・入所以降 平成29年6月30日現在
・対象:
@: 全文査読を経た学術誌掲載論文(ジャーナル)
A: 全文査読を経た国際会議議事録掲載論文(プロシーディングス)
B: @、Aに相当すると見なせる論文(その他)
※ 査読中のものも含む
所属 氏名 主著件数 共著件数 掲載誌・巻・号・頁等 区分 年月日 タイトル 著者(本人に下線) 主著・共著 備考
海洋開発系              
    正信 聡太郎 6 19 Proceedings of the 20th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2001/OSU-5016 プロシーディングス 2001.6 SAFETY EVALUATION OF DOLPHIN MOORING SYSTEM OF HYBRID SEMISUB MEGAFLOATS Kato, S., Namba, Y., Masanobu, S., and Shimoyama, N. 共著  
          Proceedings of the 12th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2002), pp.267-274 プロシーディングス 2002.5 Wind Loads on Columns of Semi-Submersible-Type-MegaFloat Suzuki, H., Sawai, T., Oka, N., Masanobu, S., and Kobayashi, K. 共著  
          Proceedings of the 25th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2002), pp.399-405 プロシーディングス 2002.5 Quantitative Risk Analysis of VLFS Multiple Mooring Dolphins Kato, S., Namba, Y., and Masanobu, S. 共著  
          日本造船学会論文集,第192号,pp.639-652 ジャーナル 2002.12 メガフロートの構造詳細部の波浪中変動応力解析 岡正義,岡修二,正信聡太郎,河邉寛,井上清 共著  
          日本造船学会論文集,第193号,pp.17-24 ジャーナル 2003.6 波エネルギー吸収装置付きメガフロートの波浪中弾性応答 正信聡太郎,加藤俊司,前田克弥,難波康広 主著  
          Proceedings of the 22nd International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2003-37170 プロシーディングス 2003.6 RESPONSE OF THE MEGA-FLOAT EQUIPPED WITH NOVEL WAVE ENERGY ABSORBER Masanobu, S., Kato, S., Maeda, K., and Namba, Y. 主著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2004-51382 プロシーディングス 2004.6 DEVELOPMENT OF NATURAL GAS LIQUEFATION FPSO Masanobu, S., Kato, S., Nakamura, A., Sakamoto, T., Yoshikawa, T., Sakamoto, A., Uetani, H., Kawazuishi, K., and Sao, K. 主著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2004-51362 プロシーディングス 2004.6 PREDICTION OF CUMULATIVE FATIGUE DAMAGE OF MOORING DOLPHINS Namba, Y., Kato, S., Iwai, M., Sato, H., Kokubun, K., and Masanobu, S. 共著  
          Proceedings of the 29th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2010-20836 プロシーディングス 2010.6 RESEARCH AND DEVELOPMENT OF OFFSHORE PLATFORMS FOR SMS MINING - PART2  CONCEPTUAL DESIGN OF THE PLATFORM Masanobu, S., Kato, S., Ishida, S., and Uto, S. 主著  
          Proceedings of the 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp.117-121 プロシーディングス 2012.6 A Numerical Model Analysis of Environmental Load for Seafloor Resources Development Yamamoto, J., Oka, H., Nakajima, Y., Uto, S., and Masanobu, S. 共著  
          Proceedings of the 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2012-83283 プロシーディングス 2012.7 EXPERIMENTAL EVALUATION OF VIM ON MPSO IN COMBINED ENVIRONMENTAL CONDITIONS FOR WAVES AND CURRENT Saito, M, Masanobu, S., Taniguchi, T., Otsubo, K., Asanuma, T., and Maeda, K. 共著  
          Proceedings of the 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2012-83221 プロシーディングス 2012.7 GAS EXPLOSION ANALYSIS FOR FLNG PLANT LAYOUT DESIGN Otsubo, K., Masanobu, S., Yaguchi, Y., Asanuma, T., Maeda, K., and Taniguchi, T. 共著  
          Proceedings of the 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2012-83354 プロシーディングス 2012.7 STUDY ON SEAFLOOR MINERAL PROCESSING FOR MINING OF SEAFLOOR MASSIVE SULFIDES Nakajima, Y., Yamamoto, J., Kanada, S., Masanobu, S., Takahashi, I., Sadaki, J., Abe, R., Okaya, K., Matsuo, S., and Fujita, T. 共著  
          Proceedings of 20th International Congress of Chemical and Process Engineering (CHISA 2012) プロシーディングス 2012.8 Fundamental ball mill simulation by using DEM for development of hydrothermal Deposits Matsuo, S., Okaya, K., Sadaki, J., Fujita, T., Nakajima, Y., Masanobu, S., Yamamoto, J., and Takahashi, I. 共著  
          Proceedings of the ASME 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10577 プロシーディングス 2013.6 A MODEL EXPERIMENT OF A FREE STANDING RISER IN THE DEEP-SEA BASIN Yamamoto, M., Masanobu, S., Takano, S., Kanada, S., Fujiwara, T., and Asanuma, T. 共著  
          Proceedings of the ASME 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10571 プロシーディングス 2013.6 A NUMERICAL MODEL FOR ENVIRONMENTAL IMPACT ON MARINE ORGANISMS FOR SEAFLOOR RESOURCES DEVELOPMENT Yamamoto, J., Nakajima, Y., Oka, H., and Masanobu, S. 共著  
          Proceedings of the ASME 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10756 プロシーディングス 2013.6 STUDY ON GRIDING TECHNOLOGY FOR SEAFLOOR MINERAL PROCESSING Nakajima, Y., Yamamoto, J., Kanada, S., Masanobu, S., Takahashi, I., Okaya, K., Matsuo, S., Fukushima, T., and Fujita, T. 共著  
          Proceedings of the ASME 33rd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2014-23309 プロシーディングス 2014.6 SIMULATION OF A FREE STANDING RISER MODEL AND VALIDATION WITH EXPERIMENTAL RESULTS Yamamoto, M., Masanobu, S., Takano, S., Kanada, S., Fujiwara, T., and Asanuma, T. 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集,Vol.19,pp.255-263 ジャーナル 2014.8 FLNGプラントレイアウト設計のためのガス爆圧解析 大坪和久,正信聡太郎,矢口雄大,浅沼貴之,前田克弥 共著  
          Resources Processing, Vol.61, No.3, pp.155-161 ジャーナル 2014.9 Proposal of Ball Milling System Suitable under the Seafloor for Development of Hydrothermal Deposits by Simulation Matsuo, S., Okaya, K., Fujita, T., Nakajima, Y., Masanobu, S., Yamamoto, J., Takahashi, I 共著  
          Proceedings of the ASME 34th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2015-41211 プロシーディングス 2015.5 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS IN INCLINED PIPE IN SLURRY TRANSPORT FOR SUBSEA MINING Masanobu, S., Takano, S., Fujiwara, T., Kanada, S., and Ono, M. 主著  
          Proceedings of the ASME 34th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2015-41217 プロシーディングス 2015.5 EVALUATION OF WEARING PIPE FOR SUBSEA MINING WITH LARGE PARTICLES IN SLURRY TRANSPORTATION Takano, S., Ono, M., and Masanobu, S. 共著  
