・入所以降 平成29年6月30日現在
・対象:
@: 全文査読を経た学術誌掲載論文(ジャーナル)
A: 全文査読を経た国際会議議事録掲載論文(プロシーディングス)
B: @、Aに相当すると見なせる論文(その他)
※ 査読中のものも含む
所属 氏名 主著件数 共著件数 掲載誌・巻・号・頁等 区分 年月日 タイトル 著者(本人に下線) 主著・共著 備考
環境・動力系              
    春海一佳 6 32 Proceedings of the 8th International Heat Transfer Conference, Sanfrancisco プロシーディングス 1986.8 An Analysis of the Turbulent Transport Mechanism near the wall by Streamwise Pseudo-Vortical Motion Model Nobuhide Kasagi, Kazuyoshi Harumi, and Masaru Hirata 共著  
          船舶技術研究所報告、第28巻、第6号、321-341頁、研究報告 その他 1991.11 低レイノルズ数型k−ε乱流モデルの壁近傍領域における挙動に関する基礎的研究 春海一佳 主著  
          Proceedings of 1995 Yokohama International Gas Turbine Congress, Volume III, pp.197-204, Yokohama, Japan プロシーディングス 1995.10 Study of Internal Reheat Hydrogen Gas Turbine Katsuhide Hiraoka, Susumu Kan, Takanao Kumakura, Masaru Ikame, Kazuyoshi Harumi, Hideyuki Shirota, and Teruo Morishita 共著  
          日本ガスタービン学会誌、Vol.26、No.101、107-114頁 ジャーナル 1998.6 タービン内再熱水素燃焼ガスタービンの研究 春海一佳、菅進、平岡克英、井亀優、城田英之、森下輝夫 主著  
          Proceedings of 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference, Volume 1, pp.13-18, Kobe, Japan  プロシーディングス 2000.10 An Experimental Study on Internal Hydrogen Reheat Gas Tuebine and Combustion Characteristics in Reheat Process Katsuhide Hiraoka, Masaru Ikame, Kazuyoshi Harumi and Hideyuki Shirota 共著  
          Proceedings of 6th International Symposium on Marine Engineering (ISME2000), pp.251-254, Tokyo, Japan  プロシーディングス 2000.10 Combustion of Hydrogen in Hydrogen Combustion Gas Stream and Its Characteristics of Emissions Kazuyoshi Harumi, Katsuhide Hiraoka, Masaru Ikame, and Hideyuki Shirota 主著  
          船舶技術研究所報告、第38巻、第2号、151-191頁、研究報告 その他 2001.3 タービン内再熱水素燃焼ガスタービンの研究 平岡克英、井亀優、春海一佳、城田英之、森下輝夫、菅進 共著  
          日本ガスタービン学会誌、日本ガスタービン学会(31巻4号)、258-263 ジャーナル 2003.7 燃料流量が脈動する層流拡散火炎の音響特性 春海 一佳・平岡 克英・井亀 優・岸 武行・岡 秀行 主著  
          Proceedings of the International Gas Turbine Congress 2003 Tokyo、International Gas Turbine Congress 2003 Tokyo プロシーディングス 2003.11 Sound Emission from Laminar Diffusion Flame with Controlled Oscillatory Fuel Flow HARUMI Kazuyoshi, HIRAOKA Katsuhide, IKAME Masaru, KISHI Takeyuki OKA Hideyuki 主著  
          マリンエンジニアリング、Vol.38, No.11、pp.43-53 ジャーナル 2003.11 G方程式燃焼モデルを用いた予混合乱流燃焼場の数値解析 岡秀行、春海一佳 共著  
          "Combustion and Noise Control"、Cranfield Univ. Press その他 2003 Active Control of Acoustic Instabilityfor Premixed Swirl Flame Sato, H., Endo, T., Yasunami, Y., Yoshimi, S., Hayashi, A-K, Ogawa, S., Ikame, M., Kishi, T., Hiraoka, K., Harumi, K., and Oka, H. 共著  
        日本ガスタービン学会誌,第33巻,第3号,66−71頁 ジャーナル 2005/5 熱音響的能動制御による燃焼騒音及び振動燃焼の抑制 井亀優、岸武行、春海一佳、平岡克英、岡秀行 共著  
        Proceedings of GT2005, ASME Turbo Expo 2005: Power for Land, Sea and Air, June 6-9, 2005, Reno-Tahoe, Nevada, USA  プロシーディングス 2005.6 SUPPRESSION OF COMBUSTION NOISE AND COMBUSTION OSCILLATION BY THERMO-ACOUSTIC ACTIVE CONTROL USING SECONDARY FLAME Masaru Ikame, Takeyuki Kishi, Kazuyoshi Harumi, Katsuhide Hiraoka, Hideyuki Oka, Hiroyuki Sato, A. Koichi Hayashi, Chiaki Nishidome, Itsuro Kajiwara, and Satoru Ogawa  共著  
          マリンエンジニアリング、第43巻第5号、pp.767-772 ジャーナル 2008.9 舶用ディーゼル機関排熱を利用した動力回収システムの概念設計 安達雅樹、平岡克英、村田裕幸、稲坂冨士夫、春海一佳、高木正英、岡秀行 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.1、pp.119-126  ジャーナル 2009.1 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著 日本マリンエンジニアリング学会論文賞を受賞
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.3、pp.399-404 ジャーナル 2009.5 動揺影響を受ける循環流動層の数値流体解析 岡秀行、村田裕幸、安達雅樹、春海一佳、桑山智一、坪井一正、稲坂冨士夫、平岡克英 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.3、pp.463-469 ジャーナル 2009.5 排ガスエコノマイザのすす燃焼を模擬した並列沸騰流路の限界熱流束と流動特性 稲坂冨士夫、安達雅樹、村田裕幸、高木正英、岡 秀行、春海一佳 共著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME BUSAN 2009), DT-1, 129, Busan, Korea   プロシーディングス 2009.10 Concept Design of an Exhaust Gas Heat Recovery System with a Circulating Fluidized Bed for Marine Diesel Engine Masaki ADACHI, Katuhide HIRAOKA, Hiroyuki MURATA, Fujio INASAKA, Masahide TAKAGI, Hideyuki OKA, Kazuyoshi HARUMI 共著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME) BUSAN 2009, CM-2, 71-1, Busan, Korea  プロシーディングス 2009.10 Effect of Ship Motion on Gas-Solid Flow in a Circulating Fluidized Bed Hiroyuki MURATA, Masaki ADACHI, Masahide TAKAGI, Fujio INASAKA, Hideyuki OKA, Katuhide HIRAOKA, Kazuyoshi HARUMI 共著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME) BUSAN 2009, CM-2, 71-2, Busan, Korea  プロシーディングス 2009.10 Three-Dimensional Numerical Simulation of Dense Gas-Solid Flow in a Circulating Fluidized Bed under Rolling Motion of Ship Hideyuki OKA, Hiroyuki MURATA, Masaki ADACHI, Kazuyoshi HARUMI, Tomokazu KUWAYAMA, Kazumasa TSUBOI, Fujio INASAKA, Katuhide HIRAOKA 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.6、pp.955-961 ジャーナル 2009.11 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(続報) 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.6、pp.907-912  ジャーナル 2010.11 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(第3報) 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.1、pp.97-102 ジャーナル 2010.1 排熱回収用循環流動層と蒸気タービンの仕様 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会45-6,pp.895-898 (2010) ジャーナル 2010 舶用ディーゼルエンジンへのリスクベースメンテナンス適用の研究 石村恵以子,高木正英,桐谷伸夫,永井建夫,春海一佳 共著 技術資料
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.4、pp.572-577 ジャーナル 2010.7 排熱回収システムのシリーズ化 -第1報 貫流型の評価 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第45巻 第5号 ジャーナル 2010 舶用ディーゼル機関における菜種油の燃焼及び排ガス特性 西尾澄人、徐芝徳、井亀 優、春海一佳、平田宏一、岸武行、仁木洋一、福田哲吾、永井建夫 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45、No.6、pp.913-918 ジャーナル 2010.11 排熱回収システムのシリーズ化-第2報  循環型の評価 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          Proceeding of International Symposium on Marine Engineering (ISME) KOBE 2011, No.121, Kobe, Japan  プロシーディングス 2011.10 FULL-SCALE EXPERIMENT OF HEAT RECOVERY FROM DIESEL ENGINE WITH CIRCULATING FLUDIDIZED BED Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Masahide TAKAGI, Hideyuki OKA, Chiaki TAKAHASHI and Kazuyoshi HARUMI 共著  
        9th International Symposium On Marine Engineering, Oct. 2011 Proceedings 2011 CONSTRUCTION OF SIMULATION MODEL FOR ENGINE-PROPELLER ANALYSIS Kyoko NARUKAWA、Kazuyoshi HARUMI、Koichi HIRATA、Feifei ZHANG、Etsuro SHIMIZU 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.83-88,2012年9月. ジャーナル 2012 船体運動を考慮したエンジンシミュレーションモデルの開発
-第1報 エンジンモデルの構築と制御周期と燃料消費率の関係考察-
生川杏子、春海一佳、平田宏一、章ふぇいふぇい、伊藤雅則、清水悦郎 共著  
        Powder Technology Vol. 231 pp. 7-17 ジャーナル 2012 Effects of the ship motion on gas–solid flow and heat transfer in a circulating fluidized bed Hiroyuki MURATA, Hideyuki OKA, Masaki ADACHI, Kazuyoshi HARUMI 共著  
          Proceeding of 5th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2012, No. GT_06, Taipei, Taiwan プロシーディングス 2012.12 Profitability of Trans-ocean LNG Fueled Container Ship Masaki ADACHI, Hiroyuki KOSAKA, Tetsugo FUKUDA, Shota OHASHI and Kazuyoshi HARUMI 共著 5th PAAMES & AMEC 1012のBest Paper Award を受賞
          Proceeding of 5th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2012, No. GT_04, Taipei, Taiwan プロシーディングス 2012.12 Performance Analysis of Exhaust Heat Recovery System by Use of Process Simulator Kazuyoshi HARUMI, Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Chiori TAKAHASHI, Hirotomo ANDO, Yoshitaka YAMAGUCHI 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 49,No. 5,p.674-681 ジャーナル 2014 感温液晶による循環流動層ライザー壁温分布の可視化 村田 裕幸, 岡 秀行, 春海 一佳 共著  
          Powder Technology Vol. 258 pp. 38-48 ジャーナル 2014 Experimental and Numerical Investigation of Particle Distribution Behaviors in a Rolling Circulating Fluidized Bed Tong Zhao, Kai Liu, Hiroyuki Murata, Kazuyoshi Harumi, Masahiro Takei 共著  
          Powder Technology Vol. 269 pp. 46-54  ジャーナル 2014 Investigation of Bed-to-wall Heat Transfer Characteristics in a Rolling Circulating Fluidized Bed Tong ZHAO, Kai Liu, Hiroyuki Murata, Kazuyoshi Harumi, Masahiro Takei 共著  
          Proceeding of 6th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2014, SNOA-03, Hangzhou, China プロシーディングス 2014,10 Economic Evaluation of On-board Desulfurization Device for Coastal Vessel Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Kazuyoshi HARUMI 共著  
          Journal of Marine Science and Technology, DOI 10.1007/s00773-014-0262-5, Vol.19, Issue 4, pp.470-478 ジャーナル 2014.12 Economic Analysis of Trans-ocean LNG Fueled Container Ship Masaki ADACHI, Hiroyuki KOSAKA, Tetsugo FUKUDA, Shota OHASHI and Kazuyoshi HARUMI 共著  
    平田 宏一 5 27 日本設計工学会誌, Vol. 28, No. 10, p. 35-40, 1993 ジャーナル 1993 ロータリディスプレーサ形スターリング機関の開発 岩本昭一、平田宏一、戸田富士夫、松尾政弘 共著  
        日本設計工学会誌, Vol. 31, No. 7, p.259-265, 1996 ジャーナル 1996 工業教育のための模型スターリングエンジンの開発と性能試験 浜口和洋、平田宏一、土田三郎、松尾政弘、岩本昭一 共著  
        日本設計工学会誌,設計工学, 第33巻, 第4号, 1998年4月, 131-137. ジャーナル 1998 スターリングエンジン再生器用スプリングメッシュマトリックスの基本特性と実機試験 浜口和洋、平田宏一、田村達二 共著  
        日本機械学会論文集, B編, 第64巻, 621号, 1998年5月, 1600-1607. ジャーナル 1998 小型発電機用スターリングエンジンの開発に関する基礎研究
(第1報 エンジンの設計・試作並びに性能特性)
平田宏一、香川 澄、山下 巌、岩本昭一 主著  
        日本機械学会論文集, B編, 第64巻, 621号, 1998年5月, 1608-1615. ジャーナル 1998 小型発電機用スターリングエンジンの開発に関する基礎研究
(第2報 シミュレーション計算によるエンジンの性能予測法)
平田宏一、浜口和洋、岩本昭一 主著  
        日本機械学会論文集, B編, 第65巻, 635号, 1999年7月, 2547-2554. ジャーナル 1999 スターリングエンジンの性能特性
(特に実測値の整理法と性能予測法について)
岩本昭一、平田宏一、戸田富士夫 共著  
        JSME International Journal, Series B, Vol. 44, No. 1, p. 140-147, Feb. 2001 ジャーナル 2001 Performance of Stirling Engines
(Arranging Method of Experimental Results and Performance Prediction Method)
岩本昭一、平田宏一、戸田富士夫 共著  
        日本航海学会論文集,第105号,2001年9月,p.35-41. ジャーナル 2001 旅客船内における車いすの走行シミュレーション(駆動力推定用基本モデルの開発) 今里元信、太田 進、平田宏一、宮崎恵子 共著  
        日本航海学会論文集,第109号,2003年9月,p.161-169. ジャーナル 2003 旅客船内における車いすの走行シミュレーション(II. 船内車いす走行軌跡推定モデルの構築) 今里元信、平田宏一 共著  
        Journal of The Japan Institution of Marine Engineering, Vol.41, Special Issue, p.158-163, Sept. 2006. ジャーナル 2006 Development of Turtle-like Submersible Vehicle KONNO, A. FURUYA, T. MIZUNO, A. HISHINUMA, K. HIRATA, K. KAWADA, M. 共著  
        人間工学会,Vol.43,No.6,p.329-340,2007年12月. ジャーナル 2007 上下肢の筋電図および身体動作からみた健常者による車いす操作特性の検討 中村孝文、北濱由佳、田内雅規、平田宏一、宮崎恵子 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 43巻,No. 6,p.136-142,2008年11月. ジャーナル 2008 排熱回収形スターリングエンジンの動特性シミュレーション 塚原茂司、平田宏一、土屋一雄 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 44 (2009) ,No. 4,p. 635-640. ジャーナル 2009 舶用ディーゼル機関マネージメントシステムの開発 -図示平均有効圧(IMEP)演算に与えるデータサンプリング間隔の影響 西尾澄人、堺 正博、土屋一雄、平田宏一、塚原茂司 共著  
        Journal of The Japan Institution of Marine Engineering, Vol.45, Special Issue, Sept. 2010. ジャーナル 2010 Studies on Deterioration of SCR NOx Removal Catalyst and its Provision Using Micro-reactors Takeyuki KISHI、Toshiharu INABA、Toshiaki SHIBATA、Ryuji KOJIMA、Koichi HIRATA、Yoichi NIKI、Masahide TAKAGI、Chiori TAKAHASHI、Tetsugo FUKUDA、Tateo NAGAI 共著  
        9th International Symposium On Marine Engineering, Oct. 2011 Proceedings 2011 Comparison of the NOx reduction performance of SCR installed Diesel engine and the estimated performance from catalyst test using micro-reactors Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI、Yasuhisa ICHIKAWA 共著  
        9th International Symposium On Marine Engineering, Oct. 2011 Proceedings 2011 CONSTRUCTION OF SIMULATION MODEL FOR ENGINE-PROPELLER ANALYSIS Kyoko NARUKAWA、Kazuyoshi HARUMI、Koichi HIRATA、Feifei ZHANG、Etsuro SHIMIZU 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.83-88,2012年9月. ジャーナル 2012 船体運動を考慮したエンジンシミュレーションモデルの開発
-第1報 エンジンモデルの構築と制御周期と燃料消費率の関係考察-
生川杏子、春海一佳、平田宏一、章ふぇいふぇい、伊藤雅則、清水悦郎 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.114-119,2012年9月. ジャーナル 2012 一次元シミュレーションを用いた舶用SCR装置の脱硝性能評価 仁木洋一、平田宏一、岸 武行、塚本達郎、市川泰久、新田好古、柳 東勲 共著  
          5th PAAMES & AMEC(Advanced Marine Engineering Conference, No. GT_02 プロシーディングス 2012/12 Effects tp NOx Reduction Performance by the Distance between the Urea Injection and the Catalyst in the Marine SCR system Yoichi NIKI
Koichi HIRATA
Takeyuki KISHI
Yasuhisa ICHIKAWA
Yoshihuru NITTA
Dong-Hoon Yoo
共著  
        International Journal of Offshore and Polar Engineering (ISSN 1053-5381), International Society of Offshore and Polar Engineers, Vol. 24, No. 2, June 2014, pp. 142-148 ジャーナル 2014 Development of an Experimental Methodology for a Self-Propulsion Test with a Marine Diesel Engine Simulator and a Controllable Pitch Propeller Katsuji Tanizawa、Yasusi Kitagawa、Koichi Hirata 共著  
        10th International Symposium On Marine Engineering Proceedings 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
        日本機械学会論文集,Vol. 81 (2015),No. 825,p. 15-16 ジャーナル 2015 クラウンカムを用いた新しいスチームエンジンの開発(第1報,試作スチームエンジンの設計・製作) 小松原英範、栗林定友、平田宏一、大町竜哉 共著  
        日本設計工学会学会誌,Vol. 50,No. 3,p.38,2015. ジャーナル 2015 スターリングエンジンに適用するセラミックス製ヒータの設計 赤澤輝行、平田宏一、星野健、北英紀、藤原和人、廣江哲幸 共著  
        The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings 2016/10 Effects of ammonia gas mixed into intake air on combustion and emissions characteristics in diesel engine Yoichi Niki、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata、Hidenori Sekiguchi 共著  
