・入所以降 平成29年12月19日現在
・対象:
@: 全文査読を経た学術誌掲載論文(ジャーナル)
A: 全文査読を経た国際会議議事録掲載論文(プロシーディングス)
B: @、Aに相当すると見なせる論文(その他)
※ 査読中のものも含む
所属 氏名 主著件数 共著件数 掲載誌・巻・号・頁等 区分 年月日 タイトル 著者(本人に下線) 主著・共著 備考
流体設計系            
    辻本 勝 30 51 2nd New Ship & Marine Tec.21st Century プロシーディングス 1998.6 A New Analytic Method of Voyage data M. Tsujimoto, S. Naito 主著  
          関西造船協会誌第230号 ジャーナル 1998.10 実海域における船体応答の長期予測法に関する研究 内藤林、辻本勝、濱中誠司、瀬川進、柴田憲一 共著  
          関西造船協会誌第233号 ジャーナル 2000.3 実船データ解析による推進性能評価法の検討 塚田吉昭、日夏宗彦、南佳成、辻本勝、矢吹英雄 共著  
          関西造船協会誌第234号 ジャーナル 2000.9 実船データ解析による実海域推進性能推定法の検証 辻本勝、日夏宗彦、塚田吉昭、南佳成、矢吹英雄、斎藤重信、野田英夫 主著  
          Osaka Colloquium 2000 プロシーディングス 2000.10 EVALUATION OF SHIP PROPULSIVE PERFORMANCE BY ANALYZING FULL-SCALE SHIP AND TIME HISTORY OF SHIP MOTION ON ACTUAL SEAS Y. Minami, Y. Tsukada, M. Hinatsu, M. Tsujimoto, H. Yabuki, S. Saitoh, H. Noda 共著  
          Osaka Colloquium 2000 プロシーディングス 2000.10 PROBABILISTIC ESTIMATION ON SHIP PERFORMANCE IN ACTUAL SEAS M. Tsujimoto, M. Hinatsu, Y. Tsukada, Y. Minami, H. Yabuki, S. Saitoh, H. Noda 主著  
          Osaka Colloquium 2000 プロシーディングス 2000.10 ON THE REVISED INTEGRATED GREEN'S FUNCTION METHOD FOR THE 3D UNSTEADY FLOW AROUND AN ADVANCING SHIP I. Watanabe, M. Tsujimoto 共著  
          Osaka Colloquium 2000 プロシーディングス 2000.10 DEVELOPMENT OF THE WAVE MONITORING SYSTEM BY VIDEO IMAGE PROCESSING T. Miyazaki, N.Kiriya, S. Ishida, I. Watanabe, H. Sawada, T. Nimura, M. Tsujimoto, K. Hoshino 共著  
          船舶技術研究所報告第37巻第6号 その他 2000.11 合理的な乾舷設定法に関する研究 小川剛孝、田口晴邦、石田茂資、渡辺巌、沢田博史、辻本勝、南真紀子 共著  
          関西造船協会誌第235号 ジャーナル 2001.3 大波高中における船首相対水位変動に関する考察 小川剛孝、辻本勝、南真紀子、沢田博史 共著  
          関西造船協会論文集第236号 ジャーナル 2001.9 波高−波周期−波向の3相関統計データと船体応答長期予測法への適用について 辻本勝、小川剛孝 主著  
          海上技術安全研究所報告第1巻第3号 その他 2001.10 実海域実験による運航性能評価に関する研究 上野道雄、辻本勝、原口富博、石田茂資、二村正、宮崎英樹、藤原敏文、野中晃二、塚田吉昭、日夏宗彦、南佳成、今里元信、原野勝博、岡修二、矢吹英雄、斎藤重信、野田英夫 共著  
          日本造船学会論文集第190号 ジャーナル 2001.12 漁船「第五龍寶丸」転覆事故要因に関する検討 田口晴邦、石田茂資、渡辺巌、沢田博史、辻本勝、山越康行、馬寧 主著  
          TECHNO-OCEAN2002 プロシーディングス 2002.11 RESEARCH & DEVELOPMENT ON REVOLUTIONARY COASTAL SHIPS -SUPER ECO-SHIP PROJECT- T. Hino, H. Kawashima, M. Tsujimoto 共著  
          STAB2003 プロシーディングス 2003.9 A STUDY ON FACTORS RELATED TO THE CAPSIZING ACCIDENT OF A FISHING VESSEL "RYUHO MARU No.5" H. Taguchi, S. Ishida, I. Watanabe, H. Sawada, M. Tsujimoto, Y. Yamakoshi, N. Ma 共著  
          ISOPE2004 プロシーディングス 2004.5 Visualization of shipping water on running ship foredeck in regular head seas K. Tanizawa, H. Sawada, K. Hoshino, M. Tsujimoto 共著  
          日本造船学会論文集第195号 ジャーナル 2004.6 シーマージンの設定法について−内航コールタール油槽船− 辻本勝、武隈克義 主著  
          関西造船協会論文集第242号 ジャーナル 2004.9 次世代型帆装船用ウェザールーティングシステムの開発とその評価 辻本勝、上野道雄、藤田裕、廣岡秀昭 主著  
          OCEANS'04 MTS/IEEE /TECHNO-OCEAN'04 プロシーディングス 2004.11 Fundamental Research for Development of an Advanced Sail-Assisted Ship M. Ueno, M. Tsujimoto, F. Kitamura, T. Fujiwara, M. Takekawa, K. Nakayama, H. Isshiki, H. Fujita, H. Hirooka 共著  
          ICHD2004 プロシーディングス 2004.11 Experimental and Numerical Study of Shipping Water Impact on Running Ship Foredeck in Regular Head Seas K. Tanizawa, H. Sawada, M. Tsujimoto, S. Koshizuka 共著  
          海上技術安全研究所報告第4巻第6号 その他 2005.2 次世代型帆装船の基礎研究 上野道雄、藤原敏文、二村正、南佳成、北村文俊、辻本勝、平田宏一、宮崎英樹、竹川正夫、中山一夫、一色洋、藤田裕、廣岡秀昭 共著  
          ISOPE2005 プロシーディングス 2005.6 Statistical Characteristics of Winds and Waves around Japan M. Tsujimoto, S. Ishida 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第2号 ジャーナル 2005.12 日本近海の波と風の統計的性質 辻本勝、石田茂資 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第2号 ジャーナル 2005.12 実海域性能を考慮した航海計画システムの開発−気象海象の予測精度が航海計画に与える影響− 辻本勝、谷澤克治 主著  
          OMAE2006 プロシーディングス 2006.6 DEVELOPMENT OF A WEATHER ADAPTIVE NAVIGATION SYSTEM CONSIDERING SHIP PERFORMANCE IN ACTUAL SEAS M. Tsujimoto, K. Tanizawa 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第3号 ジャーナル 2006.6 実海域性能を考慮した内航船用船速計画システムの開発 辻本勝、南佳成、村山貴彦、高井博司 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第4号 ジャーナル 2006.12 内航船用船速計画システムの実船試験とその評価 辻本勝、南佳成、村山貴彦、高井博司、家城竜也、今澄敏夫、増田勝美 主著  
          海上技術安全研究所報告第7巻第1号 その他 2007.6 粒子法による船舶の波浪衝撃解析手法の開発(水槽試験による甲板打込水の可視化計測と数値計算検証データの取得) 谷澤克治、沢田博史、星野邦弘、辻本勝、南佳成、南真紀子、山田安平 共著  
          海上技術安全研究所報告第7巻第2号 その他 2007.9 SBDの概念による実海域性能を考慮した高速船の船型設計法の研究 日夏宗彦、辻本勝、平田信行、小林寛、小川剛孝、長谷川純、塚田吉昭、深澤良平、日野孝則、石田茂資、右近良孝 共著  
          OCEANS'07, Vancouver  プロシーディングス 2007.9 Navigation Simulation of a VLMOS for Wind Power Generation J. Hotta, K. Takagi, T. Kinoshita, S. Tanaka, H. Yamaguchi, M. Tsujimoto, H. Okamura, T. Uehiro 共著  
          Osaka Colloquium 2008 プロシーディングス 2008.3 Optimum Navigation for Minimizing Ship Fuel Consumption -Investigation of Route, Speed and Seakeeping Performance- M. Tsujimoto, J. Hinnenthal 主著  
          AATT 2008 プロシーディングス 2008.5 DEVELOPMENT OF A WEATHER ADAPTIVE NAVIGATION SYSTEM FOR COASTAL SHIPPING AND ITS ONBOARD EXPERIMENT M. Tsujimoto, Y. Minami, T. Murayama, H. Takai, T. Yashiro, T. Imazumi, K. Masuda 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.8 ジャーナル 2008.12 Investigation on Components of Added Resistance in Short Waves M. Kuroda, M. Tsujimoto, T. Fujiwara, S. Ohmatsu, K. Takagi 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.8 ジャーナル 2008.12 A Practical Correction Method for Added Resistance in Waves M. Tsujimoto, K. Shibata, M. Kuroda, K. Takagi 主著  
          Journal of Marine Science and Technology, Vol.14, No.1 ジャーナル 2009.2 Optimum routing of a sailing wind farm M. Tsujimoto, T. Uehiro, H. Esaki, T. Kinoshita, K. Takagi, S. Tanaka, H. Yamaguchi, H. Okamura, M. Satou, Y. Minami 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.9 ジャーナル 2009.6 On a Calculation of Decrease of Ship Speed in Actual Seas M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shibata, N. Sogihara, K. Takagi 主著  
          ISSDC09 プロシーディングス 2009.9 On a Calculation of the Coefficient (fw) for the Decrease of Ship Speed in Actual Seas M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shibata, N. Sogihara, K. Takagi 主著  
          海上技術安全研究所報告第9巻第4号 その他 2010.3 海の10 モード指標の開発 佐々木紀幸、辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、一ノ瀬康雄、臼井謙彰、上野道雄、藤原敏文、星野邦弘、川並康剛、大松重雄 共著  
          ISOPE2010 プロシーディングス 2010.6 Verification of Calculation Method on Ship Performance by Onboard Measurement N. Sogihara, M. Ueno, K. Hoshino, M. Tsujimoto, N. Sasaki 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.6 波浪中抵抗増加と船首水面上フレア形状の関係について 黒田麻利子、辻本勝、佐々木紀幸、大松重雄、高木健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.6 バラスト状態での波浪中抵抗増加の推定 一ノ瀬康雄、辻本勝、枌原直人、柴田和也、高木健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.6 粒子法による水波計算のための透過境界条件の開発 柴田和也、越塚誠一、酒井幹夫、谷澤克治、辻本勝 共著  
          PRADS2010 プロシーディングス 2010.9 Relation between Added Resistance in Waves and Bow Shapes above Waterline M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, S. Ohmatsu, K. Takagi 共著  
          4th PAAMES and AMEC2010 プロシーディングス 2010.12 On a Calculation of Added Resistance due to Waves in Ballasted Condition and Validation by Onboard Measurement Y. Ichinose, M. Tsujimoto, N. Sogihara, K. Takagi 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 斜波中における肥大船の性能推定について 枌原直人、辻本勝、一ノ瀬康雄、南佳成、佐々木紀幸、高木健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 実船計測による実海域性能評価法の検証 枌原直人、上野道雄、星野邦弘、辻本勝、佐々木紀幸 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 自動車運搬船及び大型油槽船の実船計測による速力低下計算法の検証 枌原直人、上野道雄、藤原敏文、辻本勝、佐々木紀幸 共著  
          海上技術安全研究所報告第10巻第3号 その他 2010.12 高効率船舶の基盤技術の開発 佐々木紀幸、平田信行、辻本勝、久米健一 共著  
          AMT'11 プロシーディングス 2011.4 Development of a Measurement System for the Unsteady Wave Fields around Ship Using the Laser Light Sheet Method K. Hoshino, M. Tsujimoto, N. Sasaki 共著  
          ISOPE2011 プロシーディングス 2011.6 Onboard Measurement for Verification of a Calculation Method on Decrease of Ship Speed - for a RoRo Cargo Ship and an Oil Tanker - N. Sogihara, M. Ueno, T. Fujiwara, M. Tsujimoto, N. Sasaki 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第14号 ジャーナル 2011.12 波浪中抵抗増加低減のための船首水面上ステップの効果について 黒田麻利子、辻本勝、佐々木紀幸、表正和、野嶋宣男、加賀正人 共著  
          Journal of Engineering for the Maritime Environment ジャーナル 2012.2 Study on the bow shapes above the waterline in view of the powering and greenhouse gas emissions in actual seas M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, S. Ohmatsu, K. Takagi 共著  