          Proceedings of the ASME 36th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2017-61238 プロシーディングス 2017.6 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS FOR LARGE PARTICLE SLURRY TRANSPORT IN OSCILLATED PIPE FOR SUBSEA MINING Takano, S., Masanobu, S., Kanada, S., Ono, M., Araki, M., and Sasagawa, H. 共著  
          機械学会論文集 ジャーナル 査読中 海底熱水鉱床のスラリー移送による揚鉱管の摩耗量評価 高野慧、小野正夫、正信聡太郎 共著  
          J. Offshore Mech. Arct. Eng., Vol. 139, No.5, 2017 ジャーナル 2017.10 Study on Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Inclined Pipes for Subsea Mining Masanobu, S., Takano, S., Fujiwara, T., Kanada, S., Ono, M., and Sasagawa, H. 主著  
    前田 克弥 6 21 日本造船学会論文集193号 プロシーディングス 2003.6 波エネルギー吸収装置によるメガフロートの波浪中弾性応答 正信聡太郎、加藤俊二、前田克弥、難波康広 共著  
          Proceedings of OMAE2003 プロシーディングス 2003.6 Response of the MEGA-FLOAT Equipped with Novel Wave Energy Absorber 正信聡太郎、加藤俊二、前田克弥、難波康広 共著  
          Proceedings of Manoeuvring and control of Marine Crafts プロシーディングス 2003.9 Calculation and Enperiment on Descending Motion of a Deep-Sea Robot M.Ueno,  T.Nimura, H.Ando, K.Maeda, , K.Tamura 共著  
          西部造船会会報第107号 プロシーディングス 2004.3 円形水槽の造波について 前田克弥、細谷徳男、田村兼吉、安藤裕友、久松勝久、佐伯延博 主著  
          Proceedings of ISOPE 2004 プロシーディングス 2004.5 Model Tests of Ocean Nutrient Enhancer "TAKUMI" in Deep-sea Basin K.Maeda, K.Tamura, K.Kokubun, Y.Ohkawa, R.Takai, K.Shintomi 主著  
          Proceedings of ISOPE 2004 プロシーディングス 2004.5 Development of Conpact Deep-Sea Monitoring Robot System "TAM-EGG 1" K.Tamura, H.Ando, K. Maeda, M.Ueno, T.Nimura, K.Hoshino 共著  
          Proceedings of Sciedade Brasileira de Engenharia Naval プロシーディングス 2004.11 Introduction of deep-sea basin of NMRI and feasibility study of model experiment for deep-sea riser K.Kokubun, K.Maeda, K.Tamura 共著  
          Control Engineering Practice プロシーディングス 2004.12 Calculation and Experiment on Descending Motion of a Deep-Sea Robot M.Ueno, T.Nimura, H.Ando,  K.Maeda,  K.Tamura, K.Hisamatsu, N.Saeki, Y.Wada 共著  
          Proceedings of 2nd International Workshop on Applied Offshore Hydrodynamics プロシーディングス 2005.4 Characteristics of Current Generators of Deep-Sea Basin in National Maritime Research Institute K.Maeda, S.Tamura, K.Tamura, S.Kino, S.Yamaguchi 主著  
          Proceedings of OMAE05 プロシーディングス 2005.8 Experimental Study on a Self Standing Hybrid Riser System thoughout Test on a Deep-Sea Model Basin Paulo S D Pereira, K.Maeda, Celco.K.Morooka, K.Tamura, K.Itoh 共著  
          Proceedings of ISOPE-OMS2005 プロシーディングス 2005.10 Measured Results of Oceanographic Observation by using “TAKUMI” --- About Wave Condition --- K.Maeda, Y.Ohkawa,K.Tamura 主著  
          Proceedings of OMAE06 プロシーディングス 2006.6 Behavior Characteristics of Hang off Riser that Considers Oscillation of Floating Structure 伊藤和彰、田村兼吉、前田克弥、新冨恭子 共著  
          Proceedings of OMAE06 プロシーディングス 2006.6 Model Testing of Dynamic Characteristics of Compliant Buoyant Towers Jackson Dryne, K.Maeda, Xia Jinzhu 共著  
          Journal of Applied Mechanics,Vol.9 ジャーナル 2006.8 Numerical Scheme for Dynamic Response of Deep-water Risers Carlos Riveros, T. Utsunomiya, K.Maeda, K. Itoh 共著  
          Proceedings of OMAE06 プロシーディングス 2007.6 Strain Measurement on Riser Pope Compared with Model Test and Calculation K.Maeda, I. Takahashi, K.Itoh, K.Kokubun, K.Ohuchi, S.Masuda, S.Uto 主著  
          Proceedings of ISOPE2006 プロシーディングス 2007.7 Dynamic Response of Oscillating Flexible Risers Under Lock-in Events Carlos Riveros, T. Utsunomiya, K.Maeda, K. Itoh 共著  
          Proceedings of ISOPE2006 プロシーディングス 2007.7 Damage Detection in Flexible Risers Using Statistical Pattern Recognition Techniques Carlos Riveros, T. Utsunomiya, K.Maeda, K. Itoh 共著  
          Proceedings of ISOPE-OMS2006 プロシーディングス 2007.7 Strain Measurement on Riser Pipe of “TAKUMI” K.Maeda, I. Takahashi, H. Miyabe, S. Masuda 主著  
          Journal of Applied Mechanics,Vol.10 ジャーナル 2007.8 CFD Modeling of Fluid-Structure Interaction for Oscillating Flexible Risers Carlos Riveros, T. Utsunomiya, K.Maeda, K. Itoh 共著  
          The 3rd annual Offshore Asia Conference & Exhibition プロシーディングス 2008.3 Compliant Buoyant Tower --- a potential facility option for Asia-Pacific Xia Jinzhu, K.Maeda 共著  
          Journal of Marin Science and Technology ジャーナル 2009.5 Response Prediction of Long Flexible Risers Subject to Forced Harmonic Vibration Carlos Riveros, T. Utsunomiya, K.Maeda, K. Itoh 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.6 EXPERIMENTAL EVALUATION OF VIM ON MPSO IN COMBINED ENVIRONMENTAL CONDITIONS FOR WAVES AND CURRENT 齊藤昌勝、正信聡太郎、谷口友基、大坪和久、浅沼貴之、前田克弥 共著  
          Proc. ISOPE2013 プロシーディングス 2013.6 Research on 3-D Dynamic Positioning System for Offshore Platform 山本郁夫、浅沼貴之、 前田克弥 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 Experimental Investigation of VIM acteristics on Column Type Floater in Supper Critical Reynolds Number 藤原敏文、齊藤昌勝、前田克弥、佐藤宏、石田圭 共著  
          Proc. OMAE2014 プロシーディングス 2014.6 AN EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF CYLINDRICAL FLOATER’S VIM IN CURRENT AND WAVES 齊藤昌勝、藤原敏文、前田克弥 共著  
          Applied Mechanics and Materials, Vols. 271-272, 2013 ジャーナル 2013.6 Research on Low-cost Design Method of Offshore Platform DPS before Construction 山本郁夫、石田俊一、浅沼貴之、 前田克弥、 Rene Nuijten、 Hugo T. Grimmelius 共著  
          Proc. OMAE2017 プロシーディングス 2017.6 TECHNICAL CHALLENGE ON VLFS IN JAPAN AFTER MEGA-FLOAT PROJECT 鈴木英之、原田秀利、夏目巧、前田克弥、飯島一博、林哲也 共著  
  海洋システム研究グループ              
    湯川 和浩 7 20 西部造船会会報, 第98号, 59-66頁 ジャーナル 1999.9 水槽試験における画像処理の応用(その1 格子傾斜モアレトポグラフィによる波高分布の計測) 星野邦弘、山川賢次、湯川和浩、原正一 共著  
          日本造船学会論文集, 第186号, 145-156頁 ジャーナル 1999.12 転覆した船に働く流体力とその曳航法に関する研究 湯川和浩、星野邦弘、原正一、山川賢次 主著  
