼馬、甲斐繁利 主著  
          日本航海学会論文集Vol.87、131-137頁  ジャーナル 1992.9 航行シミュレーションにおける交通流モデルと輻輳度 桐谷伸夫、村山雄二郎、、田中邦彦、有村信夫、金湖富士夫、沼野正義、福戸淳司、宮崎恵子、今津隼馬、甲斐繁利 共著  
          日本航海学会論文集Vol.87、123-129頁  ジャーナル 1992.9 避航所要時間と避航限界 今津隼馬、甲斐繁利、村山雄二郎、伊藤泰義、有村信夫、沼野正義、金湖富士夫、桐谷伸夫、宮崎恵子 共著  
          船研報告、第29巻、第6号 その他 1992.11 大規模システムにおけるマン・マシン・インターフェース高度化の概念および造船CIMへの適用について 宮崎恵子、金湖富士夫、沼野正義 主著  
          日本航海学会論文集Vol.88、129-136頁  ジャーナル 1993.3 船舶航行システムの安全評価用シミュレータ-I : リアリティのある景観情報 田中邦彦、金湖富士夫、宮崎恵子、桐谷伸夫 共著  
          日本航海学会論文集Vol.89、198-205頁  ジャーナル 1993.9 大型高速船操船支援効果の操船者による主観的評価 宮崎恵子、金湖富士夫、沼野正義、村山雄二郎 主著  
          日本造船学会論文集Vol.174、875-886頁  ジャーナル 1993.11 輻輳海域における大型高速船の運航体制評価手法について 金湖富士夫、村山雄二郎、伊藤泰義、田中邦彦、沼野正義、有村信夫、桐谷伸夫、福戸淳司、宮崎恵子、原木信夫、今津隼馬 共著  
          日本造船学会論文集Vol.174、893-902頁  ジャーナル 1993.11 シミュレータ実験による大型高速船の運航体制評価その1:昼間の航行  金湖富士夫、村山雄二郎、伊藤泰義、田中邦彦、沼野正義、有村信夫、桐谷伸夫、福戸淳司、宮崎恵子、原木信夫、今津隼馬 共著  
          Proceedings of 2nd International Conference on Fast Sea Transportation,1359-1367頁 プロシーディングス 1993.12 Safety assessment of newly developed marine transportation system with safety margin as an index 沼野正義、宮崎恵子、福戸淳司、原木信夫、村山雄二郎 共著  
          日本造船学会論文集Vol.175、87-99頁  ジャーナル 1994.5 シミュレータ実験による大型高速船の運航体制評価その2:夜間の航行  金湖富士夫、村山雄二郎、伊藤泰義、田中邦彦、沼野正義、有村信夫、桐谷伸夫、福戸淳司、宮崎恵子、原木信夫、今津隼馬 共著  
          日本航海学会論文集Vol.92、329-336頁  ジャーナル 1995.3 狭水道における操船時の余裕について 福戸淳司、宮崎恵子、沼野正義、村山雄二郎 共著  
          日本航海学会論文集Vol.95、125-135頁  ジャーナル 1996.9 高速船と一般船の見合い実験 : 実船実験とシミュレータ実験 宮崎恵子、沼野正義、田中邦彦、伊藤泰義 主著  
          日本航海学会論文集Vol.95、155-162頁  ジャーナル 1996.9 東京湾を例とした輻輳海域の高速航行シミュレータ実験 沼野正義、宮崎恵子、田中邦彦 共著  
          日本航海学会論文集Vol.95、117-124頁  ジャーナル 1996.9 操船シミュレータ上の灯火の表現手法とその評価 田中邦彦、宮崎恵子、沼野正義、宮崎信昭、福住克安、有田彰男、池田重樹 共著  
          日本航海学会論文集Vol.96、175-184頁  ジャーナル 1997.3 実験参与船員の意見に見られるTSL飛翔の安全な航行方法 宮崎恵子、室原陽二、磯崎道利、吉本誠義、米原健一、古荘雅生、岡村米作 主著  
          日本航海学会論文集Vol.97、201-211頁  ジャーナル 1997.9 操船シミュレータ上の灯火の表現手法と関門航路への適用 宮崎恵子、沼野正義、田中邦彦、福住克保 主著  
          日本航海学会論文集Vol.105、35-41頁  ジャーナル 2001.9 旅客船内における車いすの走行シミュレーション : 駆動力推定用基本モデルの開発 今里元信、太田進、平田宏一、宮崎恵子 共著  
          日本航海学会論文集Vol.108、129-138頁  ジャーナル 2003.3 車いす搭乗者と歩行者群集の避難実験 宮崎恵子、勝原光治郎、松倉洋史、桐谷伸夫 主著  
          日本航海学会論文集Vol.108、139-147頁  ジャーナル 2003.3 群集による車いす搭乗者追い越し人間モデルの研究 松倉洋史、勝原光治郎、宮崎恵子、桐谷伸夫 共著  
          Proceedings of 2nd international conference in pedestrian and evacuation dynamics、167-278頁  プロシーディングス 2003.8 Behaviors of pedestrian group overtaking wheelchair user 宮崎恵子、松倉洋史、勝原光治郎、吉田公一、太田進、桐谷伸夫、宮田修 主著  
          Proceedings of 2nd International Maritime Conference on Design for Safety,183-187頁  プロシーディングス 2004.10 Application of and consideration to the IMO guidelines for evacuation analysis for passenger ships 宮崎恵子、勝原光治郎、太田進、吉田公一 主著  
          日本航海学会論文集Vol.112、149-154頁  ジャーナル 2005.3 動揺による歩行姿勢への影響について 河村義顕、庄司邦昭、南清和、宮崎恵子 共著  
          Proceedings of  10th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures (PRADS2007),Vol.1,91-96頁 プロシーディングス 2007.10 Consideration on Response Time Distribution for Evacuation Analyses 宮崎恵子、太田進 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集Vol.6、289-295頁  ジャーナル 2007.12 離着桟における船員の作業負荷分析 角田領、安藤英幸、大和裕幸、宮崎恵子、宮脇恵治 共著  
          日本人間工学会Vol.43、No.6、329-340頁  ジャーナル 2007.12 上下肢の筋電図および身体的動作からみた健常者による車いす操作特性の検討 中村孝文、北濱由佳、田内雅規、平田宏一、宮崎恵子 共著  
          交通学研究59号、173-180頁 ジャーナル 2016.3 一般化時間による離島居住者の海上交通移動の負担感に関する分析 荒谷太郎、宮崎恵子 共著  
          Transactions of Navigation 採択済み ジャーナル 2017年度掲載予定 Effectiveness and feasibility of active ventilation of a totally enclosed lifeboat 宮崎恵子、吉田有希、佐々木将雄、川竹良美 主著  
  知識システムグループ              
    疋田 賢次郎 8 23 船舶技術研究所報告 第35巻 第6号、315-342頁 ジャーナル 1998.11 流出油回収技術の現状と課題 木原 洸 , 原 正一 , 野中 晃二  , 山川 賢次 , 宮崎 英樹 , 山尾 崇 , 坂本 真二 , 疋田 賢次郎 , 今里 元信 共著  
          船舶技術研究所報告 第37巻 第5号、99-133頁 ジャーナル 2000.9 寒冷海域での油流出に関する研究 山口 眞裕 , 小山 鴻一 , 成田 秀明  , 北村 茂 , 泉山 耕 , 前田 利雄 , 高島 逸男 , 宇都 正太郎 , 田村 兼吉 , 金田 成雄 , 下田 春人 , 瀧本 忠教 , 若生 大輔 , 上田 浩一 , 藤井 忍 , 山之内 博 , 疋田 賢次郎 , 在田 正義 , 櫻井 昭男 共著  
          Procedings of ASME, International Conference on Ocean, Offshore & Arctic Engineering (OMAE 2001) プロシーディングス 2001.6 Development of An Oil-Recovery Ship Workable in Large Wave 山川 賢次 , 星野 邦弘 , 原 正一 , 湯川 和浩 , 疋田 賢次郎 , 影本 浩 , 木下 嗣基 , 丸亀 力 共著  
          日本航海学会論文集 第107号、13-19頁 ジャーナル 2002.9 メタンハイドレートペレットの自己保存性試験 疋田 賢次郎 , 岩崎 徹 , 太田 進 主著  
          日本航海学会論文集 第110号、165-170頁 ジャーナル 2004.3 圧縮荷重がメタンハイドレートペレットの分解に及ぼす影響 疋田 賢次郎 , 岩崎 徹 , 太田 進 主著  