        The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME 2016 Internal Combustion Engine Division Fall Technical Conference, ICEF2016-9350 Proceedings 2016/10 Evaluation of Emissions Characteristics by Charging Exhaust Gas from Lean Burn Gas Engine into Marine Diesel Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 共著  
        The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings 2016/10 EFFECTS OF GAS COMPOSITION ON COMBUSTION,EMISSION AND KNOCKING CHARACTERISTICS OF MARINE LEAN BURN GAS ENGINE Yasuhisa Ichikawa、Hidenori Sekiguchi、Oleksiy Bondarenko、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会,マリンエンジニアリングVol.52, No.2 ジャーナル 2017/3 燃料ガス組成がリーンバーンガス機関の燃焼特性および排ガス特性に与える影響 市川泰久、平田宏一 共著  
        Journal of Engineering for Gas Turbines and Power ジャーナル 未定 Evaluation of Emissions Characteristics of Marine Diesel Engine Intake of Exhaust Gas of Lean Burn Gas Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 共著  
        海上技術安全研究所報告(基調論文),第8巻,第2号,p.143-182,2008年10月. 海技研報告 2008/10 港湾内の環境保全を目指した内航船舶用排熱回収システムの開発 平田宏一、石村惠以子、西尾 澄人、川越 陽一、加納 敏幸、千田 哲也、川田 正國、赤澤 輝行、坂口 諭、井上 敏彦、飯田 光利 主著  
        海上技術安全研究所報告(小論文),第8巻,第2号,p.191-195,2008年10月. 海技研報告 2008/10 舶用ディーゼル機関に用いるSCR脱硝装置に関する研究 岸 武行、平田宏一、西尾澄人、高木正英、村岡英一、福田哲吾、永井建夫 共著  
        海上技術安全研究所報告(基調論文),第11巻,第2号,p.71-89,2011年10月. 海技研報告 2011/10 海上技術安全研究所における船舶用SCRシステムに関する研究 平田宏一、高木正英、岸 武行、仁木洋一、川内智詞、市川泰久、福田哲吾、稲葉利晴、永井建夫、岩本 泉、大橋将太、田淵一浩、金子純蔵、村岡英一 主著  
        海上技術安全研究所報告(小論文),第12巻,第4号,p.43-50,2013年3月. 海技研報告 2013/3 SCRを装備した舶用ディーゼルエンジンの認証技術に関する研究 平田宏一、岸 武行、仁木洋一 主著  
    亀山道弘 1 8 The Proceedings of International Symposium on Ship Design and Construction 2009 - Environmentally Friend Ship - プロシーディングス 2009.9 Direct Measurement of the Leaching Rate of Antifouling Agents from Ship's Hull Ryuji KOJIMA, Yasuyuki KISEKI, Mizuho HONMA, Toshiaki SHIBATA, Shoko IMAI, Shinobu SUGASAWA, Koichi UEDA, Michihiro KAMEYAMA, Tetsuya SENDA 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第43巻 6号,p110-115 ジャーナル 2008 船舶用燃料中硫黄分規制強化のグローバル硫黄燃料サイクルへの寄与度と精製エネルギー増 平岡克英,亀山道弘 共著  
          Journal of Life Cycle Assessment, Japan, vol.2, No.3,  July, 2006, pp.273-280 ジャーナル 2006.7 外航貨物船の運航実績に基づくLCAのための海上輸送データ(単位輸送量当たり燃料消費量と大気環境負荷ガス排出量) 平岡克英,亀山道弘 共著  
          海上技術安全研究所報告 第5巻3号(平成17年度) 研究報告 pp.287-352 その他 2005.9 LCA解析のための外航貨物船の運航状況分析と海上輸送の大気環境負荷物質の排出係数 平岡克英,亀山道弘 共著  
          The Fifteenth International Offshore and Polar Engineering Conference プロシーディングス 2005.6  On Examination of the Detection Method of Leakage Oil From Sunken Ship And Quantity of the Remained Oil Using Ultrasonic Wave  Kunihiro Hoshino, Michio Shimada,Shoichi Hara,Kazuo Hitomi,Michihiro Kameyama,Hiroshi Yamanouch,Nobuo Kiriya,Toshifumi Hori,Masahiko SASANO,Kenjiro HIKIDA 共著  
          海上技術安全研究所報告 第3巻5号(平成15年) 研究報告 pp.17-115 その他 2004.1 小型漁船のインベントリ分析に関する研究                                         -A:モデル船の建造・運航状況調査-                                                                          -B:アルミニウム合金漁船の解-                                                                   -C:FRP漁船の解析- 亀山道弘、木原 洸、林慎也、千田哲也、、桜井昭男,久津見都, 深町得三、大熊正造、田子廣政、岡田一成、本多貴寿,蒲谷勝冶 主著  
          日本航海学会論文集 100号,pp.199-207 ジャーナル 1998.11 船上の避難行動シミュレーション―V 勝原光治郎,亀山道弘,宮田 修 共著  
          日本航海学会論文集 98号,pp.141-149 ジャーナル 1997.10 船上の避難行動シミュレーション―U 勝原光治郎,亀山道弘,宮田 修,高杉喜雄, 阪根靖彦 共著 日本航海学会論文賞(1998年10月)
          日本航海学会論文集 96号,pp.283-293 ジャーナル 1996.10 船上の避難行動シミュレーション―T 勝原光治郎,亀山道弘,宮田 修 共著  
  動力システム研究グループ              
    西尾 澄人 9 29 2nd International Workshop on FCERRE Proceedings 1992/9 Nox and Soot Reduction by Water Emulsified Fuel K. Shiode、M. Numano、M. Kikuchi、M. Kuwabara、S. Nishio、E. Ishimura 共著  
          2nd International Workshop on FCERRE Proceedings 1992/9 Failure Prediction of Marine Diesel Engine using Qualitative Model M. Numano、E. Ishiumra、S. Nishio、K. Shiode、S. Tsukahara、Y. Murayama 共著  
          Proceedings of the 21st CIMAC Proceedings 1995/5 Influence of Fuel Properties on Combustion and Emissions of Medium Speed Marine Diesel Engine K. Shiode、M. Kikuchi、M. Kuwabara、S. Nishio 共著  
          Proceedings of the 22nd CIMAC Proceedings 1998/9 Study on Emission Characteristics of Air Pollutants from Medium-Speed  Marine Diesel Engine with Emulsified Fuels Y. Nakajima、S. Yamatani、M. Kuwabara、
S. Nishio、E. Ishimura、M. Kikuchi、J. Zhang
共著  
          Proceedings of ISME2000 Proceedings 2000/10 Mesaurement and Analysis of Particulate Matter(PM) from Marine Diesel Engine Y. Nakajima、Y. Takasugi、M. Kikudhi、M. Kuwabara、S. Nishio、E. Ishimura、J. Zhang、K. Nishikawa 共著  
          Proceedings of ISME2000 Proceedings 2000/10 Assessment and Treatment from Harmful Exhaust Emissions from Marine Diesel Engines S. Nishio、Y. Takasugi、M. Kuwabara、E. Ishimura、Y. Nakajima、J. Zhang、M. Kikudhi 主著  
          Proceedings of ISME2000 Proceedings 2000/10 Advanced Maintenanace for Marine Diesel Engine Based on Structural and Functional Modeling M. Numano、E. Ishiumra、S. Nishio 共著  
          日本舶用機関学会誌 第24巻 第2号 国内学会誌 1999/2 船舶から排出されるN2O等有害排ガスに与える燃料性状及び脱硝装置の影響 桑原孫四郎、高杉喜雄、西尾澄人、石村恵以子、中島康晴、張 潔、菊地正晃 共著 日本舶用機関学会 論文賞
          中国内燃機関学会誌 第18巻 第1号 中国学会誌 2000/1 舶用機関から排出される有害排ガスの評価及び処理の研究 その1 張 潔、高杉喜雄、菊地正晃、桑原孫四郎、西尾澄人、石村恵以子、中島康晴、塩出敬二郎、山谷周二、西川和美 共著  
          中国内燃機関学会誌 第18巻 第4号 中国学会誌 2000/10 舶用機関から排出される有害排ガスの評価及び処理の研究 その2 張 潔、高杉喜雄、菊地正晃、桑原孫四郎、西尾澄人、石村恵以子、中島康晴、塩出敬二郎、山谷周二、西川和美 共著  
          日本舶用機関学会誌 第35巻 第12号 国内学会誌 2000/12 燃料噴射系の電子制御化による舶用ディーゼル機関の排ガス特性の改善 -A重油使用時の運転結果− 張 潔、高杉喜雄、桑原孫四郎、菊地正晃、西尾澄人、石村恵以子、中島康晴、菅 進 共著  
          Bulletin of Marine Engineering Vol.28 No.1 ジャーナル 2002 Effect of Fuel Property or SCR System on Harmful Exhaust Emissions such as N2O from Marine Diesel Engines M. Kuwabara、Y. Takasugi、S. Nishio、E. Ishimura、Y. Nakajima、Z. Jie、M. Kikuchi 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第37巻 第3号 国内学会誌 2002/3 舶用ディーゼル機関の燃料噴射系と吸排気弁系の電子制御化運転 高杉喜雄、石村恵以子、西尾澄人、大橋厚人、桑原孫四郎、張 潔、菅 進 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第39巻 第3号 国内学会誌 2004/3 高速舶用機関の負荷特性に関する研究
(航行中の機関負荷特性とシリンダ内圧力の解析)
高井元弘、西尾澄人、桑原孫四郎 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第43巻 第3号 国内学会誌 2008/5 舶用ディーゼル機関マネージメントシステムの開発
シリンダヘッドボルトによる燃焼モニタリング
西尾澄人、堺 正博(明治大学)、土屋一雄(明治大学)、塚原茂司 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第44巻 第4号 国内学会誌 2009/7 舶用ディーゼル機関マネージメントシステムの開発
図示平均有効圧(IMEP)演算誤差に与えるデータサンプリング間隔
西尾澄人、堺 正博(明治大学)、土屋一雄(明治大学)、平田宏一、塚原茂司 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第45巻 第4号 国内学会誌 2010 熱重量分析法によるPM成分(SOF)の由来の検討 石村恵以子、井亀 優、大橋厚人、西尾澄人、高木正英 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第45巻 第3号 国内学会誌 2010 排気希釈システム内サルフェート損失の定量評価 大橋厚人、井亀 優、石村恵以子、西尾澄人、高木正英、徐 芝徳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第43巻 第5号 国内学会誌 2010 舶用ディーゼル機関における菜種油の燃焼及び排ガス特性 西尾澄人、徐芝徳、井亀 優、春海一佳、平田宏一、岸武行、仁木洋一、福田哲吾、永井建夫 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第46巻 第6号 国内学会誌 2011 小型高速ディーゼル機関におけるバイオ燃料燃焼への燃料噴射制御の効果 西尾澄人、徐 芝徳、井亀 優、桑原孫四郎 主著  
          Proceedings of 4th PAAMES and AMEC2010 Proceedings 2010/12 Combustion Monitoring by Strain Gauge and Gap Sensor Installed Outside of Combustion Chanber K. Tokunaga(明治大学)、K. Tsudhiya(明治大学)
Al Hade Firdaus Bin Osman(明治大学)
S. Nishio、Myung-whan Bae(慶尚大学校)
共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第46巻 第1号 国内学会誌 2011 舶用中速ディーゼル機関におけるパーム油の燃焼および排ガス特性 徐 芝徳、西尾澄人、井亀 優、石村恵以子、桑原孫四郎 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第46巻 第2号 国内学会誌 2011 舶用ディーゼル機関における植物油燃焼への燃料噴射制御の効果 徐 芝徳、西尾澄人、井亀 優、桑原孫四郎 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第46巻 第3号 国内学会誌 2011 舶用ディーゼル機関排気のSOFとTHC濃度の関係 徐 芝徳、石村恵以子、大橋厚人、井亀 優、西尾澄人 共著  
          Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering Proceedings 2011/10 Combustion and Exhaust Characteristics of Bio-fuels in Marine Diesel Engine S. Nishio、Zhide XU、M. Ikame、T. Kishi、M. Kuwabara 主著  
          Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering Proceedings 2011/10 Fuel Injection Control for Combustion Improvement of Used Vegetable Oil in Marine Diesel Engine Zhide XU、S. Nishio、M. Ikame、A. Ohashi、E. Ishimura 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第47巻 第2号 国内学会誌 2012/2 舶用ディーゼル機関におけるバイオ燃料の燃焼改善に関する研究 西尾澄人、徐 芝徳、井亀 優、大橋厚人、桑原孫四郎 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 第47巻 第2号 国内学会誌 2012/03 舶用ディーゼル機関における廃食油の燃焼および排気の改善 徐 芝徳、西尾澄人、井亀 優、石村恵以子、大橋厚人、岸 武行 共著 H24年度日本マリンエンジニアリング学会技術賞
          海上技術安全研究所報告(基調論文) 第11巻 第2号 海技研報告 2011/6 舶用ディーゼル機関から排出される粒子状物質(PM)の計測とその排出特性 井亀優、大橋厚人、石村恵以子、西尾澄人、徐 芝徳、高木正英、羽鳥和夫、高橋千織、宮田 修、今井康之 共著  
          海上技術安全研究所報告(基調論文) 第11巻 第2号 海技研報告 2011/6 舶用ディーゼルエンジンの排ガス中に含まれる有機物質に関する分析 安藤裕友、宮田 修、今井祥子、高橋千織、仁木洋一、徐 芝徳、西尾澄人 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第48巻,第1号 国内学会誌 2013/1 高温空気中における長着火遅れ燃料油の単一液滴の燃焼 岸武行、鋳ケ和夫、西尾澄人、徐芝徳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第49巻,第5号 国内学会誌 2014/09 舶用4ストロークディーゼル機関における起動時及びC重油使用時の燃焼改善に関する研究 西尾澄人、柳 東勲、岸 武行、福田哲吾、徐 芝徳 主著  
          The Proceeding of MARTEC2014 Proceedings 2014/10 Combustion of BIOFUEL in Marine Diesel Engine and Its Improvement by Hybrid Injection System 西尾澄人、岸 武行、福田哲吾 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第51巻,第1号 国内学会誌 2016/1 湿式スクラバーの水質モニタリング法の検討-濁度と多環芳香族炭化水素について 益田晶子、高橋千織、西尾澄人 共著 H28年度日本マリンエンジニアリング学会論文賞
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME 2016 Internal Combustion Engine Division Fall Technical Conference, ICEF2016-9350 Proceedings 2016/10 Evaluation of Emissions Characteristics by Charging Exhaust Gas from Lean Burn Gas Engine into Marine Diesel Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 共著  
          Journal of Engineering for Gas Turbines and Power ジャーナル 未定 Evaluation of Emissions Characteristics of Marine Diesel Engine Intake of Exhaust Gas of Lean Burn Gas Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 共著  
          海上技術安全研究所報告(基調論文),第8巻,第2号,p.143-182,2008年10月. 海技研報告 2008/10 港湾内の環境保全を目指した内航船舶用排熱回収システムの開発 平田宏一、石村惠以子、西尾 澄人、川越 陽一、加納 敏幸、千田 哲也、川田 正國、赤澤 輝行、坂口 諭、井上 敏彦、飯田 光利 共著  
          海上技術安全研究所報告(小論文),第8巻,第2号,p.191-195,2008年10月. 海技研報告 2008/10 舶用ディーゼル機関に用いるSCR脱硝装置に関する研究 岸 武行、平田宏一、西尾澄人、高木正英、村岡英一、福田哲吾、永井建夫 共著  
    関口 秀紀 2 4 The Journal of Marine Science and Technology, Volume 73, pp. 1-13, doi:10.1007/s00773-017-0434-1 ジャーナル 2017/3 Energy Savings for Ship Propulsion in Waves based on Real-Time Optimal Control of Propeller Pitch and Electric Propulsion H.Makino (Osaka University), N.Umeda (Osaka University), T.Ohtsuka (Kyoto University), S.Ikejima (Osaka University), H.Sekiguchi, K.Tanizawa, J.Suzuk (Kamome Propeller), M.Fukazawa (Kamome Propeller) 共著  
          IEEE Transactions on Electromagnetic Compatibility, Vol. 56, Issue. 4, pp. 871-877 ジャーナル 2014/1 Proposal for Measurement Method of Transfer Impedance of Current Probe Hidenori Sekiguchi,
Tsuyoshi Funaki (Osaka University)
主著  
          電気学会 和文論文誌(A)、Vol. 134、No. 1、pp. 36-40 国内学会誌 2014/1 パワーエレクトロニクス機器とEMC 関口秀紀,、舟木剛(大阪大学) 主著  
          Proceedings of the 2017 Smart Ship Technology Conference Proceedings 2017/1 ENERGY SAVINGS FOR A SHIP IN IRREGULAR WAVES USING REAL-TIME OPTIMAL CONTROL OF PROPELLER PITCH AND ELECTRIC PROPULSION H.Makino (Osaka University)、Y.Hirano (Osaka University)、N.Umeda (Osaka University), T.Ohtsuka (Kyoto University), K.Tanizawa, H.Sekiguchi, H.Susaki (Furuno Electric), J.Suzuki (Kamome Propeller), M.Fukazawa (Kamome Propeller) 共著  
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings 2016/10 EFFECTS OF GAS COMPOSITION ON COMBUSTION,EMISSION AND KNOCKING CHARACTERISTICS OF MARINE LEAN BURN GAS ENGINE Yasuhisa Ichikawa、Hidenori Sekiguchi、Oleksiy Bondarenko、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata 共著  
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings 2016/10 Effects of ammonia gas mixed into intake air on combustion and emissions characteristics in diesel engine Yoichi Niki、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata、Hidenori Sekiguchi 共著  
    岸 武行 4 13 日本ガスタービン学会誌,第31巻,第4号,26−31頁 国内学会誌 2003/7 燃料流量が脈動する層流拡散火炎の音響特性 春海一佳、平岡克英、井亀優、岸武行、岡秀行 共著  
          日本ガスタービン学会誌,第33巻,第3号,66−71頁 国内学会誌 2005/5 熱音響的能動制御による燃焼騒音及び振動燃焼の抑制 井亀優、岸武行、春海一佳、平岡克英、岡秀行 共著  
          Proceedings of GT2005, ASME Turbo Expo 2005: Power for Land, Sea and Air, June 6-9, 2005, Reno-Tahoe, Nevada, USA  プロシーディングス 2005.6 SUPPRESSION OF COMBUSTION NOISE AND COMBUSTION OSCILLATION BY THERMO-ACOUSTIC ACTIVE CONTROL USING SECONDARY FLAME Masaru Ikame, Takeyuki Kishi, Kazuyoshi Harumi, Katsuhide Hiraoka, Hideyuki Oka, Hiroyuki Sato, A. Koichi Hayashi, Chiaki Nishidome, Itsuro Kajiwara, and Satoru Ogawa  共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第45巻,増刊号,20-25頁 国内学会誌 2010/11 Studies on SCR NOx Removal Catalyst Using Micro-reactors - Deterioration and Countermeasures Takeyuki Kishi、Toshiharu Inaba、Toshiaki Shibata、Ryuji Kojima、Koichi Hirata、Yoichi Niki、Masahide Takagi、Chiori Takahashi、Tetsugo Fukuda、Tateo Nagai 主著 2011年日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第46巻,第1号,109-114頁 国内学会誌 2011/1 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測−第1報:劣化モデルの構築 高木正英、岸武行、稲葉利晴、村岡英一、永井建夫、福田哲吾 共著 2012年日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第46巻,第1号,115-120頁 国内学会誌 2011/1 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測−第2報:再生モデルとその応用 岸武行、高木正英、稲葉利晴、村岡英一、永井建夫、福田哲吾 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第47巻,第2号,118-123頁 国内学会誌 2012/3 舶用ディーゼル機関における廃食油の燃焼及び排気の改善 徐芝徳、西尾澄人、井亀優、石村恵以子、大橋厚人、岸武行 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第47巻,第5号,114-119頁 国内学会誌 2012/9 一次シミュレーションを用いた舶用SCR装置の脱硝性能評価 仁木洋一、平田宏一、岸武行、塚本達郎、市川泰久、新田好古、柳東勲 共著  