          関西造船協会誌, 第233号, 63-69頁 ジャーナル 2000.3 多目的作業船の性能向上に関する研究 山川賢次、原正一、星野邦弘、湯川和浩、影本浩 共著  
          関西造船協会誌, 第233号, 1-8頁 ジャーナル 2000.3 損傷船舶の曳航に関する研究 原正一、山川賢次、星野邦弘、湯川和浩 共著  
          西部造船会会報, 第99号, 83-90頁 ジャーナル 2000.3 損傷・転覆船舶に働く流体力の推定について 星野邦弘、原正一、湯川和浩、山川賢次 共著  
          日本造船学会論文集, 第187号, 139-149頁 ジャーナル 2000.6 超大型浮体ユニットの実機曳航 原正一、山川賢次、星野邦弘、湯川和浩 共著  
          西部造船会会報, 第100号, 31-39頁 ジャーナル 2000.9 水槽試験における画像処理の応用(その2 3次元粒子追跡法による損傷・転覆船舶の運動計測) 星野邦弘、原正一、山川賢次、湯川和浩 共著  
          関西造船協会誌, 第234号, 147-154頁 ジャーナル 2000.9 損傷船舶の曳航に関する研究(その2)-波浪中の索張力増加とふれまわり運動- 原正一、山川賢次、星野邦弘、湯川和浩 共著  
          日本造船学会論文集, 第191号, 87-96頁 ジャーナル 2002.3 荒天下における折損タンカーの曳航について 湯川和浩、星野邦弘、原正一、山川賢次 主著  
          西部造船会会報, 第103号, 263-272頁 ジャーナル 2002.3 折損タンカーの波漂流力と漂流運動 星野邦弘、湯川和浩、原正一、山川賢次 共著  
          関西造船協会論文集, 第237号, 165-171頁 ジャーナル 2002.3 曳航時における巡視船の曳航索張力 原正一、山川賢次、星野邦弘、湯川和浩、長谷川純 共著  
          日本造船学会論文集, 第192号, 29-36頁 ジャーナル 2002.12 トリムした船体に働く流体力の推定 湯川和浩、星野邦弘、原正一、山川賢次 主著  
          日本造船学会論文集, 第192号, 405-410頁 ジャーナル 2002.12 海洋エネルギーを利用した海水中リチウム採取システムの開発(第1報) 湯川和浩、星野邦弘、齊藤昌勝 主著  
          関西造船協会論文集, 第240号, 85-92頁 ジャーナル 2003.9 メガフロートユニットの曳航出動限界の評価に関する研究 原正一、大松重雄、山川賢次、星野邦弘、湯川和浩、鳥海誠 共著  
          Proc. of MCMC 2003 (6th IFAC Conference on Manoeuvring and Control of Marine Craft), Vol.36, 31-36頁 プロシーディングス 2003.9 PMM Tset Analysis for Added Mass Coefficients of Asymmetric Bodies 上野道雄、湯川和浩、二村正、浅沼貴之、大松重雄、高井隆三 共著  
          関西造船協会論文集, 第241号, 107-114頁 ジャーナル 2004.3 波浪域における巡視船の曳航実験 原正一、星野邦弘、湯川和浩、山川賢次 共著  
          関西造船協会論文集, 第241号, 115-124頁 ジャーナル 2004.3 最適曳航支援システムの開発に関する研究 原正一、星野邦弘、湯川和浩、長谷川純、谷澤克治、上野道雄、山川賢次 共著  
          関西造船協会論文集, 第243号, 87-96頁 ジャーナル 2005.3 損傷船舶の曳航に関する研究(その3 各種船型の損傷・折損時の運動と波漂流力) 原正一、星野邦弘、湯川和浩、山川賢次 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第4号, 147-154頁 ジャーナル 2006.12 最適曳航支援システムの性能評価 黒田貴子、原正一、星野邦弘、湯川和浩 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第5号, 99-106頁 ジャーナル 2007.6 NGH-FPSO用タンデムオフローディング装置の開発 湯川和浩、浅沼貴之、佐藤宏、加藤俊司、高沖達也、平井一司、亀井操、若狭正明、有馬俊朗、浦口能充、佐尾邦久 主著  
          Proc. OMAE2010 プロシーディングス 2010.6 Research and Development of Offshore Platforms for SMS Mining Part 1 An Integrated Design Tool of Offshore Platforms 中條俊樹、石田茂資、湯川和浩、難波康広、中島康晴、加藤俊司 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Basic Design of a Semi-submersible Rig for Experimental Drilling of Methane Hydrate by "HARMONIC DESIGN TOOL" 谷口友基、湯川和浩、大坪和久、佐藤宏 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Wind Effect Estimation in Side by Side Offloading Operation for FLNG and LNG Carrier Ships 藤原敏文、湯川和浩、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第15号, 47-54頁 ジャーナル 2012.6 熱水鉱床開発用プラットフォームの位置保持性能評価 湯川和浩、南佳成、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 主著 平成25年日本船舶海洋工学会賞(論文賞)
          日本船舶海洋工学会論文集, 第19号, 69-78頁 ジャーナル 2013.6 バンカリング時における船舶間LNG移送技術の安全性評価 湯川和浩、石田圭、佐藤宏、藤原敏文、加藤俊司、青山憲之、平田裕一 主著  
          Proc. FLNG ASIA2013 プロシーディングス 2013.5 Navigating Wind & Wave Motions for a Seamless Side-by Side Offloading Experience 藤原敏文、湯川和浩 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第22号, 83-94頁 ジャーナル 2015.12 Externalタレットの係留設計要件に関する研究 湯川和浩、加藤俊司、林竜也、安藤翼 共著  
    齊藤 昌勝 5 6 日本造船学会論文集, 第172号, 81-92頁 ジャーナル 1992.12 浮遊式海洋構造物の実海域実験 : その9. 長周期運動のシミュレーションと統計予測  加藤俊司、齊藤昌勝、高瀬悟  共著  
          Proc. of 3rd ISOPE, ISOPE-I-93-260 プロシーディングス 1993.6 Free Decaying Test and Simulation of Slow Drift Motion of Prototype Floating Structure 'POSEIDON' 齊藤昌勝、加藤俊司、大川豊 主著  
          Proc. of 16th OMAE, Vol6, 265-270頁 プロシーディングス 1997.12 A Progressive Collapse Simulation of Multiple Point Mooring Dolphin System of VLFS in waves 齊藤昌勝、加藤俊司、安藤裕友 主著  
          日本造船学会論文集, 第185号, 175-180頁 ジャーナル 1999.6 防波堤が存在する場合の超大型浮体式海洋構造物の係留系破壊確率推定法  齊藤 昌勝 , 加藤 俊司 , 大松 重雄  主著  
          日本造船学会論文集, 第186号, 235-242頁 ジャーナル 1999.12 超大型浮体式構造物に働く変動漂流力の推定法 : その1 長波頂波中模型実験 難波 康広 , 加藤 俊司 , 齊藤昌勝 共著  
          日本造船学会論文集, 第187号, 151-160頁 ジャーナル 2000.6 超大型浮体式構造物に働く変動漂流力の推定法 : その2 短波頂波中模型実験  難波 康広 , 加藤 俊司 , 齊藤昌勝、平石哲也 共著  
          日本造船学会論文集, 第192号, 405-410頁 ジャーナル 2002.12 海洋エネルギーを利用した海水中リチウム採取システムの開発(第1報)  湯川 和浩 , 星野 邦弘 , 齊藤 昌勝 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 EXPERIMENTAL EVALUATION OF VIM ON MPSO IN COMBINED ENVIRONMENTAL CONDITIONS FOR WAVES AND CURRENT 齊藤昌勝正信聡太郎、谷口友基、大坪和久、浅沼貴之、前田克弥 主著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 Experimental Investigation of VIM acteristics on Column Type Floater in Supper Critical Reynolds Number 藤原敏文、齊藤昌勝前田克弥佐藤宏石田圭 共著  
          Proc. OMAE2014 プロシーディングス 2014.6 AN EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF CYLINDRICAL FLOATER’S VIM IN CURRENT AND WAVES 齊藤昌勝、藤原敏文、前田克弥 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 査読中 VIM Model Test and Mooring Line Fatigue Assessment on Semi-submergible Floaters 藤原敏文、二村正、齊藤昌勝 共著  
    佐藤 宏 0 9 日本造船学会論文集, 第167号, 125-135頁 ジャーナル 1990.6 浮遊式海洋構造物の実海域実験 : その1. 実験海域における風の特性 加藤俊司、安藤定雄、佐藤宏元良勇太郎  共著  
          日本造船学会論文集, 第171号, 535-544頁 ジャーナル 1992.4 浮遊式海洋構造物の実海域実験 : その 6 : 不均一温度分布による変形と応力 星野邦弘、岩井勝美、佐藤宏  共著  
          日本造船学会論文集, 第188号, 287-293頁 ジャーナル 2000.12 超大型浮体式構造物に働く変動漂流力の推定法 - その3 : 実海域実験 - 難波康広、加藤俊司、佐藤宏居駒知樹、前田克弥  共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第5号, 99-106頁 ジャーナル 2007.8 NGH-FPSO用タンデムオフローディング装置の開発 湯川和浩、浅沼貴之、佐藤宏、加藤俊司、高沖達也、平井一司、亀井操、若狭正明、有馬俊朗、浦口能充、佐尾邦久 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第15号, 47-54頁 ジャーナル 2012.6 熱水鉱床開発用プラットフォームの位置保持性能評価 湯川和浩、南佳成、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 共著 平成25年日本船舶海洋工学会賞(論文賞)