          ISOPE2012 プロシーディングス 2012.6 Development of STEP for the Reduction of Added Resistance in Waves M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, M. Omote, N. Nojima, M. Kaga 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 On the Evaluation Method of Ship Performance for Blunt Ships - Extension of 10 mode Index for Ships - M. Tsujimoto, N. Sasaki, K. Takagi 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Onboard Measurement for a Container Ship in view of Container Load Condition M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sogihara 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Decrease of Ship Speed in Actual Seas of a Bulk Carrier in Full Load and Ballast Conditions - Model Test and Onboard Measurement - Y. Ichinose, M. Tsujimoto, K. Shiraishi, N. Sogihara 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.16 ジャーナル 2012.12 Verification on the Resistance Test in Waves Using the Actual Sea Model Basin M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shiraishi, Y. Ichinose, N. Sogihara 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第16号 ジャーナル 2012.12 実海域での燃費評価法 辻本勝、枌原直人 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第16号 ジャーナル 2012.12 自動車運搬船のための波浪中抵抗増加低減STEPの開発 黒田麻利子、辻本勝、白石耕一郎、佐々木紀幸、表正和、野嶋宣男、加賀正人 共著  
          海上技術安全研究所報告12巻4号 その他 2012.12 国際海運からの温室効果ガス排出削減−エネルギー効率指標(EEDI, SEEMP)に対する当所の取り組み− 辻本勝、村岡英一、黒田麻利子、宇都正太郎 主著  
          OMAE2013 プロシーディングス 2013.6 Development of a Calculation Method for Fuel Consumption of Ships in Actual Seas with Performance Evaluation M. Tsujimoto, M. Kuroda, N. Sogihara 主著  
          PRADS2013 プロシーディングス 2013.1 Analysis on Onboard Measurement Data for the Validation of the Effect of the Energy Saving Device STEP M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, M. Naito, M. Omote, N. Nojima, M. Kaga 共著  
          海上技術安全研究所報告14巻2号 その他 2014.1 実海域省エネ装置STEPの開発 辻本勝、黒田麻利子、白石耕一郎、佐々木紀幸、内藤牧雄、表正和、野嶋宣男、加賀正人 主著  
          OMAE2015 プロシーディングス 2015.6 Development of a Ship Performance Simulator in Actual Seas M. Tsujimoto, N. Sogihara, M. Kuroda, A. Sakurada 主著  
          23rd POAC プロシーディングス 2015.6 NSR transit simulations by the vessel performance simulator "VESTA" Part1 Speed reduction and fuel oil consumption in the summer transit along NSR T. Matsuzawa, N. Sogihara, M. Tsujimoto, S. Uto 共著  
          PSFVIP2015 プロシーディングス 2015.6 Flow Visualization and analysis by PIV Measurement System using Micro-bubbles as Tracer in Ship Model Basin -Measurement in Still Water and Regular Waves- H. Ohba, K. Hoshino, M. Tsujimoto, M. Kuroda 共著  
          NAV2015 プロシーディングス 2015.6 Application of Uncertainty Analysis for Measurement of Added Resistance in Regular Short Waves N. Sogihara, M. Tsujimoto, Y. Kasahara, R. Fukasawa, T. Hamada 共著  
          海上技術安全研究所報告15巻4号 その他 2016.3 日本近海の波と風データベース 辻本勝、石田茂資 主著  
          海上技術安全研究所報告15巻4号 その他 2016.3 実運航性能シミュレータ VESTA 辻本勝、枌原直人、黒田麻利子、櫻田顕子 主著  
          PRADS2016 プロシーディングス 2016.9 Development of COVE Bow -Energy Saving Bow Shape in Actual Seas- A. Sakurada, M. Tsujimoto, M. Kuroda 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集24号 ジャーナル 2016.12 不規則波中抵抗増加の計測と長周期変動の推定 黒田麻利子、高木健、辻本勝、藤沢純一 共著  
          海上技術安全研究所報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、櫻田顕子、松沢孝俊、宇都正太郎、大場弘樹、一ノ瀬康雄、坂本伸晶、星野邦弘、下田春人、藤沢純一、後藤英信、池本義範、若生大輔、深澤良平、金子杏実、平田宏一、仁木洋一、福田哲吾、村岡英一 主著  
          Ocean Engineering, Vol. 136 ジャーナル 2017.3 A study on high-lift rudder performance in adverse weather based on model tests under high propeller load R. Suzuki, Y. Tsukada, M. Tsujimoto, E. Muraoka, M. Ueno 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 ボルスターが実海域推進性能に及ぼす影響 辻本勝、櫻田顕子、黒田麻利子 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 浅水試験による抵抗・自航性能と船速・馬力評価 藤沢純一、深澤良平、辻本勝 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航シミュレーションによる実船データ解析−排水量修正と波風修正の適用− 櫻田顕子、枌原直人、黒田麻利子、辻本勝、杉本義彦、長谷川健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航性能評価における速力-回転数-主機出力関係のモデル化 櫻田顕子、黒田麻利子、辻本勝、杉本義彦、長谷川健 共著  
          FLUCOM2017 プロシーディングス 2017.10 Measurement of the Stern Field in Regular Waves by PIV Measurement System Using Micro-bubbles H. Ohba, K. Hoshino, M. Kuroda, M. Tsujimoto 共著  
          日本航海学会論文集 ジャーナル 投稿中 日本沿岸の距岸別気象海象解析と小型船舶の余裕乾舷 黒田貴子、田口晴邦、辻本勝 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 投稿中 Investigation on Trim Optimization to Enhance the Propulsive Performance of Fine Ships N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
          INT-NAM 2018 プロシーディングス 投稿中 Trim Optimization for Ship Performance in Actual Seas N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
  実海域性能研究グループ              
    久米 健一 2 8 Proceedings of the International Mechanical Engineering Congress and Exposition プロシーディングス 2000.11.5 Concurrent and Complementary Experimental and Computational Investigations for Hydrodynamic Design System of a Surface Ship S. H. Rhee, T. Hino, N. Hirata, Y. Kodama, K. Kume, H. Takesh, Y. Ukon 共著  
          JMST Vol.11  No. 2 ジャーナル 2006.6 Measurements of Hydrodynamic Forces, Surface Pressure and Wake for Obliquely Towed Tanker Model and Uncertainty Analysis for CFD Validation K. Kume, J. Hasegwa, Y. Tsukada, J. Fujisawa, R. Fukasawa, M. Hinatsu 主著  
          海上技術安全研究所報告第8巻1 その他 2008.6 Research on Improvement of Propulsive Performance of a High-Speed Ship Equipped with a High-Powered Propeller Y. Ukon, K. Kume, J. Fujisawa, H. Takeshi, Y. Kawanami, J. Hasegawa, R. Fukasawa, S. Yamasaki, J. Ando, T. Kanai 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第13号 ジャーナル 2011.8 非構造六面体格子を用いたCFDによるツインスケグ型2軸船の性能推定 久米健,平田信行 主著  
          Proceedings of NAV2012 プロシーディングス 2012.10 Evolutional Ship Design Concept for The Final Phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y. Ichinose 共著  
          海上技術安全研究所報告第14巻2号 その他 2014.10 プロペラ一体型省エネデバイスの研究 川島英幹,久米健一,坂本信晶 共著  
          海上技術安全研究所報告第14巻2号 その他 2014.10 二軸船に適した境界層制御技術の開発について 黒田麻利子,藤沢純一,宇都正太郎,久米健一,佐々木紀幸 共著  
          海上技術安全研究所報告第15巻4号 その他 2016.3 船型要目最適化プログラムHOPE Lightの開発 一ノ瀬康雄,久米健一 共著  
          Proceedings of 19th Numerical Towing Tank Symposium プロシーディングス 2016.10 A Development and analysis of the new Energy Saving Device “USTD” Y. Ichinose, K. Kume, Y. Tahara 共著  
          海上技術安全研究所報告第17巻第1号 その他 2017.8 実海域省エネデバイスの開発に関する研究 川島英幹,一ノ瀬康雄,笠原良和,久米健一,金子杏実,深澤良平,田原裕介 共著  
    池本 義範 2 8 IEEE Virtual Realty '99 Conference Proceedings プロシーディングス 1999.3 Evacuation Simulator for Analysis of Evcacuees' Decision in a Ship under Casualty 金湖富士夫、池本義範 共著  
          船研報告資料(欧文) その他 2000.2 Evacuation Simulator for Analysis of Evcacuees' Decision in a Ship under Casualty 金湖富士夫、池本義範、福元正明 共著  
          船研報告資料(欧文) その他 2000.3 Marine Safety Evacuation System by Application of Probabilistic Risk Assesment Methord 金湖富士夫、池本義範、他7名 共著  
          日本航海学会論文集(Vol.112) ジャーナル 2000.3 高分解能衛星画像を用いた船舶の観測 池本義範 主著  
          海技研報告第2巻2号(研究報告) その他 2002.12 ビデオ画像を用いた3次元位置推定方法の開発 金湖富士夫、池本義範 共著  
          海技研報告第6巻4号(研究報告) その他 2006.2 有害液体物質流出時の環境汚染モニタリングに関する研究 樋富和夫、山之内博、間島隆博、山岸進、篠野雅彦、桐谷伸夫、星野邦弘、山口良隆、田口昇、池本義範、泉山耕  共著  
          海技研報告第6巻5号(研究報告) その他 2006.8 小型漁船の転覆事故解析例 田口晴邦、池本義範 共著  
          Proceedings of OCEANS' 12 MTS/IEEE-Yeosu  プロシーディングス 2012.5 Development and Evaluation of a New Measurement System for Ship Hull-Side Wave Profiles using Electro-Conductive Paint Y. Ikemoto, K. Hoshino, M. Makino, R.  Fukasawa, H. Goto, T. Hamada  主著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航シミュレータの開発に関する研究 辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          海技研報告第17巻1号 その他 2017.8 海難事故に対する初動対応と事故再現・解析技術の高度化に関する研究  上野道雄、田口晴邦、福戸淳司、星野邦弘、宮崎英樹、北川泰士、今里元信、黒田貴子、塚田吉昭、牧野雅彦、三宅里奈、疋田賢次郎、池本義範、宝谷英貴、鈴木良介、原口富博、沢田博史 共著  
    松沢 孝俊 9 13 Proc. 21st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2006.2 Availability of Remote Sensing Data for Ship Navigation in Ice Matsuzawa, T., Uto, S., Takimoto, T., Tateyama, K, Toyota, T. 主著  
          Proc. 18th IAHR Intern. Symp. on Ice. プロシーディングス 2006.8 Local Ice Load on a Ship with Podded Propulsors Matsuzawa, T., Wako, D., Izumiyama, K 主著  
          寒地技術論文・報告集, Vol.23. プロシーディングス 2007.1 冬季オホーツク海における船舶の航行安全性 若生大輔, 泉山耕, 松沢孝俊 共著  
          寒地技術論文・報告集, Vol.25 プロシーディングス 2009.11 船体氷荷重について 若生大輔, 泉山耕, 松沢孝俊, 下田春人, 瀧本忠教 共著  
          Proc. 24th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2009.2 Transition in Five Years of Ice Thickness Measured by Ship-borne EM Sounding in the Southern Sea of Okhotsk Matsuzawa, T., Shimoda, H., Wako, D., Takimoto, T., Izumiyama, K. 主著  
          Proc. 20th IAHR Int. Symp. on Ice プロシーディングス 2010.6 Five-year Observations of Ship Hull Ice Load in the Southern Sea of Okhotsk Matsuzawa, T., Takimoto, T., Shimoda, H., Wako, D. 主著  
