HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 岩田 知明
2017/10/01現在
 
 

岩田 知明

イワタ トシアキ/Toshiaki Iwata
 

所属部署 :構造基盤技術系 基盤技術研究グループ
役職   :グループ長
専門分野 :機械工学/機械材料・材料力学/
       機械工学/生産工学・加工学/
       材料工学/金属物性/ 
       総合工学/船舶海洋工学/


  

研究テーマ

溶接継手、疲労強度、機械的特性疲労設計、疲労強度改善、疲労試験、残留応力、応力分布、構造用接着剤、レーザアークハイブリッド溶接、チタン、アルミニウム、ステンレススチール、ぎょう鉄、熱曲げ、変形、形状計測


  

表彰等(受賞歴)

2008年4月 独立行政法人 海上技術安全研究所 造船特殊技能研修用教材シリーズの完成に貢献した功績
2006年4月 独立行政法人 海上技術安全研究所 ぎょう鉄技能の伝承問題に係わる基盤技術の高度化に貢献した功績


  

論文

Fatigue Strength of CP Grade 2 Titanium Fillet Welded Joint for Ship Structure, T. IWATA and K.MATSUOKA, Welding in the World vol.48(No.7-8) 40-47 2004年8月
Fatigue Strength of Welded Joints of SUS316L for Chemical Tanker, T. IWATA, K. MATSUOKA and Y. KOBAYASHI, Welding in the World vol. 50(No.9-10) 82-91 2006年
Development of craft building technique by structural adhensive, "Development of craft building technique by structural adhensive" Committee in Craft Association, Journal of Craft Technique (No.92) 2-8 2007年
Misalignment Effect on Fatigue Strength of CP Titanium Butt-welded Joints, T. IWATA and K. MATSUOKA, Ti-2007 II 1637-1640 2007年
Quantification of shrinkage deformation on line-heating, T. IWATA and K. MATSUOKA, Marine Technology V 21-30 2003年5月
Fatigue Strength of Butt Welded Joint of 6000 Series Aluminum Alloys, T. IWATA, Y. KOBAYASHI, M. SAKUMA, Y. TANAKA and K. MATSUOKA, Proceedings of the 5th International Forum on ALUMINUM SHIPS 79-85 2005年10月
Buckling Strength of CP Grade2 Titanium Hull Structure, T. IWATA, Y. TANAKA. T. ANDO and K. MATSUOKA, Proceedings of ITA 18th Annual Conference & Exhibition CD-ROM 2002年10月
Effect of thickness on Fatigue Strength of Titanium Fillet Welded Joint, T. IWATA and K. MATSUOKA, Proceedings of 17th Annual Conference of International Titanium Association CD-ROM 2001年10月
チタンすみ肉溶接継手の強度(和文)、岩田知明 松岡一祥、 軽金属溶接構造協会誌、vol.39(No.7) 27-33 2001年7月
Strength of Butt Welded Joint of Aluminum Alloy 6N01/6005A, T. IWATA, K. MATSUOKA and Y. FUJITA, Proceedings of the 8th International Conference on Joints in Aluminum 231-236 2001年3月 


  

学位

工学修士


  

学歴と職歴

<学歴>
1996 - 1999年 東京都立科学技術大学 工学研究科 工学システム専攻 満期退学
1994 - 1996年 東京都立科学技術大学 工学研究科 力学系システム工学専攻
1990 - 1994年 東京都立科学技術大学 工学部 航空宇宙システム工学科
 
<職歴>
2016年-現在 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 研究グループ長
2015年-2016年 国立研究開発法人海上技術安全研究所 研究グループ長
2013年-2015年 独立行政法人海上技術安全研究所 研究グループ長
2007年-2013年 独立行政法人海上技術安全研究所 主任研究員
(2003年-2005年 国土交通省海事局係長に出向)
2002年-2007年 独立行政法人海上技術安全研究所 研究員
2001年-2002年 独立行政法人海上技術安全研究所 研究官
1999年-2001年 運輸省船舶技術研究所 研究官

活動概要

 2016年7月-現在 一般財団法人 日本船舶技術研究協会 レーザ・アークハイブリッド厚板溶接実用化に向けた研究開発委員会
2015年6月-現在 一般社団法人 軽金属溶接協会 理事会 理事
2013年6月-現在 JIW(日本溶接会議) 第13(疲労)委員会
2013年4月-現在 一般社団法人 日本溶接協会 溶接・接合プロセス研究委員会
2011年4月-現在 一般社団法人 チタン協会 開発会議 船舶・建設・海洋部会 船舶WG
2011年1月-現在 一般財団法人 日本船舶技術研究協会 小型高速艇アルミニウム艤装品設計基準規格原案作成WG 主査
2010年8月-現在 一般社団法人 軽金属溶接協会 アルミニウム合金船委員会 (2015年7月~委員長)
2007年7月-現在 IIW(国際溶接会議) 第XIII(疲労)委員会
2006年4月-現在 一般社団法人 溶接学会 溶接疲労強度研究委員会
2014年7月-2016年3月 一般財団法人 日本船舶技術研究協会 レーザアークハイブリッド溶接による新溶接法調査研究委員会
2015年5月-2015年12月 一般財団法人 海事協会 構造用接着剤使用のためのガイドライン制定検討会 座長
2011年10月-2015年6月 公益社団法人 日本船舶海洋工学会 編集委員会
2012年9月-2014年3月 一般財団法人 日本船舶技術研究協会 レーザー溶接技術の船舶建造工程への適用に係る調査研究委員会
2011年1月-2011年3月 一般財団法人 海事協会 強化プラスチック船構造接着剤評価検討会 座長
2006年11月-2010年3月 社団法人 舟艇協会 「構造用接着剤を用いた舟艇建造技術の開発」委員会
2007年7月-2009年3月 財団法人 日本船舶技術研究協会 「極厚板溶接部の脆性亀裂の発生と防止に関する調査研究委員会」
2007年1月-2009年3月 財団法人 日本海事協会 脆性亀裂アレスト設計研究委員会
2002年4月-2003年3月 社団法人 日本中型造船工業会 技能伝承のための撓鉄作業の高度化部会
2001年4月-2003年3月 社団法人 軽金属溶接構造協会 アルミニウム合金船構造の軽量化委員会
2000年4月-2003年3月 社団法人 造船研究協会 SR246(船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究)部会

その他