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Basic Design of a Semi-submersible Rig for Experimental Drilling of Methane Hydrate by "HARMONIC DESIGN TOOL" 谷口友基、湯川和浩、大坪和久、佐藤宏 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Wind Effect Estimation in Side by Side Offloading Operation for FLNG and LNG Carrier Ships 藤原敏文、湯川和浩、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第19号, 69-78頁 ジャーナル 2013.6 バンカリング時における船舶間LNG移送技術の安全性評価 湯川和浩、石田圭、佐藤宏、藤原敏文、加藤俊司、青山憲之、平田裕一 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 Experimental Investigation of VIM acteristics on Column Type Floater in Supper Critical Reynolds Number 藤原敏文、齊藤昌勝、前田克弥佐藤宏石田圭 共著  
    大坪 和久 2 7 海上技術安全研究所報告 第8巻, 第1号 その他 2008,6 台車自動追尾による自由航走模型船の波浪中6自由度船体運動計測手法の研究 上野道雄、二村正、塚田吉昭、大坪和久 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻, 第5号 ジャーナル 2010,9 次世代内航船の研究開発について 吉元博文、大坪和久 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集, 第15号, 47-54頁 ジャーナル 2012.6 熱水鉱床開発用プラットフォームの位置保持性能評価 湯川和浩、南佳成、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 共著 平成25年日本船舶海洋工学会賞(論文賞)
          日本船舶海洋工学会論文集, 第19号, 255-263頁 ジャーナル 2014.8 FLNGプラントレイアウト設計のためのガス爆圧解析 大坪和久、正信聡太郎、矢口雄大、浅沼貴之、前田克弥 主著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Gas Explosion Analysis for Plant Layout Design 大坪和久、正信聡太郎、矢口雄大、浅沼貴之、前田克弥、谷口友基 主著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Experiment Evaluation of VIM on MPSO in Combined Environmental Conditions for Waves and Current 齊藤昌勝、正信聡太郎、谷口友基、大坪和久、浅沼貴之、前田克弥 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Basic Design of a Semi-submersible Rig for Experimental Drilling of Methane Hydrate by "HARMONIC DESIGN TOOL" 谷口友基、湯川和浩、大坪和久、佐藤宏 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Wind Effect Estimation in Side by Side Offloading Operation for FLNG and LNG Carrier Ships 藤原敏文、湯川和浩、佐藤宏、大坪和久、谷口友基 共著  
          Proc. POAC'15 プロシーディングス 2015.6 Station Keeping in Ice - Ice Tank Experiment and Estimation of Ice Load on Ship-shaped Floating Structure under Managed Ice Condition 宇都正太郎、松沢孝俊、下田春人、若生大輔、金野祥久、浅沼貴之、大坪和久 共著  
    石田 圭 0 2 日本船舶海洋工学会論文集, 第19号, 69-78頁 ジャーナル 2013.6 バンカリング時における船舶間LNG移送技術の安全性評価 湯川和浩、石田圭、佐藤宏、藤原敏文、加藤俊司、青山憲之、平田裕一 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 Experimental Investigation of VIM acteristics on Column Type Floater in Supper Critical Reynolds Number 藤原敏文、齊藤昌勝、前田克弥、佐藤宏石田圭 共著  
    長谷川 賢太 0 1 Proc. POAC2017 プロシーディングス 2017.6 Development of Accurate Ice Obserbation Technologies for Arctic Oil & Gas Development and Verification by Field Campaigns 宇都正太郎、長谷川賢太、松沢孝俊、泉山耕、舘山一孝、中村和樹、林昌奎、浅田昭、浅沼貴之、山本譲司 共著  
  深海技術研究グループ              
    山本 譲司 3 8 Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2011-49981, Rotterdam, The Netherlands プロシーディングス 2011.6 Concept of Seafloor Mineral Processing for Development of Seafloor Massive Sulfides  中島康晴、宇都正太郎、金田成雄、山本譲司、高橋一比古、小田部翔、定木淳、岡屋克則、松尾誠治、藤田豊久 共著 FY2015-FY2016:JOGMEC出向
          Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2011-50096, Rotterdam, The Netherlands プロシーディングス 2011.6 Analysis Tool for Environmental Impact of Seafloor Resources Development 山本譲司、岡秀行、中島康晴、宇都正太郎、井上俊司、石田茂資 主著  
          Proceedings of 9th ISOPE Ocean Mining Symposium, Maui, USA プロシーディングス 2011.6 Fate of Bacterial Mat in Anoxic Environment for Development of Prediction Model for Seafloor Environmental Assessment: Second Report 中島康晴、山本譲司、池本昌仁、新井励、中谷直樹、山崎哲生、大塚耕司 共著  
          Proceedings of 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference, Rhodes, Greece プロシーディングス 2012.6 A Numerical Model Analysis of Environmental Load for Seafloor Resources Development 山本譲司、中島康晴、岡秀行、宇都正太郎、正信聡太郎 主著  
          Proceedings of the ASME 2012 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering OMAE2012-83354, Rio de Janeiro, Brazil プロシーディングス 2012.7 Study on Seafloor Mineral Processing for Mining of Seafloor Massive Sulfides 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者5名 共著  
          Proceedings of the 20th International Congress of Chemical and Process Engineering CHISA2012, Prague, Czech Republic プロシーディングス 2012.8 Fundamental ball mill simulation by using DEM for development of hydrothermal Deposits 松尾誠治、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古、所外共著者3名 共著  
          Proceedings of the ASME 2013 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10756, Nantes, France プロシーディングス 2013.6 A NUMERICAL MODEL FOR ENVIRONMENTAL IMPACT ON MARINE ORGANISMS FOR SEAFLOOR RESOURCES DEVELOPMENT 山本譲司、中島康晴、岡秀行、正信聡太郎 主著  
          Proceedings of the ASME 2013 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10571, Nantes, France プロシーディングス 2013.6 STUDY ON GRIDING TECHNOLOGY FOR SEAFLOOR MINERAL PROCESSING 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者4名 共著  
          Resources Processing (Vol.61, No.3) ジャーナル 2014.9 Proposal of Ball Milling System Suitable under the Seafloor for Development of Hydrothermal Deposits by Simulation 松尾誠治、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古、所外共著者2名 共著  
          Proc. 15th French-Japanese Oceanography Symposium プロシーディングス 2015.4 Use of bio-fluorescenet characteristics for ecosystem monitoring on hydrothermal deposits 篠野雅彦、中島康晴、山本譲司、所外共著者1名 共著  
          Proc. POAC2017 プロシーディングス 2017.6 Development of Accurate Ice Obserbation Technologies for Arctic Oil & Gas Development and Verification by Field Campaigns 宇都正太郎、長谷川賢太、松沢孝俊、泉山耕、舘山一孝、中村和樹、林昌奎、浅田昭、浅沼貴之、山本譲司 共著  
    高橋 一比古 20 16 日本造船学会論文集、第168号、pp.507-517 ジャーナル 1990.12 荷重非伝達すみ肉継手の疲労強度に及ぼす板厚と入熱量の影響 松岡一祥、高橋一比古、他3名 共著 1991年日本造船学会奨励賞受賞
          溶接学会論文集、第9巻・第1号、pp.36-42 ジャーナル 1991.2 荷重非伝達すみ肉溶接継手の疲労強度に及ぼす残留応力の影響 松岡一祥、高橋一比古、他2名 共著 1992年溶接学会溶接論文奨励賞受賞
          日本造船学会論文集、第169号、pp.267-277 ジャーナル 1991.3 KE36(TMCP)鋼板を用いた荷重非伝達すみ肉溶接継手の疲労強度 −溶接残留応力と応力集中係数の影響− 高橋一比古、吉井コ治、他3名 主著  
          国際溶接学会、IIW Doc. XIII-1407-91 プロシーディングス 1991.9 Effects of Plate Thickness and Heat Input on Fatigue Strength of Non-Load-Carrying Fillet Welded Joints 松岡一祥、高橋一比古、他3名 共著  