          5th PAAMES & AMEC(Advanced Marine Engineering Conference, No. GT_02 プロシーディングス 2012/12 Effects tp NOx Reduction Performance by the Distance between the Urea Injection and the Catalyst in the Marine SCR system Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI、Yasuhisa ICHIKAWA、Yoshihuru NITTA、Dong-Hoon Yoo 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第48巻,第1号,110-115頁 国内学会誌 2013/1 高温空気中における長着火遅れ燃料油の単一液滴の燃焼 岸武行、鋳ケ和夫、西尾澄人、徐芝徳 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第49巻,第5号,92-99頁 国内学会誌 2014/9 舶用4ストロークディーゼル機関における起動時およびC重油使用時の燃焼改善に関する研究 西尾澄人、柳東勲、岸武行、福田哲吾、徐芝徳 共著  
          10th International Symposium On Marine Engineering プロシーディングス 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
          The Proceeding of MARTEC2014 プロシーディングス 2014/10 Combustion of BIOFUEL in Marine Diesel Engine and Its Improvement by Hybrid Injection System Sumito Nishio、Takeyuki Kishi、Tetsugo Fukuda 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第50巻,第4号,104-111頁 国内学会誌 2015/7 舶用ガスタービンコンバインドサイクルのシステム検討 安達雅樹、岸武行、樽井真一(新潟原動機) 共著  
          海上技術安全研究所報告(小論文),第8巻,第2号,p.191-195,2008年10月. 海技研報告 2008/10 舶用ディーゼル機関に用いるSCR脱硝装置に関する研究 岸 武行、平田宏一、西尾澄人、高木正英、村岡英一、福田哲吾、永井建夫 主著  
          海上技術安全研究所報告(基調論文),第11巻,第2号,p.71-89,2011年10月. 海技研報告 2011/10 海上技術安全研究所における船舶用SCRシステムに関する研究 平田宏一、高木正英、岸 武行、仁木洋一、川内智詞、市川泰久、福田哲吾、稲葉利晴、永井建夫、岩本 泉、大橋将太、田淵一浩、金子純蔵、村岡英一 共著  
          海上技術安全研究所報告(小論文),第12巻,第4号,p.43-50,2013年3月. 海技研報告 2013/3 SCRを装備した舶用ディーゼルエンジンの認証技術に関する研究 平田宏一、岸 武行、仁木洋一 共著  
    仁木 洋一 6 5 The 26th International council on combustion engines Proceedings 2010/6 SCR system for NOx reduction of Medium Speed Marine Diesel Engine Yoichi Niki、Koichi Hirata、Takeyuki Kishi、Toshigaru Ibaba、Masahide Takagi、Tetsugo Fukuda、Tateo Nagai、Eiichi Muraoka 主著  
        9th International Symposium On Marine Engineering, Oct. 2011 Proceedings 2011/10 Comparison of the NOx reduction performance of SCR installed Diesel engine and the estimated performance from catalyst test using micro-reactors Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI、Yasuhisa ICHIKAWA、Shota OHASHI 主著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.114-119,2012年9月. 国内学会誌 2012/9 一次元シミュレーションを用いた舶用SCR装置の脱硝性能評価 仁木洋一、平田宏一、岸 武行、塚本達郎、市川泰久、新田好古、柳 東勲 主著 日本マリンエンジニアリング学会
奨励賞及びロイドレジスター奨励賞
          5th PAAMES & AMEC(Advanced Marine Engineering Conference, No. GT_02 プロシーディングス 2012/12 Effects tp NOx Reduction Performance by the Distance between the Urea Injection and the Catalyst in the Marine SCR system Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI、Yasuhisa ICHIKAWA、Yoshihuru NITTA、Dong-Hoon Yoo 主著  
        10th International Symposium On Marine Engineering Proceedings 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 主著  
        The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings 2016/10 Effects of ammonia gas mixed into intake air on combustion and emissions characteristics in diesel engine Yoichi Niki、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata、Hidenori Sekiguchi 主著  
        Journal of The Japan Institution of Marine Engineering, Vol.45, Special Issue, Sept. 2010. ジャーナル 2010 Studies on Deterioration of SCR NOx Removal Catalyst and its Provision Using Micro-reactors Takeyuki KISHI、Toshiharu INABA、Toshiaki SHIBATA、Ryuji KOJIMA、Koichi HIRATA、Yoichi NIKI、Masahide TAKAGI、Chiori TAKAHASHI、Tetsugo FUKUDA、Tateo NAGAI 共著 2011年日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 45,No. 5,p.120-126,2010. 国内学会誌 2010 舶用ディーゼル機関における菜種油の燃焼及び排ガス特性 西尾澄人、徐芝徳、井亀優、春海一佳、平田宏一、岸武行、仁木洋一、福田哲吾、永井建夫 共著  
        日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 46,No. 2,p.99-104,2010. 国内学会誌 2010 舶用ディーゼル排ガス中に含まれる多環芳香族炭化水素の分析 今井祥子、宮田修、安藤裕友、高橋千織、仁木洋一、小島隆志、千田哲也 共著  
        海上技術安全研究所報告(基調論文),第11巻,第2号,p.71-89,2011年10月. 海技研報告 2011/10 海上技術安全研究所における船舶用SCRシステムに関する研究 平田宏一、高木正英、岸 武行、仁木洋一、川内智詞、市川泰久、福田哲吾、稲葉利晴、永井建夫、岩本 泉、大橋将太、田淵一浩、金子純蔵、村岡英一 共著  
        海上技術安全研究所報告(小論文),第12巻,第4号,p.43-50,2013年3月. 海技研報告 2013/3 SCRを装備した舶用ディーゼルエンジンの認証技術に関する研究 平田宏一、岸 武行、仁木洋一 共著  
    市川 泰久 2 7 日本マリンエンジニアリング学会,マリンエンジニアリングVol.52, No.2 国内学会誌 2017/3 燃料ガス組成がリーンバーンガス機関の燃焼特性および排ガス特性に与える影響 市川泰久、平田宏一 主著  
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference Proceedings Oct-16 EFFECTS OF GAS COMPOSITION ON COMBUSTION,EMISSION AND KNOCKING CHARACTERISTICS OF MARINE LEAN BURN GAS ENGINE Yasuhisa Ichikawa、Hidenori Sekiguchi、Oleksiy Bondarenko、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.114-119,2012年9月. 国内学会誌 2012 一次元シミュレーションを用いた舶用SCR装置の脱硝性能評価 仁木洋一、平田宏一、岸 武行、、塚本達郎、市川泰久、新田好古、柳 東勲 共著  
          5th PAAMES & AMEC(Advanced Marine Engineering Conference, No. GT_02 プロシーディングス 2012/12 Effects tp NOx Reduction Performance by the Distance between the Urea Injection and the Catalyst in the Marine SCR system Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI、Yasuhisa ICHIKAWA、Yoshihuru NITTA、Dong-Hoon Yoo 共著  
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME 2016 Internal Combustion Engine Division Fall Technical Conference, ICEF2016-9350 Proceedings 2016/10 Evaluation of Emissions Characteristics by Charging Exhaust Gas from Lean Burn Gas Engine into Marine Diesel Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、
Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki
共著  
          Journal of Engineering for Gas Turbines and Power   未定 Evaluation of Emissions Characteristics of Marine Diesel Engine Intake of Exhaust Gas of Lean Burn Gas Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio
Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki
共著  
          10th International Symposium On Marine Engineering Proceedings 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
          10th International Symposium On Marine Engineering Proceedings 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
          海上技術安全研究所報告(基調論文),第11巻,第2号,p.71-89,2011年10月. 海技研報告 2011/10 海上技術安全研究所における船舶用SCRシステムに関する研究 平田宏一、高木正英、岸 武行、仁木洋一、川内智詞、市川泰久、福田哲吾、稲葉利晴、永井建夫、岩本 泉、大橋将太、田淵一浩、金子純蔵、村岡英一 共著  
    新田 好古 2 5 日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol. 47,No. 5,p.114-119,2012年9月. 国内学会誌 2012 一次元シミュレーションを用いた舶用SCR装置の脱硝性能評価 仁木洋一、平田宏一、岸 武行、塚本達郎、市川泰久、新田好古、柳 東勲 共著  
          5th PAAMES & AMEC(Advanced Marine Engineering Conference, No. GT_02 プロシーディングス 2012/12 Effects tp NOx Reduction Performance by the Distance between the Urea Injection and the Catalyst in the Marine SCR system Yoichi NIKI、Koichi HIRATA、Takeyuki KISHI
Yasuhisa ICHIKAWA、Yoshihuru NITTA、Dong-Hoon Yoo
共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,Vol.48,No.5, pp.692-698 国内学会誌 2013 船舶運航条件が亜酸化窒素排出に及ぼす影響 柳東勲、林美鶴、新田好古、藤田浩嗣 共著  
          10th International Symposium On Marine Engineering Proceedings 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
          The American Society of Mechanical Engineers, Proceedings of the ASME 2016 Internal Combustion Engine Division Fall Technical Conference, ICEF2016-9350 Proceedings 2016/10 Evaluation of Emissions Characteristics by Charging Exhaust Gas from Lean Burn Gas Engine into Marine Diesel Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 主著  
           The International Society of Offshore and Polar Engineers
The proceedings of the 27th International Ocean and Polar Engineering Conference(2017/4/3 accepted)
Proceedings 2017/6 In-situ Measurement of Nitrous Oxide Concentrations in the Exhaust Gases in the Underway Vessels Mitsuru Hayashi、Dong-Hoon Yoo、Yoshifuru Nitta、Hirotsugu Fujita 共著  
          Journal of Engineering for Gas Turbines and Power ジャーナル 未定 Evaluation of Emissions Characteristics of Marine Diesel Engine Intake of Exhaust Gas of Lean Burn Gas Engine Yoshifuru Nitta、Dong-Hoon Yoo、Sumito Nishio、Yasuhisa Ichikawa、Koichi Hirata、Yudai Yamasaki 主著  
  環境影響評価研究グループ              
    城田 英之 11 29 Proceedings of 10th World Hydrogen Energy Conference, Volume 1, pp.339-348, Florida, U.S.A. プロシーディングス 1994.6 Solar Hydrogen-Methanol Energy System for Transportation Sector in Japan Katsuhide Hiraoka, Susumu Kan, Masaru Ikame, Hideyuki Shirota, and Teruo Morishita 共著  
          Proceedings of 1995 Yokohama International Gas Turbine Congress, Volume III, pp.197-204, Yokohama, Japan プロシーディングス 1995.10 Study of Internal Reheat Hydrogen Gas Turbine Katsuhide Hiraoka, Susumu Kan, Takanao Kumakura, Masaru Ikame, Kazuyoshi Harumi, Hideyuki Shirota, and Teruo Morishita 共著  
          日本ガスタービン学会誌、Vol.26、No.101、107-114頁 ジャーナル 1998.6 タービン内再熱水素燃焼ガスタービンの研究 春海一佳、菅進、平岡克英、井亀優、城田英之、森下輝夫 共著  
          船舶技術研究所報告、第35巻、第6号、301-314頁、研究報告 その他 1998.12 運輸交通機関用太陽水素メタノールエネルギーシステム 城田英之、平岡克英、菅進、井亀優 主著  
          Proceedings of 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference, Volume 1, pp.13-18, Kobe, Japan  プロシーディングス 2000.10 An Experimental Study on Internal Hydrogen Reheat Gas Tuebine and Combustion Characteristics in Reheat Process Katsuhide Hiraoka, Masaru Ikame, Kazuyoshi Harumi and Hideyuki Shirota 共著  
          Proceedings of 6th International Symposium on Marine Engineering (ISME2000), pp.111-118, Tokyo, Japan  プロシーディングス 2000.10 Application of Life Cycle Inventory Analysis to Manufacturing Process of Marine Main Engine in Japan Hideyuki Shirota, Katsuhide Hiraoka, Michihiro Kameyama, and Takeshi Kihara 主著  
          Proceedings of 6th International Symposium on Marine Engineering (ISME2000), pp.119-123, Tokyo, Japan  プロシーディングス 2000.10 Life Cycle Inventory Analysis of Ship for Estimation of CO2 Emission Michihiro Kameyama, Takeshi Kihara, Katsuhide Hiraoka, Hideyuki Shirota, Tetsuya Senda, Shin'ya Hayashi, and Masaaki Fukumoto 共著  
          Proceedings of 6th International Symposium on Marine Engineering (ISME2000), pp.251-254, Tokyo, Japan  プロシーディングス 2000.10 Combustion of Hydrogen in Hydrogen Combustion Gas Stream and Its Characteristics of Emissions Kazuyoshi Harumi, Katsuhide Hiraoka, Masaru Ikame, and Hideyuki Shirota 共著  
          船舶技術研究所報告、第38巻、第2号、151-191頁、研究報告 その他 2001.3 タービン内再熱水素燃焼ガスタービンの研究 平岡克英、井亀優、春海一佳、城田英之、森下輝夫、菅進 共著  
          Proceedings of 4th International Conference on Gas Hydrates (ICGH4), pp.972-977, Yokohama, Japan プロシーディングス 2002.5 Measurement of Methane Hydrate Dissociation for Application to Natural Gas Storage and Transportation Hideyuki Shirota, Izuo Aya, Sadahiro Namie, Phaneendra Bollavaram (Colorado School of Mines), Douglas Turner (Colorado School of Mines), and E. Dendy Sloan (Colorado School of Mines) 主著  
          Recent Advance in Marine Science and Technology 2002, Pacific Congress on Marine Science and Technology (PACON) International, Narendra Saxena (Editor), pp.161-167 ジャーナル 2003.3 Use of Hydrate to Natural Gas Transportation -Introduction of Research Project- Hideyuki Shirota, Kenjiro Hikida, Yasuharu Nakajima, Susumu Ota, Tatsuya Takaoki (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.), Toru Iwasaki (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.), and Kazunari Ohgaki (Osaka University) 主著  
          Proceedings of 13th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE2003), pp.317-320, Honolulu, U.S.A. プロシーディングス 2003.5 Observation of CO2 Hydrate Formation in High Pressured Water Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, and Sadahiro Namie 共著  
          Proceedings of 22nd International Conference on Offshore Mechanics & Arctic Engineering, OMAE2003-37211, Cancun, Mexico プロシーディングス 2003.6 Progress of COSMOS (CO2 Sending Method for Ocean Storage and OACE (Ocean Abyssal Carbon Experiment) Izuo Aya, Sadahiro Namie, Kenji Yamane, Ryuji Kojima, Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Peter G. Brewer (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Edward T. Peltser, III (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Peter M. Haugan (University of Bergen), Truls Johannessen (University of Bergen), Bjorn Kvamme (University of Bergen), and Richard G. J. Bellerby (University of Bergen) 共著  
          Studies in Surface Science and Catalysis 153, Sang-Eon Park、Jong-San Chang and Kyu-Wan Lee (Editors), pp.513-518, Elsevier Science ジャーナル 2003.10 The OACE (Ocean Abyssal Carbon Experiment) Research Project Ryuji Kojima, Izuo Aya, Kenji Yamane, Sadahiro Namie, Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Peter G. Brewer (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Edward T. Peltser, III (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Peter M. Haugan (University of Bergen), Truls Johannessen (University of Bergen), and Richard G. J. Bellerby (University of Bergen) 共著  
          Proceedings of 32nd International Geological Congress (32nd IGC), Florence, Italy プロシーディングス 2004.8 Classification of Hydrate Formations Basing on the Difference of Chemical Potentials Izuo Aya, Ryuji Kojima, Hideyuki Shirota, Kenji Yamane, Yasuharu Nakajima, and Sadahiro Namie 共著  