          海上技術安全研究所報告 第5巻 第3号、263-285頁 ジャーナル 2005.9 Research on Sea-Borne Transportation of Natural Gas by Means of Gas Hydrate Pellets : Study on Self-Preservation Property of Gas Hydrate Pellets 城田 英之 , 疋田 賢次郎 , 中島 康晴 , 岡 秀行 , 前田 利雄 , 高島 逸男 , 川越 陽一 , 川野 始 , 太田 進 共著  
          10th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human Machine Systems  プロシーディングス 2007 Evaluating the Mariner’s Workload Using the Bridge Simulator Kenji Yoshimura, Nobuo Mitomo, Tadatsugi Okazaki, Kenjiro Hikida, Koji Murai    
          日本航海学会論文集 第118号、1-8頁 ジャーナル 2008.3 操船者の心的負荷の生理的及び主観的評価 : 鼻部皮膚温とNASA-TLX 疋田 賢次郎 , 岡崎 忠胤 , 村井 康二 , 三友 信夫 主著  
          Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Systems,Man,and Cybernetics (SMC 2008) プロシーディングス 2008.10 A few comments on visual system of ship handling simulator based on arriving port 岡崎 忠胤 , 三友 信夫 , 疋田 賢次郎 , 村井 康二 , 林 祐司 共著  
          Proceedings of the 2009 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2009), pp.645-648 プロシーディングス 2009 Effects of Overlaid Navigational Information on Seascape on Ship Crew Performance Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Nobuo Mitomo, Junji Fukuto    
          日本航海学会論文集 第121号、7-12頁 ジャーナル 2009.9 目視によるレーダターゲット 捕捉・認識支援機器の開発 疋田 賢次郎 , 三友 信夫 , 福戸 淳司 , 吉村 健志 主著  
          日本航海学会論文集 第122号、7-13頁 ジャーナル 2010.3 目視認識支援装置の開発 疋田 賢次郎 , 福戸 淳司 , 沼野 正義 , 稲岡 孝 , 中藤 雅範 主著  
          Procedings of 10th International Probabilistic Safety Assessment & Management Conference (PSAM10) プロシーディングス 2010.6 The method for estimation of Human Error Probability 吉村 健志 , 疋田 賢次郎 , 伊藤博子 , 西崎ちひろ , 三友 信夫 共著  
          海上技術安全研究所報告 第10巻 第2号、135-156頁 ジャーナル 2010.9 目視認識支援装置の開発 福戸 淳司 , 疋田 賢次郎 , 吉村 健志 , 沼野 正義 共著  
          日本航海学会論文集 第125号、1-8頁 ジャーナル 2011.9 目視認識支援装置の評価 疋田 賢次郎 , 吉村 健志 , 福戸 淳司 , 沼野 正義 主著  
          日本航海学会論文集 第125号、49-54頁 ジャーナル 2011.9 行動計測に基づく当直者の覚醒度評価法に関する研究 吉村 健志 , 丹羽 康之 , 疋田 賢次郎 , 福戸 淳司 共著  
        名前確認 Proceedings of the 2011 6th International Conference on System of Systems Engineering, 31-36 プロシーディングス 2011 Development of a Method for Marine Accident Analysis with Bridge Simulator Chihiro Nishizaki, Hiroko Itoh, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Nobuo Mitomo 共著  
          Procedings of 11th International Probabilistic Safety Assessment & Management Conference (PSAM11) プロシーディングス 2012.6 Development of a method for Maritime Accident Analysis with ET 三友信夫 他3名 共著  
          Procedings of 11th International Probabilistic Safety Assessment & Management Conference (PSAM11) プロシーディングス 2012.6 The Use of the TSAR to Investigate the Aging Effects on Ship Equipment System 三友信夫 他3名 共著  
          Procedings of 11th International Probabilistic Safety Assessment & Management Conference (PSAM11) プロシーディングス 2012.6 Process of Judgment Error on Collision Risk by Modeling Judgment Patterns of officers 西崎ちひろ , 吉村健志 , 伊藤博子 , 疋田 賢次郎 , 三友信夫 共著  
          Procedings of 11th International Probabilistic Safety Assessment & Management Conference (PSAM11) プロシーディングス 2012.6 A method for assessment of overlook target in navigation watch 吉村健志 , 西崎ちひろ , 疋田 賢次郎 , 三友信夫 共著  
          日本航海学会論文集 第127号、95-101頁 ジャーナル 2012.9 ヒューマンファクターに基づいた海難要因分析に関する研究 : 海難分析に特化したCPCの修正 竹本 孝弘 , 三友 信夫 , 疋田 賢次郎 , 吉村 健志 主著  
          日本航海学会論文集 第127号、103-109頁 ジャーナル 2012.9 ヒューマンファクターに基づいた海難要因分析に関する研究 : 操船シミュレータによる検証実験 吉村 健志 , 疋田 賢次郎 , 三友 信夫 , 竹本 孝弘 共著  
          日本航海学会論文集 第127号、223-228頁 ジャーナル 2012.9 身体重心動揺を指標とした操船シミュレータの船体動揺表現の評価 疋田 賢次郎 , 吉村 健志 , 村井 康二 , 林 祐司 主著  
          Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Systems,Man,and Cybernetics (SMC 2012) プロシーディングス 2012.10 A Study on Navigator's Performance in Ship Bridge Simulator using Heart Rate Variability  Tunglam Ngodang, Koji Murai, Yuji Hayashi, Nobuo Mitomo, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida 共著  
          Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Systems,Man,and Cybernetics (SMC 2012), pp.1531-1535 プロシーディングス 2012.10 Evaluation of Ship Navigator's Mental Workload for Ship Handling Based on Salivary NO3- Kenichi Kitamura, Koji Murai, Keiichi Fukushi, Yuji Hayashi, Nobuo Mitomo, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Shin-ichi Wakida, Takashi Miyado 共著  
          Proceedings of 5th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-12) プロシーディングス 2012.11 A Method for Quantifying the Risks of Human Error from Experiments with the Ship Bridge Simulator 吉村健志 , 疋田 賢次郎 , 伊藤博子 , 西崎ちひろ , 三友信夫 共著  