          Proc. 15th International Workshop on Atmospheric Icing of Structures/IWAIS 2013 プロシーディングス 2013.9.8 Laboratory Experiments of Saline Water Splay Icing - Features of Hydrophilic and Hydrophobic Pliable Sheets - Ozeki, T., Shimoda, H., Wako, D., Adachi, S, Matsuzawa, T. 共著  
          Proc. 29th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2014.2 Development of "VESTA" -Navigation Performance Simulator in Ice-free Waters- and its Application to Arctic Navigation Sogihara, N., Matsuzawa, T., Uto, S. 共著  
          Proc. 29th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2014.2 Verification of the Simple Calculation Method of Resistance in Floe Ice by the Field Measurement in the Sea of Okhotsk Uto, S., Takimoto, T., Shimoda, H., Wako, D., Matsuzawa, T. 共著  
          Proc. 29th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2014.2 Field Investigations of Impinging Seawater Spray and Spray Icing on Icebreaker Soya 2 Ozeki, T., Adachi, S., Shimoda, H., Wako, D., Takimoto, T., Matsuzawa, T. 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 NSR transit simulations by the vessel performance simulator "VESTA" Part1 Speed reduction and fuel oil consumption in the summer transit along NSR Matsuzawa, T., Sogihara, N., Tsujimoto, M., Uto, S. 主著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 NSR Transit Simulations by the Vessel Performance Simulator “VESTA” Part2 Simple Resistance Formulae of Ships in Floe Ice Uto, S., Shimoda, H., Wako, D., Matsuzawa, T. 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 Station Keeping in Ice - Ice Tank Experiment and Estimation of Ice Load on Ship-shaped Floating Structure under Managed Ice Condition - Uto, S., Matsuzawa, T., Shimoda, H., Wako, D., Konno, A., Asanuma, T. Otsubo, K. 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2 Ice Load Distribution on a Model Ship Station-keeping in Broken Ice Izumiyama, K., Uto, S., Otsubo, K., Matsuzawa, T., Shimoda, H., Asanuma, T., Yamamoto, J.  共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2 Ice Tank Measurement of Power Required for Ice Class Vessel Matsuzawa, T., Shimoda, H., Wako, D., Uto, S., He, Q., Watanabe, S. 主著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2 Analysis of Structural Response of Ice-class Vessel due to impact of Ice and Energy-saving Device Matsui, S., Yamada, Y., Uto, S., Matsuzawa, T., Watanabe, S. 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2 Influence of Ice Drift Motion on Resistance of Ships Navigating in Small Ice Floes Uto, S., Shimoda, H., Wako, D., Matsuzawa, T. 共著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝, 黒田麻利子, 枌原直人, 櫻田顕子, 松沢孝俊, 宇都正太郎, 大場弘樹, 一ノ瀬康雄, 坂本信晶, 星野邦弘, 下田春人, 藤沢純一, 後藤英信, 池本義範, 若生大輔, 深澤良平, 金子杏実. 平田宏一, 仁木洋一, 福田哲吾, 村岡英一 共著  
          Proc. 32nd Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2017.2 Analysis of Ship Speed Reduction in Navigation through the Northern Sea Route Matsuzawa, T., Shimoda, H., Wako, D. 主著  
          Proc. 32nd Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2017.2 Development of optical flow computation method for ice movement in the Arctic Ocean Hasegawa, K., Matsuzawa, T., Izumiyama, K., Asanuma, T., Yamamoto, J., Uto, S. 共著  
          Proc of 24th Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Condition プロシーディングス 2017.6 Load-varying methods for ship power estimation
in brash ice channel by ice tank model test
Matsuzawa, T., Shimoda, H., Wako, D., Uto, S., He, Q., Watanabe, S. 主著  
          Proc of 24th Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Condition プロシーディングス 2017.6 Development of Accurate Ice Observation Technologies for Arctic Oil and Gas Developments and Verification by Field Campaign Matsuzawa, T., Hasegawa, K., Uto, S., Izumiyama, K., Tateyama, K., Nakamura, K., Rheem, C.-K., Asada, A., Yamamoto, J., Asanuma, T. 主著  
    黒田 麻利子 11 19 Journal of JASNAOE, Vol.8 ジャーナル 2008.12 Investigation onComponents of Added Resistance in Short Waves M. Kuroda, M. Tsujimoto, T. Fujiwara, S. Ohmatsu, K. Takagi 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.8 ジャーナル 2008.12 A Practical Correction Method for Added Resistance in Waves M.Tsujimoto,K.Shibata,M.Kuroda,K.Takagi 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.9 ジャーナル 2009.6 On a Calculation of Decrease of Ship Speed in Actual Seas M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shibata, N. Sogihara, K. Takagi 共著  
          Proceedings of SMP2009 プロシーディングス 2009.6 On the Model Tests and Design Method of Hybrid CRP Podded Propulsion System of a Feeder
Container Ship
N. Sasaki, M. Kuroda, J. Fujisawa, T. Imoto, M. Sato 共著  
          Proc. of International Symposium on Ship Design and Construction 2009 - Environmentally Friendly Ship - プロシーディングス 2009.9 On a Calculation of the Coefficient (fw) for the Decrease of Ship Speed in Actual Seas M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shibata, N. Sogihara, K. Takagi 共著  
          海技研報告第9巻4号 その他 2010.3 海の10モード指標の開発 佐々木紀幸、辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、一ノ瀬康雄、臼井謙彰、上野道雄、藤原敏文、星野邦弘、川並康剛、大松重雄、柴田和也 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.6 波浪中抵抗増加と船首水面上フレア形状の関係について 黒田麻利子、辻本勝、佐々木紀幸、大松重雄、高木健 主著  
          Proceedings of the PRADS2010 プロシーディングス 2010.9 Relation between Added Resistance in Waves and Bow Shapes above waterline M. Kuroda, M. Tsujimoto, T. Fujiwara, S. Ohmatsu, K. Takagi 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第14号 ジャーナル 2011.12 波浪中抵抗増加低減のための船首水面上STEPの効果について 黒田麻利子、辻本勝、佐々木紀幸、表正和、野嶋宣男、加賀正人 主著  
          Journal of Engineering for the Maritime Environment ジャーナル 2012.2 Study on the bow shapes above the waterline in view of the powering and greehouse gas emissions in actual seas M. Kuroda, M. Tsujimoto, T. Fujiwara, S. Ohmatsu, K. Takagi 主著  
          Proceedings of ISOPE2012 プロシーディングス 2012.6 Development of STEP for the Reduction of Added Resistance in Waves M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, M. Omote, N. Nojima, M.Kaga 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Onboard Measurement for a Container Ship in view of Container Load Condition M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sogihara 主著  
          Proc. of NAV2012 プロシーディングス 2012.10 Evolutional ship design concept for the final phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y. Ichinose 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第16号 ジャーナル 2012.12 自動車運搬船のための波浪中省エネ装置STEPの開発 黒田麻利子、辻本勝、白石耕一郎、佐々木紀幸、表正和、野嶋宣男、加賀正人 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.16 ジャーナル 2012.12 Verification on the Resistance Test in Waves Using the Actual Sea Model Basin M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shiraishi, Y. Ichinose, N. Sogihara 共著  
          海技研報告12巻4号 その他 2013.3.29 国際海運からの温室効果ガス排出削減−エネルギー効率指標(EEDI, SEEMP)に対する当所の取り組み− 辻本勝、村岡英一、黒田麻利子、宇都正太郎 共著  
          Proceedings of 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2013) プロシーディングス 2013.6.9 Development of a Calculation Method for Fuel Consumption of Ships in Actual Seas with Performance Evaluation M. Tsujimoto, M. Kuroda, N. Sogihara 共著  
          Proceedings of the PRADS2013 プロシーディングス 2013.10.21 Analysis on onboard measurement data for the validation of the effect of the energy saving device STEP M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sasaki, M. Omote, N. Nojima, M. Kaga 主著  
          海技研報告14巻2号 その他 2014.10.20 二軸船に適した境界層制御技術の開発について 黒田麻利子、藤沢純一、宇都正太郎、久米健一、佐々木紀幸 主著  
          海技研報告14巻2号 その他 2014.10.20 実海域省エネ装置STEPの開発 辻本勝、黒田麻利子、白石耕一郎、佐々木紀幸、内藤牧男、表正和、野嶋宣男、加賀正人 共著  
          Proceedings of the 34th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2015) プロシーディングス 2015.5.31 DEVELOPMENT OF A SHIP PERFORMANCE SIMULATOR IN ACTUAL SEAS M. Tsujimoto, N. Sogihara, M. Kuroda, A. Sakurada 共著  
          Proceedings of the 10th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing プロシーディングス 2015.6.15 Flow Visualization and analysis by PIV Measurement System using Micro-bubbles as Tracer in Ship Model Basin - Measurement in Still Water and Regular Waves - H. Ohba, K. Hoshino, M. Tsujimoto, M. Kuroda 共著  
          海技研報告第15巻4号 その他 2016.3 実運航性能シミュレータ VESTA 辻本勝、枌原直人、黒田麻利子、櫻田顕子 共著  
          Proceeding of PRADS 2016 プロシーディングス 2016.9.5 Development of COVE Bow -Energy Saving Bow Shape in Actual Seas- A. Sakurada, M. Tsujimoto, M. Kuroda 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集24号 ジャーナル 2016.12 不規則波中抵抗増加の計測と長周期変動の推定 黒田麻利子、高木健、辻本勝、藤沢純一 主著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航シミュレータの開発に関する研究 辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 ボルスターが実海域推進性能に及ぼす影響 辻本勝、櫻田顕子、黒田麻利子 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航シミュレーションによる実船データ解析−排水量修正と波風修正の適用− 櫻田顕子,枌原直人,黒田麻利子,辻本勝,杉本義彦,長谷川健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航性能評価における船速−回転数−主機出力関係のモデル化 櫻田顕子,黒田麻利子,辻本勝,杉本義彦,長谷川健 共著  