          Proceedings of 5th International Conference on Gas Hydrates (ICGH5), pp.1412-1419, Trondheim, Norway プロシーディングス 2005.6 Self-presearvation Property of Methane Hydrate Pellets in Bulk in Ship Cargo Holds during Sea-borne Transport of Natural Gas Hideyuki Shirota, Kenjiro Hikida, Yasuharu Nakajima, Susumu Ota, and Toru Iwasaki (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.) 主著  
          Proceedings of 5th International Conference on Gas Hydrates (ICGH5), pp.124-129, Trondheim, Norway プロシーディングス 2005.6 Dissolution of CO2 Hydrate Films on Surface of CO2 Drops in Highly Pressurized Water Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Ryuji Kojima, Kenji Yamane, Izuo Aya, and Sadahiro Namie 共著  
          Proceedings of 15th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE2005), pp.333-340, Seoul, Korea プロシーディングス 2005.6 Preliminary Study on Safety Requirements for Natural Gas Hydrate Pellet Carriers Susumu Ota, Toshiro Arima (Nippon Kaiji Kyokai), Kazushi Hirai (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.), Misao Kamei (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.), and Hideyuki Shirota 共著  
          海上技術安全研究所報告、第5巻、第3号、1-24頁、研究報告 その他 2005.9 Research on Sea-borne Transportation of Natural Gas by Means of Gas Hydrate Pellets ---Study on Self-preservation Property of Gas Hydrate Pellets--- 城田英之、疋田賢次郎、中島康晴、岡秀行、前田利雄、高島逸男、川越陽一、川野始、太田進 主著  
          Proceedings of 7th International Symposium on Marine Engineering (ISME2005), CD-ROM (56-2), Tokyo, Japan プロシーディングス 2005.10 4000m Deep Field Experiment of CO2 Storage at Off California Ryuji Kojima, Izuo Aya, Kenji Yamane, Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Sadahiro Namie, Peter G. Brewer (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Edward T. Peltser, III (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Peter Walz (Monterey Bay Aquarium Research Institute), Peter M. Haugan (University of Bergen), Joakim Hobe (University of Bergen), and Truls Johannessen (University of Bergen) 共著  
          Greenhouse Gas Control Technologies,  M. Wilson, T. Morris, J. Gale, and K. Thambimuthu (Editors), Volume II, pp.1517-1522, Elsevier ジャーナル 2005.12 Simulating Experiments of CO2 Ocean Storage with a Large High-pressure Tank Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Ryuji Kojima, Kenji Yamane, Izuo Aya, and Sadahiro Namie 共著  
          Proceedings of 25th International Conference on Offshore Mechanics & Arctic Engineering, OMAE2006-92216, Hamburg, Germany プロシーディングス 2006.6 Study on CO2 Releasing Nozzle for CO2 Ocean Storage Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Ryuji Kojima, Kenji Yamane, Izuo Aya, Sadahiro Namie, and Kenkichi Tamura 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第41巻、増刊号、pp.138-143 ジャーナル 2006.9 Experimental Study on Self-presearvation Property of Gas Hydrate for Natural Gas Sea-borne Transportation Hideyuki Shirota, Izuo Aya, Yasuharu Nakajima, and Susumu Ota 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第41巻、増刊号、pp.150-157 ジャーナル 2006.9 Dissolution of CO2 Drops and pH Change in CO2 Ocean Storage Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Ryuji Kojima, Kenji Yamane, Izuo Aya, and Sadahiro Namie 共著  
          Proceedings of 8th Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT8), Tronheim, Norwey プロシーディングス 2006.11 Evaluation of Dissolution Rate of CO2 Drops with Hydrate Films for CO2 Ocean Storage Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Ryuji Kojima, Kenji Yamane, Izuo Aya, Sadahiro Namie, and Kenkichi Tamura 共著  
          海上技術安全研究所報告、第6巻、第3号、117-122頁、小論文 その他 2006.12 ガスハイドレートペレットによる天然ガス海上輸送に関する研究 城田英之、太田進 主著  
          Proceedings of 6th International Conference on Gas Hydrates (ICGH6), CD-R, Vancouver, Canada プロシーディングス 2008.7 Experiments on Self-preservation Property & Dissociation Limit Temperature of Methane Hydrate Pellets for  Sea-borne Tranport of Natural Gas Hydrate Hideyuki Shirota, and Susumu Ota 主著  
          Proceedings of 6th International Conference on Gas Hydrates (ICGH6), CD-R, Vancouver, Canada プロシーディングス 2008.7 CO2 Slurry Releasing Experiments for CO2 Ocean Storage Yasuharu Nakajima, Hideyuki Shirota, Katsuya Maeda, Kunihiro Hoshino, Shotaro Uto, and Kenkichi Tamura 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第45巻、第6号、119-126頁 ジャーナル 2010.11 Experimental Study on Dissociation Rateand Dissociation Limit Temperature of Methane Hydrate Pellets for Seaborne Transport of Natural Gas Hydrate Pellets 城田英之、太田進 主著 2010年度日本マリンエンジニアリング学会 論文賞受賞
          Proceedings of 7th International Conference on Gas Hydrates (ICGH7), 539, Edinburgh, Scotland, U. K. プロシーディングス 2011.7 Experiments on Self-preservation Property & Dissociation Limit Temperature of Methane Hydrate Pellets for Sea-borne Transport of Natural Gas Hydrate -2nd Report Hideyuki Shirota, and Susumu Ota 主著  
          Proceedings of 7th International Conference on Gas Hydrates (ICGH7), 63, Edinburgh, Scotland, U. K. プロシーディングス 2011.7 Development of Guidelines for Safety of Ships Carrying Natural Gas Hydrate Pellets in Bulk Susumu Ota, Hideyuki Shirota, Takashi Nakata (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.), Shin'ya Uasa (Mitsui Engineering and Shipbuilding Co., Ltd.) 共著  
          アジア航海学会2012論文集 プロシーディングス 2012.11 Numerical Simulation of Exhaust Gas Diffusion based on Gaussian Plume Model   共著  
          Marine Pollution Bulletin, Volume 85, Issue 2, pp.487-493, Elsevier ジャーナル 2014.8 Simulated Distribution and Ecotoxicity-based Assessment of Chemically-dispersed Oil in Tokyo Bay Jiro Koyama (Kagoshima University), Chie Imakado  (Kagoshima University), Seiichi Uno  (Kagoshima University), Takako Kuroda, Shouichi Hara, Takahiro Majima, Hideyuki Shirota, and Nathaniel C. Anasco (Institute of Marine Fishery and Oceanology) 共著  
          Proceedings of 6th Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies - Advanced Maritime Engineering Conference 2014, Hangzhou, China プロシーディングス 2014.10 Air Quality Simulation on Ship Emissions in Japan Region Takeshi Yokoi and Hideyuki Shirota 共著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2014, Xiamen, China プロシーディングス 2014.11 Development of Ship Emission Inventory and Future Scenario in Japan Takeshi Yokoi and Hideyuki Shirota 共著  
          海上技術安全研究所報告、第15巻、第2号、1-15頁、基調論文 その他 2015.12 沈船からの流出油に対する油処理剤の水中散布における分散性能 原正一、宮田修、間島隆博、影本浩(東京大学)、城田英之、小野正夫、小島骼u 共著  
          海上技術安全研究所報告、第15巻、第2号、17-35頁、基調論文 その他 2015.12 沈船からの油流出による環境リスク評価 間島隆博、中谷直樹(大阪府立大学)、城田英之、小山次朗(鹿児島大学)、宮田修、小野正夫、小島骼u、原正一 共著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2015, Kita-kyushu, Japan プロシーディングス 2015.11 Methodologies for Estimating Emissions from Ships based on Automatic Identification System Data Takeshi Yokoi and Hideyuki Shirota 共著  
          Proceedings of 7th Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies and the Advanced Engineering Conference 2016, AMEC-2016-4D3-048, Hong Kong プロシーディングス 2016.10 Emission Estimation of Air Pollutants from Ships in Japan Regions Takeshi Yokoi and Hideyuki Shirota 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌(査読中) ジャーナル 未定 舶用ディーゼル機関から排出されるPMの分析事例 −大気質シミュレーションへの適用 大橋厚人、城田英之、中村真由子、益田晶子 共著  
    小島 隆志 20 27 The Proceedings of the International Symposium on Technology of Ultra Deep Ocean Engineering, (Session V-4, 2005) プロシーディングス 2005.2 A Study of CO2 Hydrate Membrane Characterized by the Dual Nature of Solubility and the Abnormality of Strength R.KOJIMA, I. AYA and K. YAMANE 主著  
          The Proceedings of the International Symposium on Technology of Ultra Deep Ocean Engineering プロシーディングス 2005.2 Measurements of CO2 dissolution and pH change in simulating experiments of CO2 ocean storage Y. Nakajima, H. Shirota,  R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, and S. Namie 共著  
          The Proceedings of the International Symposium on Technology of Ultra Deep Ocean Engineering プロシーディングス 2005.2 International joint experiments off Monteray for CO2 ocean storage I.Aya, K.Yamane, R.Kojima, Y.Nakajima, H. Shirota, P.G.Brewer, E.T.Peltzer,  P.M.Haugan, and  T.Johanessen 共著  
          The Proceedings of the 7th International Symposium on Marine Engineering(ISME 2005) プロシーディングス 2005.10 4000m Deep Ocean Storage at Off California R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, S. Namie, Y. Nakajima, H. Shirota, P. G. Brewer, E. T. Peltzer, III, P. M. Haugan, R. J. G. Bellerby,T. Johannessen 主著  
          The proceedings of the Fifth International Conference on Gas Hydrates(ICGH5) プロシーディングス 2005.6 Dissolution of CO2 Hydrate Films on Surface of CO2 Drops in Highly Pressurized Water R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, S. Namie, Y. Nakajima, H. Shirota 主著  
          The proceedings of the 7th International Symposium on Marine Engineering(ISME 2005) プロシーディングス 2005.10 Dissolution of CO2 Drops and pH Change in CO2 Ocean Storage H. Shirota,  Y. Nakajima, R.Kojima, I. Aya, K. Yamane and S. Namie 共著  
          Green house gas control technologies. Elsevier プロシーディングス 2005.12 Simulating experiments of CO2 ocean storage with a large high pressure tank H. Shirota,  Y. Nakajima, R.Kojima, I. Aya, K. Yamane and S. Namie 共著  
          Green house gas control technologies. Elsevier プロシーディングス 2005.12 Ocean abbysal carbon experiments at 0.7 and 4 km depth H. Shirota,  Y. Nakajima, R.Kojima, I. Aya, K. Yamane and S. Namie 共著  
          Preprint Papers of American Chemical Society, Divison of Fuel Chemistry, 51 (1). プロシーディングス 2006.3 Investigation of Dissolution Rate of CO2 Drops for CO2 Ocean Storage P.M.Haugan, P.G.Brewer, E.T.Peltzer, P. Waltz, I.Aya, K.Yamane, R.Kojima, Y.Nakajima, N. Nakayama, J.Hove, T.Johanessen, R.G.J.Bellerby and G.Alendal 共著  
          Proceedings of the 25th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering プロシーディングス 2006.6 Study on CO2 Releasing Nozzle for CO2 Ocean Storage H. Shirota,  Y. Nakajima, R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, K.Tamura and S. Namie 共著  
          配管・装置・プラント技術, Vol 46. 3 ジャーナル 2006.8 曲がり管(エルボ)に起因する配管の減肉 第1報 流体解析からの調査 伊飼通明、小島隆志、畑中哲夫 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第41号増刊号 ジャーナル 2006.9 Dissolution of CO2 Drops and pH Change in CO2 Ocean Storage Y. Nakajima, H. Shirota,  R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, and S. Namie 共著  
          Proceedings of TECHNO OCEAN 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium プロシーディングス 2006.10 Study on CO2 Injection Method for CO2 Ocean Storage Y. Nakajima, H. Shirota,  R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, and S. Namie 共著  
          Proceedings of AIChE 2006 annual meeting プロシーディングス 2006.11 Development of CO2 injection methods "COSMOS" for CO2 ocean storage Y. Nakajima, H. Shirota,  R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, and S. Namie 共著  
          Proceedings of the 8th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies プロシーディングス 2006.11 Evaluation of Dissolution Rate of CO2 Drops with Hydrate Films for CO2 Ocean Storage H. Shirota,  Y. Nakajima, R.Kojima, I. Aya, K. Yamane, K.Tamura and S. Namie 共著  
          Proceedings of the International Symposium on CO2 storage プロシーディングス 2007.3 Research and development on offshore release system for CO2 storage on deep seabet H. Shirota,  Y. Nakajima, K.Maeda, R.Kojima, S.Uto and K.Tamura 共著  
          The Proceedinga of the 27th Iinternational Symposium on Shipbuilding Technology プロシーディングス 2007.9 The Leaching Behavior of Anti-fouling Agent by the Rotating Cylinder Test Methods R.KOJIMA, T. Shibata, O. Miyata, K.Shibata and T.Senda 主著  
          The Proceedigs of the 13th International Symposium on Toxicity Assessment ジャーナル 2007.8 PHOTOCATALYTIC DEGRADATION OF TRIBUTYLTIN CHLORIDE IN WATER R.KOJIMA 主著  
          配管・装置・プラント技術, Vol 46. 2 プロシーディングス 2007.4 曲がり管(エルボ)に起因する配管の減肉、第2報:実流実験による調査 伊飼通明、小島隆志、畑中哲夫 共著  
          Proceedings of the International Symposium on Shipbuilding Technology- Fabrication and Coatings プロシーディングス 2007.9 LEACHING PHENOMENA OF ANTIFOULING AGENTS FROM SHIPS' HULL PAINTS R. Kojima, O. Miyata, T. Shibata, K. Shibata, T. Senda 主著  
          The 31st AMOP Technical Seminar on Environmental Contamination and Response プロシーディングス 2008. Outline of Decision making process toll for Oil pollution on GIS (DOG) T.Kuroda, T.Majima, R.Kojima, S.Hara 共著  
          マリンエンジニアリング, 44, 3, pp. 87-93 ジャーナル 2009 船舶からの大気汚染及び海洋船防止規制の最新動向−大気汚染および生態系被害の防止対策について− 村岡英一、小島隆志 共著  
          マリンエンジニアリング, 44, 2, pp.292-297. doi: 10.5988/jime.44.292. ジャーナル 2009 船底防汚塗料のラボ溶出試験の実船による検証 宮田修、菅澤忍、小島隆志,柴田俊明、千田哲也、柴田清、渡邊兼人 共著  
          Journal of Environmental Chemistry, Vol. 19, No.2, pp. 207-213, 2009 ジャーナル 2009 Spectroscopic Study on Photolysis of Aqueous Solution of Zinc Pyrithione Y. Yamaguchi, R. Kojima, A. Kumakura, Y.YAMADA, K.SHIBATA, and T,.SENDA 共著  