          Welding International, Vol. 5, No. 12, pp.936-943 ジャーナル 1991.12 Effect of residual stress on fatigue strength of non-load-carrying fillet welded joints 松岡一祥、高橋一比古、他2名 共著  
          日本造船学会論文集、第171号、pp.449-457 ジャーナル 1992.6 重畳ランダム歪波形下におけるアルミニウム合金A5083P-材の疲労挙動 高橋一比古、前中 浩 主著  
          日本造船学会論文集、第172号、pp.417-425 ジャーナル 1992.6 荷重非伝達すみ肉継手の疲労強度に及ぼす降伏応力の影響 松岡一祥、高橋一比古、藤井英輔 共著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials &
Structures, Vol. 16 (1), pp.37-51
ジャーナル 1993.1 Fatigue strength of non-load-carrying fillet welded joints:
effect of weld residual stresses and stress concentrations
高橋一比古、吉井コ治、他3名 主著  
          Transactions of the Japan Welding Society, Vol. 24, No. 1, pp.70-77 ジャーナル 1993.4 Influence of Residual Stress on Fatigue Strength of Non-Load-Carrying Fillet Welded Joints 松岡一祥、高橋一比古、他2名 共著  
          日本造船学会論文集、第174号、pp.579-587 ジャーナル 1993.6 重畳ランダム荷重下におけるアルミニウム合金溶接継手の疲労寿命推定 −2次元レインフロウ法の適用− 高橋一比古、前中 浩、宮本 武 主著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials & Structures, Vol.17 (12), pp.1405­1416 ジャーナル 1994.12 Fatigue life estimation of welded joints of an aluminum alloy under superimposed random load waves ; application of a 2­dimensional rainflow method 高橋一比古、前中 浩、宮本 武 主著  
          日本造船学会論文集、第179号、pp.413-423 ジャーナル 1996.5 重畳ランダム荷重下におけるアルミニウム合金溶接継手の疲労寿命推定 −高周波成分の影響− 高橋一比古、前中 浩、高田篤志 主著  
          日本造船学会論文集、第184号、pp.325-331 ジャーナル 1998.11 2軸繰り返し荷重下における角回し溶接継手の疲労挙動 高橋一比古、高田篤志、他3名 主著  
          日本造船学会論文集、第184号、pp.365-371 ジャーナル 1998.11 微細粒のくさび効果による疲労き裂進展抑制 高橋一比古、高橋千織、古谷典亍 主著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials & Structures, Vol.22 (10), pp.869­877 ジャーナル 1999.11 Fatigue behaviour of a box-welded joint under biaxial cyclic loads 高橋一比古、牛島通男、高田篤志 主著  
          国際溶接学会、IIW Doc. XIII-1833-2000 プロシーディングス 2000.7 Effect of loading history on fatigue crack initiation life of welded joint 松岡一祥、高橋一比古 共著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials and Structures, Vol. 23 (10), pp.867-877 ジャーナル 2000.11 Restraint of fatigue crack growth by wedge effects of fine particles 高橋一比古、高橋千織、古谷典亍 主著  
          日本造船学会論文集、第188号、pp.599-607 ジャーナル 2000.11 2軸繰り返し荷重下における角回し溶接継手の疲労挙動(第2報)−2軸荷重レンジ比および横方向繰り返し圧縮荷重の影響− 高橋一比古、高田篤志、他3名 主著  
          日本造船学会論文集、第188号、pp.617-624 ジャーナル 2000.11 溶接継手の疲労寿命に及ぼす荷重履歴の影響 松岡一祥、高橋一比古、他2名 共著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials and Structures, Vol. 26 (5), pp.439-448 ジャーナル 2003.4 Fatigue behaviour of a box-welded joint under biaxial cyclic loading: Effects of biaxial load range ratio and cyclic compressive loads in the lateral direction 高橋一比古、高田篤志、他2名 主著  
          溶接学会論文集、第22巻・第4号、pp.531-541 ジャーナル 2004.11 アルミナペースト塗布による疲労き裂進展の自動抑制および目視検出 高橋一比古、牛島通男、他3名 主著  
          非破壊検査、第54巻・第9号、pp.503-508 ジャーナル 2005.9 き裂検出用塗料と表面SH波による溶接止端部疲労き裂の検出 高橋一比古、牛島通男 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第41巻・第2号、pp.291-296 ジャーナル 2006.3 海水中におけるカソード電位を負荷したTi-6Al-4V合金の疲労き裂伝播特性 −第1報 大水深ライザーの材料選定に関する研究− 丹羽 敏男、田中 義久、高橋一比古、田村 兼吉 共著  
          Materials Transactions, Vol.48, No. 6, pp.1190-1195 ジャーナル 2007.5 Detection of fatigue cracks at weld toes by crack detection paint and surface SH wave 高橋一比古、牛島通男 主著  
           ISOPE2007-OMS-53 プロシーディングス 2007.6 Strain Measurement on Riser Pipe of “TAKUMI” 前田克弥、高橋一比古、他2名 共著  
           OMAE2007-29647 プロシーディングス 2007.6 Strain Measurement on Riser  Pipe Compared with Model test and Calculation 前田克弥、高橋一比古、他5名 共著  
           Fatigue & Fracture of Engineering Materials &
 Structures, Vol. 30 (9), pp.832–843
ジャーナル 2007.8 Automatic restraint and visual detection of fatigue crack growth by applying an alumina paste 高橋一比古、牛島通男、他3名 主著  
          Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2011 プロシーディングス 2011.6 CONCEPT OF SEAFLOOR MINERAL PROCESSING FOR DEVELOPMENT OF SEAFLOOR MASSIVE SULFIDES 中島康晴、他8名、高橋一比古 共著  
          65th Annual Assembly of the International Institute of Welding, IIW Commission Document XIII-2432-12 プロシーディングス 2012.7 Fatigue crack growth behaviour of a Ti-6Al-4V alloy: Effect of stress ratio, environment and cathodic polarization 高橋一比古、丹羽敏男、田中義久、岩田 知明 主著  
          Proceedings of the ASME 2012 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 STUDY ON SEAFLOOR MINERAL PROCESSING FOR MINING OF SEAFLOOR MASSIVE SULFIDES 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者5名 共著  
          Proc. 20th International Congress of Chemical and Process Engineering プロシーディングス 2012.8 Fundamental ball mill simulation by using DEM for development of hydrothermal Deposits 松尾誠治、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古、所外共著者3名 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 STUDY ON GRIDING TECHNOLOGY FOR SEAFLOOR MINERAL PROCESSING 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者4名 共著  
          海技研報告、第13巻・第2号、pp.335-350 その他 2013.10 耐疲労スマートペーストの研究開発 高橋一比古、高橋千織、植松 進、田中義久 主著  
          Resources Processing, Vol.61, No.3, pp.155-161 ジャーナル 2014.9 Proposal of Ball Milling System Suitable under the Seafloor for Development of Hydrothermal Deposits by Simulation 松尾誠治、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古、所外共著者2名 共著  
          非破壊検査、第64巻・第6号、pp.290-297 ジャーナル 2015.5 高チクソ性粘性流体を用いた疲労き裂進展の目視検出 高橋一比古、田中義久 主著  
          溶接学会論文集、第33巻・第3号、pp.211-223 ジャーナル 2015.8 耐疲労スマートペーストをボルト穴に適用した場合の疲労き裂進展の自動抑制および目視検出 高橋一比古、田中義久 主著  
    中島 康晴 14 18 日本舶用機関学会誌、第34巻、第2号、94-100頁 ジャーナル 1999.2 舶用機関から排出されるN2O等有害排ガスに与える燃料性状及び脱硝装置の影響 桑原孫四郎、高杉喜雄、西尾澄人、石村惠以子、中島康晴、張潔、菊地正晃 共著 2000年日本舶用機関学会論文賞受賞
          Proceedings of 6th International Symposium on Marine Engineering, Tokyo プロシーディングス 2000.10 Measurement and Analysis of Particulate Matter (PM) from Marine Diesel Engines 中島康晴、高杉喜雄、菊地正晃、桑原孫四郎、西尾澄人、石村惠以子、張潔、西川和美 主著  