          Proceedings of 5th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-12) プロシーディングス 2012.11 Common Performance Condition for marine accident -Theoretical concept- 吉村 健志 , 疋田 賢次郎 , 三友信夫 , 竹本 孝弘 共著  
          Proceedings of 5th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-12) プロシーディングス 2012.11 Common Performance Condition for Marine Accident -Experimental approach- 三友信夫 , 疋田 賢次郎 , 吉村 健志 , 竹本 孝弘 共著  
          Proceedings of 2nd IEEE Global Conference on Consumer Electronics プロシーディングス 2013.10 Study on Ship Navigator's Mental Workload for Ship Handling Based on Salivary NO3- Kenichi Kitamura, Koji Murai, Keiichi Fukushi, Yuji Hayashi, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Nobuo Mitomo, Shin-ichi Wakida, Takashi Miyado 共著  
          International Journal of Intelligent Computing in Medical Sciences and Image Processing(IC-MED), Vol.5, No.2 ジャーナル 2013.12 Development of Salivary NO3- measurement device for Navigators' Mental Workload Kenichi Kitamura, Koji Murai, Nobuo Mitomo, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Shin-ichi Wakida, Takashi Miyado, Keiichi Fukushi, Yuji Hayashi, Kenji 共著  
          Proceedings of 9th International Forum on Multimedia and Image Processing (IFMIP2014) プロシーディングス 2014.8 A Ship Navigator's Mental Workload Using Salivary NO3-Compared with R-R Interval: Simulator-based Experiment Kenichi Kitamura, Koji Murai, Keiichi Fukushi, Nobuo Mitomo, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Shin-ichi Wakida, Takashi Miyado, Yuji Hayashi, Kenji 共著  
          Proceedings of 7th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology (ICETET-15), pp.157-159 プロシーディングス 2015.11 The Human Error Reduction Effect of Point and Call Checks on Maritime Training Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Noriyuki Matsuzaki, Satoshi Yamamoto, Yasuhiko Sakane, Shin Murata, Makoto Ogawa, Masashi Kusunoki 共著  
    小林  0 8 日本造船学会論文集 (195), 43-51 ジャーナル 2004-06-01 企業間協力が海上不定期輸送に与える効果のシミュレーション評価 松倉 洋史 , 勝原 光治郎 , 渋谷 理 , 久保 登 , 小林 充 共著  
          Asia Navigation Conference 2007 プロシーディングス 2007-11 Energy Saving Operation for Coastal Ships Based on Precise Environmental Forecast 高嶋 恭子 , 加納 敏幸 , 小林 充 共著  
          日本航海学会論文集 第118号 ジャーナル 2008-03 高精度気象・海象予測データに基づく内航船の省エネルギー運航について 高嶋 恭子 , 加納 敏幸 , 小林 充 共著  
          日本航海学会論文集 第119号 ジャーナル 2008-09 到着遅延リスクを考慮した内航船の省エネルギー運航について 高嶋 恭子 , 加納 敏幸 , 小林 充 共著  
          土木学会論文集B3(海洋開発)特集号(Vol.68,No.4) ジャーナル 2012 高精度気象海象情報の開発と海上物流効率化への利用 松浦 邦明 , 佐藤 淑子 , 三嶋 宣明 , 小林 充 , 加納 敏幸 , 大津 皓平 , 庄司 るり , 高嶋 恭子 共著  
          International Journal of e-Navigation and Maritime Economy,Volume3 ジャーナル 2015-12 Ship-to-ship Radiocommunication Trial by Using Wireless LAN Yasuyuki Niwa, Hisaya Motogi, Chihiro Nishizaki, Misako Urakami, Takahiro Seta, Mitsuru Kobayashi, Makiko Minami 共著  
          Asia Navigation Conference 2015 プロシーディングス 2015-11-19 Development of the Eco-Navigation Planning System for Domestic Vessel and Considerations of the Simplified Method Sato Yoshiko , Shoji Ruri , Matsuura Kuniaki , Kobayashi Mitsuru 共著  
          Asia Navigation Conference 2015 プロシーディングス 2015-11-19 Radiocommunication Trial between Ships by Wireless LAN Using Directional Antennas Yasuyuki NIWA, Hisaya MOTOGI, Chihiro NISHIZAKI, Misako Urakami, Mitsuru Kobayashi, Makiko Minami, Takahiro Seta 共著  
    丹羽 康之 8 9 日本航海学会論文集、第101号、pp.103-108 ジャーナル 1999.9 強潮流下における弓削丸の操縦運動解析 丹羽康之、沼野正義、福戸淳司、室原陽二 主著  
          日本航海学会論文集、第106号、pp.113-120 ジャーナル 2002.3 強潮流が操縦運動に及ぼす影響 丹羽康之、沼野正義、福戸淳司、多田光男 主著  
          Journal of Information, Vol.8, No,1, pp.153-163 ジャーナル 2005.1 Human-machine Cooperation for Plant Maintenance Activities and Early Plant Abnormality detection Qiao LIU, Masayoshi NUMANO, Yasuyuki NIWA, Takeshi MATSUOKA 共著  
          日本航海学会論文集、第116号、pp.99-106 ジャーナル 2007.3 船舶の航行環境安全性評価指標に関する研究−閉塞避航領域指標について− 有村信夫、福戸淳司、丹羽康之 共著  
          日本航海学会論文集、第117号、pp.167-173 ジャーナル 2007.9 目視観測距離誤差の調査 有村信夫、福戸淳司、丹羽康之、森勇介 共著  
          日本航海学会論文集、第119号、pp.67-74 ジャーナル 2008.9 船間無線LANを用いた小型船舶対象の安心ネットワーク構築 浦上美佐子、丹羽康之、本木久也、松野浩嗣 共著  
          Proceedings of the Asia Navigation Conference 2009, pp.40-45 プロシーディングス 2009 Evaluation of the Navigational Intention Exchange Support System with AIS using Simulation Systems Makiko MINAMI, Yasuyuki NIWA, Junji FUKUTO 共著  
          日本航海学会論文集、第120号、pp.27-33 ジャーナル 2009 AISを用いた協調型航行支援システムの検討 南真紀子、福戸淳司、丹羽康之 共著  
