HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 山田 安平
2017/10/01現在
 
 

山田 安平 

ヤマダ ヤスヒラ/Yasuhira Yamada 

 

所属部署 :海難事故解析センター  構造安全評価系
役職   :海難事故解析センター 副センター長
        構造安全評価系 上席研究員

専門分野 :構造安全性評価、船舶の衝突・座礁、船舶に係るリスク評価(安全・環境)、
                   構造信頼性
                   Specialty,Structural safety evaluation,Collision and grounding of ships,

                   Risk evaluation of ships safety and environment,Structural reliability


  

研究テーマ

・タンカーからの油流出リスク評価に関する研究
・船舶の衝突・座礁に関する研究
・新材料(高延性鋼)が船舶の耐衝突強度に与える影響について
・流体・構造連成に関する研究
・非損傷時/損傷時の船舶の縦曲げ最終強度評価に関する研究
On the evaluation of oil spill risk from tanekrs
Research on collision and grounding of ships
Effect of Highly ductile steel on the crashworthiness of ships
fluid structure coupling analysis
On the hull girder ultimate strength of ships in intact and damaged condition.


  

表彰等(受賞歴)

2010年 Vice Admiral Cochrane賞(VADM賞)、米国造船造機学会(SNAME)
“Cost of oil spill in relation to weight of spilled oil”
2016年 日本船舶海洋工学会賞(発明考案等)
“被衝突安全性に優れた船体用高延性鋼の開発と実船適用” 
2010, Vice Admiral Cochrane Award, SNAME
“Cost of oil spill in relation to weight of spilled oil”
2016, Invention award, The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineering(JASNAOE).
“Development and practical application of highly ductile steel for ships with high performance crashworthiness”


  

論文

 


  

学位

工学博士
PhD (Mechanical Engineering)


  

学歴と職歴

<学歴>
デンマーク工科大学 機械工学部
Technical University of Denmark Department of Mechanical Engineering
 
<職歴>
運輸省船舶技術研究所
 運輸省海上技術安全局安全基準課国際第2係長
 国土交通省 海上技術安全研究所
 独立行政法人 海上技術安全研究所
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所

活動概要

日本船舶海洋工学会 東部構造研究会 幹事
日本船舶技術研究協会 係船設備検討会 委員
Executive member, East Japan Ship Structure Committee (JSSC), The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineering(JASNAOE).
Member, Mooring Equipment Committee, Japan Ship Technology Research Association. 

その他