          日本舶用機関学会誌、第35巻、第12号、841-847頁 ジャーナル 2000.12 燃料噴射系の電子制御化による舶用ディーゼル機関の排気ガス特性の改善 その1 A重油使用の場合 張潔、高杉喜雄、桑原孫四郎、菊地正晃、西尾澄人、石村惠以子、中島康晴、菅進 共著  
          Proceedings of 4th International Conference on Gas Hydrates, Yokohama プロシーディングス 2002.5 Use of Hydrate Pellets for Transportation of Natural Gas - II - Proposition of Natural Gas Transportation in form of Hydrate Pellets - 中島康晴、高沖達也、大垣一成、太田進 主著  
          Proceedings of 13th International Offshore and Polar Engineering Conference, Honolulu, USA プロシーディングス 2003.5 Observation of CO2 Hydrate Formation in High Pressured Water 中島康晴、城田英之、波江貞弘 主著  
          Proceedings of 22nd International Conference on Offshore Mechanics & Arctic Engineering, OMAE2003-37211, Cancun, Mexico プロシーディングス 2003.6 Progress of COSMOS (CO2 sending Method for Ocean Storage) and OACE (Oean Abyssal Carbon Experiment) 綾威雄、波江貞弘、山根健次、小島隆志、中島康晴、城田英之、P. G. Brewer、E. T. Peltzer III、P. M. Haugan、T. Johannessen、B. Kvamme、R. G. J. Bellerby 共著  
          Proceedings of 23rd International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2004-51063, Vancouver, Canada プロシーディングス 2004.6 Dissolution of CO2 from CO2 Drops in Simulating Experiments of CO2 Ocean Storage 中島康晴、城田英之、小島隆志、山根健次、綾威雄、波江貞弘 主著  
          Journal of Oceanography, vol. 60, no. 4, pp. 751-758 ジャーナル 2004.8 Small Scale Field Study of an Ocean CO2 Plume P. G. Brewer、E. T. Peltzer III、綾威雄、P. M. Haugan、R. G. J. Bellerby、山根健次、小島隆志、P. Walz、中島康晴 共著  
          Journal of Marine Research, vol. 63, no. 1, pp. 9-33 ジャーナル 2005.1 Deep Ocean Experiments with Fossil Fuel Carbon Dioxide: Creation and Sensing of a Controlled Plume at 4 km Depth P. G. Brewer、E. T. Peltzer III、P. Walz、綾威雄、山根健次、小島隆志、中島康晴、中山典子、P. M. Haugan、T. Johannessen 共著  
          Proceedings of the Fifth International Conference on Gas Hydrates, Trondheim, Norway プロシーディングス 2005.6 Dissolution of CO2 Hydrate Films on Surface of CO2 Drops in Highly Pressurized Water 中島康晴、城田英之、小島隆志、山根健次、綾威雄、波江貞弘 主著  
          Proceedings of the Fifth International Conference on Gas Hydrates, Trondheim, Norway プロシーディングス 2005.6 Self-preservation Property of Methane Hydrate Pellets in Bulk in Ship Cargo Holds during Sea-borne Transport of Natural Gas 城田英之、疋田賢次郎、中島康晴、太田進、岩崎徹 共著  
          海上技術安全研究所報告、第5巻、第3号、1-23頁 その他 2005.9 Research on Sea-Borne Transportation of Natural Gas by Means of Gas Hydrate Pellets - Study on Self-Preservation Property of Gas Hydrate Pellets 城田英之、疋田賢次郎、中島康晴、岡秀行、前田利雄、高島逸男、川越陽一、川野始、太田進 共著  
          Proceedings of the 7th International Symposium on Marine Engineering, Tokyo プロシーディングス 2005.10 4000m Deep Ocean Storage at Off California 小島隆志、綾威雄、山根健次、中島康晴、城田英之、波江貞弘、P. G. Brewer、E. T. Peltzer III、P. Walz、P. M. Haugan、J. Hove、T. Johannessen 共著  
          Proceedings of the 7th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies, Vancouver, Canada プロシーディングス 2005.12 Ocean Abyssal Carbon Experiments at 0.7 and 4 km Depth P. M. Haugan、P. G. Brewer、E. T. Peltzer III、P. Walz、綾威雄、山根健次、小島隆志、中島康晴、中山典子、J. Hove、T. Johannessen、R. G. J. Bellerby、G. Alendal 共著  
          Proceedings of 25th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, OMAE2006-92216, Hamburg, Germany プロシーディングス 2006.6 Study on CO2 Releasing Nozzle for CO2 Ocean Storage 中島康晴、城田英之、小島隆志、山根健次、綾威雄、波江貞弘、田村兼吉 主著  
          Proceedings of 8th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies, Trondheim, Norway プロシーディングス 2006.6 Evaluation of Dissolution Rate of CO2 Drops with Hydrate Films for CO2 Ocean Storage 中島康晴、城田英之、小島隆志、山根健次、綾威雄、波江貞弘、田村兼吉 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第41巻、増刊号、150-157頁 ジャーナル 2006.9 Dissolution of CO2 Drops and pH Change in CO2 Ocean Storage 中島康晴、城田英之、小島隆志、山根健次、綾威雄、波江貞弘 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第41巻、増刊号、138-143頁 ジャーナル 2006.9 Experimental Study on Self-preservation Property of Gas Hydrate for Natural Gas Sea-borne Transport 城田英之、綾威雄、中島康晴、太田進 共著  
          Proceedings of the ASME 2010 29th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2010-20779, Shanghai, China プロシーディングス 2010.6 Research and Development on Offshore Platforms for SMS Mining Part I An Integrated Design Tool of Offshore Platforms 中條俊樹、石田茂資、湯川和浩、難波康広、中島康晴、加藤俊司 共著  
          Proceedings of 20th International Offshore and Polar  Engineering Conference, Beijin, China プロシーディングス 2010.6 Fate of Bacterial Mat in Anoxic Environment for Development of Prediction Model for Seafloor Environmental Assessment: First Report 中島康晴、池本昌仁、新井励、中谷直樹、山崎哲生、大塚耕司、石井孝定 主著  
          Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2011-49981, Rotterdam, The Netherlands プロシーディングス 2011.6 Concept of Seafloor Mineral Processing for Development of Seafloor Massive Sulfides  中島康晴、宇都正太郎、金田成雄、山本譲司、高橋一比古、小田部翔、定木淳、岡屋克則、松尾誠治、藤田豊久 主著  
          Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2011-50096, Rotterdam, The Netherlands プロシーディングス 2011.6 Analysis Tool for Environmental Impact of Seafloor Resources Development 山本譲司、岡秀行、中島康晴、宇都正太郎、井上俊司、石田茂資 共著  
          Proceedings of 9th ISOPE Ocean Mining Symposium, Maui, USA プロシーディングス 2011.6 A Trial of Ecological Risk Assessment for Development of Seafloor Massive Sulfides 中島康晴、新井励、中谷直樹、山崎哲生、大塚耕司 主著  
          Proceedings of 9th ISOPE Ocean Mining Symposium, Maui, USA プロシーディングス 2011.6 Fate of Bacterial Mat in Anoxic Environment for Development of Prediction Model for Seafloor Environmental Assessment: Second Report 中島康晴、山本譲司、池本昌仁、新井励、中谷直樹、山崎哲生、大塚耕司 主著  
          Proceedings of 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference, Rhodes, Greece プロシーディングス 2012.6 A Numerical Model Analysis of Environmental Load for Seafloor Resources Development 山本譲司、岡秀行、中島康晴、宇都正太郎、正信聡太郎 共著  