          FLUCOM2017 プロシーディングス 2017.10 Measurement of the Stern Field in Regular Waves by PIV Measurement System Using Micro-bubbles H. Ohba, K. Hoshino, M. Kuroda, M. Tsujimoto 共著  
    枌原 直人 9 14 The proceedings of International Symposium on Ship Design and Construction 2009 - Environmentally Friendly Ship - プロシーディングス 2009.6 On a Calculation of the Coefficient (fw) for the Decrease of Ship Speed in Actual Seas M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shibata, N. Sogihara, K. Takagi 共著  
          海技研報告第9巻4号 その他 2010.3 海の10モード指標の開発 佐々木紀幸、辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、一ノ瀬康雄、臼井謙彰、上野道雄、藤原敏文、星野邦弘、川並康剛、大松重雄、柴田和也 共著  
          Proceedings of the 20th (2010) International Offshore and Polar Engineering Conference プロシーディングス 2010.6 Verification of calculation Method on Ship Performance by Onboard Measurement N. Sogihara, M. Ueno, K Hoshino, M. Tsujimoto, N. Sasaki 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.8 バラスト状態での波浪中抵抗増加の推定 一ノ瀬康雄、辻本勝、枌原直人、柴田和也、高木健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 斜波中における肥大船の性能推定について 枌原直人、辻本勝、一ノ瀬康雄、南佳成、佐々木紀幸、高木健 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 実船計測による実海域性能評価法の検証 枌原直人、上野道雄、星野邦弘、辻本勝、佐々木紀幸 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 自動車運搬船及び大型油槽船の実船計測による速力低下計算法の検証 枌原直人、上野道雄、藤原敏文、辻本勝、佐々木紀幸 主著  
          Proceedings of The 4th PAAMES and AMEC2010 Conference プロシーディングス 2010.12 On a Calculation of Ship Speed in a Ballasted Condition in Regular Waves and a Validation by Onboard Measurement Y. Ichinose, M. Tsujimoto, N. Sogihara, K. Takagi 共著  
          Proceedings of the 21th (2011) International Offshore and Polar Engineering Conference プロシーディングス 2011.6 Onboard Measurement for Verification of a Calculation Method on Decrease of Ship Speed - for a RoRo Cargo Ship and an Oil Tanker - N. Sogihara, M. Ueno, T Fujiwara, M. Tsujimoto, N. Sasaki 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Onboard Measurement for a Container Ship in view of Container Load Condition M. Kuroda, M. Tsujimoto, N. Sogihara 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Decresse of Ship Speed in Actual Sea of a Bulk Carrier in Full Load and Ballast Conditions -Model Test and Onboard Measurement Y. Ichinose, M. Tsujimoto, K. Shiraishi, N. Sogihara 共著  
          Proceedings of the 2012 Int’1 Conference on Advances in Wind  and Structures プロシーディングス 2012.8 A Simple Method to Estimate Wind Loads on Ships M. Ueno, T Fujiwara, N. Sogihara, F. Kitamura 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.16 ジャーナル 2012.12 Verification on the Resistance Test in Waves Using the Actual Sea Model Basin M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shiraishi, Y. Ichinose, N. Sogihara 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第16号 ジャーナル 2012.12 実海域での燃料消費量評価法 辻本勝、枌原直人 共著  
          Proceedings of the ASME 2013 32nd International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2013) プロシーディングス 2013.6 Development of a Calculation Method for Fuel Consumption of Ships in Actual Seas with Performance Evaluation M. Tsujimoto, M. Kuroda, N. Sogihara 共著  
          Proc. 29th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2014.2 Development of "VESTA" -Navigation Performance Simulator in Ice-free Waters- and its Application to Arctic Navigation N. Sogihara, T. Matsuzawa, S. Uto 主著  
          Proceedings of the 34th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2015) プロシーディングス 2015.5.31 DEVELOPMENT OF A SHIP PERFORMANCE SIMULATOR IN ACTUAL SEAS M. Tsujimoto, N. Sogihara, M. Kuroda, A. Sakurada 共著  
          NAV2015 プロシーディングス 2015.6 Application of Uncertainty Analysis for Measurement of Added Resistance in Regular Short Waves Naoto Sogihara, Masaru Tsujimoto, Yoshikazu Kasahara, Ryohei Fukasawa, Tatsuya Hamada 主著  
          海技研報告15巻4号 その他 2016.3 実運航性能シミュレータ VESTA 辻本勝、枌原直人、黒田麻利子、櫻田顕子 共著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、櫻田顕子 他 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航シミュレーションによる実船データ解析−排水量修正と波風修正の適用− 櫻田顕子、枌原直人、黒田麻利子、辻本勝、杉 本義彦、長谷川健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 投稿中 Investigation on Trim Optimization to Enhance the Propulsive Performance of Fine Ships N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 主著  
          Proceedings of INT-NAM 2018 3rd International Symposium on naval Architecture and Maritime プロシーディングス 投稿中 Trim Optimization for Ship Performance in Actual Seas N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 主著  
    深澤 良平 0 12 JMST Vol.11  No. 2 ジャーナル 2006.6 Measurements of Hydrodynamic Forces, Surface Pressure and Wake for Obliquely Towed Tanker Model and Uncertainty Analysis for CFD Validation K. Kume, J. Hasegwa, Y. Tsukada, J. Fujisawa, R. Fukasawa, M. Hinatsu 共著  
          海上技術安全研究所報告第7巻第2号 その他 2007.9 SBDの概念による実海域性能を考慮した高速船の船型設計法の研究 日夏宗彦、辻本勝、平田信行、小林寛、小川剛孝、長谷川純、塚田吉昭、深澤良平、日野孝則、石田茂資、右近良孝 共著  
          海上技術安全研究所報告第8巻1 その他 2008.6 Research on Improvement of Propulsive Performance of a High-Speed Ship Equipped with a High-Powered Propeller Y. Ukon, K. Kume, J. Fujisawa, H. Takeshi, Y. Kawanami, J. Hasegawa, R. Fukasawa, S. Yamasaki, J. Ando, T. Kanai 共著  
          Proceedings of OCEANS' 12 MTS/IEEE-Yeosu  プロシーディングス 2012.5 Development and Evaluation of a New Measurement System for Ship Hull-Side Wave Profiles using Electro-Conductive Paint Y. Ikemoto, K. Hoshino, M. Makino, R.  Fukasawa, H. Goto, T. Hamada  共著  
          Proceedings of NAV2015 プロシーディングス 2015.6.24 APPLICATION OF UNCERTAINTY ANALYSIS FOR MEASUREMENT OF ADDED RESISTANCE IN REGULAR SHORT WAVES N. Sogihara, M. Tsujimoto, Y. Kasahara, R. Fukasawa, T. Hamada 共著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          Proedings of Proceedings of VII International Conference on Computational Methods in Marine Engineering プロシーディングス 2017.5 Propulsion Performance Optimization of "Neighbour Duct" by CFD K. Katayama, H. Okada, Y. Ichinose, R. Fukasawa 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 浅水試験による抵抗・自航性能と船速・馬力評価 藤沢純一、深澤良平辻本勝 共著  
          海技研報告17巻1号 その他 2017.8 実海域省エネデバイスの開発に関する研究 川島英幹,一ノ瀬康雄,笠原良和,久米健一,金子杏実,深澤良平,田原裕介 共著  
          Proceedings of 20th Numerical Towing Tank Symposium プロシーディングス 2017.10 Optimization and Numerical Analysis of "Neighbor Duct" by CFD Y. Kobayashi, H. Okada, K. Katayama, Y. Ichinose, R. Fukasawa 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 投稿中 Investigation on Trim Optimization to Enhance the Propulsive Performance of Fine Ships N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
          Proceedings of INT-NAM 2018 3rd International Symposium on naval Architecture and Maritime プロシーディングス 投稿中 Trim Optimization for Ship Performance in Actual Seas N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
    大場 弘樹 2 3 E-book Proceedings 10th Pacific symposium on Flow Visualization and Image Processing プロシーディングス 2015.6 Flow Visualization and analysis by PIV Measurement System using Micro-bubbles as Tracer in Ship Model Basin - Measurement in Still Water and Regular Waves - H. Ohba, K. Hoshino, M. Tsujimoto, M. Kuroda 主著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          FLUCOM2017 プロシーディングス 2017.10 Measurement of the Stern Field in Regular Waves by PIV Measurement System Using Micro-bubbles H. Ohba, K. Hoshino, M. Kuroda, M. Tsujimoto 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集 ジャーナル 投稿中 Investigation on Trim Optimization to Enhance the Propulsive Performance of Fine Ships N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
          Proceedings of INT-NAM 2018 3rd International Symposium on naval Architecture and Maritime プロシーディングス 投稿中 Trim Optimization for Ship Performance in Actual Seas N. Sogihara, M. Tsujimoto, R. Fukasawa, H. Ohba 共著  
    櫻田 顕子 3 4 OMAE2015 プロシーディングス 2015.6 Development of a Ship Performance Simulator in Actual Seas M. Tsujimoto, N. Sogihara, M. Kuroda, A. Sakurada 共著  
          海技研報告15巻4号 その他 2016.3 実運航性能シミュレータ VESTA 辻本勝、枌原直人、黒田麻利子、櫻田顕子 共著  
          PRADS2016 プロシーディングス 2016.9 Development of COVE Bow -Energy Saving Bow Shape in Actual Seas- A. Sakurada, M. Tsujimoto, M. Kuroda 主著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航シミュレーションによる実船データ解析−排水量修正と波風修正の適用− 櫻田顕子、枌原直人、黒田麻利子、辻本勝、杉本義彦、長谷川健 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 実運航性能評価における速力-回転数-主機出力関係のモデル化 櫻田顕子、黒田麻利子、辻本勝、杉本義彦、長谷川健 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第25号 ジャーナル 2017.6 ボルスターが実海域推進性能に及ぼす影響 辻本勝、櫻田顕子、黒田麻利子 共著  