          日本航海学会論文集、第122号、pp.35-43 ジャーナル 2010.3 AIS情報を用いた小型船用見張り支援システム 丹羽康之、福戸淳司、宮本佳則、稲岡孝 主著  
          日本航海学会論文集、第122号、pp.27-34 ジャーナル 2010.3 操船シミュレータを用いた協調型航行支援システムの見張り作業への影響調査 南真紀子、丹羽康之、福戸淳司、渡邉兼人 共著  
          Proceedings of the IEEE International Workshop on Disaster and Emergency Information Network Systems, pp.727-732 その他 2011.4 Construction of Wireless Network for Information Communication for a Disaster-affected Island Misako URAKAMI, Yuya OKADA, Yasuyuki NIWA, Hisaya MOTOGI, Hiroshi MATSUNO 共著  
          日本航海学会論文集、第125号、pp.49-54 ジャーナル 2011.9 行動計測に基づく当直者の覚醒度評価法に関する研究 吉村健志、丹羽康之,疋田健次郎、福戸淳司 共著  
          日本航海学会論文集、第126号、pp.283-288 ジャーナル 2012.3 指向性アンテナを用いた船間無線LAN通信実験 丹羽康之、本木久也、西崎ちひろ、瀬田剛広 主著  
          日本航海学会論文集、第127号、pp.149-155 ジャーナル 2012.9 指向性アンテナを用いた船間無線LAN通信実験-II. -行会い状態における実海域実験- 丹羽康之、本木久也、西崎ちひろ、瀬田剛広 主著  
          Proceedings of the Asia Navigation Conference 2015, pp.144-150 プロシーディングス 2015.11 Radiocommunication Trial between Ship by Wireless LAN Using Directional Antennas Yasuyuki NIWA, Hisaya MOTOGI, Chihiro NISHIZAKI, Misako Urakami, Mitsuru Kobayashi, Makiko Minami, Takahiro Seta 主著  
          International Journal of e-Navigation and Maritime Economy, Vol.3, pp.32-39 ジャーナル 2015.12 Ship-to-Ship Radiocommunication Trial by Using Wireless LAN Yasuyuki Niwa, Hisaya Motogi, Chihiro Nishizaki, Misako Urakami, Takahiro Seta, Mitsuru Kobayashi, Makiko Minami 主著  
          Proceedings of the Asia Navigation Conference 2016, pp.256-262 プロシーディングス 2016.11 Location Sharing System for Ships Using AIS and Smartphone Information Yasuyuki NIWA, Junji FUKUTO, Hisaya MOTOGI, Tomohiro SUNADA 主著  
    吉村 健志 7 13 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 3, 2511-2516 プロシーディングス 2006 On the Design of In-vehicle Advice System Qiao Liu, Hiroko Itoh, Kenji Yoshimura 共著  
          日本航海学会論文集,121,7-12 ジャーナル 2009 目視によるレーダターゲット 捕捉・認識支援機器の開発 疋田賢次郎,三友信夫,福戸淳司,吉村健志 共著  
          Proceedings of the 2009 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 645-648 プロシーディングス 2009 Effects of Overlaid Navigational Information on Seascape on Ship Crew Performance Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Nobuo Mitomo, Junji Fukuto 主著  
          日本航海学会論文集,123,95-102 ジャーナル 2010 操船シミュレータを用いた操船行動に関する解析手法 西崎ちひろ,吉村健志,田村兼吉,三友信夫 共著  
          海上技術安全研究所報告,10(2),135-156 ジャーナル 2010 目視認識支援装置の開発 福戸淳司,疋田賢次郎,吉村健志,沼野正義 共著  
          海上技術安全研究所報告,10(2),135-156 ジャーナル 2010 目視認識支援装置の開発 福戸淳司,疋田賢次郎,吉村健志,沼野正義 共著  
          日本航海学会論文集,125,55-61 ジャーナル 2011 操船者の避航判断パターンのモデル化による判断エラー発生過程の検討 西崎ちひろ,伊藤博子,吉村健志,三友信夫 共著  
          日本航海学会論文集,125,1-8 ジャーナル 2011 目視認識支援装置の評価 疋田賢次郎,吉村健志,福戸淳司,沼野正義 共著  
          日本航海学会論文集,125,49-54 ジャーナル 2011 行動計測に基づく当直者の覚醒度評価法に関する研究 吉村健志,丹羽康之,疋田賢次郎,福戸淳司 主著  
          日本航海学会論文集,127,223-228 ジャーナル 2012 身体重心動揺を指標とした操船シミュレータの船体動揺表現の評価 疋田賢次郎,吉村健志,村井康二,林祐司 共著  
          日本航海学会論文集,127,103-109 ジャーナル 2012 ヒューマンファクターに基づいた海難要因分析に関する研究〜操船シミュレータによる検証実験〜 吉村健志,疋田賢次郎,三友信夫,竹本孝弘 主著  
          Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, 86-92 プロシーディングス 2012 A Method for Quantifying the Risks of Human Error from Experiments with the Ship Bridge Simulator Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Hiroko Itoh, Chihiro Nishizaki, Nobuo Mitomo 主著 Best Paper Award 受賞
          Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, 100-104 プロシーディングス 2012 Common Performance Condition for Marine Accident -Experimental Approach- Nobuo Mitomo, Kenjiro Hikida, Kenji Yoshimura, Chihiro Nishizaki, Takahiro Takemoto 共著  
          Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, 80-85 プロシーディングス 2012 Process of Judgment Error on Collision Risk by Modeling Judgment Patterns of Officers Chihiro Nishizaki, Hiroko Itoh, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Nobuo Mitomo 共著  
          IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 1531-1535 プロシーディングス 2012 Evaluation of ship navigator's mental workload for ship handling based on salivary NO3- Kenichi Kitamura, Koji Murai, Keiichi Fukushi, Yuji Hayashi, Nobuo Mitomo, Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Shin-ichi Wakida, Takashi Miyado 共著  
          IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 3339-3343 プロシーディングス 2013 Questionnaire Survey for Adapting Common Performance Conditions to Marine Accidents Kenji Yoshimura, Chihiro Nishizaki, Akio Kimura, Shin Murata, Nobuo Mitomo, Takahiro Takemoto 主著  
          IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 4595-4600 プロシーディングス 2013 The Affect of Motion-induced Factor on the Operator Performance During Ship’s Watch Kenji Yoshimura, Chihiro Nishizaki, Nobuo Mitomo, Akio Kimura, Shin Murata, Takahiro Takemoto 共著  
          4th International Conference on Informatics, Electronics & Vision プロシーディングス 2015 The Support for using the Cognitive Reliability and Error Analysis Method (CREAM) for Marine Accident Investigation Kenji Yoshimura, Takahiro Takemoto, Nobuo Mitomo 主著  
          7th International Conference on Emerging Trends in Engineering & Technology, 157-159 プロシーディングス 2015 The Human Error Reduction Effect of Point and Call Checks on Maritime Training Kenji Yoshimura, Kenjiro Hikida, Noriyuki Matsuzaki, Satoshi Yamamoto, Yasuhiko Sakane, Shin Murata, Makoto Ogawa, Masashi Kusunoki 主著  
          Transactions of Navigation, Vol.1, No.1, 9-14 ジャーナル 2016 Quantifying the Severity of Marine Collision Accidents Caused by Human Factors Takahiro Takemoto, Kenji Yoshimura, Chihiro Nishizaki, Nobuo Mitmo 共著 日本航海学会 論文賞 受賞
    南 真紀子 10 21 Proc. Of 9th ISOPE conference,vol.3 プロシーディングス 1999.6 Estimation of Wave Drift Force by Numerical Wave Tank 谷澤克治、南真紀子、内藤林 共著  
          日本造船学会論文集、第187号、67-75頁 ジャーナル 2000.5 波漂流力に及ぼす水底段差の影響について 谷澤克治、南真紀子、沢田博史 共著  
          Proc. Of 10th ISOPE conference,vol.3 プロシーディングス 2000.6 Estimation of Wave Drift Force by Numerical Wave Tank 2nd Report 谷澤克治、南真紀子、内藤林 共著  
          関西造船協会論文集、第235号、91-96頁 ジャーナル 2001.3 大波高中における船首相対推移変動に関する考察 小川剛孝、辻本勝、南真紀子、沢田博史 共著  
          日本造船学会論文集、第190号、97-105頁 ジャーナル 2001.11 バルクキャリアのハッチカバーに働く打ち込み荷重について 小川剛孝、南真紀子、谷澤克治、熊野厚、松波亮樹、林竜也 共著  
          日本造船学会論文集、第190号、87-95頁 ジャーナル 2001.11 甲板打ち込みを伴う大波高中の肥大船に働く波浪荷重に関する研究(第一報 模型水槽実験) 松波亮樹、熊野厚、朱庭耀、林竜也、影本浩、谷澤克治、小川剛孝、南真紀子 共著  
          日本造船学会論文集、第190号、151-160頁 ジャーナル 2001.11 波による浮体の漂流速度について 谷澤克治、南真紀子、井本泰司 共著  
          Proc. Of 12th ISOPE conference,vol.3,pp.422-429 プロシーディングス 2002.5 Shipping Water Load due to Deck Wetness 小川剛孝、南真紀子、谷澤克治、熊野厚、松波亮樹、林竜也 共著  
          Proc. Of 12th ISOPE conference,vol.3,pp.391-398 プロシーディングス 2002.5 On the Drift Speed of Floating Bodies in Waves 谷澤克治、南真紀子、井本泰司 共著  
          日本造船学会論文集、第192号、191-200頁 ジャーナル 2002.11 大波高中における大型コンテナン船のフレアスラミングに関する研究(第1報)フレア衝撃圧の確率密度関数に関する検討 小川剛孝、松波亮樹、南真紀子、谷澤克治、荒井誠、熊野厚、三宅竜二 共著  
          日本造船学会論文集、第192号、181-190頁 ジャーナル 2002.11 打ち込み荷重に対する船種の影響について 小川剛孝、南真紀子、松波亮樹、谷澤克治、荒井誠、熊野厚、三宅竜二 共著  
          日本造船学会論文集、第192号、247-255頁 ジャーナル 2002.11 船種バルブに作用する波浪衝撃荷重について 谷澤克治、南真紀子、小川剛孝、山田安平 共著  
          Proc. Of 4th ASME/JSME Joint Fluids Engineering Conference プロシーディングス 2003.7 Water Surface Inpact Loads Acts on Bulbous Bow of Ships 谷澤克治、南真紀子、小川剛孝、山田安平 共著  
          Proc. Of 8th International conference on Stability of Ship and Marine Vehicles プロシーディングス 2003.9 Green Sea Loads on General Cargo Ship 小川剛孝、松波亮樹、南真紀子、谷澤克治、荒井誠、熊野厚、三宅竜二 共著  
          Proc. Of International conference on Fast Sea Transportation プロシーディングス 2003.10 Estimation Method for Probability Density Function of the Water Impact Pressure of Post-Panamax Container Ship due to Bow Flare Slamming 小川剛孝、松波亮樹、南真紀子、谷澤克治、荒井誠、熊野厚、三宅竜二 共著  
          Proc. Of 16th ISOPE conference,pp.272-278 プロシーディングス 2006.6 Study of Ship Responses and Wave Loads in the Freak Wave 南真紀子、沢田博史、谷澤克治 主著  
          Proc. Of 9th International Conference on Stability of Ships and Ocean Vehicles プロシーディングス 2006.9 Model Experiment on Parametric Rolling of a Post-Panamax Container Ship in Head Waves 田口晴邦、石田茂資、沢田博史、南真紀子 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集、第4号、107-115頁 ジャーナル 2006.12 フリーク波による船体応答と波浪荷重の推定について 南真紀子、沢田博史、谷澤克治 主著  
          Proc. Of 6th Osaka Colloquium On Seakeeing and Sability of Ships プロシーディングス 2008.3 AN EXPERIMENTAL STUDY ON PARAMETRIC ROLLING RESONANCE OF A POST-PANAMAX CONTAINER SHIP IN HEAD SEA CONDITION 田口晴邦、石田茂資、沢田博史、南真紀子 共著  
          Proc. Of 3rd PAAMES and AMEC2008 プロシーディングス 2008.10 Feasibility Study of Navigational Intention Exchange Support System with AIS 南真紀子、福戸淳司、丹羽康之 主著  
          日本航海学会論文集、第120号、27-33頁 ジャーナル 2009.3 AISを用いた協調型航行支援システムの検討 南真紀子、福戸淳司、丹羽康之 主著  
          Proc. Of Asia Navigation Conference 2009  プロシーディングス 2009.10 Evaluation of the Navigational Intention Exchane Support System with AIS using Simulation Systems 南真紀子、丹羽康之、福戸淳司 主著  
          日本航海学会論文集、第122号、27-34頁 ジャーナル 2010.3 操船シミュレータを用いた協調型航行支援システムの見張り作業への影響調査 南真紀子、丹羽康之、福戸淳司、渡邉兼人 主著  