          Proceedings of the ASME 2012 31st International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering OMAE2012-83354, Rio de Janeiro, Brazil プロシーディングス 2012.7 Study on Seafloor Mineral Processing for Mining of Seafloor Massive Sulfides 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、定木淳、阿部亮介、岡屋克則、松尾誠治、藤田豊久 主著  
          Proceedings of the 20th International Congress of Chemical and Process Engineering CHISA2012, Prague, Czech Republic プロシーディングス 2012.8 Fundamental Ball Mill Simulation by Using DEM for Development of Hydrothermal Deposits 松尾誠治、岡屋克則、定木淳、藤田豊久、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古 共著  
          Proceedings of the ASME 2013 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10756, Nantes, France プロシーディングス 2013.6 Study on Grinding Technology for Seafloor Mineral Processing 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、岡屋克則、松尾誠治、福島朋彦、藤田豊久 主著  
          Proceedings of the ASME 2013 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, OMAE2013-10571, Nantes, France プロシーディングス 2013.6 A Numerical Model for Environmental Impact on Marine Organisms for Seafloor Resources Development 山本譲司、中島康晴、岡秀行、正信聡太郎 共著  
          Resources Processing, vol. 61, no. 3, pp. 155-161 ジャーナル 2014.9 Proposal of Ball Milling System Suitable under the Seafloor for Development of Hydrothermal Deposits by Simulation 松尾誠治、岡屋克則、藤田豊久、中島康晴、正信聡太郎、山本譲司、高橋一比古 共著  
          Proceedings of the 15th French-Japanese Oceanography Symposium, Marseille, France プロシーディングス 2015.4 Use of bio-fluorescenet characteristics for ecosystem monitoring on hydrothermal deposits 篠野雅彦、中島康晴、山本譲司、古島靖夫 共著  
          Proceedings of the 15th French-Japanese Oceanography Symposium, Marseille, France プロシーディングス 2015.4 Use of bio-fluorescenet characteristics for ecosystem monitoring on hydrothermal deposits 篠野雅彦、中島康晴、山本譲司、古島靖夫 共著  
    金田 成雄 0 18 Proceedings of 18th POAC Vol.2 プロシーディングス 2005.6 Development of a Recovery Unit for Oil in Ice 泉山耕、金田成雄 共著  
          Proceedings of IAHR International Symposium on Ice  プロシーディングス 2006.8 Numerical Simulation of Current-induced Deformation and Movement of the Oil Slick under the Ice Cover 泉山耕、金田成雄 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Development of an Oil Recovery Unit in Ice 下田春人、金田成雄 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Medium-scale Test of Ice Loading on Ship Hulls –Test Outline and Preliminary Results– 下田春人、金田成雄 共著  
          Proceedings of the 19th IAHR International Symposium on Ice  プロシーディングス 2008.7 R&D Study of an Oil Recovery Device for Ice-Covered Waters 泉山耕、金田成雄 共著  
          Proceedings of the 24th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2009.2 A Consideration of Oil Spreading in Broken Ice 下田春人、金田成雄 共著  
          Proceedings of the 24th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2009.2 Results of Medium-scale Test for Ice Loading on Ship Hulls. 泉山耕、金田成雄 共著  
          Proc. 25th Int. Symp. on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2010.2 R & D study of NMRI-ORDICE 泉山耕、金田成雄 共著  
          Proceedings of OMAE2010、OMAE2010-20312 プロシーディングス 2010.6 An Experimental Analysis of the Interaction between Hanged Pipe and Internal Flow 山本マルシオ、村井基彦、藤原智、宇都正太郎、金田成雄、Luis A. R. Quadrante、羽田絢 共著  
          Proceedings of OMAE2011、OMAE2011-49677 プロシーディングス 2011.6 An Experimental Study of the Effects that Change the Vibration Mode of Riser VIV 藤原智、宇都正太郎、金田成雄 共著  
          Proceedings of 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2011) プロシーディングス 2011.6 Concept of Seafloor Mineral Processing for Development of Seafloor Massive Sulfides  中島康晴、宇都正太郎、金田成雄、山本譲司、高橋一比古、小田部翔、定木淳、岡屋克則、松尾誠治、藤田豊久 共著  
          Proc. OMAE2012 プロシーディングス 2012.7 Study on Seafloor Mineral Processing for Mining of Seafloor Massive Sulfides 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者5名 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 STUDY ON GRIDING TECHNOLOGY FOR SEAFLOOR MINERAL PROCESSING 中島康晴、山本譲司、金田成雄、正信聡太郎、高橋一比古、所外共著者4名 共著  
          Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 A Model Experiment of a Free Standing Riser in the Deep-Sea Basin 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proc. OMAE2014 プロシーディングス 2014.6 SIMULATION OF A FREE STANDING RISER MODEL AND VALIDATION WITH EXPERIMENTAL RESULTS 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS IN INCLINED PIPE IN SLURRY TRANSPORT FOR SUBSEA MINING 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫 共著  
          J. Offshore Mech. Arct. Eng., Vol. 139, No.5, 2017 ジャーナル 2017.10 Study on Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Inclined Pipes for Subsea Mining 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫、笹川広紀 共著  
          Proc. OMAE2017 プロシーディングス 2017.6 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS FOR LARGE PARTICLE SLURRY TRANSPORT IN OSCILLATED PIPE FOR SUBSEA MINING 高野慧、正信聡太郎、金田成雄、小野正夫、荒木元輝、笹川広紀 共著  
    小野 正夫 1 20 日本舶用機関学会誌、Vol.24、No.3 ジャーナル 1989.3 ケミカルタンカーの荷揚げ後の管内残留貨物量の低減に関する研究(その2:背圧維持特性について) 山口勝治、小野正夫 共著  
          Journal of Ferrocement, Vol.22, No.3 ジャーナル 1992.7 Flexurl Impact Damage of Ferrocement 小林祐規、小野正夫 共著  
          FRP漁船 第155号 ジャーナル 1993.5 ラム波によるFRPの非破壊検査 津島聡、小野正夫 共著  
          材料 日本材料学会 第42巻、474号 ジャーナル 1993.5 ラム波によるCFRP板の非破壊検査  津島聡、小野正夫  共著  
          強化プラスチックス、第49巻、第6号 ジャーナル 2003.6 FRP救命艇のCO2排出に関するLCI分析 櫻井昭男、小野正夫  共著  
          強化プラスチックス、第53巻、第3号 ジャーナル 2007.3 FRPカフェ「世界標準に追いつけ!日本の造船技術」 小野正夫 主著  
          舟艇技報 No.91 ジャーナル 2007.3 竹繊維によるFRPボートの試作 櫻井昭男、小野正夫  共著  