    金子 杏実 0 3 Proceedings of  31st Symposium on Naval Hydrodynamics プロシーディングス 2016.9 Application of Simulation Based Design for ESD Installed Commercial Ships Y. Thara, Y. Ichinose , A. Kaneko, Y. Kasahara 共著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究  辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英一 共著  
          海技研報告第17巻1号 その他 2017.8 実海域省エネディバイスの開発に関する研究 川島英幹,一ノ瀬康雄,笠原良和,久米健一,金子杏実,深澤良平,田原裕介 共著  
  流体制御研究グループ              
    川北 千春 1 2 ISOPE 2018 プロシーディングス 投稿中 A Hydrodynamic Design Method of Ship Applying the Air Lubrication System C. Kawakita 主著  
          ISOPE 2018 プロシーディングス 投稿中 Numerical Estimation of Self-propulsion Factors for Ship with Air Lubrication System D. Arakawa, H. Kawashima, C. Kawakita 共著  
          Proceedings of FEDSM2018 5th Joint US-European Fluids Engineering Summer Conference プロシーディングス 投稿中 Turbulent structure in a Microbubble Channel Flow by Electrolysis T. Hiroi, T. Hamada, M. Makino, C. Kawakita 共著  
    川島 英幹 3 16 International Journal of Heat and Fluid Flow、
(Vol.21,Number 5)
ジャーナル 2000.10 Experimental study on microbubbles and their applicability to ships for skin friction reduction Y Kodama, A Kakugawa,T Takahashi, H Kawashima 共著  
          関西造船協会論文集 第240号  ジャーナル 2002.5 小型高速流路を用いたマイクロバブルに関する実験的研究、 高橋孝仁,児玉良明,角川明,牧野雅彦,川島英幹 共著  
          Proceedings of FEDSM2007 プロシーディングス 2007.7 A RESEARCH PROJECT ON APPLICATION OF AIR BUBBLE INJECTION TO A FULL SCALE SHIP FOR DRAG REDUCTION H Kawashima, Y Kodama, M Hinatsu, T Hori, M Makino, M Ohnawa, H Takeshi, H Kawashima, M Sakoda, F Matsuno 主著  
          Proceedings of FEDSM2010 プロシーディングス 2010.8 Experimental Analysis of Non-Uniform Surface Roughness Affecting to Flow Resistance A. Matsumoto T. Ito M. Motozawa H. Kawashima H. Ando T. Senda Y. Kawaguchi 共著  
          Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011 プロシーディングス 2011.7 EXPERIMENTAL INVESTIGATION ON EFFECTS OF SURFAACE ROUGHNESS GEOMETRY AFFCTING TO FLOW RESISTANCE T. Ito, A. Matsumoto, T.Ito, M, Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda, Y. Kawaguchi 共著  
          Proceedings of TFEC8 プロシーディングス 2012.4 Direct Numerical Simulation of Turbulent Taylor-Couette Flow with a Roughened Inner Cylinder M.Ishikawa, T. Tsukahara, M, Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima Y. Kawaguchi 共著  
          Proceedings of International Conference on Ships and Shipping Research プロシーディングス 2012.10 Evolutional ship design concept for the final phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y ichinose 共著  
          International Journal of Heat and Fluid Flow ジャーナル 2013.6 Experimental investigations on frictional resistance and velocity distribution of rough wall with regularly distributed triangular ribs M. Motozawa, T. Ito, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Mieno, H. Ando, T. Senda, Y. Tsuji, Y. Kawaguchi 共著  
          Proceedings of The 14th Asia Congress of Fluid Mecanics  プロシーディングス 2013.10 SKIN FRICTION COEFFICIENT OF TURBULENT BOUNDARY LAYER OVER ROUGH SURFACE J. Yoshida, T. Yamakita, H. Kawashima, K. Iwamoto, M. Motozawa, Y. Kawaguchi, Y. Tsuji 共著  
          Proceedings of 4th International Conference on Experimental Fluid Mechanics プロシーディングス 2014.8 Experimental study on flow resistance of wall with regularly distributed roughness and proposal of a model for friction estimation T. Shoen, S. Tatsuno, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda, Y. Kawaguchi, 共著  
          Proceedings of 4th International Conference on Experimental Fluid Mechanics プロシーディングス 2014.8 Experimental and analytical investigations on frictional resistance and velocity distribution of rough wall with regulary distributed rectangular ribs S. Tatsuno, Y. Sano, M. Motozawa, K. Iwamoto, H. Kawashima, H. Ando, T. Senda, Y. Kawaguchi 共著  
          海技研報告14巻2号 その他 2014.10 プロペラと一体化した最適省エネデバイスシステムの研究 川島英幹,久米健一,坂本信晶 主著  
          海技研報告14巻2号 その他 2014.10 空気潤滑法による船舶の省エネルギー技術 上入佐光,川島英幹,牧野雅彦、竹子春弥 共著  
          Journal of Visualization ジャーナル 2015 Effect of short wavelength on skin-friction drag in turbulent channel flow over sinusoidal wavy wall by PIV measurement  I. Okuyama, H. Mamori, K. Iwamoto, A. Murata, H. Kawashima, Y. Kawaguchi, H. Masuda 共著  
          海技研報告16巻3号 その他 2017.1 An Experimental Study on Effects of Stern Duct on Manoeuvrability R. Suzuki, Y. Tsukada, Y Kitagawa, H. Kawashima M. Ueno 共著  
          Proceedings of the 4th International Conference on Advanced Model Measurement Technologies for the Maritime Industry プロシーディングス 2015.7 An Energy Saving Technique for Ships by Air Lubrication System H. Kamiirisa, H. Kawashima, M. Makino, 共著  
          海技研報告17巻1号 その他 2017.8 実海域省エネデバイスの開発に関する研究 川島英幹,一ノ瀬康雄,笠原良和,久米健一,金子杏実,深澤良平,田原裕介
主著  
          ISOPE 2018 プロシーディングス 投稿中 Numerical Estimation of Self-propulsion Factors for Ship with Air Lubrication System D. Arakawa, H. Kawashima, C. Kawakita 共著  
          Journal of Thermal Science and Technology ジャーナル 投稿中 Effect of wavelength of sinusoidal wavy wall surface on drag
and heat transfer at turbulent thermal boundary layer flow
H. Mamori , M. Fujimura, S. Udagawa, K. Iwamoto, A. Murata, Y. Kawaguchi, H. Ando, H. Kawashima, H.Okimoto 共著  
    川並 康剛 0 5 海上技術安全研究所報告第8巻1 その他 2008.6 Research on Improvement of Propulsive Performance of a High-Speed Ship Equipped with a High-Powered Propeller Y. Ukon, K. Kume, J. Fujisawa, H. Takeshi, Y. Kawanami, J. Hasegawa, R. Fukasawa, S. Yamasaki, J. Ando, T. Kanai 共著  
          海上技術安全研究所報告第9巻第4号 その他 2010.3 海の10 モード指標の開発 佐々木紀幸、辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、一ノ瀬康雄、臼井謙彰、上野道雄、藤原敏文、星野邦弘、川並康剛、大松重雄 共著  
          Proc. of NAV2012 プロシーディングス 2012.10 Evolutional ship design concept for the final phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y. Ichinose 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第17号 ジャーナル 2013.6 船尾変動圧力に及ぼすチップレーキの影響 : 第1報 バックワードチップレーキによる船尾変動圧力減少量の簡易推定式  山崎正三郎, 岡崎全伯, 三嶋孝洋, 川並康剛, 右近良孝 共著  
          International Journal of Offshore and Polar Engineering(IJOPE) ジャーナル 2016.6 Application of Quasi-Continuous Method to Open-Water Characteristics Predictions of Propellers with Energy Saving Ducts A. Hanaoka, Y. Kawanami, M. Hinatsu 共著  
    白石 耕一郎 5 8 階層型強化学習を用いた鋼板ストックヤードにおける鋼板搬出作業のプランニング ジャーナル 2011.6 階層型強化学習を用いた鋼板ストックヤードにおける鋼板搬出作業のプランニング 白石耕一郎、木村元 主著  
          International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles プロシーディングス 2012.5 A study for the harmonized probabilistic approach for damage stability taking account of the difference between Collision and Grounding Koichiro Shiraishi, Yoshitaka Ogawa, 主著  
          International Conference on the Stability of Ships and Ocean Vehicles プロシーディングス 2012.5 Study on the evaluation for performance of the cross-flooding arrangements by means of the Computational Fluid Dynamics Kunihide Ohashi, Yoshitaka Ogawa, Koichiro Shiraishi 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Decrease of Ship Speed in Actual Seas of a Bulk Carrier in Full Load and Ballast Conditions - Model Test and Onboard Measurement - Y. Ichinose, M. Tsujimoto, K. Shiraishi, N. Sogihara 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第16号 ジャーナル 2012.12 自動車運搬船のための波浪中省エネ装置STEPの開発 黒田 麻利子, 辻本 勝, 白石 耕一郎, 佐々木 紀幸, 表 正和, 野嶋 宣男, 加賀 正人 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.16 ジャーナル 2012.12 Verification on the Resistance Test in Waves Using the Actual Sea Model Basin Masaru. Tsujimoto, Mariko Kuroda, Koichiro Shiraishi, Yasuo Ichinose, Naoto Sogihara 共著  
          Proceedings of 13th Conference on computer Applications and Information Techology in the Maritime Industries プロシーディングス 2014.5 Introduction of AR Applications for Shop Floor in Shipbuilding Kohei Matsuo, Shuhei Fujimoto, Koichiro Shiraishi 共著  
          海技研報告14巻1号 その他 2014.6 造船工程へのAR技術の応用・実用化に関する研究 松尾宏平、白石耕一郎、藤本修平 共著  
          海技研報告14巻2号 その他 2014.10 実海域省エネ装置STEPの開発 辻本勝、黒田麻利子、白石耕一郎、佐々木 紀幸、内藤牧雄、表正和、野嶋宣男、加賀正人 共著  
          日本機械学会論文集81巻825号  ジャーナル 2015.5 AR技術を用いた配管施工支援システムについて 白石耕一郎、松尾宏平 主著  
          Proceedings of Symposium on Marine Propulsors 2015 プロシーディングス 2015.5 A Calculation Method Based on QCM for Characteristics of Propeller with Energy Saving Duct in Steady Ship's Wake Koichiro Shiraishi, Hikaru Kamiirisa, Koichi Koyama 主著  