          Proc. Of International Symposium プロシーディングス 2011.9 Two New Support Functions for Collision Avoidance 福戸淳司、丹羽康之、南真紀子、疋田賢次郎、吉村健志、沼野正義 共著  
          Proc. Of Asia Navigation Conference 2012 プロシーディングス 2012.11 Study on Automatic Navigational Intension Exchange Support System using AIS 南真紀子、丹羽康之、福戸淳司 主著  
          Proc. Of Proceedings of International Symposium on Advanced Intelligent Maritime Safety and Technology プロシーディングス 2014.5 Ship-to-Ship Radiocommunication Trial by Using Wireless LAN 丹羽康之、本木久也、西崎ちひろ、浦上美佐子、瀬田剛広、小林充、南真紀子 共著  
          日本航海学会論文集、第131号、100-105頁 ジャーナル 2014.12 海難事故減少に果たす船舶事故ハザードマップの役割 南真紀子、菊池俊方、伊藤博子 主著  
          Proc. Of the 12th International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles プロシーディングス 2015.6 An Investigation into Capsizing Accident of a Pusher Tug Boat 田口晴邦、原口富博、南真紀子、宝谷英貴 共著  
          日本航海学会論文集、第132号、136-141頁 ジャーナル 2015.7 衝突事故再発防止のための事故発生地点情報の活用について 南真紀子、庄司るり 主著  
          Proc. Of Asia Navigation Conference 2015 プロシーディングス 2015.11 Radiocommunication Trial between Ships by Wireless LAN Using Directional Antennas 丹羽康之、本木久也、西崎ちひろ、浦上美佐子、小林充、南真紀子、瀬田剛広 共著  
          日本航海学会論文集、第133号、81-87頁 ジャーナル 2015.12 東京湾におけるAISデータを用いた衝突危険性の評価について 南真紀子、庄司るり 主著  
  データシステム研究グループ              
    松倉 洋史 18 15 Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Intellectual Human Activity Support for Nuclear Applications, International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Intellectual Human Activity Support for Nuclear Applications プロシーディングス 1997.11 Toward a New Man-machine Interface for Autonomous Power Plant Systems -Observation system for Autonomous, Diverse a Cooperative Functions- Takeshi Matsuoka, Masayoshi Numano, Junji Fukuto, Keiko Miyazaki, Minoru Someya, Nobuo Mitomo, Hiroshi Matsukura, Yasuyuki Niwa 共著  
          Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Intellectual Human Activity Support for Nuclear Applications, International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Intellectual Human Activity Support for Nuclear Applications プロシーディングス 1997.11 Advanced Support System for Plant Operation -Matching to Human Recognition and Senses and Its Application to Group Operation Support- Masayoshi Numano, Keiko Miyazaki, Hiroshi Matsukura, Takeshi Matsuoka, Junji Fukuto, Kunihiko Tanaka, Nobuo Mitomo, Yasuyuki Niwa 共著  
          日本航海学会論文集第98号 ジャーナル 1998.3 航空機リモートセンシングによる海上浮遊物の探索技術について 桐谷伸夫、松倉洋史、金井康二 共著  
          日本航海学会論文集第98号 ジャーナル 1998.3 航空機リモートセンシングにおける可視光センサを用いた海上漂流物捜索法 松倉洋史、桐谷伸夫、金井康二 主著  
          Proceedings of 5th International Conference on Probabilistic Safety Assessment and Management (PSAM5) プロシーディングス 1999.11 A Reliability Analysis of Man-Machine System (Holdup Tank System) by the GO-FLOW Hiroshi Matsukura, Mitomo Nobuo, Matsuoka Takeshi 主著  
          Proceedings of 5th International Conference on Probabilistic Safety Assessment and Management (PSAM5) プロシーディングス 1999.11 Development of Fire Risk Assessment Method Caused by Earthquakes Nobuo Mitomo, Hiroshi Matsukura, Takeshi Matsuoka 共著  
          Proceedings of 5th International Conference on Probabilistic Safety Assessment and Management (PSAM5) プロシーディングス 1999.11 An Analysis of Titanic Accident by Probabilistic Approach Nobuo Mitomo, Hiroshi Matsukura, Takeshi Matsuoka 共著  
          Proceedings of Traffic and Granular Flow '01, Traffic and Granular Flow '01 プロシーディングス 2001.10 Escape Analysis of Ship by Multi-Agent Simulation Using Model of Group Psychology Mitujiro Katuhara, Hiroshi Matsukura, Susumu Ota 共著  
          海上技術安全研究所報告第1巻第6号 その他 2002.1 海上監視支援システムに関する研究 桐谷伸夫、松倉洋史、山本憲夫、山田公男 共著  
          日本航海学会論文集第108号 ジャーナル 2003.3 車いす搭乗者と歩行者群衆の避難実験 宮崎恵子、勝原光治郎、松倉洋史、桐谷伸夫 共著  
          日本航海学会論文集第108号 ジャーナル 2003.3 群衆による車いす搭乗者追い越し人間モデルの研究 松倉洋史、勝原光治郎、宮崎恵子、桐谷伸夫 主著  
          Second International Conference in Pedestrian and Evacuation Dynamics(PED2003), Proceedings of Second International Conference in Pedestrian and Evacuation Dynamics(PED2003) プロシーディングス 2003.8 Behaviors of Pedestrian Group Overtaking Wheelchair User Keiko Miyazaki, Hiroshi Matsukura, Mitujiro Katuhara,Koichi Yoshida, Susumu Ota, Nobuo Kiriya and Osamu Miyata 共著  
          日本造船学会、日本造船学会論文集、第195号 ジャーナル 2004.5 企業間協力が海上不定期輸送に与える効果のシミュレーション評価 松倉洋史、勝原光治郎、渋谷理、久保登、小林充 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第2号 ジャーナル 2005.12 遺伝的アルゴリズムを用いた不定期船の配船計画作成に関する研究 松倉洋史、渋谷理、勝原光治郎、大和裕幸 主著  
