HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 安藤 裕友
2017/10/01現在
 
 

安藤 裕友

アンドウ ヒロトモ/Hirotomo Ando
 

所属部署 :環境・動力系 環境分析研究グループ
役職   :上席研究員
専門分野 :環境分析、流体力学


  

研究テーマ

乱流摩擦抵抗低減のためのポリマー溶出界面の研究開発
船舶に起因する生態系影響の評価技術の構築に関する研究
船舶用塗料に起因する船底摩擦抵抗に関する研究開発


  

表彰等(受賞歴)

 2012年3月31日 一般社団法人日本機械学会熱工学部門講演論文表彰 


  

論文

(1) M. Fujimura, H. Mamori, K. Iwamoto, A. Murata, M. Masuda, and H. Ando, Energy Transfer between Turbulent Structures and Polymer in Drag-Reducing Channel Flow by Using Beads-Spring-Dashpot Chain Model, Proc of 8th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, Sarajevo, Bosnia and Herzegovina, Sept. 15-18, 2015, J060(11pages).
(2) T. Atsumi, H. Mamori, K. Iwamoto, A. Murata, H. Ando, M. Masuda, and M. Wada, Friction-Drag Reduction Effect in Wall Turbulence with Fluorescently-Labeled Polymer, Proc of 8th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, Sarajevo, Bosnia and Herzegovina, Sept. 15-18, 2015, J034(7pages).
(3) R. Kojima, S. Kobayashi, C. Satuito, I. Katsuyama, H. Ando, Y. Seki, T. Senda, A Method for Evaluating the Efficacy of Antifouling Paints using Mytilus galloprovincialis in the Laboratory in a Flow-through System, PLOS ONE. 2016 ; 11 : 12: e0168172. doi: 10.1371/journal.pone.0168172. 


  

学位

修士


  

学歴と職歴

<学歴>
1990年3月 成蹊大学工学部機械工学科 卒業
1992年3月 東京大学大学院工学系研究科船舶海洋工学修士課程 修了
 
<職歴>
1992年4月 運輸省船舶技術研究所海洋開発工学部浮体係留研究室研究官 
1999年4月 運輸省船舶技術研究所海洋開発工学部主任研究官
2013年4月 独立行政法人海上技術安全研究所海洋環境評価系環境分析研究グループ上席研究員

活動概要

 

その他