HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 岡 秀行
2017/10/01現在
 
 

岡 秀行

オカ ヒデユキ/Hideyuki Oka
 

所属部署 :海洋リスク評価系 システム安全技術研究グループ
役職   :上席研究員
専門分野 :計算流体力学, 被害度影響評価


  

研究テーマ

放射性核種漏洩時の影響解析(大気・海洋拡散)、LNG海面流出時の影響解析(液面火災、 大気拡散)、船舶火災時の影響解析(火災プルーム、天井流)、循環流動層、 燃焼流、自由表面流


  

表彰等(受賞歴)

2010年5月 日本マリンエンジニアリング学会論文賞「循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響」
2011年4月 海上技術安全研究所理事長表彰 個人表彰「大気・海洋環境影響評価システムの構築に貢献した功績」


  

論文

・学会誌等
1. 岡秀行, 緒方雄二, 岡泰資, 太田進, 車両積載区画を模擬した可燃性ガス風洞における水素の移流拡散シミュレーション, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 掲載予定.

2. 岡泰資, 岡秀行, 飯塚真美, 単振動する火源上に形成したプルーム温度性状, 日本火災学会論文集, 第67巻1号, pp.1-8,(2017).

3. H. Oka, Y, Oka, Numerical Analysis on Plume Temperature Properties Formed above a Harmonically Oscillating Fire Source, Fire Safety Journal, 88, pp.56-66, (2017).

4. Y, Oka, H. Oka, Velocity and Temperature Attenuation of a Ceiling-Jet along a Flat-ceilinged Horizontal Tunnel with Natural Ventilation, Tunnelling and Underground Space Technology, 56, pp.79-89, (2016).

5. Y, Oka, H. Oka, O. Imazeki, Ceiling-jet Thickness and Vertical Distribution along a Flat-ceilinged Horizontal Tunnel with Natural Ventilation, Tunnelling and Underground Space Technology, 53, pp.68-77, (2016).

6. 岡秀行, 変分法による風速場推定モデルの区画内気流性状解析への応用, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第49巻1号, pp.142-150, (2014).

7. 村田裕幸, 岡秀行, 春海一佳, 感温液晶による循環流動層ライザー壁温分布の可視化, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第49巻5号, pp.674-681, (2014).

8. Y, Oka, H. Oka, O. Imazeki, Experimental Study on Temperature Property along a Tunnel Axis with Flat Ceiling in Natural Ventilation, Fire Safety Science, 11, pp.472-485, (2014).

9. H. Oka, Y, Oka, Numerical Simulation of a Turbulent Buoyant Plume Originating at an Oscillating Fire Source, Theoretical and Applied Mechanics Japan, 61, pp.57-70, (2013).

10. H. Murata, H. Oka, K. Harumi, M. Adachi, Effects of the Ship Motion on Gas-Solid Flow and Heat Transfer in a Circulating Fluidized Bed, Powder Technology, 231, pp.7-17, (2012).

11. 川越陽一, 太田進, 岡秀行, 自動車専用船の貨物倉における気流計測 日本航海学会論文集, 第125号, pp. 123-128, (2011).

12. H. Oka, Consequence Analysis of Large-scale Liquefied Natural Gas Spills on Water, Natural Gas, published by Sciyo, pp.549-570, (2010).

13. H. Oka, H. Murata, K. Harumi, T. Kuwayama, K. Tsuboi, M. Adachi, Three-Dimensional Numerical Simulation of Dense Gas-Solid Flow in Circulating Fluidized Bed under Rolling Motion of Ship, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻 Special Issue, pp.1004-1011, (2010).

14. 村田裕幸, 安達雅樹, 高木正英, 稲坂冨士夫, 岡秀行, 平岡克英, 春海一佳, 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響 ‐第3報, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻6号, pp.127-132, (2010).

15. 安達雅樹, 平岡克英, 村田裕幸, 稲坂冨士夫, 春海一佳, 高木正英, 岡秀行, 排熱回収システムのシリーズ化‐第2報 循環型の評価, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻6号, pp.133-138, (2010).

16. 安達雅樹, 平岡克英, 村田裕幸, 稲坂冨士夫, 春海一佳, 高木正英, 岡秀行, 排熱回収システムのシリーズ化‐第1報 貫流型の評価, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻4号, pp.135-140, (2010).

17. 安達雅樹, 平岡克英, 村田裕幸, 稲坂冨士夫, 春海一佳, 高木正英, 岡秀行, 排熱回収用循環流動層と蒸気タービンの仕様, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第45巻1号, pp.97-102, (2010).

18. H. Oka, Consequence Analysis of Pool Fire Hazards from Large-scale Liquefied Natural Gas Spills Over Water, Hydrocarbon World, 4, pp.90-93, (2009).

19. 岡秀行, 村田裕幸, 春海一佳, 桑山智一, 坪井一正, 安達雅樹, 稲坂冨士夫, 平岡克英, 動揺影響を受ける循環流動層の数値流体解析, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第44巻3号, pp.399-404, (2009).