          The Proceedings of ISSDC2009 - Environmentally Friendly Ship – プロシーディングス 2009 Direct Measurement of the Leaching Rate of Antifouling Agents from Ships' Hull R.KOJIMA,Y.KISEKI, M.HONMA, T.SHIBATA,S.IMAI, S.SUGASAWA, K.UEDA, M.KAMEYAMA and T.SENDA 主著  
          マリンエンジニアリング, 44, 4, pp. 648-652. doi:10.598/jime.44.648. ジャーナル 2009 船底塗料防汚成分の基礎的な溶出挙動 小島隆志、柴田俊明、宮田修、柴田清、千田哲也 主著  
          マリンエンジニアリング,45, Special Issue, pp. 956-961. doi: 10.5988/jime.45.956. ジャーナル 2010 Studies on SCR Nox Removal Catalyst Using Micro-reactors -Deterioration and Countermeasures Takeyuki Kishi, Toshiharu Inaba, Toshiaki Shibata, Ryuji Kojima, Koichi Hirata, Yoichi Niki, Masahide Takagi, Chiori Takahashi, Tetsugo Fukuda, Tateo Nagai 共著 日本マリンエンジニアリング
2010年度論文最優秀賞受賞
          KANRIN 日本船舶海洋工学会 第39号、pp.8-13. ジャーナル 2011 バラスト水管理条約に関する最新動向-バラスト水処理装置のバラストタンク塗装への影響評価 小島隆志 主著  
          マリンエンジニアリング, 46, 2, pp.246-251. doi: 10.5988/jime.46.246.  ジャーナル 2011 舶用ディーゼル排ガス中に含まれる多環芳香族炭化水素類の分析 今井祥子、宮田修、安藤裕友、高橋千織、仁木洋一、小島隆志、千田哲也 共著  
          The proceedings of the 9th International symposium on Marine Engineering(2011), Kobe. プロシーディングス 2011.7 Evaluation of Long-Term Impacts for Ballast Water Tank Coating Systems under Active Substances of Ballast Water Management Systems (BWMS)
Ryuji KOJIMA, Saori Ushijima, Michiaki IKAI, Koichi UEDA, Toshiaki SHIBATA, Kenji
YAMANE, and Eiichi MURAOKA
主著  
          The proceedings of the International Conference & Exhibition Ballast Water Management 2012, Singapore  プロシーディングス 2012.11 Impact Evaluation on Ballast Tank Coating Systems by Active Substances in Ballast Water Management Systems Ryuji KOJIMA, Michiaki IKAI, Saori USHIJIMA,Koichi Ueda, Toshiaki SHIBATA 主著  
          The proceedings of the International Conference & Exhibition Ballast Water Management 2012, Singapore プロシーディングス 2012.11 Influence of Ozone Injection of Steel in Ballast Water Teatment Systmes Ryuji Kojima, Michiaki Ikai, Jinsun Lia, Yoichi Mori, Masahiko Yao, Kenji Kishimoto 主著  
          BIT's 1st Annual World Congress of Ocean-2012 (WCO-2012), Dalian, China プロシーディングス 2012  Effect of ozone on corrosion behavior of bare steel in seawater Ryuji Kojima, Michiaki Ikai, Jinsun Liao,
Yoichi Mori, Kenji Kishimoto, Masahiko Yao
主著  
          バルブ技報、No.69、pp.47-51 ジャーナル 2012 バラスト水処理装置用ストレーナーの開発 伊飼通明、小島隆志、池上康之、西岡成憲、小坂宏史 共著  
          マリンエンジニアリング Vol. 48 (2013), 3, pp. 383-390. doi: 10.5988/jime.48.383. ジャーナル 2013 Spatial, Seasonal, and Temporal Variation of Antifouling Agent Concentration in a Small Marina, Predicted by 3D Unsteady Numerical Model K.Shibata, T.Senda, Y.Yamaguchi, S.Sugasawa, R.Kojima,
 O.Miyata and T.Shibata
共著  
          マリンエンジニアリング Vol. 48 (2013), 6, pp. 826-831. doi: 10.5988/jime.48.826. ジャーナル 2013 生物汚損状態下での殺生物剤の溶出速度と防汚性能の基礎的研究 小島隆志、上田浩一、柴田俊明 主著  
          Proceeding of the International Conference & Exhibition Ballast Water Management 2014 (ICBWM 2014). プロシーディングス 2014 Development of Filter for Ballast Water Management Systems Ryuji KOJIMA, Michiaki IKAI, Saori USHIJIMA,Koichi Ueda, Toshiaki SHIBATA 主著  
          Journal of Shipping and Ocean Engineering 4 (2014): pp. 214-224.doi: 10.17265/2159-5879/2014.04.006. ジャーナル 2014.8 Assessment of Biofouling Using Leaching rate of Antifouling Agents and Bioluminescent Assay Ryuj Kojma, Shoko Imai, Toshiaki Shibata and Koichi Ueda 主著  
          Journal of Shipping and Ocean Engineering 4 (2014): pp. 229-235.doi: 10.17265/2159-5879/2014.05.001. ジャーナル 2014.10 Deterioration of Water Ballast Tank Coating Systems by Active Substances in Ballast Water Management Systems Ryuji KOJIMA, Michiaki IKAI ,Toshiaki SHIBATA and Koichi Ueda 主著  
          Journal of Shipping and Ocean Engineering 4 (2014): pp. 327-337.doi: 10.17265/2159-5879/2014.06.004. ジャーナル 2014.12 Influence of Ozone Injection on Corrosion Behavior of Steel in Water Ballast Tank Ryuji Kojima, Michiaki Ikai, Jinsun Liao and
Yoichi Mori
主著  
          Proceeding of the 10tn International Symposium on Marine Engineering(ISME 2014, Harbin,China) プロシーディングス 2014 The efficacy of Antifouling Paints under Seawater Immersion with Systematic Variation of Cuprous Oxide Concentration Y.Seki, R.Kojima, H.Ando, T.Senda,
K.Kouzai 1 and M.Shimada 2
1. Chugoku Marine Paint
2. Nippon Paint Marine
共著  
          2014年10月13-16日、The proceedings of the 28th Asia-Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure (TEAM2014, Istanbul, Turkey) プロシーディングス 2014 Fundamental Study on the Non-Destructive Monitoring of Under-Film Corrosion of Coated Steel Panels in Water Ballast Tanks N.Osawa, R.Kojima, A.Takada, S.Takano 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集Vol.21 (2015), pp.93-99. doi: 10.2534/jjasnaoe.21.93. ジャーナル 2015 エポキシ塗装鋼板塗膜下腐食モニタリングのための
鉄2価イオン感応性蛍光プローブの開発
大沢直樹 、高田篤志、小島隆志、高野翔
共著  
          マリンエンジニアリングVol.50(2015), 2,pp.247-254. doi: 10.5988/jime.50.247. ジャーナル 2015 亜酸化銅配合量を系統的に変えた防汚塗料による実海域の防汚性能 関 庸之, 小島 隆志, 安藤 裕友, 千田 哲也, 香西 一樹, 島田 守
共著  
          Journal of Shipping and Ocean Engineering 6 (2016): pp. 269-278. doi: 10.17265/2159-5879/2016.05.002. ジャーナル 2016.10 Leaching Phenomena of Antifouling Agents from Ships'Hull Paints Ryuj Kojma, Toshiaki Shibata and Koichi Ueda 主著  
          Plos OME 11(12): e0168172. doi: 10.1371/journal.pone.0168172. ジャーナル 2016.12 A Method for Evaluating the Efficacy of Antifouling Paints using Mytilus galloprovincialis in the Laboratory in a Flow-through System Ryuji Kojima  , Seiji Kobayashi , Cyril Glenn Perez Satuito , Ichiro Katsuyama, Hirotomo Ando, Yasuyuki Seki , Tetsuya Senda 主著  
          Advanced Experimental Mechanics, Vol.1 (2016) pp. 167-172. doi: 10.11395/aem.1.0_167 ジャーナル 2016.11 Paint Delamination Inspection for Light Buoy by Infrared Thermography with Distance Heating N.Ogasawara,A.Ban, H.Yamada and R.Kojima
共著  
    横井 威 8 1 日本航海学会論文集第123号 ジャーナル 2010.5 ウェザールーティングのための数値予報並列処理機構II−海上風予測精度および計算性能の評価検討− 横井威、庄司るり、矢吹英雄、大津皓平 主著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2010 プロシーディングス 2010.11 A Mechanism on Parallel Processing to Numerical Sea Wind Prediction for Weather Routing-II -Accuracy Evaluation and Performance Benchmark of the Sea Surface Wind Prediction- 横井威、庄司るり、矢吹英雄、大津皓平 主著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2011 プロシーディングス 2011.11 A Practical Approach to Optimum Ship Routing under Uncertain Conditions 横井威、庄司るり、矢吹英雄、大津皓平 主著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2012 プロシーディングス 2012.11 Numerical Simulation of Exhaust Gas Diffusion based on Gaussian Plume Model 横井威、城田英之 主著  
          Aerosol and Air Quality Research ジャーナル 2013.4 Multi-model analyses of dominant factor influencing elemental carbon in Tokyo Metropolitan Area of Japan 茶谷聡、横井威、他 共著  
          Proceedings of The 6th Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies - Advanced Maritime Engineering Conference 2014 プロシーディングス 2014.10 Air Quality Simulation on Ship Emissions in Japan Region 横井威、城田英之 主著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2014 プロシーディングス 2014.11 Development of Ship Emission Inventory and Future Scenario in Japan 横井威、城田英之 主著  
          Proceedings of Asia Navigation Conference 2015 プロシーディングス 2015.11 Methodologies for Estimating Emissions from Ships based on Automatic Identification System Data 横井威、城田英之 主著  
          Proceedings of The 7th Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies - Advanced Maritime Engineering Conference 2016 プロシーディングス 2016.10 Emission Estimation of Air Pollutants from Ships in Japan Regions 横井威、城田英之 主著  
  環境分析研究グループ              
    高橋千織 11 18 軽金属, 40巻5号, pp.369-376 ジャーナル 1990.5 7075アルミニウム合金の高温圧縮変形と加工軟化 酒井拓、飯野千織 共著  
          Materials Transactions, JIM, Vol.32, No.4, pp.375-382  ジャーナル 1991.4 Flow Softening of 7075 Aluminum Alloy under Hot Compression T. Sakai, C. Takahashi 共著  
          日本セラミックス協会学術論文誌、第99巻、第6号、pp.503-507 ジャーナル 1991.6 レーザー溶融処理によるアルミナ溶射皮膜の構造変化(第1報)連続発振モードの場合について 千田哲也、高橋千織 共著  
          日本セラミックス協会学術論文誌,第101巻、第9号,pp.1027-1031 ジャーナル 1993.9  レーザー溶融処理によるアルミナ溶射皮膜の構造変化(第2報)パルス発振モードの場合について 高橋千織、千田哲也、天田重庚 主著  
          溶射,第30巻,第3号,pp.122-129 ジャーナル 1993.9 画像処理法によるプラズマ溶射アルミナ皮膜の細孔構造評価 高橋千織、千田哲也 主著  
          日本造船学会論文集、第182号、pp.775-781 ジャーナル 1997.11 アルミニウム合金 A6N01-T5 の腐食形態に及ぼす組織の影響 高橋千織,松岡一祥,千田哲也,柴田俊明,古谷典亍,矢野不二夫 主著  
          日本舶用機関学会誌,第33巻、第10号、pp.764-771 ジャーナル 1998.10 析出硬化型ステンレス鋼の脆性破壊 千田哲也,松岡一祥,林慎也,高橋千織,古谷典亍,北村茂,渡邊巌,間島隆博,西森勇 共著  
          Surface and Coating Technology, Vol.110, pp.73-80 ジャーナル 1998.11 Evaluation of thermal shock strength of thermal-sprayed coatings by the laser irradiation technique Z.M. Qi, S. Amada, S. Akiyama, C. Takahashi 共著  
          日本造船学会論文集,第184号、pp.361-367 ジャーナル 1998.12 微細粒のくさび効果による疲労き裂進展抑制 高橋一比古、高橋千織、古谷典亍 共著  
          日本金属学会誌,第63巻、第1号、pp.90-97 ジャーナル 1999.1 溶融粉砕したアルミナ粒子のプラズマ中での溶融挙動 植松進、高橋千織 共著  
          軽金属溶接、第38巻、第4号、pp.157-167. ジャーナル 2000.4 アルミニウム合金 6N01 押出材の組織と耐海水性 高橋千織,松岡一祥,千田哲也,古谷典亍,矢野不二夫 共著  
          Proc. of the 6th International Symposium on Marine Engineering, pp.937-944 プロシーディングス 2000.10 Influence of Microstructure on Seawater Corrosion of Al-Mg-Si Alloy A6N01 C. Takahashi, K. Matsuoka, T. Senda, N. Kotani and F. Yano 主著  
          Fatigue & Fracture of Engineering Materials & Structures, Vol.23, Issue 10, pp.867-877. ジャーナル 2000.10 Restraint of fatigue crack growth by wedge effects of fine particles I. Takahashi, C. Takahashi and N. Kotani 共著  
          溶接学会論文集、第22巻、第4号、pp.531-541 ジャーナル 2004.11 アルミナペースト塗布による疲労き裂進展の自動抑制および目視検出 高橋一比古、牛島通雄、高橋千織、植松進、古谷典亍 共著  
          Proc. of the 7th International Symposium on Marine Engineering, Paper_42-3 プロシーディングス 2005.10  Fatigue behavior of commercially pure titanium with different grain sizes C. Takahashi, Y. Kobayashi, K. Matsuoka 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第42巻、第4号、pp.663-668 ジャーナル 2007.7 SNCM630鍛鋼材の疲労強度特性 高橋千織、小林佑規、千田哲也、風間明仁、下岸隆幸 主著  
          海上技術安全研究所報告、第9巻、第2号、pp.77-96
(基調論文)
その他 2009.6 船舶用低合金鋼の強度特性に及ぼすNiおよびCrの影響 高橋千織 主著  
          Journal of the JIME,Vol.45,Special Issue,pp.956-961 ジャーナル 2010.10 Studies on SCR NOx Removal Catalyst Using Micro-reactors -Deterioration and Countermeasures T. Kishi, T. Inaba, T. Shibata, R. Kojima, K. Hirata, Y. Niki, M. Takagi, C. Takahashi, T. Fukuda, T. Nagai
共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第46巻、第2号、pp.246-251 ジャーナル 2011.3 舶用ディーゼル排ガス中に含まれる多環芳香族炭化水素類の分析 今井祥子、宮田修、安藤裕友、高橋千織、仁木洋一、小島隆志、千田哲也 共著  
          海上技術安全研究所報告、第11巻第2号(基調論文) その他 2011 舶用ディーゼルエンジンの排ガス中に含まれている有害物質に関する分析 安藤裕友,宮田修,今井祥子,高橋千織,仁木洋一,徐芝徳,西尾澄人 共著  
          Proceeding of International Symposium on Marine Engineering (ISME) KOBE 2011, No.121, Kobe, Japan  プロシーディングス 2011.10 FULL-SCALE EXPERIMENT OF HEAT RECOVERY FROM DIESEL ENGINE WITH CIRCULATING FLUDIDIZED BED Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Masahide TAKAGI, Hideyuki OKA, Chiaki TAKAHASHI and Kazuyoshi HARUMI 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第47巻、第1号、pp.97-104 ジャーナル 2012.1 蛍光X線分析法を用いた舶用ディーゼル機関排ガス中の金属成分の計測 宮田修、今井祥子、安藤裕友、高橋千織、仁木洋一、徐芝徳、西尾澄人 共著  
          Proc. of 5th PAAMES and AMEC2012, Paper No. GT-04 プロシーディングス 2012/12 Performance Analysis of Exhaust Heat Recovery System by Use of Process Simulator  K. Harumi, M. Adachi, H. Murata, C. Takahashi, H. ANDO, Y. Yamaguchi 共著  
          Proc. 27th Congress International Council on Combustion Engines (CIMAC) , Paper No.252, プロシーディングス 2013.5 Characterization of Residual Fuel Compositions and the Effect on Its Ignition and Combustion Performance C. Takahashi, S. Imai, Y. Yamaguchi and T. Senda 主著  
         
日本マリンエンジニアリング学会誌、第48巻、第6号、pp.832-838
ジャーナル 2013.11 舶用燃料油の着火性に及ぼすブレンド基材の影響 - 低沸点成分基材(未脱硫軽油,分解軽油)の影響について 高橋千織、今井祥子、山口良隆、三ツ井裕太、林利昭 主著  
          10th International Symposium On Marine Engineering プロシーディングス 2014/9 The Deactivation of the Catalyst Used in the SCR System Installed on the Ship Yoichi Niki、Koichi Hirata、Yoshifufu Nitta、Chiori Takahashi、Takeyuki Kishi、Dong-Hoon Yoo、Yasuhisa Ichikawa 共著  
         
日本マリンエンジニアリング学会誌、第48巻、第6号、pp.832-838
ジャーナル 2013.11 舶用燃料油の着火性に及ぼすブレンド基材の影響 - 低沸点成分基材(未脱硫軽油,分解軽油)の影響について 高橋千織、今井祥子、山口良隆、三ツ井裕太、林利昭 主著  
          Proc. 28th Congress International Council on Combustion Engines (CIMAC), Paper No.258, プロシーディングス 2016.6 Effect of Fuel Composition on Its Ignition and Combustion Quality C. Takahashi, Y. Mitsui, T. Hayashi, S. Nishio, A. Ohashi  主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第51巻第1号 ジャーナル 2016/01 湿式スクラバーの水質モニタリング法の検討 - 濁度と多環芳香族炭化水素について 益田晶子、高橋千織、西尾澄人 共著  
    安藤裕友 4 33 Proceeding of ISOPE1999 プロシーディングス 19999 A Study on Compressional Wave Field in Seawater Caused by Vibrated Floating Boby Y.Higo,D.Ishihara,K.Kokubun,H.Ando 共著  
          Proceeding of OMAE2000 プロシーディングス 2000 Model Experiment of Underwater Sound Radiated from VLFS K.Kokubun,H.Ando,Y.Higo,D.Ishihara 共著  
          Proceeding of the 2002 International Symposium on Underwater Technology  プロシーディングス 2002 High-Speed Acoustic Data Link Transmitting Moving Picture for Autonomous Underwater Vehicles J.Kojima,T.Ura,H.Ando,K.Asakawa 共著  