          海上技術安全研究所報告、第3巻、第5号 その他 2004.1 グループとしての人間の総合的機能の利用技術の研究 沼野正義、丹羽康之、宮崎恵子、三友信夫、岡崎忠胤、福戸淳司、松倉洋史、田中邦彦、松岡猛 共著  
          海上技術安全研究所報告、第4巻、第1号 その他 2004.4 カーフェリーによる離島への危険物輸送の規制緩和の経済的評価 松倉洋史、勝原光治郎 主著  
          海上技術安全研究所、海上技術安全研究所報告 その他   物流シミュレーションの高度化に関する研究 勝原光治郎、松倉洋史、久保登、小林充 他 共著  
          海上技術安全研究所、海上技術安全研究所報告 その他   旅客船のバリアフリー化に関する研究 宮崎恵子、平田宏一、勝原光治郎、松倉洋史、今里元信、疋田賢次郎、川田正國 共著  
          Proceedings of 10th INTERNATIONAL MARINE DESIGN CONFERENCE, International Marine Design Conference, vol.10 プロシーディングス 2009.5 Evaluation of Maritime Transportation Plan among Factories Considering Delay Risk Hiroshi Matsukura, Michelle C.Buen-Tumilba, Kohei Kakuda, Hiroyuki Yamato 主著  
          Journal of Marine Science and Technology (JMST), The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, vol.15, Number 1 ジャーナル 2010.3 Estimation of CO2 Reduction for Japanese Domestic Container Transportation Based on Mathematical Models Hiroshi Matsukura, Maytouch Udommahuntisuk, Hiroyuki Yamato, A.A.B. Dinariyana 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第、日本船舶海洋工学会、第11号 ジャーナル 2010.6 海上輸送システムにおける意思決定の確率論的評価 松倉洋史、角田浩平、大和裕幸 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集、日本船舶海洋工学会、第12号 ジャーナル 2010.12 海上輸送シミュレーションによる工場間物流の外乱評価 松倉洋史、Michelle C.Buen-Tumilba、大和裕幸 主著  
          日本船舶海洋工学会、日本船舶海洋工学会論文集、第13号 ジャーナル 2011.6 海上輸送シミュレーションによる不定期船輸送を対象とした港湾予約システムの制度設計 松倉洋史、角田浩平、稗方和夫、大和裕幸 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集、日本船舶海洋工学会、第13号 ジャーナル 2011.6 海上輸送システムにおける意思決定の確率論的評価−フィードバック方式による動的イベントツリー生成手法の提案− 松倉洋史、角田浩平、大和裕幸 主著  
          IMDC2012, Prodeedngs of 11th International Marine Design Conferenace プロシーディングス 2012.6 Rule design of Tramper Port Reservation System by Simulation Hiroshi Matsukura, Michelle Buen-Tumilba, Kohei Kakuda, Hiroyuki Yamato 主著  
          日本船舶海洋工学会、日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 2013.12 全国貨物物流動を対象としたトンキロベースの海運モーダルシフト評価 松倉洋史、瀬田剛広、稗方和夫、大和裕幸 主著  
          日本船舶海洋工学会、日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 2014.6 内航海運ユニットロード輸送実績からの犠牲量モデルを用いた非集計時間価値推定 瀬田剛広、松倉洋史 共著  
          MTE-ISIS 2015, MUS Scientific Journal プロシーディングス 2015.10 An Estimation Method of Message Receiving Probability for Satellite AIS Using Binomial Distribution Model Takahiro Seta, Hiroshi Matsukura 共著  
          アジア航海学会2015, アジア航海学会2015論文集 プロシーディングス 2015.11 Estimation of Receiving Probability of AIS Signals in Japan Coastal Area Using Binomial Distribution Model Takahiro Seta, Hiroshi Matsukura 共著  
          海上技術安全研究所報告、14巻4号 その他 2015.3 海運施策の評価システムの開発 松倉洋史、瀬田剛広、稗方和夫、大和裕幸 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集、第23号 ジャーナル 2016.6 ユニットロード貨物の陸海複合輸送シミュレーションを用いた施策評価手法の開発−内航輸送へのインセンティブ制度の評価− 松倉洋史、瀬田剛広 主著  
          海上技術安全研究所報告、第16巻4号 その他 2017.3 シームレス小型船システムを用いた移動販売事業の実行可能性検討−中小規模の離島における買い物弱者支援− 松倉洋史、荒谷太郎、宮崎恵子 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 2017.12 貨物自動車運転者の労働条件改善時におけるモーダルシフト進展評価 松倉洋史、瀬田剛広、荒谷太郎 主著  
    小坂 浩之 10 4 海上技術安全研究所報告,Vol.7,No.4,pp7-21 その他 2008 東アジア物流の現状と国際海上輸送に関するデータベース開発 小坂浩之,渡部大輔 主著  
          Proceedings of the 3rd International Conference on Transportation and Logistics (T-LOG 2010) プロシーディングス 2010 Estimation of container freight flows in North East Asia 小坂浩之 主著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.10,No.1,pp1-43 その他 2010 東アジア域内物流効率化に関する研究 加納敏幸,間島隆博,小坂浩之,鳥海重喜 共著  
          日本物流学会誌,No.18,pp105-112 ジャーナル 2010 貿易統計を用いた国際輸送費用推計に関する基礎的分析 小坂浩之 主著  
          土木計画学研究・論文集,Vol.27,No.4,pp701-708 ジャーナル 2010 税関別貿易統計を用いた国際海上貨物流動量の推計 小坂浩之 主著  
          運輸政策研究,Vol.15 No.2,pp18-28 ジャーナル 2012 貿易統計の不整合問題−既存研究の整理と数量データを用いた調整− 小坂浩之,布施正暁,鹿島茂 主著  
          Proceedings of 5th PAAMES and AMEC2012 プロシーディングス 2012 Profitability of Trans-ocean LNG Fueled Container Ship 安達雅樹,小坂浩之,福田哲吾,大橋将太 共著  
          日本物流学会誌,No.21,pp263-270 ジャーナル 2013 貿易統計を使用した国際海上コンテナ輸送コストの推計 小坂浩之 主著  
          Journal of Marine Science and Technology, Vol. 19, Issue 4, pp 470-478 ジャーナル 2014 Economic analysis of trans-ocean LNG-fueled container ship 安達雅樹,小坂浩之,福田哲吾,大橋将太 共著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.14,No.4,pp7-16 その他 2014 貿易統計の活用に関する基礎的分析 小坂浩之 主著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.14,No.4,pp17-26 その他 2014 国際海上コンテナ輸送のネットワーク分析と流動モデルの開発 間島隆博,小坂浩之,小林和博 共著  
          日本物流学会誌,No.23,pp79-86 ジャーナル 2015 貿易統計に基づく三大バルク貨物の国際海上輸送コストの推計 小坂浩之,鹿島茂 主著  