20. 村田裕幸, 安達雅樹, 高木正英, 稲坂冨士夫, 岡秀行, 平岡克英, 春海一佳, 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響(続報), 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第44巻6号, pp.955-961, (2009).

21. 稲坂冨士夫, 安達雅樹, 村田裕幸, 高木正英, 岡秀行, 春海一佳, 排ガスエコノマイザのすす燃焼を模擬した並列沸騰流路の限界熱流束と流動特性, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第44巻3号, pp.463-469, (2009).

22. 村田裕幸, 安達雅樹, 高木正英, 稲坂冨士夫, 岡秀行, 平岡克英, 春海一佳, 循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第44巻1号, pp.119-126, (2009).

23. H. Oka, S. Ota, Evaluation of Consequence Assessment Methods for Pool Fires on Water Involving Large Spills from Liquefied Natural Gas Carriers, Journal of Marine Science and Technology, 13, (2008).

24. 安達雅樹, 平岡克英, 村田裕幸, 稲坂冨士夫, 春海一佳, 高木正英, 岡秀行, 舶用ディーゼル機関排熱を利用した動力回収システムの概念設計, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第43巻5号, pp.767-772, (2008).

25. 溝渕泰寛, 岡秀行, 火炎詳細シミュレーションにみられる非Flamelet的火炎について, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第42巻1号, pp.126-130, (2007).

26. 岡秀行, 火災現象のラージェディシミュレーションにおけるサブグリッドスケールモデルの比較, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 第41巻4号, pp.611-617, (2006).

27. H. Sato, M. Ikame, K. Harumi, T. Kishi, K. Hiraoka, H. Oka, K. Hayashi, S.Ogawa, Active Instability Control of Thermoacoustic Oscillation in Premixed Gas Turbine Combustors, JSME International Journal, Series B, 48, pp.328-333, (2005).

28. 井亀優, 岸武行, 春海一佳, 平岡克英, 岡秀行, 熱音響的能動制御による燃焼騒音及び振動燃焼の抑制, 日本ガスタービン学会誌33巻3号, pp.208-213, (2005).

29. K. Harumi, K. Hiraoka, M. Ikame, T. Kishi, H. Oka, Sound Emission from Laminar Diffusion Flame with Controlled Oscillatory Fuel Flow, Bulletion of the Gas Turbin Society of Japan, (2005).

30. H. Oka, Large Eddy Simulation of Premixed Turbulent Combustion Using the Flamelet Model Based on the G-equation, Theoretical and Applied Mechanics, 53, pp.197-206, (2004).

31. 岡秀行, 流体解析における計算力学的手法と物理モデル -CFD技術と乱流解析の現状-, 日本マリンエンジニアリング学会誌39巻3号, pp.176-183, (2004).

32. 岡秀行, 春海一佳, G方程式燃焼モデルを用いた予混合乱流燃焼場の数値解析 日本マリンエンジニアリング学会誌38巻11号, pp.759-769, (2003).

33. 春海一佳, 平岡克英, 井亀優, 岸武行, 岡秀行, 燃料流量が脈動する層流拡散火炎の音響特性, 日本ガスタービン学会誌31巻4号, pp.258-263, (2003).

34. H. Oka, K. Ishii, Numerical Analysis of Two-Phase Flow with Mass Transfer by a Level Set Method, Theoretical and Applied Mechanics, 51, pp.353-362, (2002).

35. H. Oka, T. kawamura, K. Ishii, Numerical Simulation on the Propagation of an Internal Wave in Multifluid, Computational Fluid Dynamics 2000, pp.639-644, (2001).

36. K. Furuya, T. Kawamura, H. Oka, K. Ishii, Three Dimensional Numerical Simulation of the Pro-pagation of the Water Wave in a Deformed Container, Computational Fluid Dynamics Journal, Special Number, pp.345-349, (2001).

37. H. Oka, T. kawamura, K. Ishii, Numerical Simulation on the Propagation of Water Waves Using Level Set Method, Theoretical and Applied Mechanics, 49, pp.179-190, (2000).

38. H. Oka, K. Ishii, Numerical Simulation on the Interaction of Buoyant Drops with a Fluid-Fluid Interface, Journal of the Physical Society of Japan, 69, pp.392-400,(2000).

39. H. Oka, K. Ishii, Numerical Analysis on Free Boundary Problems Using Level Set Formulation, Mathematical Sciences and Applications, 12, Advances in Numerical Mathematics, pp.95-104, (1999).

40. H. Oka, K. Ishii, Numerical Analysis on the Motion of Gas Bubbles Using Level Set Method, Journal of the Physical Society of Japan, 68, pp.823-832, (1999). 


  

学位

博士(工学)(名古屋大学, 2001) 


  

学歴と職歴

<学歴>
早稲田大学大学院理工学研究科修了
 
<職歴>
1989年 大阪明星学園明星高等学校卒業
1994年 京都大学工学部資源工学科卒業
1996年 京都大学大学院修士課程資源工学専攻修了
1999年 名古屋大学大学院博士課程応用物理学専攻満了

活動概要

 

その他