          International Journal of Disaster Resilience in the Built Environment ジャーナル 2016.7 RETHINKING RESILIENCE PLANNING: FROM PROBLEMS TO POTENTIAL Vera M. Novak, Koichiro Shiraishi, Nieves Fernandez, 共著  
          Proceedings of Symposium on Marine Propulsors 2017 プロシーディングス 2017.6 Cavity Shape Measurement Using Combination Line CCD Camera Measurement Method Koichiro Shiraishi, Yuki Sawada, Kunihiro Hoshino 主著  
    一ノ瀬 康雄 7 10 海技研報告第9巻4号 その他 2010.3 海の10モード指標の開発 佐々木紀幸,辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,一ノ瀬康雄,臼井謙彰,上野道雄,藤原敏文,星野邦弘,川並康剛,大松重雄,柴田和也 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第11号 ジャーナル 2010.6 バラスト状態での波浪中抵抗増加の推定 一ノ瀬康雄,辻本勝,枌原直人,柴田和也,高木健 主著  
          Proceedings of The 4th PAAMES and AMEC2010 Conference プロシーディングス 2010.12 On a Calculation of Ship Speed in a Ballasted Condition in Regular Waves and a Validation by Onboard Measurement Y.Ichinose, M.Tsujimoto, N.Sogihara, K.Takagi 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第12号 ジャーナル 2010.12 斜波中における肥大船の挙動推定について 枌原直人,辻本勝,一ノ瀬康雄,南佳成,佐々木紀幸,高木健 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第13号 ジャーナル 2011.6 三次元離散渦法を用いた斜航船体に作用する流体力の推定に関する基礎的検討 一ノ瀬康雄, 古川芳孝 主著  
          Journal of JASNAOE, Vol.15 ジャーナル 2012.6 Decrease of Ship Speed in Actual Seas of a Bulk Carrier in Full Load and Ballast Conditions - Model Test and Onboard Measurement - Y. Ichinose, M. Tsujimoto, K. Shiraishi, N. Sogihara 主著  
          Proc. of NAV2012 プロシーディングス 2012.10 Evolutional ship design concept for the final phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y. Ichinose 共著  
          Journal of JASNAOE, Vol.16 ジャーナル 2012.12 Verification on the Resistance Test in Waves Using the Actual Sea Model Basin M. Tsujimoto, M. Kuroda, K. Shiraishi, Y. Ichinose, N. Sogihara 共著  
          海技研報告第15巻1号 その他 2015.7 船舶の省エネ技術の評価に関する研究 春海一佳,安達雅樹,高橋千織,村田裕幸,安藤裕友,山口良隆,宮田修,一ノ瀬康雄 共著  
          Proceedings of 18th Numerical Towing Tank Symposium プロシーディングス 2015.9 Numerical Study on Flow Filed around the Aft Part of Hull Form Series in a Steady Flow Y. Ichinose,Y. Tahara, Y. Kasahara 主著  
          海技研報告第15巻4号 その他 2016.3 船型要目最適化プログラムHOPE Lightの開発 一ノ瀬康雄,久米健一 主著  
          Proceedings of 31th Symposium on Naval Hydrodynamics プロシーディングス 2016.9 Application of Simulation Based Design for ESD Installed Commercial Ships Y. Thara, Y. Ichinose , A. Kaneko, Y. Kasahara 共著  
          Proceedings of 19th Numerical Towing Tank Symposium プロシーディングス 2016.10 A Development and analysis of the new Energy Saving Device “USTD” Y.Ichinose,K. Kume, Y. Tahara 主著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究 辻本勝,黒田麻利子,枌原直人,櫻田顕子,松沢孝俊,宇都正太郎,大場弘樹,一ノ瀬康雄,坂本信晶,星野邦弘,下田春人,藤沢純一,後藤英信,池本義範,若生大輔,深澤良平,金子杏実,平田宏一,仁木洋一,福田哲吾,村岡英 共著  
          Proedings of Proceedings of VII International Conference on Computational Methods in Marine Engineering プロシーディングス 2017.5 Propulsion Performance Optimization of "Neighbour Duct" by CFD K. Katayama, H. Okada, Y. Ichinose, R. Fukasawa 共著  
          海技研報告第17巻1号 その他 2017.8 実海域省エネディバイスの開発に関する研究 川島英幹,一ノ瀬康雄,笠原良和,久米健一,金子杏実,深澤良平,田原裕介 共著  
          Proceedings of 20th Numerical Towing Tank Symposium プロシーディングス 2017.10 Optimization and Numerical Analysis of "Neighbor Duct" by CFD Y. Kobayashi, H. Okada, K. Katayama, Y. Ichinose, R. Fukasawa 共著  
    新川 大治朗 2 0 日本船舶海洋工学会論文集、第25号 ジャーナル 2017.6 プレスワールフィンによる旋回流中のプロペラ翼形状最適化に関する研究 新川大治朗、吉武朗、金丸崇、安東潤 主著  
          ISOPE 2018 プロシーディングス 投稿中 Numerical Estimation of Self-propulsion Factors for Ship with Air Lubrication System D. Arakawa, H. Kawashima, C. Kawakita 主著  
    拾井隆道 2 0 Proceedings of The 5th International Conference on Advanced Model Measurement Technology for The Maritime Industry プロシーディングス 2017.10 EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF THE EFFECT OF GEOMETRIC ROUGHNESS PARAMETERS ON TURBULENT BOUNDARY LAYER BY LDV MEASUREMENTS T. Hiroi, H. Kawashima, Y. Sawada, J. Fujisawa, H. Mieno 主著  
          Proceedings of FEDSM2018 5th Joint US-European Fluids Engineering Summer Conference プロシーディングス 投稿中 Turbulent structure in a Microbubble Channel Flow by Electrolysis T. Hiroi, T. Hamada, M. Makino, C. Kawakita 主著  
  水槽試験技術グループ              
    下田 春人 5 27 第9回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 1993.12 巡視船“そうや”によるオホーツク海流氷観測 下田春人、吉田三雄、金田成雄、村本健一郎  主著  
          Proceedings of the 14th International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions/16th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering プロシーディングス 1997.4 Model-Ship Comparison of Propulsive Performance of Icebreaker "PM TESHIO" in Continuous Icebreaking Mode S. Uto, H. Shimoda, K. Izumiyama 共著  
          Proceedings of the 14th International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions/16th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering プロシーディングス 1997.4 Measurement of Sea Ice Conditions and Manoeuvrability of Icebreaker "PLH SOYA" at the Sea of Okhotsk H. Shimoda, S. Uto, M. Yoshida, K. Koyama 主著  
          Proc. 13th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 1998.2 船上観測による北海道沿岸オホーツク海域の氷況について 下田春人、吉田三雄、山之内博、字都正太郎 主著  
          Proc. 14th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 1999.1 Preliminary Study on Sea Ice Observation Using a Ship-Born Laser Altimeter S. Uto, H. Shimoda, S. Oka 共著  
          船舶技術研究所報告第34巻第5号 その他 1997.9 小型砕氷巡視船の氷中航行性能に関する研究 小山鴻一、吉田三雄、泉山耕、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、若生大輔、猿田俊彦、柳原健、菅井信夫、長谷川純、藤沢純一、飯島尚也 共著  
          Proceedings of the 15th International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 1999.8 Ship-Based Sea Ice Observations in the Southernmost Part of the Sea of Okhotsk S. Uto, H. Shimoda, K. Tamura 共著  
          海洋開発論文集第16号 ジャーナル 2000.6 模型氷の機械的特性について 泉山耕、宇都正太郎、金田成雄、下田春人 共著  
          Proc. 15th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2000.2 On the sea ice properties in the southernmost part of the Sea of Okhotsk by the ship-based observations S. Uto, H. Shimoda 共著  
          船舶技術研究所報告第37巻第5号 その他 2000.9 寒冷海域での油流出に関する研究 山口眞裕、小山鴻一、成田秀明、北村茂、泉山耕、前田利雄、高島逸男、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、瀧本忠教、若生大輔、上田浩一、藤井忍、山之内博、疋田賢次郎、在田正義、櫻井昭男 共著  
          船舶技術研究所報告第37巻第6号 その他 2000.11 次世代砕氷型巡視船の設計手法の高度化に関する研究 小山鴻一、成田秀明、北村茂、泉山耕、吉田三雄、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、瀧本忠教、若生大輔、宮本武、岡修二、中村卓司、山田安平、猿田俊彦、長谷川純 共著  
          第18回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 2002.11 全方位型推進器を搭載した砕氷型巡視船に関する研究その1基本計画と開水中性能 下田春人、若生大輔、瀧本忠教、田村兼吉、宇都正太郎 主著  
          海上技術安全研究所報告第4巻第3号 その他 2004.8 氷盤下面における油の拡がりと氷中取り込みに関する研究 泉山耕、宇都正太郎、金田成雄、下田春人、若生大輔、金野祥久、木岡信治、堺茂樹 共著  
          POAC'05 Proceedings, Volume2 プロシーディングス 2005.7 ICE LOAD MEASUREMENT ON A MODEL SHIP HULL K. Izumiyama, D. Wako, H. Shimoda, S. Uto 共著  
          Proceedings of POAC2007 プロシーディングス 2007.6 ICE LOAD ON SHIP HULLS IN PACK ICE CONDITIONS T. Takimoto, D. Wako, K. Izumiyama, H. Shimoda 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Development of an Oil Recovery Unit in Ice S. Kanada, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto, K. Izumiyama 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Medium-scale Test of Ice Loading on Ship Hulls –Test Outline and Preliminary Results– H. Shimoda, S. Kanada, D. Wako, T. Takimoto, K. Izumiyama 主著  
          日本船舶海洋工学会論文集第8号 ジャーナル 2008.12 砕氷船の性能評価を目的とした船体周り氷片挙動シミュレータの開発 金野祥久、水城崇、山本敬介、安木正樹、若生大輔、瀧本忠教、金田成雄、下田春人、泉山耕 共著  
          POAC'09 Proceedings プロシーディングス 2009.8 Tank Tests of Oil Recovery Device in Ice K. Izumiyama, D. Wako, H. Shimoda, S. Kanada, T. Takimoto 共著  
          Proc. 25th Int. Symp. on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2010.2 R & D study of NMRI-ORDICE K. Izumiyama, D. Wako, S. Kanada, H. Shimoda, T. Matsuzawa 共著  
          Proc. 25th Int. Symp. on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2010.2 Transition in Five Years of Ice Thickenss Measured by Ship-borne EM Sounding in the Southern Sea of Okhotsk T. Matsuzawa, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto, K. Izumiyama 共著  
          Proc. 20th IAHR Int. Symp. on Ice プロシーディングス 2010.6 Five-year Observations of Ship Hul Ice Load in the Southern Sea of Okhotsk T. Matsuzawa, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto 共著  