          Proceedings of ICCM-16 プロシーディングス 2007.7 Development of a Pleasure Boat Using Bamboo Fiber Reinforced Plastic 田中隆介、小野正夫 共著  
          強化プラスチックス、第54巻、第4号 ジャーナル 2008.4 竹繊維を用いたFRP製小型ボートの開発 櫻井昭男、小野正夫 他  共著  
          強化プラスチックス、第55巻、第4号 ジャーナル 2009.4 インフュージョン成形法によるFRP船ハルの試作 櫻井昭男、小野正夫 他  共著  
          強化プラスチックス、第56巻、第5号 ジャーナル 2010.5 インフュージョン成形法によるFRP船ハルの試作(U) 櫻井昭男、小野正夫 他  共著  
          Proceedings of Tenth China-Japan Joint Conference on Composites プロシーディングス 2012.9 Resin Infusion Molding Trial of FRP Boat Hull by Using of Production Mold 櫻井昭男、小野正夫 共著  
          36th Arctic and Marine Oil Spill Program Technical Seminar/AMOP プロシーディングス 2013.6 Heavy Fuel Oil Recovery from Underwater Tank by High Frequency Induction Heating Method Shoichi Hara、Osamu Miyata、Masao Ono、Hiroyasu Kifune、Sukekazu Shimonishi 共著  
          Proceedings of 36th AMOP(Arctic and Marine Oil Spill Program Technical Seminar)  プロシーディングス 2013.6 Dispersive Performance of Underwater Injection of Dispersant to Heavy Fuel Oil 原正一、宮田修、小野正夫 共著  
          Proceedings of International oil Spill Conference 2014 プロシーディングス 2014.5 Dispersive Performance of Underwater Application of Dispersant to Heavy Fuel Oil 原正一、宮田修、小野正夫 共著  
          37th Arctic and Marine Oil Spill Program Technical Seminar/AMOP プロシーディングス 2014.6 Recovery of Heavy Fuel Oil from Underwater Tank by High Frequency Induction Heating Method -2nd Report in Case of Pipe Heating with Viscous Oil Shoichi Hara, Osamu Miyata, Masao Ono,Hiroyasu Kifune,Sukekazu Shimonishi 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EVALUATION OF WEARING PIPE FOR SUBSEA MINING WITH LARGE PARTICLES IN SLURRY TRANSPORTATION 高野慧、小野正夫、正信聡太郎 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS IN INCLINED PIPE IN SLURRY TRANSPORT FOR SUBSEA MINING 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫 共著  
          機械学会論文集 ジャーナル 査読中 海底熱水鉱床のスラリー移送による揚鉱管の摩耗量評価 高野慧、小野正夫、正信聡太郎 共著  
          Proc. OMAE2017 プロシーディングス 2017.6 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS FOR LARGE PARTICLE SLURRY TRANSPORT IN OSCILLATED PIPE FOR SUBSEA MINING 高野慧、正信聡太郎、金田成雄、小野正夫、荒木元輝、笹川広紀 共著  
          J. Offshore Mech. Arct. Eng., Vol. 139, No.5, 2017 ジャーナル 2017.10 Study on Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Inclined Pipes for Subsea Mining 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫、笹川広紀 共著  
    藤原 智 1 8 Proceedings of OMAE2010、OMAE2010-20312 プロシーディングス 2010.6 An Experimental Analysis of the Interaction between Hanged Pipe and Internal Flow 山本マルシオ、村井基彦、藤原智、宇都正太郎、金田成雄、Luis A. R. Quadrante、羽田絢 共著  
          Proceedings of Techno-Ocean 2010 プロシーディングス 2010.10 Experimental Study of Dynamic Vibration Flexible Riser 村井基彦、羽田絢、山本マルシオ、藤原智、宇都正太郎 共著  
          Proceedings of OMAE2011、OMAE2011-49677 プロシーディングス 2011.6 An Experimental Study of the Effects that Change the Vibration Mode of Riser VIV 藤原智、宇都正太郎、金田成雄 主著  
          Proceedings of OMAE2011、OMAE2011-49506 プロシーディングス 2011.6 An Experimental Analysis of a Flexible Riser in Jumper Configuration 村井基彦、山本マルシオ、藤原智、宇都正太郎 共著  
          Proceedings of OMAE2012、OMAE2012-83069 プロシーディングス 2012.6 Experimental Investigation of the Effects of Pulsating Internal Flow on the Dynamics of a Submersed U-shaped Flexible Pipe 山本マルシオ、宇都正太郎、村井基彦、藤原智 共著  
          Proceedings of OMAE2013、OMAE2013-10577 プロシーディングス 2013.6 A Model Experiment of a Free Standing Riser in the Deep-Sea Basin 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proceedings of OMAE2014、OMAE2014-23309 プロシーディングス 2014.6 SIMULATION OF A FREE STANDING RISER MODEL AND VALIDATION WITH EXPERIMENTAL RESULTS 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS IN INCLINED PIPE IN SLURRY TRANSPORT FOR SUBSEA MINING 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫 共著  
          Journal of Offshore Mechanics and Arctic Engineering ジャーナル 2017.10 Study on Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Inclined Pipes for Subsea Mining 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫、笹川広紀 共著  
    荒木 元輝 2 1 Proc. ISSW2014 プロシーディングス 2014 An Analysis of Bilge Keel Effects using RANS with Overset Grids Method Motoki Araki, Kunihide Ohashi , Nobuyuki Hirata  主著  
        Proc. MARSIM2015 プロシーディングス 2015 Effects of Rudder Horn and Propeller Hub Vortex for CFD Manoeuvring Simulations Motoki Araki, Kunihide Ohashi, Nobuyuki Sakamoto 主著  
        Proc. OMAE2017 プロシーディングス 2017.6 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS FOR LARGE PARTICLE SLURRY TRANSPORT IN OSCILLATED PIPE FOR SUBSEA MINING 高野慧、正信聡太郎、金田成雄、小野正夫、荒木元輝、笹川広紀 共著  
    高野 慧 3 4 Proc. OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 A Model Experiment of a Free Standing Riser in the Deep-Sea Basin 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proc. OMAE2014 プロシーディングス 2014.6 SIMULATION OF A FREE STANDING RISER MODEL AND VALIDATION WITH EXPERIMENTAL RESULTS 山本マルシオ、正信聡太郎、高野慧、金田成雄、藤原智、浅沼貴之 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS IN INCLINED PIPE IN SLURRY TRANSPORT FOR SUBSEA MINING 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫 共著  
          Proc. OMAE2015 プロシーディングス 2015.5 EVALUATION OF WEARING PIPE FOR SUBSEA MINING WITH LARGE PARTICLES IN SLURRY TRANSPORTATION 高野慧、小野正夫、正信聡太郎 主著  
          機械学会論文集 ジャーナル 査読中 海底熱水鉱床のスラリー移送による揚鉱管の摩耗量評価 高野慧、小野正夫、正信聡太郎 主著  
          Proc. OMAE2017 プロシーディングス 2017.6 EXPERIMENTAL STUDIES OF PRESSURE LOSS FOR LARGE PARTICLE SLURRY TRANSPORT IN OSCILLATED PIPE FOR SUBSEA MINING 高野慧、正信聡太郎、金田成雄、小野正夫、荒木元輝、笹川広紀 主著  
          J. Offshore Mech. Arct. Eng., Vol. 139, No.5, 2017 ジャーナル 2017.10 Study on Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Inclined Pipes for Subsea Mining 正信聡太郎、高野慧、藤原智、金田成雄、小野正夫、笹川広紀 共著  
70