HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 高木 正英
2017/10/01現在
 
 

高木 正英

タカギ マサヒデ/Masahide Takagi
 

所属部署 :環境・動力系 環境エンジン研究グループ 
役職   :グループ長
専門分野 :噴霧工学、内燃機関工学


  

研究テーマ

舶用ディーゼル機関の燃焼改善、後処理による排気低減に関する研究
予混合気中の微小液体燃料着火に関する研究
低着火性燃料における燃料性状と着火・燃焼性、蒸発性に関する研究
液体燃料噴霧の数値解析モデル構築に関する研究


  

表彰等(受賞歴)

2007年12月 第16回微粒化シンポジウム優秀講演賞(日本液体微粒化学会主催)「液滴数密度を考慮した噴霧モデルの改良」
2008年 5月 日本マリンエンジニアリング学会奨励賞「運航中船舶でのNOx排出値計測に関する研究」 LinkIcon PDF
2010年 5月 日本マリンエンジニアリング学会論文賞「循環流動層内の固気混相流れに及ぼす横揺れ運動の影響」共著 LinkIcon PDF
2011年 5月 日本マリンエンジニアリング学会論文賞「Studies on SCR NOx Removal Catalyst Using Micro-reactors - Deterioration and Countermeasures」共著 LinkIcon PDF
2012年 5月 日本マリンエンジニアリング学会論文賞「簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第1報 劣化モデルの構築」主著 LinkIcon PDF     


  

論文

Masahide Takagi, Yasuo Moriyoshi, Modeling of a hollow-cone spray at different ambient pressures, International Journal of Engine Research, 5-1, pp.39-52 (2004)
高木正英,高杉喜雄,可変バルブタイミングを用いた内部EGR制御の研究,日本マリンエンジニアリング学会誌,39-10,pp.706-712 (2004) LinkIcon PDF
高木正英, 大橋厚人, 井亀優, 平岡克英, 柴田清,運航中船舶でのNOx排出値計測に関する研究,日本マリンエンジニアリング学会誌,42-6,pp.1035-1042 (2007)  LinkIcon PDF
高木正英,森吉泰生,液滴密集度を考慮した液滴抗力低減モデルのディーゼル噴霧への適用,日本機械学会論文集B編, 74-748, pp.2690-2696(2008) LinkIcon PDF
高木正英,岸武行,稲葉利晴,村岡英一,永井建夫,福田哲吾,簡易モデルによる脱硝触媒の劣化再生予測 第1報 劣化モデルの構築,日本マリンエンジニアリング学会誌,46-1,pp.109-114 (2011)  LinkIcon PDF
高木正英,徐芝徳,大橋厚人,低セタン価燃料の着火・燃焼制御に関する研究,日本マリンエンジニアリング学会誌,48-6,pp.854-861 (2013)  LinkIcon PDF


  

学位

博士(工学)


  

学歴と職歴

<学歴>
1998年 3月 筑波大学理工学研究科修士課程修了
2002年 3月 千葉大学自然科学研究科博士後期過程単位取得退学
 
<職歴>
2002年4月 独立行政法人海上技術安全研究所環境・エネルギー研究領域大気環境保全研究グループ任期付研究員
2003年4月 環境・エネルギー研究領域大気環境保全研究グループ研究員
2008年4月 環境エンジン開発プロジェクトチーム主任研究員
2016年10月 環境・動力系環境エンジン研究グループ上席研究員
2017年4月 環境・動力系環境エンジン研究グループ長

活動概要

 

その他