          Proc.of 15th International Workshop on Atmospheric Icing of Structures/IWAIS 2013 プロシーディングス 2013.9.8 Laboratory Experiments of Saline Water Splay Icing - Features of Hydrophilic and Hydrophobic Pliable Sheets - T. Ozeki, H. Shimoda, D. Wako, S. Adachi, T. Matsuzawa 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第19号 ジャーナル 2014.6 氷盤下油層にはたらく界面張力モデルの構築と検証 金野祥久、泉山耕、下田春人 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 NSR Transit Simulations by the Vessel Performance Simulator “VESTA” Part2 Simple Resistance Formulae of Ships in Floe Ice S. Uto, H. Shimoda, D. Wako, T. Matsuzawa 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 Station Keeping in Ice - Ice Tank Experiment and Estimation of Ice Load on Ship-shaped Floating Structure under Managed Ice Condition - S. Uto, T.  Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako, A. Konno, T. Asanuma, K. Otsubo 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2.22 Ice Tank Measurement of Power Required for Ice Class Vesse1 T. Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako, S. Uto, Q. He, S. Watanabe 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2.22 Ice Load Distribution on a Model Ship Station-keeping in Broken Ice K. Izumiyama, S. Uto, K. Otsubo, T. Matsuzawa, H. Shimoda, T. Asanuma, J. Yamamoto  共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2.23 Influence of Ice Drift Motion on Resistance of Ships Navigating in Small Ice Floes S. Uto, H. Shimoda, D. Wako, T. Matsuzawa 共著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航シミュレータの開発に関する研究 辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、櫻田顕子、松沢孝俊、宇都正太郎、大場弘樹、一ノ瀬康雄、坂本信晶、星野邦弘、下田春人、藤沢純一、後藤英信、池本義範、若生大輔、深澤良平、金子杏実、平田宏一、仁木洋一、福田哲吾、村岡英一 共著  
          Proc. 32nd Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2017.2.21 Analysis of Ship Speed Reduction in Navigation through the Northern Sea Route T. Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako 共著  
          Polar Science ジャーナル 投稿中 International variability in sea-ice thickness in the pack-ice zone off Lutzow-Holm Bay, East Antarctica Fuko Sugimoto, others 共著  
    牧野 雅彦 2 16 American Society of Mechanical Engineers Proceedings  of 4th International Conference on Laser anemontry  プロシーディングス 1991 Flow Filed Measurements Around Marine Propellers at Towing Tank Using FiberOptics LDV Akira Kakugawa, Haruya Takeshi, Masahiko Makino 共著  
          船舶技術研究所報告第30巻第6号 その他 1993.11 LDVによるプロペラ回転中の模型船尾流場計測−練習船”青雲丸”− 角川明、竹子春弥、牧野雅彦 共著  
          船舶技術研究所報告第33巻第1号 その他 1996.7 斜航状態の肥大船の船体にかかる流体力のCFD計算 牧野雅彦、児玉良明 , Andrew SOWDON 主著  
          船舶技術研究所報告第34巻第5号 その他 1997.9 操縦運動時の船体まわりの流場に関する研究 野中晃二、原口富博、二村正、上野道雄、藤原敏文、牧野雅彦、児玉良明、吉野良枝 共著  
          日本造船学会論文集第181号 ジャーナル 1997.6 NICE法による斜航・定常旋回状態の肥大船まわり流れの計算 牧野雅彦、児玉良明 主著  
          船研総合報告 その他 2000 海面効果翼船の安全評価に関する研究 不破健、長谷川純、堀利文、平田信行、塚田吉昭、牧野雅彦、A. ソードン、南佳成、角川明、高橋孝仁 共著  
          Proceeding of Second  International Symposium on Turbulance and Share Flow Phenomena-2001 プロシーディングス 2003 Experimental study on drag reduction by microbbles using a 50m-long flat plate ship TakhitoTakahashi, Akira Kakugawa, YoshiakiKodama, Masahiko Makino 共著  
          TSFP-3, Third International Symposium on Turbulance and Shear Flow Phenomena-2003 プロシーディングス 2004 The Degree and Mechanism of Skin Frection Reduction by Microbbles  Yoshiaki Kodama, Kazuyasu Sugiyama, Atsuhide Kitagawa, Masahiko Makino, TakahitoTakahashi 共著  
          3rd International Symposium on Two-Phase Flow modelling and Experimentatiom,2004 プロシーディングス 2004 Characteristics of Microbubble  drag reduction on a 50m Long flat plate Yoshiaki Kodma, TakahitoTakahashi, Toshifumi Hori, Masahiko Makino, Takayasu Ueda 共著  
          APhydro2004, 2nd Asia-pacific WorkShop on Marin Hydrodynamics プロシーディングス 2005 Possiblity of Net Energy Saveing of Microbubbles as a Drag Reduction Device for Ships Yoshiaki Kodama,Takahito Takahashi,Masahiko Makino,Takayasu Ueda,Toshifumi Hori 共著  
          ICMF'04, 5th International Conference on Multiphase Flow プロシーディングス 2006 Conditions for Microbubbles as a Practical Drag Reduction Device for Ships Yoshiaki Kodama, Takahito Takahashi, Takayasu Ueda, Masahiko Makino 共著  
          Proceeding of European Drag Reduction and Flow Control Meeting 2006 プロシーディングス 2006 A full scale microbubble experiment using a cement carrier Y. Kodama, T. Hori, H. Kawashima, M. Maino, M. Hinatsu 共著  
          Proceeding of European Drag Reduction and Flow Control Meeting 2007 プロシーディングス 2007 An experiment on propeller characteristics in bubbly flows KAWASHIMA, Hisanobu, HORI, Toshifumi, MAKINO, Masahiko, HINATSU, Munehiko, KODAMA, Yoshiaki 共著  
          5th Joint ASME/JSME Fluid Engineering Conference ‘07 プロシーディングス 2007 A Research project on application of air bubble injection to a full scale ship for drag reduction Hideki Kawashima,Yoshiaki Kodma, Munehiko Hinatsu, Masashi Ohnawa, Haruya Takeshi, Masahiko Makino, Motoyuki Sakoda, Hisanobu Kawashima, Fumiko Matsuno 共著  
          Proceeding of 6th International Conference Multiphase Flow (2007) プロシーディングス 2007 A Progress Report of a resarch Project on Drag Reduction by air Bubbles for ship Yoshiaki Kodama, Munehiko Hinatsu, Hideki Kawashima, Toshifumi Hori, Masahiko Makino, Masashi Ohnawa, Haruya Takeshi, Motoyuki Sakoda, Hidenobu Kawashima, Masatsugu Maeda 共著  
          Proceedings of OCEANS' 12 MTS/IEEE-Yeosu  プロシーディングス 2012.5 Development and Evaluation of a New Measurement System for Ship Hull-Side Wave Profiles using Electro-Conductive Paint 池本義範、星野邦弘 、牧野雅彦、後藤英信 深澤良平、濱田達也 共著  
          海技研報告第17巻1号 その他 2017.8 海難事故に対する初動対応と事故再現・解析技術の高度化に関する研究  上野道雄、田口晴邦、福戸淳司、星野邦弘、宮崎英樹、北川泰士、今里元信、黒田貴子、塚田吉昭、牧野雅彦、三宅里奈、疋田賢次郎、池本義範、宝谷英貴、鈴木良介、原口富博、沢田博史 共著  
          Proceedings of FEDSM2018 5th Joint US-European Fluids Engineering Summer Conference プロシーディングス 投稿中 Turbulent structure in a Microbubble Channel Flow by Electrolysis T. Hiroi, T. Hamada, M. Makino, C. Kawakita 共著  
    藤沢 純一 1 18 西部造船会々報第88号 ジャーナル 1994.8 プロペラ影響を考慮した船体まわり流れの数値シミュレーション  日夏宗彦, 児玉良明, 藤沢純一, 安東潤 共著  
          西部造船会々報第90号 ジャーナル 1995.8 自航状態における舵付き船体周り流れの数値シミュレーション  日夏宗彦, 日野孝則, 児玉良明, 藤沢純一, 安東潤 共著  
          船舶技術研究所報告第34巻第5号 その他 1997.9 小型砕氷巡視船の氷中航行性能に関する研究 小山鴻一、吉田三雄、泉山耕、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、若生大輔、猿田俊彦、柳原健、菅井信夫、長谷川純、藤沢純一、飯島尚也 共著  
          西部造船会々報第98号 ジャーナル 1999.8 船体表面からの空気吹き出しによる船尾変動圧力の低減  右近良孝, 藤沢純一, 工藤達郎 共著  
          日本造船学会論文集第186号 ジャーナル 1999.12 トランスキャビテーティング・プロペラの性能評価 右近良孝, 工藤達郎, 藤沢純一, 松田登 共著  
          西部造船会々報第100号 ジャーナル 2000.8 SCP理論設計法の実機プロペラへの応用 右近良孝, 藤沢純一, 工藤達郎, 黒部雄三 共著  
          西部造船会々報第106号 ジャーナル 2004.3 ポッド・プロパルサの単独性能について  右近良孝, 藤沢純一, 大橋訓英, 日野孝則 共著  
          Proc. of T-pod, The 1st International Conference
on Technological Advances in Poddes Propulsion
プロシーディングス 2004.4 Propulsive Performance of a Contra-Rotating Podded Proplsor Y. Ukon, K. Ohashi,  J. Fujisawa 共著  
          JMST Vol.11  No. 2 ジャーナル 2006.6 Measurements of Hydrodynamic Forces, Surface Pressure and Wake for Obliquely Towed Tanker Model and Uncertainty Analysis for CFD Validation K. Kume, J. Hasegwa, Y. Tsukada, J. Fujisawa, R. Fukasawa, M. Hinatsu 共著  
          Proceedings of SMP2009 プロシーディングス 2009.6 On the Model Tests and Design Method of Hybrid CRP Podded Propulsion System of a Feeder Container Ship N. Sasaki, M. Kuroda, J. Fujisawa, T. Imoto, M. Sato 共著  
          Proceedings of the Second International Conference on Technological Advances in Podded Propulsion(T-POD 2006) プロシーディングス 2006.10 The Propulsive Performance of Podded Propulsion Ships with Different Stern Shape of Stern Hull Y. Ukon, N. Sasaki, J. Fujisawa, E. Nishimura 共著  
          海技研報告第8巻1 その他 2008.6 Research on Improvement of Propulsive Performance of a High-Speed Ship Equipped with a High-Powered Propeller Y. Ukon, K. Kume, J. Fujisawa, H. Takeshi, Y. Kawanami, J. Hasegawa, R. Fukasawa, S. Yamasaki, J. Ando, T. Kanai 共著  
          Proc. of NAV2012 プロシーディングス 2012.10 Evolutional ship design concept for the final phase of EEDI N. Sasaki, K. Kume, M. Kuroda, J. Fujisawa, Y. Kawanami, H. Kawashima, Y. Ichinose 共著  
          海技研報告第14巻2号 その他 2014.10 二軸船に適した境界層制御技術の開発について 黒田麻利子, 藤沢純一, 宇都正太郎, 久米健一, 佐々木紀幸 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集24号 ジャーナル 2016.12 不規則波中抵抗増加の計測と長周期変動の推定 黒田麻利子, 高木健, 辻本勝, 藤沢純一 共著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究 辻本勝, 黒田麻利子, 枌原直人, 櫻田顕子, 松沢孝俊, 宇都正太郎, 大場弘樹, 一ノ瀬康雄, 坂本信晶, 星野邦弘, 下田春人, 藤沢純一, 後藤英信, 池本義範, 若生大輔, 深澤良平, 金子杏実, 平田宏一, 仁木洋一, 福田哲吾, 村岡英一 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集25号 ジャーナル 2017.6 浅水試験による抵抗・自航性能と船速・馬力評価 藤沢純一, 深澤良平, 辻本勝 主著  
          Proceedings of The 5th International Conference on Advanced Model Measurement Technology for The Maritime Industry プロシーディングス 2017.10 EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF THE EFFECT OF GEOMETRIC ROUGHNESS PARAMETERS ON TURBULENT BOUNDARY LAYER BY LDV MEASUREMENTS T. Hiroi, H. Kawashima, Y. Sawada, J. Fujisawa, H. Mieno 共著  
