海上技術安全研究所 構造・材料部門 生産技術研究グループ シップリサイクルに関する研究の詳細
top bar

海上技術安全研究所 構造・材料部門 生産技術研究グループ

船舶の解撤に伴う
環境汚染の防止に関する研究
このページに関するお問合わせは,こちらまでお願いいたします.

研究の背景

 途上国における船舶解撤現場の劣悪な労働環境および環境汚染に対する世界的な批判の高まりを受け,現在,IMO(国際海事機関)は,2009年5月を目標に,UNEP(国連環境計画)およびILO(国際労働機関)との連携の下,「安全かつ環境上適正な船舶の再資源化に関する国際条約(シップリサイクル条約)」の策定作業を実施しています.
 海上技術安全研究所は,国土交通省海事局(財)日本船舶技術研究協会および(社)日本中小型造船工業会からの委託を受けて本問題に関連する調査研究を実施しております.
シップリサイクル
バングラディシュの解撤風景(海技研撮影)
シップリサイクル
解撤実施国別内訳(2005年)
日本船主協会「海運統計要覧2007」をもとに作成

調査研究の内容

(1)「有害物質一覧表(インベントリ)」に関連する調査研究
 IMOで検討中の「シップリサイクル条約」では,船舶に使用される有害物質の一覧表(インベントリ)の船舶への備付が義務化される予定です.
海上技術安全研究所は,この問題に対応するための調査研究を実施し,IMOにおける法的枠組みの策定から関連ISOの策定および国内業界向けのインベントリ作成マニュアル整備まで包括的に関与しています.

@IMOへの対応
 シップリサイクル条約に附属し,インベントリに関する具体的規定となる「インベントリ作成に関するガイドライン(日本とドイツがIMOに原案を共同提案中)」の原案を作成しました.また,平成19年度には,(財)船舶技術研究協会からの受託研究として,提案中のガイドライン案検証のために,試行として,国内造船所3社による実船のインベントリ作成を実施しました.
A関連ISOへの対応
 国際標準化機構(ISO)においても,船舶解撤問題に関連するISO標準(ISO30000シリーズ)の検討が開始されました.海上技術案安全研究所は,(財)船舶技術研究協会からの委託を受けて関連するISO標準「ISO30005(有害物質データ交換方法)」および「ISO30006(船上における有害物質の位置表示方法)」の原案作成を実施しています.

B業界向けインベントリ作成マニュアルの整備
 (社)日本中小型造船工業会からの委託を受け,「中小造船業のためのインベントリ作成マニュアル」の原案を作成するとともに,造船所が貯蔵する物品の化学成分分析を実施し,鉛,カドミウム等の有害物質の含有に関するデータ整備を実施しています.
(2)シップリサイクルビジョン策定関連
国土交通省海事局は,我が国のシップリサイクルビジョンを策定する予定であり,その一環として,(財)船舶技術研究協会からの受託研究として「シップリサイクルシステム構築のための再利用ニーズ調査」を実施しました(19年度).
(3)途上国育成関連(廃棄物・有害物質処理マニュアル作成)
 国土交通省海事局は,条約の適正な遵守のため,途上国におけるリサイクル施設を対象とした各種マニュアル整備を実施しています.海上技術安全研究所は,(財)船舶技術研究協会からの委託を受けて,上記マニュアル整備の一環として「廃棄物・有害物質処理マニュアル」の原案作成を実施しています.

(4)総合静脈物流指定港湾(室蘭)における船舶リサイクルのFS
 北海道室蘭市は,造船所,製鉄所等,鉄リサイクルに必要な既存産業を有するとともに,近年,総合静脈物流拠点港にも指定され,PCB処理施設をはじめとする環境産業整備が進められています.本研究では,室蘭地域の既存産業等の実態を調査し,本地域において,環境負荷を最小化するとともに,良好な鉄資源である,船舶から発生する鉄スクラップを高付加価値でリサイクルする「先進国型の船舶リサイクルモデル」の成立要件を調査しています.

関連リンク
海上技術安全研究所ホームページ内
国際海事機関(IMO)第57回海洋環境保護委員会(MEPC57)(H20.3)[PDF]
船に使われる有害物質を追跡する―船舶の解撤に伴う環境汚染の防止に資する研究―(海技研ニュース,2006-Spring)
国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会 第56回会議(MEPC 56)(H19.7)[PDF]
IMO ISRWG2(第2回シップリサイクル中間作業部会)(H19.5)[PDF]
国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会 第55回会議(MEPC 55)(H18.10)[PDF]
シップリサイクルセミナー報告(H18.9)[PDF]
国際海事機関(IMO)海洋環境保護委員会 第53回会議(MEPC 53)(H17.7)[PDF]
外部リンク
シップリサイクリング((社)日本船主協会)
シップリサイクル条約の概要とその動向に関するセミナー((財)船舶技術研究協会)
船舶研究者の海外視察報告会(日本財団):当研究グループの松尾研究員が船舶の解撤について報告しました.
総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)の指定(第1次)について(国土交通省港湾局,H14.5)


[BACK] [NMRI HOME]

bottom bar