          土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.71 No.5,pp673-680 ジャーナル 2015 貿易統計不整合問題の調整による国際貨物流動量の推計精度の検討 小坂浩之,鹿島茂,坂本将吾,布施正暁 主著  
          Proceedings of Annual Conference of the International Association of Maritime Economists プロシーディングス 2017 Estimating International Freight Flows and Transport Costs Based on Trade Statistics 小坂浩之,鹿島茂 主著  
    佐藤 圭二 1 6  Scientific reports , vol. 5, 2015. ジャーナル 2015.12 Assimilation of the seabird and ship drift data in the north-eastern sea of Japan into an operational ocean nowcast/forecast system Y. Miyazawa, X. Guo, S. M. Varlamov, T. Miyama, K. Yoda, K. Sato, T. Kano, and K. Sato 共著 (査読中)
          海上技術安全研究所報告 Vol.14, No4 その他 2015.3 国内長距離フェリーにおける運航実態に関する分析 −日本海航路を対象として−  荒谷太郎、佐藤圭二 共著 (査読中)
          14th Computer Application and Information Technology in the Marine Industry (COMPIT),pp. 167–180 プロシーディングス 2015.3 Eco-shipping Project with Ship Scheduling/Voyage Planning System for Japanese Coastal Vessels T. Kano and K. Sato 共著  
          Towards Green Marine Technology and Transport, pp. 175-182 プロシーディングス 2015.9 Eco-shipping project for Japanese coastal vessels—verification project for CO2 emission reductions with ship-scheduling/voyage-planning system T. Kano, T. Seta, and K. Sato 共著  
          Scientific Journals of the Maritime University of Szczecin, Vol.46, pp.147-154 ジャーナル 2016.6 Eco-shipping project with a speed planning system for Japanese coastal vessels T. Kano and K. Sato 主著  
          Scientific Journals of the Maritime University of Szczecin ジャーナル 2017 Possibility of Intermodal Freight Transport using Ferry and RORO- Ship in Japan T.Aratani and K.Sato 共著  
          The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics プロシーディングス 2017 Transportation Simulator for Disaster Circumstance and Bottleneck Analysis T.Majima, K.Takadama, D.Watanabe, T. Aratani, and K. Sato 共著  
    荒谷太郎 6 7 海上技術安全研究所報告,Vol.14,No.4,pp.1-6 その他 2015.03 国内長距離フェリーにおける運航実態に関する分析−日本海航路を対象として− 荒谷太郎,佐藤圭二 主著  
          Asia Navigation Conference 2015 proceedings, CD-ROM プロシーディングス 2015.11 Estimation of Receiving Probability of AIS Signals in JAPAN Coastal Area Using Binominal Distribution Model Takahiro SETA, Hiroshi MATSUKURA, Taro ARATANI and Kenkichi TAMURA 共著  
          交通学研究第59号,pp.173-180 ジャーナル 2016.01 一般化時間による離島居住者の海上交通移動の負担感に関する分析 荒谷太郎,宮崎恵子 主著  
          Scientific Journals of the Maritime University of Szczecin Vol.46 (118), pp101-107 ジャーナル 2016.06 An Estimation Method of Message Receiving Probability for Satellite AIS Using Binomial Distribution Model Takahiro SETA, Hiroshi MATSUKURA, Taro ARATANI and Kenkichi TAMURA 共著  
          Asia Navigation Conference 2016 proceedings, (USB) プロシーディングス 2016.11 Estimation of Mobility Burden to Remote Island Residents by Ferry Based on Generalized Time Taro ARATANI and Keiko MIYAZAKI 主著  
          Proceedings of the 16th INTERNATIONAL SCIENTIFIC AND TECHNICAL CONFERENCE on MARINE TRAFFIC ENGINEERING (MTE) and International Symposium Information on Ships プロシーディングス 2017 Possibility of Intermodal Freight Transport using Ferry and RORO- Ship in Japan Taro ARATANI and Keiji SATO 主著  
          土木学会論文集D3・特集号Vol.73 No.5(土木計画学研究・論文集34巻) ジャーナル 2017 高知県を対象とした南海トラフ巨大地震発災後の航空機運用方法の検討 川ア智也,荒谷太郎,轟朝幸,古川詩乃 共著  
          SWARM 2017: The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics プロシーディングス 2017 Transportation Simulator for Disaster Circumstance and Bottleneck Analysis Takahiro Majima, Keiki Takadama, Daisuke Watanabe, Taro Aratani, and Keiji Sato 共著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.16,No.4,pp.1-19 その他 2017.03 離島の交通支援のためのシームレス小型船システムの開発 平田宏一,宮崎恵子,疋田賢次郎,荒谷太郎,松倉洋史,吉村健志,西崎ちひろ,三宅里奈,田村兼吉 共著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.16,No.4,pp.21-39, その他 2017.03 離島航路におけるシームレス小型船システムの受容性に関する調査 荒谷太郎,西崎ちひろ,三宅里奈,吉村健志,宮崎恵子 主著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.16,No.4,pp.41-51 その他 2017.03 一般化時間を用いたシームレス小型船システム導入時の移動負担感に関する研究 荒谷太郎,宮崎恵子 主著  
          海上技術安全研究所報告,Vol.16,No.4,pp.53-79 その他 2017.03 シームレス小型船システムを用いた移動販売事業の実行可能性検討−中小規模の離島における買い物弱者支援− 松倉洋史,荒谷太郎,宮崎恵子 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集 Vol. 25 ジャーナル 2018 貨物自動車運転者の労働条件改善時におけるモーダルシフト進展評価 松倉洋史,瀬田剛広,荒谷太郎 共著  
    和田 祐次郎 1 0 Journal of marine science and technology ジャーナル 2017.6 A system dynamics model for shipbuilding demand forecasting Yujiro Wada,Kunihiro Hamada, Noritaka Hirata
Kazutaka Seki, Shinji Yamada
主著 広島大学在籍中に提出
海技研在籍中にAccept
101