          Proceedings of The 5th International Conference on Advanced Model Measurement Technology for The Maritime Industry プロシーディングス 2017.10 EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF THE EFFECT OF GEOMETRIC ROUGHNESS PARAMETERS ON TURBULENT BOUNDARY LAYER BY LDV MEASUREMENTS T. Hiroi, H. Kawashima, Y. Sawada, J. Fujisawa, H. Mieno 共著  
    後藤 英信 0 7 日本造船学会論文集第182号 ジャーナル 1997.12 造船用鋼板切欠き材の腐食疲労強度 小林佑規、田中義久、後藤英信、松岡一祥、本橋嘉信 共著  
          溶接学会論文集第16巻第3号 ジャーナル 1998.8 造船用鋼突合せ 溶接継手の人工海水中疲労強度 小林佑規、田中義久、後藤英信、松岡一祥、本橋嘉信 共著  
          日本造船学会論文集第185号 ジャーナル 1999.6 ばら積み石炭船倉内の腐食を模擬した希硫酸環境による造船用鋼板の腐食及び腐食疲労 小林佑規、田中義久、後藤英信、松岡一祥 共著  
          Metals and Materials International, Vol. 7, No. 4 ジャーナル 2001.7 Corrosion fatigue crack initiation life of ship structural steel in dilute sulfuric acids Y. Kobayashi, Y. Tanaka, H. Goto 共著  
          海上技術安全研究所報告第2巻第3号 その他 2003.1 船体の寿命評価技術に関する研究 松岡一祥、田中義照、竹本博安、川野始、河邉寛、佐久間正明、岡修二、平方勝、岩田知明、山田安平、岡正義、安藤孝弘、宮本武、秋山繁、前中浩、植松進、吉井徳治、高橋一比古、牛嶋通雄、高田篤志、小林佑規、田中義久、後藤英信、千田哲也、高橋千織、柴田俊明、島田道男、成瀬健、橋爪豊 共著  
          Proceedings of OCEANS' 12 MTS/IEEE-Yeosu  プロシーディングス 2012.5 Development and Evaluation of a New Measurement System for Ship Hull-Side Wave Profiles using Electro-Conductive Paint Y. Ikemoto, K. Hoshino, M. Makino, R.  Fukasawa, H. Goto, T. Hamada  共著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航性能シミュレータの開発に関する研究 辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、櫻田顕子、松沢孝俊、宇都正太郎、大場弘樹、一ノ瀬康雄、坂本信晶、星野邦弘、下田春人、藤沢純一、後藤英信池本義範、若生大輔、深澤良平、金子杏実、平田宏一、仁木洋一、福田哲吾、村岡英一 共著  
    若生 大輔 3 29 第12回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 1996.11 船舶の氷丘脈突破性能に関する模型実験 泉山耕、若生大輔 共著  
          船舶技術研究所報告第34巻第5号 その他 1997.9 小型砕氷巡視船の氷中航行性能に関する研究 小山鴻一、吉田三雄、泉山耕、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、若生大輔、猿田俊彦、柳原健、菅井信夫、長谷川純、藤沢純一、飯島尚也 共著  
          第13回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 1997.12 氷荷重の分布特性について 若生大輔、泉山耕 主著  
          13th IAHR Ice Symp. プロシーディングス 1998.8 Ice Force Distribution on a Flat Indentor K. Izumiyama, D. Wako, S. Uto 共著  
          第14回寒地技術シンポジウム論文集 プロシーディングス 1998.8 砕氷航行船舶の推進性能解析におけるアイス影響係数について 小山鴻一、宇都正太郎、若生大輔 共著  
          Proceedings of the 15th International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 1999.8 Ice Force Distribution around a Ship Hull K. Izumiyama, D. Wako, S. Uto 共著  
          Proc. 15th Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2000.2 Model-Scale Measurement of Ice Load Distribution on IcebreakerPM "TESHIO" 成田秀明、泉山耕、若生大輔 共著  
          海洋開発論文集第16号 ジャーナル 2000.6 氷荷重により海洋構造物に発生する振動について 泉山耕、若生大輔、瀧本忠教 共著  
          第16回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 2000.11 船舶の流氷中抵抗に関する模型試験 若生大輔、泉山耕、山口眞裕  主著  
          船舶技術研究所報告第37巻第5号 その他 2000.9 寒冷海域での油流出に関する研究 山口眞裕、小山鴻一、成田秀明、北村茂、泉山耕、前田利雄、高島逸男、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、瀧本忠教、若生大輔、上田浩一、藤井忍、山之内博、疋田賢次郎、在田正義、櫻井昭男 共著  
          船舶技術研究所報告第37巻第6号 その他 2000.11 次世代砕氷型巡視船の設計手法の高度化に関する研究 小山鴻一、成田秀明、北村茂、泉山耕、吉田三雄、宇都正太郎、田村謙吉、金田成雄、下田春人、瀧本忠教、若生大輔、宮本武、岡修二、中村卓司、山田安平、猿田俊彦、長谷川純 共著  
          Proceedings of the 16th International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2001.8 ICE PRESSURE ACTING OVER A MODEL SHIP HULL K. Izumiyama, D. Wako, S. Uto 共著  
          第18回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 2002.11 全方位型推進器を搭載した砕氷型巡視船に関する研究その1基本計画と開水中性能 下田春人、若生大輔、瀧本忠教、田村兼吉、宇都正太郎 共著  
          第18回寒地技術シンポジウム論文集 ジャーナル 2002.11 全方位型推進器を搭載した砕氷型巡視船に関する研究その2氷中性能 若生大輔、下田春人、宇都正太郎、金田成雄  主著  
          海上技術安全研究所報告第4巻第3号 その他 2004.8 氷盤下面における油の拡がりと氷中取り込みに関する研究 泉山耕、宇都正太郎、金田成雄、下田春人、若生大輔、金野祥久、木岡信治、堺茂樹 共著  
          POAC'05 Proceedings, Volume2 プロシーディングス 2005.7 ICE LOAD MEASUREMENT ON A MODEL SHIP HULL K. Izumiyama, D. Wako, H. Shimoda, S. Uto 共著  
          Proc. 18th IAHR Intern. Symp. on Ice. プロシーディングス 2006.8 Local Ice Load on a Ship with Podded Propulsors T. Matsuzawa, D. Wako, K. Izumiyama 共著  
          Proceedings of POAC2007 プロシーディングス 2007.6 ICE LOAD ON SHIP HULLS IN PACK ICE CONDITIONS T. Takimoto, D. Wako, K. Izumiyama, H. Shimoda 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Development of an Oil Recovery Unit in Ice S. Kanada, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto, K. Izumiyama 共著  
          Proceedings of the 23rd International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2008.2 Medium-scale Test of Ice Loading on Ship Hulls –Test Outline and Preliminary Results– H. Shimoda, S. Kanada, D. Wako, T. Takimoto, K. Izumiyama 共著  
          日本船舶海洋工学会論文集第8号 ジャーナル 2008.12 砕氷船の性能評価を目的とした船体周り氷片挙動シミュレータの開発 金野祥久、水城崇、山本敬介、安木正樹、若生大輔、瀧本忠教、金田成雄、下田春人、泉山耕 共著  
          POAC'09 Proceedings プロシーディングス 2009.8 Tank Tests of Oil Recovery Device in Ice K. Izumiyama, D. Wako, H. Shimoda, S. Kanada, T. Takimoto 共著  
          Proc. 25th Int. Symp. on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2010.2 R & D study of NMRI-ORDICE K. Izumiyama, D. Wako, S. Kanada, H. Shimoda, T. Matsuzawa 共著  
          Proc. 25th Int. Symp. on Okhotsk Sea & Sea Ice プロシーディングス 2010.2 Transition in Five Years of Ice Thickenss Measured by Ship-borne EM Sounding in the Southern Sea of Okhotsk T. Matsuzawa, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto, K. Izumiyama 共著  
          Proc. 20th IAHR Int. Symp. on Ice プロシーディングス 2010.6 Five-year Observations of Ship Hul Ice Load in the Southern Sea of Okhotsk T. Matsuzawa, D. Wako, H. Shimoda, T. Takimoto 共著  
          Proc.of 15th International Workshop on Atmospheric Icing of Structures/IWAIS 2013 プロシーディングス 2013.9.8 Laboratory Experiments of Saline Water Splay Icing - Features of Hydrophilic and Hydrophobic Pliable Sheets - T. Ozeki, H. Shimoda, D. Wako, S. Adachi, T. Matsuzawa 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 NSR Transit Simulations by the Vessel Performance Simulator “VESTA” Part2 Simple Resistance Formulae of Ships in Floe Ice S. Uto, H. Shimoda, D. Wako, T. Matsuzawa 共著  
          Proceedings of the 23rd International Conference on Port and Ocean Engineering under Arctic Conditions プロシーディングス 2015.6.14 Station Keeping in Ice - Ice Tank Experiment and Estimation of Ice Load on Ship-shaped Floating Structure under Managed Ice Condition - S. Uto, T.  Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako, A. Konno, T. Asanuma, K. Otsubo 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2.23 Influence of Ice Drift Motion on Resistance of Ships Navigating in Small Ice Floes S. Uto, H. Shimoda, D. Wako, T. Matsuzawa 共著  
          Proc. 31st Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2016.2.22 Ice Tank Measurement of Power Required for Ice Class Vesse1 T. Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako, S. Uto, Q. He, S. Watanabe 共著  
          海技研報告第16巻3号 その他 2017.1 実運航シミュレータの開発に関する研究 辻本勝、黒田麻利子、枌原直人、櫻田顕子、松沢孝俊、宇都正太郎、大場弘樹、一ノ瀬康雄、坂本信晶、星野邦弘、下田春人、藤沢純一、後藤英信、池本義範、若生大輔、深澤良平、金子杏実、平田宏一、仁木洋一、福田哲吾、村岡英一 共著  
          Proc. 32nd Okhotsk Sea & Sea Ice Symp. プロシーディングス 2017.2.21 Analysis of Ship Speed Reduction in Navigation through the Northern Sea Route T. Matsuzawa, H. Shimoda, D. Wako 共著  
    濱田 達也 0 3 Proceedings of OCEANS' 12 MTS/IEEE-Yeosu  プロシーディングス 2012.5 Development and Evaluation of a New Measurement System for Ship Hull-Side Wave Profiles using Electro-Conductive Paint Y. Ikemoto, K. Hoshino, M. Makino, R.  Fukasawa, H. Goto, T. Hamada  共著  
          Proceedings of NAV2015 プロシーディングス 2015.6.24 APPLICATION OF UNCERTAINTY ANALYSIS FOR MEASUREMENT OF ADDED RESISTANCE IN REGULAR SHORT WAVES N. Sogihara, M. Tsujimoto, Y. Kasahara, R. Fukasawa, T. Hamada 共著  
          Proceedings of FEDSM2018 5th Joint US-European Fluids Engineering Summer Conference プロシーディングス 投稿中 Turbulent structure in a Microbubble Channel Flow by Electrolysis T. Hiroi, T. Hamada, M. Makino, C. Kawakita 共著  
    澤田 祐希 0 2 Fifth International Symposium on Marine Propulsors - smp'17 プロシーディングス 2017.6.12 Cavity Shape Measurement Using Combination-Line CCD Camera Measurement Method K. Shiraishi, Y. Sawada, K. Hoshino 共著  
          Proceedings of The 5th International Conference on Advanced Model Measurement Technology for The Maritime Industry プロシーディングス 2017.10 EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF THE EFFECT OF GEOMETRIC ROUGHNESS PARAMETERS ON TURBULENT BOUNDARY LAYER BY LDV MEASUREMENTS T. Hiroi, H. Kawashima, Y. Sawada, J. Fujisawa, H. Mieno 共著  
99