          Proceeding of Oceans2003 プロシーディングス 2003 Model Experiment of a Launcher of a Deep-Sea Monitoring Robot System H.Ando,K.Tamura,K.Maeda,M.Ueno,T.Nimura,K.Hisamatsu,N.Saeki,Y.Wada 主著  
          Proceeding of ISOPE2003 プロシーディングス 2003 Development of Compact Deep-Sea Monitoring Robot System "TAM-EGG 1" K.Tamura,H.Ando,K.Maeda,M.Ueno,T.Nimura,K.Hoshino 共著  
          日本造船学会論文集第195号 p271-281 ジャーナル 2004 CFRP製ライザー管の継手構造に関する研究 渡辺喜保,安藤裕友,鈴木英之,稲崎洋一 共著  
          ELSEVIER ジャーナル 2008 On the descending motion of a deep-sea robot M.Ueno,T.Nimura,H.Ando,K.Maeda,K.Tamura 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第43巻第6号 ジャーナル 2008 拡散シミュレーションによるNox規制効果の検討 安藤裕友,村岡英一,千田哲也 主著 技術資料
          Proceedings of the 7th World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics プロシーディングス 2009 Experimental Investigation on Turbulent Drag Reduction with Blowing Polymer Solution from the Wall M. Motozawa, Y. Onose, S. Sugita, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proceedings of the 20th International Symposium on Transport Phenomena プロシーディングス 2009 LDV Measurements of Turbulent Statistics in Drag Reducing Flow between Concentric Cylinders by Polymer Additive M. Motozawa, L. Kang, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of the 20th International Symposium on Transport Phenomena プロシーディングス 2009 Effect of Molecular Weight of Polymer Assembly on the Turbulent Drag Reduction in Pipe Flow L. Kang, M. Seo, M. Motozawa, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of International Symposium on Ship Design and Construction 2009 プロシーディングス 2009 Drag Reduction Characteristics of Polymer Solutions H. Ando, C. Takahashi, M. Seo, M. Motozawa, Y. Kawaguchi and T. Senda 主著  
          Proceedings of the 6th symposium on  Turbulence プロシーディングス 2009 Drag Reduction of Turbulent Channel Flow by Polymer Release from Wall M. Koshi, K. Iwamoto, A. Murata, Y. Kawaguchi, H. Ando and T. Senda 共著  
          Proc. of International Heat Transfer Conference (IHTC-14) プロシーディングス 2010 Experimental Study on Turbulent Drag Reduction and Polymer Concentration Distribution with Blowing Polymer Solution M. Motozawa, T. Kurisawa, H. Xu, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda, Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of International Heat Transfer Conference (IHTC-14) プロシーディングス 2010 Turbulent Drag Reduction by Polymer Containing Paint〜Simultaneous Measurement of Skin Friction and Release Rate〜 M. Motozawa, T. Ito, A.Matsumoto, H. Ando, T. Ahida, T. Senda, Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of 3rd Joint US-European Fluids Engineering Summer Meeting プロシーディングス 2010 Experimental Analysis of Non-uniform Surface Roughness Affecting to Flow Resistance A. Matsumoto, T. Ito, M. Motozawa, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda, Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of 8th International ERCOFTAC Symposium on Engineering Turbulence Modelling and Measurements プロシーディングス 2010 Experimental Investigation of the Near-Wall Turbulent Structure of Drag Reducing Channel Flow with Blowing Polymer Solution from the Wall S.  Ishitsuka, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          海上技術安全研究所報告、第11巻第2号(基調論文) その他 2011 舶用ディーゼルエンジンの排ガス中に含まれている有害物質に関する分析 安藤裕友,宮田修,今井祥子,高橋千織,仁木洋一,徐芝徳,西尾澄人 主著  
          Proc. of 13 European Turbulence Conference (ETC13) プロシーディングス 2011 Statistical Investigation on Coherent Vortex Structure in Turbulent Drag Reducing Channel Flow with Blown Polymer Solution S. Ishitsuka, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda 共著  
          Flow, Turbulence and Combustion ジャーナル 2011 Experimental Investigation on Turbulent Structure of Drag Reducing Channel Flow with Blowing Polymer Solution from the Wall M. Motozawa, S. Ishitsuka, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011 プロシーディングス 2011 Experimental Investigation on Effects of Surface Roughness Geometry Affecting to Flow Resistance T. Ito, A. Matsumoto, T. Ito, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011 プロシーディングス 2011 Relationship between Vortex Structure and Reynolds Shear Stress of Turbulent Drag Reducing Flow with Blowing Polymer Solution from the Wall S. Ishitsuka, H. N. Xu, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of 9th International Symposium on Particle Image Velocimetry (PIV11) プロシーディングス 2011 Investigation of Turbulent Statistics using LDV and its Relation to the Flow Friction of Series of Ribs in the Turbulent Couette Flow A. Matsumoto, T. Ito, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of ASME/JSME 8th Thermal Engineering Joint Conference プロシーディングス 2011 Structure of Low-speed Streaks in Drag Reducing Flow with Polymer Solution Blown from the Channel Wall H.N. Xu, S. Ishitsuka, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda, B.Yu and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of 7th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer (THMT-12), 2012. プロシーディングス 2012 Turbulent mass transfer in a drag-reducing channel flow with dosed polymer solution by simultaneous PIV and PLIF measurements M. Motozawa, T. Otsuki, T.Kurosawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi  共著  
          Journal of Thermal Science and Technology Vol.7, No.1, 2012. P272-287 ジャーナル 2012 PLIF Measurement of Turbulent Diffusion in Drag-Reducing Flow with Dosed Polymer Solution from a Wall M. Motozawa, T.Kurosawa, T. Otsuki, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi  共著  
          Proc. of Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF’12), 2012. プロシーディングス 2012 Experiment Investigation on Streamwise Development of Turbulent Structure of Drag-Reducing Channel Flow with Dosed Polymer Solution form Channel Wall  T.Sawada, S. Ishitsuka, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Ando, T. Senda and Y. Kawaguchi 共著  
          Proc. of 5th PAAMES and AMEC2012, Paper No. GT-04 プロシーディングス 2012/12 Performance Analysis of Exhaust Heat Recovery System by Use of Process Simulator  K. Harumi, M. Adachi, H. Murata, C. Takahashi, H. ANDO, Y. Yamaguchi 共著  
          日本機械学会論文集B編,Vol. 79 (2013)  No. 806,p. 1937-1950 ジャーナル 2013 平行平板間乱流に添加された直鎖状多連結ばねダンパ要素による摩擦抵抗低減の数値シミュレーション 歌田 裕太, 守 裕也, 岩本 薫, 村田 章, 川口 靖夫, 安藤 裕友, 千田 哲也 共著  
          Proceedings of The 4th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow, 2013 プロシーディングス 2013 Numerical Investigation for Influence of Length of Beads-Spring-Dashpot Chain element on Drag-Reduction Effect in Wall Turbulence H. Mamori, Y. Utada, K. Iwamoto, A. Murata, Y. Kawaguchi, H. Ando, and T. Senda 共著  
          10th International Symposium on Marine Engineering
ISME2014,2014
プロシーディングス 2014/9 The efficacy of antifouling paints under seawatar immersion with systematic variation of cuprous oxide concentration Yasuyuki SEKI, Ryuji KOJIMA, Hirotomo ANDO, Tetsuya SENDA,
Kazuki KOUZAI, Mamoru SHIMADA
共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,vol.50(2),pp. 247-254,2014 ジャーナル 2014 亜酸化銅含有量が防汚塗料の実海域性能に及ぼす防汚効果 関 庸之,小島 隆志,安藤 裕友,千田 哲也,香西 一樹,島田 守 共著  
          海上技術安全研究所報告、第15巻第2号(基調論文) その他 2015/10 防汚塗料の防汚効果評価法の構築に関する研究 友弘智、関庸之、小林聖治、小島隆志、安藤裕友 共著  
          Proc of 8th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, Sarajevo, Bosnia and Herzegovina, Sept. 15-18, 2015, J060(11pages). プロシーディングス 2015/09 Energy Transfer between Turbulent Structures and Polymer in Drag-Reducing Channel Flow by Using Beads-Spring-Dashpot Chain Model M. Fujimura, H. Mamori, K. Iwamoto, A. Murata, M. Masuda, and H. Ando 共著  
          Proc of 8th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, Sarajevo, Bosnia and Herzegovina, Sept. 15-18, 2015, J034(7pages). プロシーディングス 2015/09 Friction-Drag Reduction Effect in Wall Turbulence with Fluorescently-Labeled Polymer T. Atsumi, H. Mamori, K. Iwamoto, A. Murata, H. Ando, M. Masuda, and M. Wada, 共著  
          日本流体力学会誌
「ながれ」第35巻2号,2016
ジャーナル 2016 離散要素モデルが粘弾性流体の伸張変形に与える影響 藤村将成,守裕也,岩本薫,村田章,増田光俊,安藤裕友 共著  
         
Journal of Fluid Science and Technology
ジャーナル 2017/07 Influence of length of polymer aggregation on turbulent friction drag reduction effect Masanari FUJIMURA, Kaoru IWAMOTO, Akira MURATA, Mitsutoshi MASUDA, Hirotomo ANDO 共著  
    安達雅樹 18 17 Proceeding of 10th International Heat Transfer Conference, Vol.6, pp.135-140[Heat transfer augmentation, 13-HA-24] ,Brighton, UK プロシーディングス 1994.8 AUGMENTATION MECHANISM OF FORCED-CONVECTION HEAT TRANSFER BY APPLYING ELECTRIC FIELDS IN THE RESTRICTED REGION NEAR THE WALL M.Adachi, A.Yabe (Mechanical Engineering Laboratory), T.Katayama and H.Nariai(University of Tsukuba) 主著  
          日本機械学会論文集(B編)、第61巻585号、pp.1775-1781 ジャーナル 1995.5 壁近傍のみに電場を印加させる強制対流熱伝達促進とそのメカニズムに関する研究 安達雅樹、矢部彰(機械技研)、成合英樹(筑波大)、片山隆(三菱) 主著  
          Proceeding of 8th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics (NURETH-8), Vol.3, pp.1483-1490, Kyoto, Japan プロシーディングス 1997.9 Pressure Oscillation due to vapor condensation in subcooled water at large vapor mass flux Tsuyoshi Kusunoki(JAERI), Masaki Adachi 共著  
          Proceeding of 1999 ASME/JSME Fluids Engineering Division Summer Meeting (FEDSM99), International  Symposium on Water-Hammer(S-290), FEDSM99-6898, San Francisco, California, USA  プロシーディングス 1999.7 Numerical Simulation of Cold Leg Flow Oscillation of a PWR Masaki Adachi, Izuo Aya 主著  
          Proceeding of 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference Kobe, Japan, H31 プロシーディングス 2000.10 Design of One-through Steam Generator of Marine Reactor MRX to Counter Flow Instability Tohishisa ISHIDA(JAERI), Masaki ADACHI 共著  
          Proceeding of 9th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE-9), Track 7 Thermal Hydraulics, 7.07 Benchmark Analysis &Assessment of Thermal Hydrodynamic Codes, No. 60, Nice, France  プロシーディングス 2001.4 Transient of One-dimensional and Two-component Flow due to Rapid Gas Production Masaki, Adachi, Jim C. P. Liou (Univ. of Idaho), Richard R. Schultz (INEEL), Izuo Aya, Koki Shiozaki 主著  
          Proceeding of American Nuclear Society(ANS) Annual Meeting 2002, General Two-Phase Flow 1,  HOLLYWOOD, FLORIDA, USA プロシーディングス 2002.6 Waterhammer Caused by a Steam Explosion in a LWR Severe Accident Koki Shiozaki, Masaki Adachi, Fujio Inasaka, Izuo Aya 共著  
          Proceeding of 2003 ASME/JSME Fluids Engineering Division Summer Meeting (FEDSM'03), 2nd International Symposium on Water Hammer (S367), FEDSM03-45272,  Honolulu, Hawaii, USA プロシーディングス 2003.7 RESEARCH ON WATERHAMMER CAUSED BY A RAPID GAS PRODUCTION IN AN LWR SEVERE ACCIDENT (1) EXPERIMENT USING A MODEL CONTAINMENT VESSEL Koki Shiozaki, Masaki Adachi, Fujio Inasaka, Izuo Aya、Shinji Yoshie (KHI) 共著  
          Proceeding of 2003 ASME/JSME Fluids Engineering Division Summer Meeting (FEDSM'03), 2nd International Symposium on Water Hammer (S367), FEDSM03-45273, Honolulu, Hawaii, USA プロシーディングス 2003.7 RESEARCH ON WATERHAMMER CAUSED BY A RAPID GAS PRODUCTION IN AN LWR SEVERE ACCIDENT (2) 2D ANALYSIS WITH RELAP5-3D Masaki Adachi, Fujio Inasaka, Izuo Aya  主著  
          The Japan Society of Mechanical Engineering (JSME) International Journal, Series B, Vol.48, No.1, pp.48-55. ジャーナル 2005.1 Water Hammer Caused by Rapid Air Production im a Severe Accident in a Light Water Reactor Fujio INASAKA, Masaki ADACHI, Kohki SHIOZAKI, Izuo AYA, Hideki NARIAI (University of Tsukuba) 共著  
          ターボ機械、第33巻第3号、pp.157-163 ジャーナル 2005.3 相変化を伴う過渡二相流(その1:凝縮系過渡現象) 綾威雄、稲坂冨士夫、安達雅樹 共著  
          ターボ機械、第33巻第4号、pp.193-197 ジャーナル 2005.4 相変化を伴う過渡二相流(その2:沸騰系過渡現象) 綾威雄、稲坂冨士夫、安達雅樹 共著  
          European Nuclear Conference 2005 (ENC2005), No.192, Versailles, France プロシーディングス 2005.12 COHERENCE OF ACCELERATED WATER BULK INDUCED BY RAPID AIR INJECTION Masaki Adachi, Fujio Inasaka, Izuo Aya  主著  
          日本原子力学会論文集、第6巻第3号、pp.289-297 ジャーナル 2007.9 軽水炉のシビアアクシデント時における蒸気急発生による水撃力 稲坂冨士夫、安達雅樹、村田裕幸、綾威雄 共著  
          マリンエンジニアリング、第43巻第5号、pp.767-772 ジャーナル 2008.9 舶用ディーゼル機関排熱を利用した動力回収システムの概念設計 安達雅樹、平岡克英、村田裕幸、稲坂冨士夫、春海一佳、高木正英、岡秀行 主著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.1、pp.119-126  ジャーナル 2009.1 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著 日本マリンエンジニアリング学会論文賞を受賞
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.3、pp.346-351 ジャーナル 2009.5 内航船の省エネルギーの視点から見た補助ボイラプラント 波江貞弘、安達雅樹、村田裕幸、加納敏幸 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.3、pp.399-404 ジャーナル 2009.5 動揺影響を受ける循環流動層の数値流体解析 岡秀行、村田裕幸、安達雅樹、春海一佳、桑山智一、坪井一正、稲坂冨士夫、平岡克英 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.3、pp.463-469 ジャーナル 2009.5 排ガスエコノマイザのすす燃焼を模擬した並列沸騰流路の限界熱流束と流動特性 稲坂冨士夫、安達雅樹、村田裕幸、高木正英、岡 秀行、春海一佳 共著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME BUSAN 2009), DT-1, 129, Busan, Korea   プロシーディングス 2009.10 Concept Design of an Exhaust Gas Heat Recovery System with a Circulating Fluidized Bed for Marine Diesel Engine Masaki ADACHI, Katuhide HIRAOKA, Hiroyuki MURATA, Fujio INASAKA, Masahide TAKAGI, Hideyuki OKA, Kazuyoshi HARUM 主著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME) BUSAN 2009, CM-2, 71-1, Busan, Korea  プロシーディングス 2009.10 Effect of Ship Motion on Gas-Solid Flow in a Circulating Fluidized Bed Hiroyuki MURATA, Masaki ADACHI, Masahide TAKAGI, Fujio INASAKA, Hideyuki OKA, Katuhide HIRAOKA, Kazuyoshi HARUMI 共著  
          International Symposium on Marine Engineering (ISME) BUSAN 2009, CM-2, 71-2, Busan, Korea  プロシーディングス 2009.10 Three-Dimensional Numerical Simulation of Dense Gas-Solid Flow in a Circulating Fluidized Bed under Rolling Motion of Ship Hideyuki OKA, Hiroyuki MURATA, Masaki ADACHI, Kazuyoshi HARUMI, Tomokazu KUWAYAMA, Kazumasa TSUBOI, Fujio INASAKA, Katuhide HIRAOKA 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.44, No.6、pp.955-961 ジャーナル 2009.11 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(続報) 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.6、pp.907-912  ジャーナル 2010.11 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(第3報) 村田裕幸、高木正英、安達雅樹、稲坂冨士夫、岡 秀行、平岡克英、春海一佳 共著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.1、pp.97-102 ジャーナル 2010.1 排熱回収用循環流動層と蒸気タービンの仕様 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 主著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45, No.4、pp.572-577 ジャーナル 2010.7 排熱回収システムのシリーズ化 -第1報 貫流型の評価 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 主著  
          マリンエンジニアリング、Vol.45、No.6、pp.913-918 ジャーナル 2010.11 排熱回収システムのシリーズ化-第2報  循環型の評価 安達雅樹、村田裕幸、高木正英、稲坂冨士夫、岡秀行、平岡克英、春海一佳 主著  
          筑波大学大学院、システム情報工学科、構造エネルギー工学専攻、工学博士論文、甲第5697号 その他 2011.3 軽量粒子を使った循環流動層によるディーゼルエンジンからの排熱回収 安達雅樹 主著 社会人のための博士後期課程早期修了プログラムを1年間履修
          Proceeding of International Symposium on Marine Engineering (ISME) KOBE 2011, No.121, Kobe, Japan  プロシーディングス 2011.10 FULL-SCALE EXPERIMENT OF HEAT RECOVERY FROM DIESEL ENGINE WITH CIRCULATING FLUDIDIZED BED Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Masahide TAKAGI, Hideyuki OKA, Chiaki TAKAHASHI and Kazuyoshi HARUMI 主著  
          Proceeding of 5th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2012, No. GT_06, Taipei, Taiwan プロシーディングス 2012.12 Profitability of Trans-ocean LNG Fueled Container Ship Masaki ADACHI, Hiroyuki KOSAKA, Tetsugo FUKUDA, Shota OHASHI and Kazuyoshi HARUMI 主著 5th PAAMES & AMEC 1012のBest Paper Award を受賞
          Proceeding of 5th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2012, No. GT_04, Taipei, Taiwan プロシーディングス 2012.12 Performance Analysis of Exhaust Heat Recovery System by Use of Process Simulator Kazuyoshi HARUMI, Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Chiori TAKAHASHI, Hirotomo ANDO, Yoshitaka YAMAGUCHI 共著  
          Proceeding of 6th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2014, SNOA-03, Hangzhou, China プロシーディングス 2014,10 Economic Evaluation of On-board Desulfurization Device for Coastal Vessel Masaki ADACHI, Hiroyuki MURATA, Kazuyoshi HARUMI 主著  
          Journal of Marine Science and Technology, DOI 10.1007/s00773-014-0262-5, Vol.19, Issue 4, pp.470-478 ジャーナル 2014.12 Economic Analysis of Trans-ocean LNG Fueled Container Ship Masaki ADACHI, Hiroyuki KOSAKA, Tetsugo FUKUDA, Shota OHASHI and Kazuyoshi HARUMI 主著  
          マリンエンジニアリング, Vol.50, No.4, pp.502-509 ジャーナル 2015,7 舶用ガスタービンコンバインドサイクルのシステム検討 安達雅樹、岸武行、樽井真一(新潟原動機) 主著  
          Proceeding of 7th PAAMES (Pan Asian Association of Marine Engineering Societies) & AMEC (Advanced Marine Engineering Conference) 2016, AMEC2016-2B3-049, Hong Kong, China プロシーディングス 2016.10 Economic Analysis of Exhaust Gas Heat Recovery System from Marine Diesel Engine Masaki ADACHI 主著  
    益田晶子 3 5 書籍「製品中に含まれる (超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ- 試料前処理からデータ解釈まで」、技術情報協会 その他 2014 第2章 含有成分の精密分析 第9節 極微量タンパク質解析のための超高感度アミノ酸分析 益田晶子、堂前直 主著  
          Neoplasia. 2014 16(3):257-64. ジャーナル 2014 The Histone Methyltransferase SMYD2 Methylates PARP1 and Promotes Poly(ADP-ribosyl)ation Activity in Cancer Cells Piao L, Kang D, Suzuki T, Masuda A, Dohmae N, Nakamura Y, Hamamoto R. 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌50(3), 354-359 ジャーナル 2015 IMO排ガス洗浄システム(EGCS)ガイドラインにおける排水規制とモニタリング 高橋千織、益田晶子 共著  
          海技研報告第15巻2号 その他 2015 国際海事機関におけるSOx規制の概略とスクラバ排水規制 高橋千織、益田晶子 共著  
          PLoS ONE. 2016 11(2):e01479 ジャーナル 2016 Neisseria meningitidis Translation Elongation Factor P and Its Active-Site Arginine Residue Are Essential for Cell Viability Yanagisawa T, Takahashi H, Suzuki T, Masuda A, Dohmae N, Yokoyama S 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第51巻第1号 p.117-123 ジャーナル 2016/01 湿式スクラバーの水質モニタリング法の検討 - 濁度と多環芳香族炭化水素について 益田晶子、高橋千織、西尾澄人 主著 H27年度日本マリンエンジニアリング学会論文賞
          IMO PPR3/INF.5 その他 2016/1 Results of measurement of Black Carbon in exhaust gases from marine diesel engines Chiori Takahashi, Akiko Masuda, Eichi Muraoka 共著  
          IMO PPR4/INF.6 その他 2017/1 Results of measurement of Black Carbon in exhaust gases from marine diesel engines Akiko Masuda, Chiori Takahashi, Eichi Muraoka 主著  
    山口 良隆 7 12 Journal of Molecular Catalysis A: Chemical 141, 129-137 ジャーナル 1999 X-ray photoemission electron micoroscopy(XPEEM) as a new promising tool for the real time chamcal imageng of active surface  Y. Yamaguchi, S. Takakusagi, Y. Sakai, M. Kato, K. Asakura, Y. Iwasawa 主著  
          分析化学、49巻、12号、1009-1014 ジャーナル 2000 海上での流出オイルセンサーの開発及びフィールド実験 山口良隆、田口昇、山之内博、柴田敏明、樋富和夫、山岸進 主著  
          Proceedings of SPIE Vol. 4154 プロシーディングス 2000 Development and test of a compact lider for detection of oil spills in water S. Yamagishi, K. Hitomi, H. Yamanouchi, Y. Yamaguchi, T. Shibata 共著  
          分析化学、50巻、12号、893-898 ジャーナル 2001 マクロ計測及びミクロ分析による海上流出化学物質の広域モニタリング 山口良隆、田口昇、山之内博、柴田敏明、樋富和夫、山岸進 主著  
          Proceedings of symposium on Antifouling Paint and Marine Environment(InSAfE) プロシーディングス 2004.01 Spectrometric study on Photodegradation of Zinc and Copper pyrithione Y. Yamaguchi, A. Kumakura, M. Ishigami,  K. Shibata, T. Senda, Y. Yamada, 主著  
          Proceedings of symposium on Antifouling Paint and Marine Environment(InSAfE) プロシーディングス 2004.01 Possibility of direct speciation of organtin compounds by X-ray absorption N. Sakakibara, Y. Takahashi, Y. Yamaguchi, T. Uruga, M. Nomura 共著  
          Chemistry Letters, Vol.33, No.3, 264-265 ジャーナル 2004 Direct speciation of tin compounds in environmental samples using Sn K-edge XANES N. Sakakibara, Y. Takahashi, Y. Yamaguchi, K. Shitabata, T. Uruga 共著  
          Archives of Environmental contamination and Toxicology, 48, 303-310 ジャーナル 2005 Monitoring of Antifouling booster biocide in water and sediment from the Port of Osaka, Japan H. Harino, Y. Mori, Y. Yamaguchi, K. Shibata, T. Senda 共著  
          海上技術安全研究所報告 第 6 巻 第 4 号 特集号 (平成 18 年度) 基調論文、37-51 その他 2006 有害液体物質流出時の環境汚染モニタリングに関する研究 樋富和夫、山之内博、間島隆博、山岸進、篠野雅彦、桐谷伸夫、星野邦弘、山口良隆、田口昇、池本義範、泉山耕  共著  
          International Journal of Environmental Analytical chemistry, Volume 86, Issue 1-2, 83-89 ジャーナル 2007.01 Direct analysis of zinc pyrithione using LC-MS Y. Yamaguchi, A. Kumakura, S. Sugasawa, H. Harino, Y. Yamada, K. Shibata, T. Senda 主著  
          Journal of Chromatography A, Vol. 1144, 2, 175-182 ジャーナル 2007.03 Aqueous phototransformation of zinc pyrithione Degradation kinetics and byproduct identification by liquid chromatography--atmospheric pressure chemical ionisation mass spectrometry. V. A. Sakkas, K. Shibata, Y. Yamaguchi, S. Sugasawa, T.Albanis 共著  
          Proceedings of Shipbuilding Technology ISST 2007, 93-98 プロシーディングス 2007 Space and time distribution of antifouling agent in aquatic environment. K. Shibata, S. Sugawasa, Y. Yamaguchi, V.A. Sakkas, F. Kitamura, T. Senda 共著  
          Proc. of 5th PAAMES and AMEC2012, Paper No. GT-04 プロシーディングス 2012/12 Performance Analysis of Exhaust Heat Recovery System by Use of Process Simulator  K. Harumi, M. Adachi, H. Murata, C. Takahashi, H. ANDO, Y. Yamaguchi 共著  
          Proc. 27th Congress International Council on Combustion Engines (CIMAC) , Paper No.252, プロシーディングス 2013.5 Characterization of Residual Fuel Compositions and the Effect on Its Ignition and Combustion Performance C. Takahashi, S. Imai, Y. Yamaguchi and T. Senda 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 Vol. 48 (2013), 3, pp. 383-390. doi: 10.5988/jime.48.383. ジャーナル 2013 Spatial, Seasonal, and Temporal Variation of Antifouling Agent Concentration in a Small Marina, Predicted by 3D Unsteady Numerical Model K.Shibata, T.Senda, Y.Yamaguchi, S.Sugasawa, R.Kojima, O.Miyata and T.Shibata 共著  
         
日本マリンエンジニアリング学会誌、第48巻、第6号、pp.832-838
ジャーナル 2013.11 舶用燃料油の着火性に及ぼすブレンド基材の影響 - 低沸点成分基材(未脱硫軽油,分解軽油)の影響について 高橋千織、今井祥子、山口良隆、三ツ井裕太、林利昭 共著  
          Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering (ISME) September 15-19, 2014, Harbin, China, Paper-ISME130 プロシーディングス 2014/09 The Measurements of Copper Concentrations with a Potentially Toxic Fraction in Tokyo Bay Yoshitaka YAMAGUCHI, Takahiro NISHINO, Madoka OHJI, Hiroya HARINO and Hideo OKAMURA 主著  
          海上技術安全研究所報告、第15巻、第1号、pp.35-86(総合報告) その他 2015/07 船舶の省エネ・環境技術の評価に関する研究 春海一佳、安達雅樹、高橋千織、村田裕幸、安藤裕友、山口良隆、宮田修、一ノ瀬康雄 共著  
          海上技術安全研究所報告、第15巻第2号(基調論文) その他 2015/10 国内港湾における銅化合物の存在状態ついて
−船底防汚塗料中の銅の環境リスク評価に向けて−
山口良隆 主著  
    中村真由子 1 1 日本マリ ンエンジニアリング学会誌、投稿中(受付H29.3.3)
ジャーナル 掲載可 舶用ディーゼル機関から排出されるPMの分析事例
-大気質シミュレーションへの適用
大橋厚人、城田英之、中村真由子、益田晶子 共著 掲載号未定
          Marine Pollution Bulletin ジャーナル 査読中 Distribution of hydrocarbons in seabed sediments derived from tsunami-spilled oil in Kesennuma Bay, Japan Mayuko NAKAMURA, Yoshichika IKEDA, Akira MATSUMOTO, Hideaki MAKI, Hisayuki Arakawa 主著  
  環境エンジン研究グループ              
    高木 正英 15 23 International Journal of Engine Research, 5-1, pp.39-52 (2004) ジャーナル 2004 Modeling of a hollow-cone spray at different ambient pressures 高木正英,森吉泰生 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,39-10,pp.706-712 (2004) ジャーナル 2004 可変バルブタイミングを用いた内部EGR制御の研究 高木正英,高杉喜雄 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,42-6,pp.1028-1034 (2007) ジャーナル 2007 船上計測におけるNOx排出値の簡易評価手法 高木正英,井亀優,柴田清,平岡克英,大橋厚人 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,42-6,pp.1035-1042 (2007) ジャーナル 2007 運航中船舶でのNOx排出値計測に関する研究 高木正英,大橋厚人,井亀優,平岡克英,柴田清 主著 日本マリンエンジニアリング学会奨励賞受賞
          SAE paper 2007-01-1898 (2007) ジャーナル 2007 Investigation of Breakup Modeling of a Diesel Spray by Making Comparisons with 2D Measurement Data 森吉泰生,柳昌成,高木正英 共著  
          日本機械学会論文集B編, 74-748, pp.2690-2696 (2008) ジャーナル 2008 液滴密集度を考慮した液滴抗力低減モデルのディーゼル噴霧への適用 高木正英,森吉泰生 主著 第16回微粒化シンポジウムにて同内容において優秀講演賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,44-1,pp.119-126 (2009) ジャーナル 2009 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響 村田裕幸,安達雅樹,高木正英,稲坂冨士夫,岡秀行,平岡克英,春海一佳 共著 日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,44-3,pp. 125-131 (2009) ジャーナル 2009 排ガスエコノマイザのすす燃焼を模擬した並列沸騰流路の限界熱流束と流動特性 稲坂冨士夫,安達雅樹,村田裕幸,高木正英,岡秀行,春海一佳 共著  
          SAE paper 2009-01-1502 (2009) ジャーナル 2009  Numerical and Experimental Analyses of Mixture Formation Process Using a Fan-shaped Spray: Examinations on Effects of Cross Wind and Wall Impingement 森吉泰生,内田亮,高木正英,久保田昌人 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,44-6,pp.955-961 (2009) ジャーナル 2009 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(続報) 村田裕幸,安達雅樹,高木正英,稲坂冨士夫,岡秀行,平岡克英,春海一佳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,45-1,pp.97-102 (2010) ジャーナル 2010 排熱回収用循環流動層と蒸気タービンの仕様 安達雅樹,平岡克英,村田裕幸,稲坂冨士夫,春海一佳,高木正英,岡秀行 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,45-3,pp.127-132 (2010) ジャーナル 2010 排気希釈システム内のサルフェート損失の定量評価 大橋厚人,井亀優,石村恵以子,西尾澄人,高木正英,徐芝徳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,45-6,pp.907-912 (2010) ジャーナル 2010 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響-第3報 村田裕幸,安達雅樹,高木正英,稲坂冨士夫,岡秀行,平岡克英,春海一佳 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,45-6,pp.913-918 (2010) ジャーナル 2010 排熱回収システムのシリーズ化 安達雅樹,平岡克英,村田裕幸,稲坂冨士夫,春海一佳,高木正英,岡秀行 共著  
          Journal of JIME, 45, Special Issue, pp.20-25 (2010) ジャーナル 2010 Studies on SCR NOx Removal Catalyst Using Micro-reactors - Deterioration and Countermeasures 岸武行,稲葉利晴,柴田俊明,小島隆志,平田宏一,仁木洋一,高木正英,高橋千織,福田哲吾,永井建夫 共著 日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-1,pp.109-114 (2011) ジャーナル 2011 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第1報 劣化モデルの構築 高木正英,岸武行,稲葉利晴,村岡英一,永井建夫,福田哲吾 主著 日本マリンエンジニアリング学会論文賞受賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-1,pp.115-120 (2011) ジャーナル 2011 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第2報 再生モデルとその応用 岸武行,高木正英,稲葉利晴,村岡英一,永井建夫,福田哲吾 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-4,pp.620-625(2011) ジャーナル 2011 尿素SCRにおける還元剤噴霧の分散性・分解過程に関する検討 川内智詞,高木正英 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-5,pp.777-782 (2011) ジャーナル 2011 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第3報 尿素水分解による影響 高木正英,川内智詞,村岡英一,永井建夫 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-5,pp.873-878 (2011) ジャーナル 2011 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第4報 還元剤の分散性による影響 高木正英,川内智詞 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,48-6,pp.854-861 (2013) ジャーナル 2013 低セタン価燃料の着火・燃焼制御に関する研究 高木正英,徐芝徳,大橋厚人 主著  
          Proc. The 7th Annual Conference on Liquid Atomization and Spray Systems-Asia (ILASS-Asia), pp. 84-91 (2002) プロシーディング 2002 Effects of Initial Conditions and Breakup Modeling on the Simulation of Spray Formation Using a Swirl-Type Injector 森吉泰生,胡霄,高木正英 共著  
          Proc. The 8th Annual Conference on Liquid Atomization and Spray Systems-Asia (ILASS-Asia), pp.27-32 (2003) プロシーディング 2003 Effect of Droplet Breakup and Interaction Model Between Droplets and Gas on Diesel Spray 高木正英,森吉泰生 主著  
          FISITA (The Fédération Internationale des Sociétés d'Ingénieurs des Techniques de l'Automobile) 2006 Student Congress No.F2006SC43 pp.1-8 (2006) プロシーディング 2006 Analysis of a Fan-Shaped Spray Using 2D ILIDS Methods 内田亮,森吉泰生,柳昌成,高木正英 共著  
          Proc. of 10th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems (ICLASS), No. B4-08-101, pp.1–7 (2006) プロシーディング 2006 Experimental and Numerical Analysis on the Mixture Formation Process of a Diesel Spray 柳昌成,高木正英,森吉泰生 共著  
          8th International Symposium on Marine Engineering (ISME BUSAN 2009), CD-ROM#177 pp.1-6 プロシーディング 2009 Studies on Deterioration of SCR NOx Removal Catalyst and its Provision Using Micro-reactor 岸武行,稲葉利晴,柴田俊明,小島隆志,平田宏一,仁木洋一,高木正英,高橋千織,福田哲吾,永井建夫 共著  
          8th International Symposium on Marine Engineering (ISME BUSAN 2009), CD-ROM#71-2 pp.1-6 プロシーディング 2009 Effects of the Ship Motion on Gas-Solid Flow in a Circulating Fluidized Bed 村田裕幸,安達雅樹,高木正英,稲坂冨士夫,岡秀行,平岡克英,春海一佳 共著  
          8th International Symposium on Marine Engineering (ISME BUSAN 2009), CD-ROM#129 pp.1-6 プロシーディング 2009 Concept Design of an Exhaust Heat Recovery System with a Circulating Fluidized Bed for Marine Diesel Engine 安達雅樹,平岡克英,村田裕幸,稲坂冨士夫,高木正英,岡秀行,春海一佳 共著  
          27th CIMAC World Congress Shanghai 13, Paper No.173 プロシーディング 2013 A fundamental study on improvement of ignition behavior of low ignitability fuel with pilot injection 川内智詞,高木正英 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,40-5,pp.621-625 (2005) その他 2005 油圧駆動による4ストロークエンジン吸排気弁制御について 高木正英,石村惠以子 主著  
          海上技術安全研究所報告5-6, pp.539-558 (2005),総合報告 その他 2005 舶用機関からのNOx低減とPM測定に関する研究 石村惠恵以子,高杉喜雄,大橋厚人,高木正英,菊地正晃,菅進,張潔,井亀優 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌 43-5,pp.768-772 (2008) その他 2008 舶用ディーゼル機関排熱を利用した動力回収システムの概念設計 安達雅樹,平岡克英,村田裕幸,稲坂冨士夫,春海一佳,高木正英,岡秀行 共著  
          海上技術安全研究所報告8-2, pp.127-142 (2008),基調論文 その他 2008 NOx船上モニタリングに関する簡易評価手法及び運航中実船計測に関する研究 高木正英,大橋厚人,井亀優,平岡克英,柴田清 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会44-3,pp.49-54 (2009) その他 2009 燃料噴霧の数値シミュレーションモデル 高木正英 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会45-6,pp.895-898 (2010) その他 2010 舶用ディーゼルエンジンへのリスクベースメンテナンス適用の研究 石村恵以子,高木正英,桐谷伸夫,永井建夫,春海一佳 共著  
          海上技術安全研究所報告11-2, pp.71-89 (2011),基調論文 その他 2011 海上技術安全研究所における船舶用SCRシステムに関する研究 平田宏一,高木正英,岸武行,仁木洋一,川内智詞,市川泰久,福田哲吾,稲葉利晴,永井建夫,岩本泉,大橋将太,田淵一浩,金子純蔵,村岡英一 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会48-3,pp.356-361 (2013) その他 2013 ディーゼル燃料の着火性と多段噴射による着火性改善手法 高木正英 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会51-3,pp.282-287 (2016) その他 2016 低着火性燃料の燃焼・排気に関する実験的解析 高木正英 主著  
    大橋厚人 9 22 Proceedings of New Horizons in Radiation Protection and Shielding, Washington, 130-137 プロシーディングス 1992 Neutron Shielding Ability of KRAFTON N2 - Mannan - KRAFTON N2 Sandwich-type Material and Others K. Ueki, A. Ohashi and Y. Anayama 共著  
          Proceedings of New Horizons in Radiation Protection and Shielding, Washington, 364-371 プロシーディングス 1992 Integral Test of Cross Sections in JENDL-3 by Monte Carlo Analysis of Benchmark Experiments K. Ueki, A. Ohashi and M. Kawai 共著  
          Proceedings of PATRAM '92 (The 10th International Symposium on the Packaging and Transportation of Radioactive Materials), Yokohama, 684-691 プロシーディングス 1992  Shielding Test of a Model for FBR Irradiation Fuel Transport Cask  A. Ohashi, K. Ueki, I. Iyori, S. Uruwashi, S. Iwanaga and S. Takahashi 主著  
          J. Nucl. Sci. Technol.、Vol. 30, 339-357 ジャーナル 1993.4 Continuous Energy Monte Carlo Analysis of Neutron Shielding Benchmark Experiments With Cross Section in JENDL-3 K. Ueki, A. Ohashi and M. Kawai 共著  
          Proceeding of 8th International Conference of Radiation Shielding, Arlington, Texas USA,51-58 プロシーディングス 1994 Shielding ability of KRAFTON series and optimum arrangement K. Ueki, A. Ohashi, Y. Anayama and K. Hattori 共著  
          Proceeding of 8th International Conference of Radiation Shielding, Arlington, Texas USA,1140-1147 プロシーディングス 1994 Taking space-energy-dependent importance function for russian roulette and splitting in continuous energy Monte Carlo calculation  K. Ueki, A. Ohashi 共著  
          Proceedings of the 4th International Symposium on Functionally Graded Materials, Tsukuba, Japan, 667-672 プロシーディングス 1996.10  Radiation Dose Reduction by Graded Structures in the Heat Source of a 90Sr Radioisotope Battery A. Ohashi, K. Ueki and T. Senda 主著  
          Nuclear Science and Engineering: Vol. 124, 455-464 ジャーナル 1996 Systematic Evaluation of Neutron Shielding Effects for Materials K. Ueki, A. Ohashi, N. Nariyama, S. Nagayama, T. Fujita, K. Hattori and Y. Anayama 共著  
          Proceedings of International Workshop on Utilization of Nuclear Power in Oceans(N'ocean 2000), p.202-209, Tokyo, Japan. プロシーディングス 2000.2  Present and Future Problems of Radiation Shielding for Maritime Transport of Nuclear Spent Fuels K. Ueki, N. Nariyama and A. Ohashi 共著  
          J. Nucl. Sci. Technol. Supplement 1、324-328 ジャーナル 2000.3 Measurement of Dose-Equivalent Rates around a Cask and Monte Carlo Analysis with Actual Configuration of Fuel Basket K. Ueki, N. Nariyama, A. Ohashi and A. Yamaji 共著  
          International Journal of Radioactive Materials Transort (RAMTRANS)、Vol.11, No. 4,  309-316 ジャーナル 2000 ON-BOARD DOSE MEASUREMENT AND ITS MONTE CARLO ANALYSIS IN A LOW LEVEL WASTE SHIPPING VESSEL A. Ohashi and K. Ueki 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会、第37巻 第3号、220-226 ジャーナル 2002.5 舶用ディーゼル機関の燃料噴射系と吸排気弁系の電子制御化運転 高杉喜雄、石村恵以子、西尾澄人、大橋厚人、桑原孫四郎、張 潔、管 進 共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌第40巻第6号、115-120 ジャーナル 2005.11 β線吸収法PM計測システムの開発と実船測定 大橋厚人、高杉喜雄、石村惠以子 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第42巻第6号、1035-1042 ジャーナル 2007.11 運航中船舶でのNOx排出値計測に関する研究 高木正英,大橋厚人,井亀 優,平岡克英,柴田 清 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,第42巻第6号、1028-1034 ジャーナル 2007.11 船上計測におけるNOx排出値の簡易評価手法 高木正英,平岡克英,柴田 清,井亀 優,大橋厚人 共著  
          海技研報告、第8巻、第2号、基調論文、127-142 その他 2008 NOx船上モニタリングに関する簡易評価手法及び運航中実船計測に関する研究 高木正英,大橋厚人、井亀優,平岡克英,柴田 清 共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌第45巻第3号、127-132 ジャーナル 2010.5 排気希釈システム内のサルフェート損失の定量評価 大橋厚人、井亀優、石村惠以子、西尾澄人、高木正英、徐芝徳 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第45巻第4号、584-587 ジャーナル 2010.7 熱重量分析法によるPM成分(SOF)の由来の検討 石村惠以子、井亀優、大橋厚人、西尾澄人、高木正英 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌第46巻第3号、448-453 ジャーナル 2011.5 舶用ディーゼル機関排気のSOFとTHC濃度の関係 徐 芝徳、石村惠以子,大橋厚人,井亀 優,西尾澄人 共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌第46巻第4号、607-611 ジャーナル 2011.7 ディーゼル機関排気中のカルシウム定量分析事例とその発生起源について 大橋厚人、徐 芝徳、井亀 優 主著  
          Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering (ISME), C4-3. プロシーディングス 2011.10 Development and Evaluation of Electrostatic Cyclone DPF- Collection Characteristics of PM and Collection Efficiency of PM in DPF in Marine Diesel Engines T. MOCHIZUKI, H. SASAKI, T. TSUKAMOTO, M. FURUGEN,T. MAKINO, A. OHASHI, E. ISHIMURA, Z. Xu and M. IKAME 共著  
          Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering (ISME), C3-3 プロシーディングス 2011.10 FUEL INJECTION CONTROL FOR COMBUSTION IMPROVEMENT OF USED VEGETABLE OIL IN MARINE DIESEL ENGINE Z. XU, S. NISHIO, M. IKAME, A. OHASHI, E. ISHIMURA 共著  
          海技研報告、第11巻、第2号、基調論文、91-110 その他 2011 舶用ディーゼル機関から排出される粒子状物質(PM)の計測とその排出特性 井亀優、大橋厚人、石村惠以子、西尾澄人、徐 芝徳、高木正英、羽鳥和夫、高橋千織、宮田 修、今井康之 共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌第47巻第1号、97-104 ジャーナル 2012.1 希釈トンネル内の沈着損失が粒子状物質計測に及ぼす影響について 大橋厚人、井亀 優、石村惠以子 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第47巻第2号、249-256 ジャーナル 2012.3 舶用ディーゼル機関におけるバイオ燃料の燃焼改善に関する研究 西尾澄人, 徐 芝徳, 井亀 優, 大橋 厚人, 桑原孫四郎 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第47巻第2号、257-262 ジャーナル 2012.3 舶用ディーゼル機関における廃食油の燃焼および排気の改善 徐 芝徳、西尾澄人、井亀 優、石村恵以子、大橋厚人、岸 武行 共著 日本マリンエンジニアリング学会技術賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌、第48巻第6号、854-861 ジャーナル 2013.11 低セタン価燃料の着火・燃焼制御手法に関する研究 高木正英、徐 芝徳、大橋厚人 共著  
          27th CIMAC World Congress Shanghai 2013, Paper No.137 プロシーディングス 2013 Newly Developed Diesel Particulate Filter for Marine Diesel Engine - Electrostatic Cyclone DPF -  M. FURUGEN, T. MAKINO, H. SASAKI, T. TSUKAMOTO, A. OHASHI, Z. XU 共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌第49巻第1号、126-131 ジャーナル 2014.1 PM 濃度による分流希釈システムの比較 大橋厚人、徐 芝徳、佐々木 秀次、塚本達郎 主著  
          Proc. 28th Congress International Council on Combustion Engines (CIMAC), Paper No.258, プロシーディングス 2016.6 Effect of Fuel Composition on Its Ignition and Combustion Quality C. Takahashi, Y. Mitsui, T. Hayashi, S. Nishio, A. Ohashi  共著  
          日本マリ ンエンジニアリング学会誌、投稿中(受付H29.3.3)
ジャーナル 掲載可 舶用ディーゼル機関から排出されるPMの分析事例
-大気質シミュレーションへの適用
大橋厚人、城田英之、中村真由子、益田晶子 主著 掲載号未定
    Oleksiy Bondarenko 7 1 日本マリンエンジニアリング学会誌,48-5 ジャーナル 2013 Development of Diesel Engine Simulator for Use with Self-Propulsion Model Oleksiy Bondarenko,福田哲吾,柳東勲,谷澤克治 主著  
        7th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics. APHydro-2014 プロシーディングス 2014 An Efficient Utilization of Main Engine Scavenging Air for Air Lubrication  System. Part 1: Experiment and Simulation Oleksiy Bondarenko,福田哲吾 主著  
        The International Symposium on Marine Engineering. ISME-2014 プロシーディングス 2014
Novel Concept of Inverter-less Electric Drive for Ship Propulsion System
Oleksiy Bondarenko,福田哲吾,伊藤雅則, Zhang F.(東京海洋大) 主著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,50-6 ジャーナル 2015 Novel Concept of Inverter-less Electric Drive for Ship Propulsion System Oleksiy Bondarenko,福田哲吾,伊藤雅則, Zhang F.(東京海洋大) 主著 H28(2016)年5月
日本マリンエンジニアリング学会論文賞
          Far Eastern Federal University: School of Engineering Bulletin, Vol.22 その他 2015 Consideration of Propulsion Engine Operation in Combination with Ship Hull Air Lubrication Oleksiy Bondarenko,福田哲吾 主著  
          28th CIMAC World Congress Helsinki 2016, Paper No.56 プロシーディングス 2016 Gas Engine for Marine Application: Modelling and Control Oleksiy Bondarenko,市川泰久,福田哲吾 主著  
          10th IFAC Conference on Control Application in Marine Systems (CAMS 2016),
Trondheim
プロシーディングス 2016 Potential of Acoustic Emission in Unsupervised Monitoring of Gas-Fueled Engines Oleksiy Bondarenko,福田哲吾 主著  
          Proceedings of the ASME2016 Internal Combustion Fall Technical Conference プロシーディングス 2016/10 EFFECTS OF GAS COMPOSITION ON COMBUSTION,EMISSION AND KNOCKING CHARACTERISTICS OF MARINE LEAN BURN GAS ENGINE Yasuhisa Ichikawa、Hidenori Sekiguchi、Oleksiy Bondarenko、Dong-Hoon Yoo、Koichi Hirata 共著  
    川内 智詞 5 7 日本マリンエンジニアリング学会誌,46-4 ジャーナル 2011.7 尿素SCRにおける還元剤噴霧の分散性・分解過程に関する検討 川内 智詞、高木 正英 主著 2011年日本マリンエンジニアリング学会 奨励賞
ロイドレジスター奨励賞
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-5 ジャーナル 2011.9 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測
第3報 尿素水分解による影響
高木正英、川内智詞、村岡英一、永井建夫 共著  
          日本マリンエンジニアリング学会誌,46-5 ジャーナル 2011.9 簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測
第4報 還元剤の分散性による影響
高木正英、川内智詞 共著  
          SAE Power and Fuel lubricants JSAE20119301 プロシーディングス 2011.9 Investigation of Mixture Formation and Ignition Process of Merged Spray for PCCI combustion 川内智詞、鶴大輔、田島博士、石橋亮佑 主著  
          Approach of spray distribution control using merging sprays of different injection rate for PCCI combustion プロシーディングス 2011.9 Approach of spray distribution control using merging sprays of different injection rate for PCCI combustion 加藤寿子、田島博士、川内智詞、鶴大輔 共著  
          ISME Kobe, PaperA1-2 プロシーディングス 2011.10 Injection Strategy with Merged Spray Characteristics for PCCI combustion in Large Bore Diesel Engines 川内智詞、鶴大輔、青柳陽彦、田島博士 主著  
          27th CIMAC World Congress Shanghai 2013, Paper No. 173 プロシーディングス 2013.5 A fundamental study on improvement of ignition behavior of low ignitability fuel with pilot injection 川内智詞、高木正英 主著  
          海上技術安全研究所報告 13巻3号,
(総合報告)
その他 2014.1 雰囲気条件と燃料噴射の制御による舶用ディーゼル機関からのNOx、微粒子排出特性 高木正英、大橋厚人、岸武行、川内智詞、井亀優、徐芝徳 共著  
          海技研報告、14巻1号(総合報告) その他 2014.6 マルチ燃料対応舶用機関制御に関する研究−バイオ燃料の燃焼技術に関する研究、燃焼制御システムの構築及び実証実験− 西尾澄人、井亀優、羽鳥和夫、徐 芝徳、春海一佳、平田宏一、岸武行、仁木洋一、永井建夫、福田哲吾、川内智詞 共著  
          海上技術安全研究所報告15巻3号、
(総合報告) 
その他 2016 マイクロパイロット着火方式における希薄予混合ガス燃焼の着火,排気に関する研究 高木正英、川内智詞、城田英之、横井威 共著  
          Fuel, Vol.164 ジャーナル 2016 Influence of Hydrogen Addition on the Operating Range, Emissions and Efficiency in Lean Burn Natural Gas Engines a High Specific Loads B. Korb、S. Kawauchi、G. Wachtmeister 共著  
          28th CIMAC World Congress Helsinki 2016, Paper No. 171 プロシーディングス 2016.6 A fundamental study on improvement of ignition behavior of low ignitability fuel with pilot injection 川内智詞、高木正英 主著  
156